法事でのマナー

法事でのマナー

三回忌の服装で迷ったら☆失礼にならない7つのポイント

三回忌の服装は告別式より時間も経っているため、迷う方も多いですよね。喜び事は服装のイメージもできるのですが、弔事はあまりイメージしにくいもの。特に法事になると、余計に分からなくなる方も多いです。 お仕事の関係でのお通夜やお葬式は、参列する機会が多いのに、三回忌の服装となると不安。「平服で…」と案内されても、ど...
法事でのマナー

四十九日までの準備とは。施主が進める7つの手順

四十九日は一連の法要の中でも、大きな節目となる大切な供養ですよね。都心部では最近、ごくごく身内のみで執り行うものの、まだ全国的には四十九日までは、知人友人も集まる地域も多いのではないでしょうか。 初七日しか知らない方も多いですが、仏教の教えとしては、四十九日までの間、七日ごとに故人が生前に行った善行を審査され...
法事でのマナー

納骨式のタイミングとは。施主が理解したい基本の流れ

納骨式は全国的に四十九日法要と共に行われることが多いですが、新しくお墓を建てる場合など、そのタイミングを逃してしまうと、いつ行えば良いのか、戸惑ってしまう方も多いですよね。 納骨を含めて法要は、施主にとってなかなか仕事が多いもの。お坊さんをお呼びして読経をお願いし、参列者の方々には案内をしながら人数も確認しな...
法事でのマナー

納骨式へ参列する。立場や形式によって違う服装マナー

納骨式はお通夜や告別式とは違うため、どのような服装で参列すれば良いのか、迷う方も多いですよね。遺族でも納骨の時期によって、正式な喪服と限っている訳ではありませんので、TPOに合わせて決めていかなければなりません。 多くの納骨式では、お墓がもともとある場合には四十九日法要とともに…、新しく建てるケースでも一周忌...
法事でのマナー

法事の服装、基礎知識。立場や状況によって違う作法

法事の服装は、それぞれの立場や法要の内容によって変わるため、迷う方も多いですよね。特に法事だけに日ごろから慣れた場ではなく、「ブラックスーツを着用していれば大丈夫なのでは…。」と考えている方もいるのではないでしょうか。 法事の服装で特に気にしておきたいのは、「格式」があること。一般の参列者であれば、遺族の服装...
法事でのマナー

香典返しを選ぶマナー。基本の考え方とおすすめの品々

香典返しは近年、お香典を辞退する葬儀も見受けられるものの、一般的なお葬式であれば、準備しておくべきものですよね。式と言うものには大抵お金を包んで行くのが日本のしきたり。慶事にはご祝儀。弔事には香典。 ご祝儀や香典にも、お返しをしなくてはいけないのが日本のルール。ご祝儀なら内祝いとなりますが、香典の場合は香典返...
法事でのマナー

三回忌の香典マナー。金額の相場や渡し方、基本の作法

三回忌の香典は、そもそもお渡しするのかどうかから、迷う方も多いですよね。お通夜や葬儀と違い、法事に呼ばれる機会はあまりないため、いざ呼ばれる立場になると、服装からお香典まで、迷うことも多いです。 しかも一周忌を過ぎた後の法事法要では、だんだん案内される人数も縮小され、周囲に相談もしにくくなるもの…。家族などの...
法事でのマナー

49日の香典で迷ったら。金額や包み方、覚えたいマナー

49日の香典はお通夜や葬儀と違い、その時になって「あれ、そう言えばどうするのかな…。」と迷う事も多いですよね。四十九日法要は、故人とご縁の深かった方々、親族を中心に集まる法要なので、大きい法要とは言ってもあまり参列の機会はないもの…。 けれどもそれだけに、案内されたからには、故人と深い関わりがあったはず。遺族...
法事でのマナー

四十九日への参列マナー。案内が来たら押さえる作法

四十九日の参列マナーは、当日注意すべきことよりも、事前に準備すべきことの方が多くあるものですよね。 四十九日法要は、故人が亡くなってから四十九日目に行うものなので、日程はあらかじめ決まっているものと思われがちですが、近しい前後の土日に行うことが多いため、案内が着たら予定の調整が必要です。 四十九日法要は...
法事でのマナー

三回忌の服装「平服」とは☆押さえておきたい基本マナー

三回忌の服装マナーは少し複雑ですよね。通夜や告別式と言った葬儀では、喪主はもちろん、出席者も喪服を着るのがマナーと決まっていますが、三回忌のような法要の際には、施主の指示に従うのがマナー。これと言った必ず決まったルールがないのです。 三回忌までは出席者にも喪服を着用してもらって、法要を執り行いたいと考える施主...
法事でのマナー

49日の意味とは。施主が押さえるべき7つの準備を解説

49日の意味と言われても、あまり理解していないまま、法要に参列する方がほとんどですよね。特に日本では無宗教の家も少なくないため、49日の意味まで触れる機会は少ないかもしれません。 ただ、日本ではキリスト教式や神教式はあるものの、ほとんどのケースで葬儀や納骨式と言った、一連の法事法要は仏教によるもの…。せっかく...
法事でのマナー

四十九日法要に参列。服装やお香典、押さえたいマナー

四十九日が故人に関わる何らかの節目の日だと言うことは分かっていても、具体的にどのようなものか、子どもなどに聞かれると戸惑ってしまう方は、案外多いですよね。 実は仏教では、故人は没後四十九日に、最終的な「生前の罪に対する判決」が下り、その判決に応じた世界に生まれ変わるとされています。そのために、この日は規模の大...
法事でのマナー

三回忌の挨拶をする前に。施主が押さえたいマナーと基本

三回忌の挨拶は、参列して頂いた方に対して感謝の気持ちを伝える、大切な場面。ですから、自分が施主の立場で三回忌を執り行う時には、この挨拶の準備は抜かりなくしておきたいものですよね。 三回忌に限らず、施主は、法要の準備や参列者への連絡など法要当日を迎えるまでに、あらゆることをしなくてはいけません。そのため、法要の...
法事でのマナー

忌明け法要の迎え方。準備から当日の流れまで

「忌明け」とは喪に服す期間が終わるという意味ですが、忌明けを迎えてからの流れはどのように進めればよいのか迷いますよね。忌明けの準備を進めていく機会というのも、そう何度もあることではありません。どちらかというと、忌明け法要に招かれるケースの方が多いことでしょう。 忌明けというのはとても大切な葬儀の一環です。この...
法事でのマナー

法事の常識。気になる香典の金額相場から書き方まで

法事は通夜や葬儀とは違い、故人の親族や関係の深かった人が集まる場ということもあり、法事の香典の金額相場も気になるところですが、香典袋の書き方のマナーも気になりますよね。法事は、故人の冥福を祈る仏教の儀式で、法事の香典は、故人への供養の気持ちをあらわすものです。現代では、花や線香の代わりに香典袋と呼ばれる封筒に現金を...
法事でのマナー

49日とはいつから?数え方や意味など、7つの基礎知識

49日とは何かと聞くと、「知っている!」という方も多いですよね。確かに、故人が亡くなった後、49日で喪が明けるのだとか、法要をする日だとか、部分的に49日とは何かを知っている人は多くいます。 しかし、「なぜ49日なのか」とか、「49日とは、どんな意味合いがあるのか」など、基礎的な知識がない方は意外といるのでは...
法事でのマナー

法事の服装に迷ったら。法要で見分ける7つの基礎知識

法事の服装は何を着るのが正解なのか、わかりづらいものですよね。最近では個人の没後7日目に執り行う初七日法要も、火葬後すぐに繰り上げて行うことも多く、その場合は喪服を着替えることなく、そのまま参列するケースがほとんど。 ただ、四十九日や三回忌などの法事の服装となると、迷うことが多いとの声が、アンケート結果にも出...
法事でのマナー

初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイント

大切な方が亡くなった日の、ちょうど1年後の同月同日を一周忌と呼んで、親類縁者を集めた法要を執り行います。一周忌の法要を執り行うときに必要な段取りはたくさんありますが、初めての施主となればどのように準備すればよいかを迷うことも多いですよね。その方が亡くなられて1年目という節目の法要である一周忌は、ご家族が亡くなられた...
法事でのマナー

49日で香典を包むなら。気になる立場別、7つの相場とは

49日での香典の金額相場、遺族や親族はもちろんのこと、故人と縁のあった友人・知人も招くケースが多いものですが、そんな時に迷う方々も多いですよね。法要は一般的に規模の大きなものになるだけに、しっかり準備をしたいもの…。 49日での香典で金額を決める際に難しいのが、「故人との関係」によって決めること。故人と血縁関...
タイトルとURLをコピーしました