法事の服装に迷ったら。法要で見分ける7つの基礎知識

法事の服装に迷ったら。法要で見分ける7つの基礎知識
法事の服装は何を着るのが正解なのか、わかりづらいものですよね。最近では個人の没後7日目に執り行う初七日法要も、火葬後すぐに繰り上げて行うことも多く、その場合は喪服を着替えることなく、そのまま参列するケースがほとんど。

ただ、四十九日や三回忌などの法事の服装となると、迷うことが多いとの声が、アンケート結果にも出ていますが、それは、このような場で着る「喪服」の格式に迷うから、ではないでしょうか。

同じ法事の服装でも、遺族と一般参列者では必ず、格式の違う喪服を着なければなりませんし、法事の種類によっては必ずしも喪服ではなくても可ということも…。確かにこうなると、ただ格式の高い喪服を着れば良い、と言う訳ではありませんよね。

そこで今回は、法事の種類によってどのような服装をすれば良いのか、7つの基礎知識と題してお伝えします。

[ →続きを読む… ]

初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイント

初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイント
大切な方が亡くなった日の、ちょうど1年後の同月同日を一周忌と呼んで、親類縁者を集めた法要を執り行います。一周忌の法要を執り行うときに必要な段取りはたくさんありますが、初めての施主となればどのように準備すればよいかを迷うことも多いですよね。その方が亡くなられて1年目という節目の法要である一周忌は、ご家族が亡くなられた日から、1年間を喪中として過ごしてきたご遺族にとっても、一転喪が明け新たな一歩を踏み出す節目になります。

ですのでその大切な法要を、慌ただしく迎えるのではなく、故人を偲ぶことに重きをおいた穏やかな会にできるよう、施主としてできる限りの準備を整えておけるようにしましょう

そこで今回は、初めての施主。一周忌で失敗しないための5つのポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

49日で香典を包むなら。気になる立場別、7つの相場とは

49日で香典を包むなら。気になる立場別、7つの相場とは
49日での香典の金額相場、遺族や親族はもちろんのこと、故人と縁のあった友人・知人も招くケースが多いものですが、そんな時に迷う方々も多いですよね。法要は一般的に規模の大きなものになるだけに、しっかり準備をしたいもの…。

49日での香典で金額を決める際に難しいのが、「故人との関係」によって決めること。故人と血縁関係があるかないかだけではないのも、悩む方が多い理由のひとつです。

自分の社会的な立場が故人より格上かそうではないか、親しかったかそれほどでもなかったか、などの要素が加わることにも、注意を払わなくてはなりません。そうなると、一体どれ位の49日での香典相場が目安なのか…、戸惑ってしまいますよね。

そこで今回は、49日に香典を包む時の「7つの相場」についてお伝えします。「7つも相場があるの?」と思われるかもしれませんが、49日に香典でも葬儀の時と同様に「故人との関係」によって包む金額の相場が違うため、相場はさまざまに変化するのです。

ちょっとわかりづらい49日の香典の相場ですが、参考にしながら適切な金額を選択してください。

[ →続きを読む… ]

永代供養とは☆生前墓購入前に、確認したい基礎知識

永代供養とは☆生前墓購入前に、確認したい基礎知識
「永代供養とは」と聞かれても、名前は知っていながらもなかなか答えられない方がほとんどですよね。終活をしている方々か、関係者でない限り、正確には答えられないかもしれません。けれども、今人気があり注目されているもの。

永代供養とは、施設がお墓を家族に代わって永代に渡り供養する、と言うこと。このような性質から、永代供養とはほとんどが民間霊園や寺院霊園で、新しく購入したお墓に付加している「サービス」のひとつとして扱われています。

一部の民間霊園ではどのタイプのお墓を購入しても、必ず永代供養が付いて来ることもあり、現代のスタンダードとも言えるようになったのではないでしょうか。とは言っても、今までお墓と縁がない限り、永代供養とは何なのか、ピンと来ませんよね。

そこで今回は、特に終活で生前墓に興味を持っている方々に向けて、永代供養とは何なのかを詳しく解説していきます。

[ →続きを読む… ]

香典マナーの基本。社会人なら知っておくべき7つの事柄

 香典マナーの基本。社会人なら知っておくべき7つの事柄
香典マナーは押えていないと、後々残るものだけに恥ずかしいですよね。「完璧に整えなければ…。」と思うと複雑に感じますが、実は、香典のマナーには最低限知っておきたいポイントがあります。

それは、作法に関わることと宗教や宗派に関わること。多くの日本人は、宗教にこだわりがない人が多いですが、海外では宗教は自分のアイデンティティであり、大切なものなのです。

日本人の中にも、特定の宗教の敬虔な信者であるという人がいますから、気を付けなくてはいけません。

また、遺族にとっては大切な人の死は大変辛いことですから、最低限の香典マナーは守るのが作法。しかし香典マナーは自分で用意したことがない人にとって、何が最低限の作法なのかもわかりませんよね。

そこで今回は、香典に包む金額相場や香典袋の準備についてなど、社会人になったら押えておきたい、香典マナーを7つのポイントにしぼって解説します。

[ →続きを読む… ]