法事でのマナー

法事でのマナー

法事で悩みがちなお布施の金額相場。回忌ごとに解説!

親族が亡くなると一周忌や三回忌など定期的な節目にお坊さんにお経を読んでもらいますが、このような法事にお布施をいくら包めばよいのか悩んでしまいますよね。あまりに安いとお坊さんに失礼な気がしますし、かと言って高い金額を渡せばよいのかと言えば、それも違う気がします。 さらには、お坊さんに直接お布施をいくらぐらいにす...
法事でのマナー

49日のマナー。関係別に香典の金額相場を確認!

お葬式からそれほど間を置かずに執り行われる49日に持参する香典の金額は、子育て世代にとっては痛い出費といえますよね。かといって香典の相場の金額を包まないと、後から恥ずかしい思いをすることにり、故人に対しても失礼になります。 そのため、お葬式や49日法要など、滅多にない仏事では、多少無理しててでも他の方と同じ金...
法事でのマナー

初めての法事を滞りなく進めるための施主挨拶5つの要点

突然の不幸で施主を務め、慌ただしい中で葬儀や葬式を終えると、息つく間もなく法事の日がやってくるので、挨拶をする機会が多く忙しいですよね。 法事中は何度か挨拶を求められる場面がありますが、準備をしていないと、どんなことを話せばよいのかその度に悩んでしまいます。 しかし、法事は葬儀に続いて準備期間の少ない中...
法事でのマナー

納骨の準備。時期や費用など知っておきたい5つの手順

突然のご不幸で葬儀と同時に大事なのが納骨の準備ですが、実際に経験しなければ納骨の費用や時期などについての詳しい知識はなく、よくわからないとおっしゃる方も少なくないでしょう。 大切な人とのお別れは言葉にならないほど哀しいものです。しかし、ご遺族はそんな哀しみに暮れる時間もないほど、次々とやらなければいけないこと...
法事でのマナー

三回忌を滞りなく行うために確認すべき5つの準備事項

葬儀や法事がひと段落しても、その一年後には一周忌、二年後には三回忌があり、その後も七回忌…と年忌が続いていきますが、行い方はすべて同じではありませんよね。不幸があった年は、急なことでバタバタと忙しく過ぎるものですが、基本的には葬儀屋さんに委託しますので、どのように行ったら良いか、誰を呼んだらよいかなど、悩んだ場合に...
法事でのマナー

法事挨拶に盛り込むべき5つの要素。回忌別のポイントとは

法事での挨拶は一般的には施主が行うことになります。この法事は初七日にはじまり、それ以降四十九日、一周忌(四十九日と一周忌の間に百箇日が入ることもあります)、三回忌、七回忌…と続きますが、はじめは故人を亡くした悲しみが強くても、月日が経つにつれて誰の心も癒やされていくものです。当然施主が法事で行う挨拶についても時の流...
法事でのマナー

三回忌でのお布施の目安は?法要にかかる費用を算出!

これまで何度か法要を行っていても、三回忌のお布施の金額を聞かれて、明確に答えられる人はそういませんよね。世間の相場とされる金額や、冠婚葬祭に詳しい親戚の助言などを参考にして、決めている方がほとんどです。法要を主催して頂くお坊さんに渡すお布施は、お経を読んでくれたことへの謝礼ではありません。亡くなった方の冥福を祈って...
法事でのマナー

納骨式って何するの?かかる費用から進め方まで6つの基本

納骨する際にかかる費用や納骨の進め方などは突然の出来事なこともあり、よくわからないという人が多いですよね。納骨を行う時に、僧侶などの方に同席してもらい、ご遺骨をお墓に収めるセレモニーをを納骨式と言います。納骨式の費用は、僧侶の方へのお布施なども含めると数万円~10数万円ほど必要となる場合が多いものです。そして納骨式...
法事でのマナー

香典のマナーで押さえておきたい渡し方のコツ

香典は普段の生活では中々馴染みが無いだけに、「香典のマナーはこれで良いのかしら?」と、つい不安になってしまう人も多いですよね。そこで今回は、そんなあなたに香典を渡す際のマナーをお伝えします。 「香典は多めに包んだ方が良いんだよね?」「お世話になった人だから、多めの方が…。」実は、これらは全て間違いです!「目上...
法事でのマナー

仏教における49日の意味と喪主が心得ておきたい5つの事

仏教における49日の意味を聞かれても、お寺との付き合いが疎遠になっていることから、よく知らない人が多いのが実情ですよね。そのため、家族が亡くなって初めて葬儀や49日をすることになり、知らないことばかりだと驚くのではないでしょうか。しかし、仏教における49日の意味さえ理解していれば、葬儀の後の儀式について理解できます...
法事でのマナー

年忌法要とは?大人が知っておくべき5つの基礎知識

年忌法要とは何?と聞かれたらすぐには答えられない方が多いですよね。年忌法要とは「一周忌」「三回忌」などのことです、と言われたらイメージがわきやすいかもしれません。では、そもそも法要とは何?ともっと細かく尋ねられたらどうでしょう。やっぱりきちんと答えるのは難しそうです。 しかし法要とは、多くの方にとっては生涯の...
法事でのマナー

一周忌のお供え物。選ぶ際に知っておきたい5つの基準とは

亡くなって一年目にあたる一周忌には、お供え物を持って故人の冥福を祈りつつ、親しかった人たちと思い出を語り合いたいものですよね。そして、亡くなった直後と違い、一周忌の法要までには準備する時間があります。亡くなった方が好きだったものを選んで、お供え物として仏前に供えてあげましょう。 とはいえ、一周忌のお供え物とし...
法事でのマナー

一周忌に招かれた際のマナーとは。準備すべき5つのこと

一周忌とは、故人が亡くなってちょうど一年目の日のことをいい、「祥月命日(しょうつきめいにち)」ともいいます。最初に行う年忌法要です。この日をもって、喪中明けとなります。一周忌は命日に行いますが、都合が付かない時は、前倒しで行うことがあります。一周忌では、お坊さんが御経を読み上げたり、お墓参りをしたり、故人を偲ぶ食事...
法事でのマナー

49日の迎え方。服装やお布施など守るべき5つのしきたり

葬儀の後、初七日の法要と同じくらい重んじられるのが49日の法要ですが、服装や僧侶に納めるお布施などはどうすればよいのか、迷ってしまう方が多いですよね。しかし49日は、この日を境に「忌明け」となる節目の日ですので、準備の段階や法要の当日にその場であたふたと迷うことのないように、しきたりやマナーなどをあらかじめ頭に入れ...
法事でのマナー

初七日、現代のスタイル。喪主の選択肢と7つの段取り

初七日法要は、故人が亡くなってから七日目に行う法要です。忙しい現代では初めて喪主をする時、葬儀のすぐ後に初七日をしても良いものか、迷う方も多いですよね。 しかし、最近では葬儀をした後、再び初七日法要で参列者が集まるのが難しくなってきたこともあり、葬儀の日に初七日法要を済ませてしまうケースが増えてきました。 ...
法事でのマナー

永代供養とは?費用や手続きなど考えておきたいお墓事情

永代供養(えいたいくよう)とはどのようなシステムなのか中々難しくてわからないという方も多いことでしょう。永代供養とは、一般的にお寺や霊園が遺骨を預かり供養や管理を行ってくれることを指します。少子化も進み家族のスタイルも変化している現代では、お墓事情は昔に比べてかなり様変わりしています。 先祖代々のお墓を引き継...
法事でのマナー

法事の引き出物。選び方やのしの種類など5つの基本マナー

法事の際の引き出物はどんなのしをつけ、どんな物を選んだらよいのか迷いますよね。法事は初七日から始まり四十九日、一周忌、七回忌、十三回忌から三十三回忌と続きます。七回忌以前までは友人知人を招く場合もありますが、七回忌をからは親族など内輪で行う場合が多いです。それぞれの回忌にお礼の気持ちを込めてお渡ししたいところですが...
法事でのマナー

平服とは何?法事で案内されても安心できる、5つのマナー

平服とは言っても、どんな服までが失礼に当たらないのか…。ある程度理解しているつもりでも、いざとなると「結局どうすれば良いのだろう…。」と、難しく感じる方は多いですよね。 初めて法事の案内で見た時、「平服とは何だろう?」と迷った経験があるのではないでしょうか。平服とは「普段着のような服装だろう。」とイメージでき...
法事でのマナー

一周忌法要の準備。当日までにしなくてならない5つの事柄

一周忌法要は亡くなった日からちょうど1年目に行う仏教の行事です。親族の方や生前親しくしていた方を呼んで、お坊さんにお経をあげてもらい、いっしょに会食も行います。もちろん準備はその前から始まっています。お葬式と49日法要が終わったからといって、安心はできません。やっと落ち着いてきたと思った頃には、もう一周忌法要のこと...
タイトルとURLをコピーしました