法事の香典はいくら包む?関係別に知りたい金額相場

法事の香典はいくら包む?関係別に知りたい金額相場
高齢化社会に住む私たちはたびたび法事に香典を持って行かなければならないことがありますよね。法事は私たちの生活の中で切っても切れない冠婚葬祭の行事の一つだからです。

法事の際には故人に対する供養の気持ちを表すものとして香典をそれぞれ参加者が持参します。いくら気持ちだと言えども法事に持参する香典の金額のルールなどがあるのか、そもそも香典のマナー的なものは存在するのか、また金額はいくら包めばよいのかなど、考えてみると悩ましいことはたくさんあります。親族である場合や友人の場合、また職場関係など関係性によってはどうなのでしょうか。

そこで今回は、いざというときに困らないように法事の際の香典について関係別にお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

三回忌の挨拶、基礎知識。マナーを押さえた、基本の例文

三回忌の挨拶、基礎知識。マナーを押さえた、基本の例文
三回忌の挨拶は、故人の命日から数えて満2年の日に執り行う、「年忌法要」での大切なものですよね。三回忌までは遺族や親族に加え、故人の友人や知人も招いて盛大にしますが、次の七回忌の法要からは規模を縮小し、遺族と親族で執り行うのが一般的。

したがって、友人や知人にとっては、これが事実上の「故人を偲ぶ会」となるケースが多いはず。そうなると、三回忌の挨拶は、他の法要と比較しても、より一層皆さんへの感謝の思いを込めて行いたいですよね。

そこで今回は、施主が行う、三回忌法要での挨拶の例文をお伝えします。基本的なマナーを押さえて例文を準備したので、三回忌以降の年忌法要にも、きっと役立つ例文が並んでいます。

ぜひ本記事を、故人への敬意と偲ぶ心を持ちながら、三回忌の挨拶を組み立てる参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

冠婚葬祭マナーをおさらい☆意外と見落とす7つの基本

冠婚葬祭マナーをおさらい☆意外と見落とす7つの基本
冠婚葬祭のマナーは、どうしても忘れてしまいがちですよね。例えば結婚式、あるいは通夜の席などでの服装や持ち物などなど。

ちょっと失敗したな、次回は気をつけなくては」と思っても、その失敗がたいして大きなものではなく、しかも「次回」がいつかわからないとなれば、記憶から抜け落ちてしまうのも早くなってしまいがちではないでしょうか。

しかし、冠婚葬祭においては参列する方の「誠意」が服装や言葉・行動を通して自然と表れてしまうと心得たいところ。失礼のないようにしたいものですよね。

そこで今回は、冠婚葬祭マナーの基本に立ち返り、意外と見落としやすい、冠婚葬祭マナーに絞ってお伝えします。慶事と弔事、両方に共通する冠婚葬祭マナーについて、重点的にまとめましたので、ぜひ事前の参考にしてみてください。

[ 続きを読む… ]

お墓参りの時期やマナー☆意外に知らない「常識」とは

お墓参りの時期やマナー☆意外に知らない「常識」とは
お墓参りは、今を生きる人間にとっても、とても良い習慣ですよね。ご先祖様や故人の墓前に行って、お線香を手向けてお参りすると、普段よりも一層それらの方々に思いを馳せることができます。

お墓参りの後には、心が洗われたような感覚や、不思議な安堵感を覚える方も多いのではないでしょうか。もちろん場所の力もありますが、それぞれの家族が、お墓参り作法に倣い、キレイにお参りをしているのも、清清しい気持ちになる理由でもあります。

このお墓参り、実は適した時期や、正しいお参りの方法など、マナーや作法が多々あります。この一連の作法を知ると、お墓参りの奥深さを感じるものの、今では意外に詳しくは知らない方々が多いですよね。

そこで今回は、意外と知られていない、お墓参りの時期やマナーについての「常識」について、お話をしていきます。

[ 続きを読む… ]

三回忌の迎え方。お布施など特に知りたい関連費用を解説!

三回忌の迎え方。お布施など特に知りたい関連費用を解説!
法事のマナーの中でも、三回忌のお布施についてどれくらい包めば良いのか悩むという声は少なくありませんよね。冠婚葬祭には様々なマナーがありますが、中にはとても難しいものもあります。

親族や知人など大切な人が亡くなると通夜や葬儀からはじまり、その後も様々な法要が続きます。一周忌、三回忌を過ぎると、回を重ねるほどに身内だけで行う法要になっていきます。

その法要のなかでも三回忌は、親族のみではなく故人の近しい方も参列する最後の法要とも言えますので、参列者の方にも失礼のないようにしっかりとした配慮が必要になります。

そこで、今回は三回忌の迎え方。お布施など特に知りたい関連費用など、正しいマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]