一周忌に招かれた際のマナーとは。準備すべき5つのこと

一周忌に招かれた際のマナーとは。準備すべき5つのこと
一周忌とは、故人が亡くなってちょうど一年目の日のことをいい、「祥月命日(しょうつきめいにち)」ともいいます。最初に行う年忌法要です。この日をもって、喪中明けとなります。一周忌は命日に行いますが、都合が付かない時は、前倒しで行うことがあります。一周忌では、お坊さんが御経を読み上げたり、お墓参りをしたり、故人を偲ぶ食事会をします。

親族や知人の方の一周忌の法要に招かれた時、服装はどうしよう、香典はいくら?と迷う方も多いですよね。社会人としても、一周忌のマナーを身につけておきたいものです。一周忌の法要に招かれた時、気をつけることには、どのようなことがあるのでしょう。

そこで今回は、一周忌に招かれた時、迷った時に参考になる、準備しておきたいことやマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

49日の迎え方。服装やお布施など守るべき5つのしきたり

49日の迎え方。服装やお布施など守るべき5つのしきたり
葬儀の後、初七日の法要と同じくらい重んじられるのが49日の法要ですが、服装や僧侶に納めるお布施などはどうすればよいのか、迷ってしまう方が多いですよね。しかし49日は、この日を境に「忌明け」となる節目の日ですので、準備の段階や法要の当日にその場であたふたと迷うことのないように、しきたりやマナーなどをあらかじめ頭に入れておきたいものです。

そこで今回は、49日の法要での服装や、僧侶へのお布施、また49日の法要に向けての準備などについてお伝えいたします。誰もが営む立場には慣れていない法要ですが、これらを念頭に置けばいろいろな場面で安心ですし、心に余裕ができればきっと、故人により一層寄り添った供養ができることでしょう。

[ 続きを読む… ]

初七日、現代のスタイル。喪主の選択肢と7つの段取り

初七日、現代のスタイル。喪主の選択肢と7つの段取り
初七日法要は、故人が亡くなってから七日目に行う法要です。忙しい現代では初めて喪主をする時、葬儀のすぐ後に初七日をしても良いものか、迷う方も多いですよね。

しかし、最近では葬儀をした後、再び初七日法要で参列者が集まるのが難しくなってきたこともあり、葬儀の日に初七日法要を済ませてしまうケースが増えてきました。

初七日法要は、親戚や近しい人が集まって行われるものですが、実際に自分が葬儀にも初七日法要にも招かれたら、会場が遠方の場合にはどちらの日も有給休暇を取らなくてはならず、「どうしようか…。」と困る方も多いです。

とはいえ、法要は初七日の当日にちゃんと行いたい、という考え方の人ももちろんたくさんいます。

そこで今回は、初七日法要の現代のスタイルである「葬儀の当日に済ませるケース」と、亡くなった後7日目に「風習通り初七日をするケース」それぞれについて、喪主がするべき段取りを7つのポイントに分けてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

永代供養とは?費用や手続きなど考えておきたいお墓事情

永代供養とは?費用や手続きなど考えておきたいお墓事情
永代供養(えいたいくよう)とはどのようなシステムなのか中々難しくてわからないという方も多いことでしょう。永代供養とは、一般的にお寺や霊園が遺骨を預かり供養や管理を行ってくれることを指します。少子化も進み家族のスタイルも変化している現代では、お墓事情は昔に比べてかなり様変わりしています。

先祖代々のお墓を引き継いで維持していくのは困難な場合もあり、また自分が亡くなった後に残った家族にお墓参りなどで煩わせたくないという気持ちが強かったり、加えて墓地や墓石の高騰化で中々購入できない事などから管理をお任せできる永代供養はニーズが高まっているようです。

ただ、かかる費用も気になるところです。永代供養とは契約や手続きを含めて進められるものなので、規約を確認し、理解した上で契約を結ぶことが大切です。そこで今回は永代供養について、費用や手続きなど考えておきたいお墓事情をお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

法事の引き出物。選び方やのしの種類など5つの基本マナー

法事の引き出物。選び方やのしの種類など5つの基本マナー
法事の際の引き出物はどんなのしをつけ、どんな物を選んだらよいのか迷いますよね。法事は初七日から始まり四十九日、一周忌、七回忌、十三回忌から三十三回忌と続きます。七回忌以前までは友人知人を招く場合もありますが、七回忌をからは親族など内輪で行う場合が多いです。それぞれの回忌にお礼の気持ちを込めてお渡ししたいところですが、種類も豊富にあらゆるものがランナップされ本当に悩ましいものです。

昔は法事ののしや引き出物の内容に様々なしきたりがあったのですが、最近は比較的に柔軟に行う方がほとんどです。しかし法事というのは故人を偲ぶ大事なひと時ですので、お気持ちを寄せてくださった方に失礼があってはいけません。思いやりの気持ちを持って引き出物は選びたいものです。そこで今回は七回忌までの法事の引き出物について、選び方やのしの種類などの基本マナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]