納骨はどのように進める?遺族が押さえる手順とマナー

納骨はどのように進める?遺族が押さえる手順とマナー
納骨は、葬儀が済み火葬を経て、元に還ってきたお骨を扱うのですから、キチンとした手順を踏まなければなりませんよね。とは言え特にはじめてのことでしたら、何かとわからないことが多いもの。

人によっては新しくお墓を用意する必要がありますし、悲しむ間もなく様々な事柄や法要が重なりますから、納骨をどのように進めていいか、喪主や遺族が混乱することも当然です。

納骨までの様々な手順は、確かに簡単に済むものではありません。大切な事は、故人が安心して休むことができるよう、ひとつひとつの作業を確認しつつ、落ち着いて進めていくこと。

納骨の手順の意味が理解できれば、きっと納骨に関する様々な儀式や流れも把握でき、スムーズに進められますよね。そこで今回は、仏式での納骨の進め方を主にお伝えしながら、納骨に伴う「手順」についてお話をしていきます。

[ →続きを読む… ]

法事のお供えマナー☆準備前に知りたい7つの基礎知識

法事のお供えマナー☆準備前に知りたい7つの基礎知識
法事のお供えを準備する機会は少ないので、多くの方々がその経験がほとんどないですよね。だからこそ、法事のお供えには何が一番向いていて、何がマナー違反となるのかもよくわからず、迷いやすい項目です。

特に四十九日法要や一回忌・三回忌など、規模の大きい法事にお供えを準備することになったら、それなりの知識は必要です。とは言え実は、法事のお供えについての考え方は地方や地域によって、かなり違いがある点が難しいところ。

周囲にも確認が必要ではありますが、それだけでは不安な部分は否めません。せめてマナー違反になる法事のお供えを準備して、恥ずかしい思いをすることは避けたいですよね。

そこで今回は、法事のお供えを準備する前に知っておきたいマナーや、お供えの相場・お供えに最適なものなどの、基本を伝えします。

[ →続きを読む… ]

法要を行う時期。施主が理解したい初七日からの基礎知識

法要を行う時期。施主が理解したい初七日からの基礎知識
法要は、初七日や一周忌法要など、これらの法要に参列した経験のある方は多いですが、実際に自分が施主となって法要を営むことになったら、分からないことがたくさんありますよね。

喪主となってからたった一週間で、すぐに初の法要である初七日が訪れます。その後も四十九日と、施主になると悲しむ間もなく、次々と法要の機会がありますが、どれも作法を重んじた、日本人にとっては重要なもの。

施主とはお布施をする主を意味し、法要においてはその準備を進めたり、文字通り僧侶へお布施を渡すなど、一切を取り仕切ることになりますから、法要に対して何も知識がないままでは戸惑うことも多くなってしまいます。

そこで今回は、初七日法要から始まる故人の法要について、施主になったら覚えておきたい、基礎知識をお伝えします。もしもあなたやあなたのご家族が施主となった時に、お役に立ててください。

[ →続きを読む… ]

一周忌を執り行う。見落としなく進めるチェック項目

一周忌を執り行う。見落としなく進めるチェック項目
一周忌の法要は、何度も執り行われる法要の中でも特に盛大に行うもの、と捉えている方々が多いですよね。遺族や親族だけでなく、故人の知人や友人も招くことになるので、その分準備も見落としのないよう慎重に進めていかなくてはなりません。

とは言え、法要を執り行うことに慣れている方は、ほとんどいないのではないでしょうか。そのため、いざ自分が施主を勤める立場になると、準備の手順「いつまでに何をしておけば良いか」などなど、一応の「目安」は欲しいところでもありますよね。

そこで今回は、一周忌を執り行うにあたって、「チェック項目」を確認しながら進められるよう、手順をお伝えします。準備するための事柄を、時期別に五項目に分けましたので、ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

49日とはどんな意味?子どもにも教えたい基礎知識とは

49日とはどんな意味?子どもにも教えたい基礎知識とは
「49日とは、故人があの世に旅立つ日なので、節目となるから法要を行う」…。49日の捉え方は、おおよそこのようなものですよね。しかし、何故亡くなってから「49日目」が節目なのか…、しっかりと答えられる方は、大人でもそれほどいないのではないでしょうか。

この「49日とは何か」について紐解いてみると、実に様々ないわれがあることが分かります。これらのことを知っているか知っていないかで、49日がより厳粛なものに感じられ、人によっては「死生観が変った!」と言う声も…。

当たり前のように執り行う49日、どのようないわれがあるのかを、子ども達の代まで伝えたいですよね。そこで今回は、49日とはどんな意味なのかを、いくつかの項目に分けお伝えします。

実際には無宗教であることが多い日本ですが、法事法要の際にはぜひ、仏教での考え方も思い出してみてください。

[ →続きを読む… ]