納骨式へ参列する。立場や形式によって違う服装マナー

納骨式へ参列する。立場や形式によって違う服装マナー
納骨式はお通夜や告別式とは違うため、どのような服装で参列すれば良いのか、迷う方も多いですよね。遺族でも納骨の時期によって、正式な喪服と限っている訳ではありませんので、TPOに合わせて決めていかなければなりません。

多くの納骨式では、お墓がもともとある場合には四十九日法要とともに…、新しく建てるケースでも一周忌や少なくとも三回忌までにはお墓を準備して、一周忌・三回忌の法要に合わせて執り行われることが多いはず。

けれどもより自由になってきた近年では、遺族のタイミングで納骨式のみ執り行う法要も増えてきました。そんな時には、遺族側も一般参列者側も、どこまでの服装で出向けば良いのか、基準が知りたいですよね。

そこで今回は、納骨式のみを執り行う際の基準となる、立場と時期、形式などで変わってくる服装マナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事の服装、基礎知識。立場や状況によって違う作法

法事の服装、基礎知識。立場や状況によって違う作法
法事の服装は、それぞれの立場や法要の内容によって変わるため、迷う方も多いですよね。特に法事だけに日ごろから慣れた場ではなく、「ブラックスーツを着用していれば大丈夫なのでは…。」と考えている方もいるのではないでしょうか。

法事の服装で特に気にしておきたいのは、「格式」があること。一般の参列者であれば、遺族の服装より「格上」であってはいけませんし、遺族側は一般の参列者の方々よりも「格下」になる装いはできません。

とは言え、きちんと理解していないと、何が格下で何が格上なのか…、判断に迷いますよね。そこで今回は、最も格上である「正喪服」から、格下となる「略式喪服」まで、それぞれの特徴を解説します。

本記事を一読して、それぞれの立場に合わせた法事の服装を着分けて出席してください。

[ 続きを読む… ]

香典返しを選ぶマナー。基本の考え方とおすすめの品々

香典返しを選ぶマナー。基本の考え方とおすすめの品々
香典返しは近年、お香典を辞退する葬儀も見受けられるものの、一般的なお葬式であれば、準備しておくべきものですよね。式と言うものには大抵お金を包んで行くのが日本のしきたり。慶事にはご祝儀。弔事には香典

ご祝儀や香典にも、お返しをしなくてはいけないのが日本のルール。ご祝儀なら内祝いとなりますが、香典の場合は香典返しとなります。香典返しは四十九日が終わって1ヶ月の間にお返しするのがマナー。

四十九日の間は忙しくて、それどころではないもの。一段落ついてから香典返しを選ぶというのが、大体の流れになるのですが、何をお返しすればいいか、悩む方も多いですよね。

そこで今回は、香典返しの風習の説明、その理由を、香典返しのオススメの品などとともにお伝えします。最近の香典返しの品々の傾向も踏まえてお伝えしますので、ぜひ、参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

三回忌の香典マナー。金額の相場や渡し方、基本の作法

三回忌の香典マナー。金額の相場や渡し方、基本の作法
三回忌の香典は、そもそもお渡しするのかどうかから、迷う方も多いですよね。お通夜や葬儀と違い、法事に呼ばれる機会はあまりないため、いざ呼ばれる立場になると、服装からお香典まで、迷うことも多いです。

しかも一周忌を過ぎた後の法事法要では、だんだん案内される人数も縮小され、周囲に相談もしにくくなるもの…。家族などのごくごく身内であれば、直接相談しながら準備も出来るかもしれませんが、知人や友人であれば、尚更戸惑いますよね。

ただ、案内されたからには、それなりに故人と親しい関係だったはず…。ならばしっかりと三回忌の香典マナーを理解して、丁寧に故人を弔いたいですよね。そこで今回は、案内を受け参列する際に準備する、三回忌の香典マナーをお伝えします。

とまどいがちな相場から、渡し方まで、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

49日の香典で迷ったら。金額や包み方、覚えたいマナー

49日の香典で迷ったら。金額や包み方、覚えたいマナー
49日の香典はお通夜や葬儀と違い、その時になって「あれ、そう言えばどうするのかな…。」と迷う事も多いですよね。四十九日法要は、故人とご縁の深かった方々、親族を中心に集まる法要なので、大きい法要とは言ってもあまり参列の機会はないもの…。

けれどもそれだけに、案内されたからには、故人と深い関わりがあったはず。遺族にも失礼なく、心を込めた供養を行うためにも、気になる点があるなら、消化しておくと安心です。

故人にとっても遺族にとっても大切な法要である49日。香典を包むことはもちろん、金額や包む際の不祝儀袋のマナーなども、しっかり押さえられると、気兼ねなく参列できますよね。

そこで今回は、49日の香典に関する基本的なマナーをお伝えします。49日の香典の包み方や包む金額相場などを改めて押さえて、安心して参列してください。

[ 続きを読む… ]