残暑見舞いの時期とは☆お中元との違いと基本のマナー

残暑見舞いの時期とは☆お中元との違いと基本のマナー
残暑見舞いの時期は、何となく夏の終わり頃という印象を持っているものの、正確にいつからいつまでなのかを把握できていない人は意外と多いですよね。

しかし、残暑見舞いは社会人になっても、挨拶状として使う機会のある重要な習慣ですので、正式な時期とマナーは把握しておくと便利

ただ確かに、お正月は元日に届くように送るもので、クリスマスカードはクリスマスイブかクリスマス当日に渡すものであり分かりやすいですが、残暑見舞いの時期は分かりにくいかもしれません。

「暑さが残る時期」というのは、年によってずれるものですし、人によって体感温度は異なりますから、一概には言えないと思うのも無理はありません。

とは言え、残暑見舞いは日本に古くから伝わる重要な習慣。基本のマナーが守って、社会人としても信頼ある挨拶状を送りたいですよね。そこで今回は、残暑見舞いの時期と基本的なマナーについて、6つのポイントお伝えします。

[ →続きを読む… ]

暑中お見舞いには時期がある。安心して送る、マナー集

暑中お見舞いには時期がある。安心して送る、マナー集
暑中お見舞いの時期は、何となく小学生や中学生の夏休みが始まった頃だろうと思っている人が多く、正確にいつからいつまでだと認識している人は少ないですよね。

子供の頃に暑中お見舞いを友達と送り合った経験がある人は、とくに「なんとなく」のまま大人になってしまっているもの。

しかし、社会人になって会社の上司や取引先など、重要な相手に暑中お見舞いを送る際には、マナーをしっかり守れなければいけません。そのマナーの中でも暑中お見舞いの時期は、重要なポイントの一つ。

暑中お見舞いをはじめとした日本の季節の挨拶状にはれっきとした意味があります。その意味を十分に理解していないと、マナーに反してしまうことがあり、相手に失礼になってしまうことに…。

そう考えると、やはり十分注意して暑中お見舞いの時期も見極めたいですよね。そこで今回は、暑中お見舞いの時期について、その背景や意味合いもあわせて解説します。

[ →続きを読む… ]

寿司屋でのマナーを解説☆接待中に押さえるべきマナー

寿司屋でのマナーを解説☆接待中に押さえるべきマナー
寿司屋でのマナーは難しそうだし、高級な寿司屋に行く機会などめったにないだけに、「覚えなくてもいいや…。」と思っている人は多くいますよね。

たしかに、プライベートでカウンター席の高級寿司屋に行く機会がある人は少ないかもしれません。しかし、仕事の接待で使う可能性は十分あり得ます。

接待する取引先の担当者や役職者の方が、「寿司が好きだ」という情報が入ってきたら、接待にはそれなりのランクの寿司屋を予約して置かなくてはいけません。そうなると、寿司屋でのマナーもあわせて知っておかなくては、十分な接待はできないもの…。

接待のために寿司屋でのマナーを覚えるのは大変ですが、日本人なら寿司屋での正しいふるまいはマスターしておきたいですよね。そこで今回は、接待でも役立つ寿司屋でのマナーを6つのポイントに分けて解説します。

[ →続きを読む… ]

暑中お見舞いの時期はいつ?知っておきたい、7つの作法

暑中お見舞いの時期はいつ?知っておきたい、7つの作法
暑中お見舞いの時期は意外と迷いますよね。毎年暑い時期になると、体もバテて気持ちも萎えてしまう方も少なくありません。外にいても家にいてても、どこにいても暑さからは逃れられない…。そんな時に送るのが、相手を気遣う挨拶状

暑い時分の自分の体も大切ですが、いつもお世話になっているあの人も、「今頃どうしているのかしら…。」と気に掛かるもの。

暑中お見舞いの時期を見計らって、ご無沙汰している方へ、挨拶のハガキを送ってみてはいかがでしょうか。電子メールではなく手書きのお便り、印象に残るはず

暑中お見舞いの時期は暑い季節。「この猛暑を乗り越えてください。」の願いを込めて、贈り物をしてみたいものの、分かっているようで分かっていない暑中お見舞いの時期や作法。せっかくならキチンと確認したいですよね。

そこで今回は、昔ながら続いている風習である、暑中お見舞いの時期や作法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

出産内祝いマナー☆上司へのお返しに添えたい気遣い

出産内祝いマナー☆上司へのお返しに添えたい気遣い
出産内祝いを何にするか、けっこう頭を悩ませますよね。それが上司へのお返しとなるとなおさらです。

因みに、「出産内祝い」という言葉ですが、本来は身内のお祝いごとの喜びを知らせたい人、全員に配る習わしを指した言葉。それが今では、出産祝いをくださった方にお返しをすることを指して「出産内祝い」という言葉が使われています。

出産内祝いのだいたい目安としては、いただいた出産祝いの2分の1の金額の物を送るのが相場です。でも、そこにこだわり過ぎず、金銭的な負担が大きすぎない無理のない程度の金額で大丈夫!

金額はさておき、祝ってくれてありがとうの気持ちを伝えるのは、素敵なこと。是非、気持ちの伝わる物を出産内祝いとして選びたいものです。と同時に、ちょっとした工夫で気遣いを示せると、より気持ちが伝わるに違いありませんよね。

そこで今回は、上司への出産内祝いに添えたい気遣いを幾つかお伝えします。

[ →続きを読む… ]