お見合いマナー男性編☆初対面の女性へ、7つの作法

お見合いマナー男性編☆初対面の女性へ、7つの作法
お見合いマナーは本人が思っている以上に、意外と重要!「相手と打ち解けたい!」と思うあまりに、フランクに話を進めても、相手は警戒してしまうこともありますよね。まずはお見合いマナーを理解して、紳士的に振舞いたいところです。

「お見合いマナー」と言っても、決まりきった大きな作法やルールがある訳ではありません。日頃からのレディーファーストの精神や、相手の言葉を聴こうとする姿勢、と考えた方が近いのではないでしょうか。

そのため、一般的なお見合いマナーを学ぶことで、自然と女性や人間の気持ちを理解できる、若しくは「理解しよう」と考えるようになるため、自然とお見合いに限らず、あらゆる場面で紳士的であり、好感度の高い男性になれるのです!

そう考えると、社会人としても一男性としても、ぜひ一度、一般的なお見合いマナーのポイントを知りたいですよね。そこで今回は、初対面の女性への気遣いを示したい、基本的な7つの配慮、お見合いマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

送別会のプレゼント☆幹事が心得る選ぶ品7つのタブー

送別会のプレゼント☆幹事が心得る選ぶ品7つのタブー
送別会のプレゼントは、幹事が準備するケースが多いですよね。送別会に参加する人全員でプレゼントを選ぶと時間がかかりますし、意見がまとまらなくなってしまいますから、たいていの場合は幹事が独断で選ぶことが多くなるもの。

しかし、いざ自分が幹事になると悩ましいですよね。幹事が送別会のプレゼントを選ぶ場合には、送別会に贈るべきものや喜ばれるものが何かを調べて、プレゼント選びをする人が多いです。

ただ、逆に贈るべきではないものを、意識して調べる人は少ないのではないでしょうか。実は送別会のプレゼントには、相手に失礼にあたるタブーの品を選ぶことは避けたいですよね。

そこで今回は、幹事として送別会のプレゼントを用意するときに、避けなくてはいけないタブーの品を7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

入学祝いの相場って?子どもの年齢で決める7つの目安

入学祝いの相場って?子どもの年齢で決める7つの目安
入学祝いの相場を知れば、包みやすいですよね。だれでも入学祝いはもらった経験がありますが、幾らくらいもらったか覚えてはいないもの。小学校、中学校、高校、大学と進んでいくと違いもあるため、一人で決めると迷いがちです。

もちろん子どもの成長は嬉しいものですが、現実問題お金がかかります。大抵、身内かとても親しい友人でなければ、入学祝いは贈らないことを考えると、「大変なこの時期、少しでも足しにしてもらいたい。」と言うのが、本音ではないでしょうか。

それだけに、反対に入学祝いの相場より大きい金額を贈りすぎて、相手を恐縮させてしまうことも…。ここは冷静に、入学祝いの相場を知って、相応のエールを贈りたいですよね。

そこで今回は、入学祝いの相場を、贈る側としてどんなポイントを押さえて考えればよいのかも含めて、いくつかお伝えします。

[ →続きを読む… ]

入学祝いは相場で決める☆子どもの年齢で分かる目安

入学祝いは相場で決める☆子どもの年齢で分かる目安
入学祝いの相場は、お祝いを贈る側からすると気になりますよね。小学校入学と中学校入学、さらに高校入学となると、入学祝いの相場も変わってきますので、事前にきちんと、入学祝いの相場も確認しておきたいところではないでしょうか。

入学祝いを贈るのはおそらくあなただけではないので、他の人が包む金額とあなたが贈る金額にあまりに差がある場合は、失礼なことになってしまうのも、気になる理由。

子供の年齢贈る人の年齢によっても変わってくるため、入学祝いの相場は複雑…。十分にリサーチをしてから、金額を決めれば安心ですよね。そこで今回は、子供の年齢別で見る、入学祝いの相場をお伝えします。

失礼のないように一緒に確認して、心からのお礼の気持ちを伝えてください。

[ →続きを読む… ]

洋食のマナー上級編☆高級レストランでの7つの常識

洋食のマナー上級編☆高級レストランでの7つの常識
洋食のマナーは、知っておかないと大人になったときに恥をかきます。高級レストランにはそうそう行く機会がないという人は、洋食のマナーなんて知らなくても問題ないと思いますよね。

ところがテーブルマナーは、レストランに自分から行かなくても、必要な時はほぼ必ず訪れるもの。

その代表的な例が結婚式。友人や同僚、部下がいれば必ず招待される結婚式ですが、ホテルや式場で行われる披露宴では、洋食のフルコースが振る舞われることが多く、この時には洋食のマナーを守らなくてはいけません。

自分の後輩や部下の結婚式で恥ずかしい思いはできませんよね。しかし、洋食のマナーは細かなことまで含めると、非常に多くの決まりがあります。そこで今回は、上級編でありながら、知らないとまずい7つのポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]