現金書留の書き方、知ってる?スムーズに送れる基本手順

現金書留の書き方、知ってる?スムーズに送れる基本手順
現金書留の書き方、改めて問われると、経験のない人は多いですよね。基本的に日本で現金を送りたいなら、現金書留で送らなければなりません。遠方に住む親戚へのお祝いや、参列できなかった結婚式のお祝儀などに、現金書留ば便利!

いざ試してみようと思った時に、「あれ?どうやって送れば良いのか…。」と、戸惑ってしまうことは良くあります。現金書留は、現金を書留扱いで郵送することが出来るサービスですが、現金を送るだけに、いくつかの手順とルールがあります。

現金は現金書留以外の方法で送ってしまうと、罰則はないものの郵便法違反となるのです。現金書留の書き方を知らなかったばかりに準備が足りず、家と郵便局を何度も往復してしまった!…なんて言う手間は避けたいですよね。

そこで今回は、正しい現金書留の書き方と手順をお伝えします。ぜひ本記事をしっかりと確認してから、準備をするとスムーズに送れます。

[ →続きを読む… ]

寿司屋のマナー☆接待でも恥を欠かない7つの基本とは

寿司屋のマナー☆接待でも恥を欠かない7つの基本とは
寿司屋のマナーなんて普段なかなか考えるものではありませんよね。寿司屋のマナーなんて関係なく美味しく食べれればよい、と一蹴してしまう人もいそうです。

しかし、ビジネスにおいては接待で使われることもありますので、寿司屋のマナーを知っておくのはためになる、と言うもの…。もちろんこれは、回転ずしチェーンでのマナーではありません。

注文したら職人が目の前で握って1貫づつ出してくれる、あの寿司屋でのマナーです。そういう寿司屋は、敷居が高いと感じている人が多いのではないでしょうか。だからこそ、接待で使われるのであり、寿司屋のマナーが問われるのです。

寿司屋のマナーを知らず、相手との関係が微妙になるようなことは避けたいですよね。そこで今回は、接待の席でも恥をかかない、寿司屋のマナーの基本を7つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法
参拝の仕方を改めて考えると、きちんと教わった経験がない方々も多いですよね。初詣や七五三、受験の合格祈願など、子どもが成長するにしたがって神社へ参拝する機会も増えるなか、ふと戸惑う方々も多いもの。

しかし神社は神様の住まう処。家やその他の場所とは雰囲気が全く違い、子どもは大人以上に、その大きな不思議に疑問を抱きます。参拝の仕方、鳥居などの意味など、ひとつひとつにストーリーがあれば、子ども達の心に深く響くはず…。

そう考えると、「知らない」「わからない」ではきっとガッカリされてしまいますよね。そこで今回は、参拝の仕方を子どもに伝えるために、まず大人が理解しておきたい、7つの作法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

引っ越し挨拶マナー☆範囲や持参品、押さえたい基礎知識

引っ越し挨拶マナー☆範囲や持参品、押さえたい基礎知識
引っ越しの挨拶をすべきかどうか悩むことってありますよね。物事の考え方は人それぞれ異なりますから、挨拶に来られるのが煩わしいと感じる人もいますが、一方で挨拶がないことに気分を害する人もいます。

しかし、引っ越した先のご近所さんが、どのような人なのかを事前に知ることは難しいですから、挨拶はしておいた方がいいのです。

首都圏などの都会では、近所付き合いが疎遠になっていますが、お互いに面識がまったくないのと少しでもあるのとでは、いざという時に助けを求めたり協力を求めやすいもの。

面倒だと思うかもしれませんが、引っ越しの挨拶は各世帯1分程度で終わるものですから、やっておいた方が後々自分が得をします。ところが、礼儀のつもりで引っ越しの挨拶をしたつもりが、そのマナーが正しくないばかりに、悪い印象を与えてはもったいないですよね。

そこで今回は、引っ越しの挨拶マナーについて、その基本を解説します。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは
お悔やみの言葉をメールで送るのはありかなしか、悩むことってありますよね。親しい友人や同僚、親戚であればなおさら、すぐにでも気遣って連絡を取りたいという気持ちなりますから、そんな時にメールはとても便利なツールです。

しかし、お悔やみの言葉は、昔から本来直接出向いて伝えたり、お悔やみ状や弔電で贈るものとされていました。そのため、お悔やみの言葉をメールで贈るのは失礼に当たります。

ところが、直接相手の家に行けない、葬儀にも行けないという場合には、いったんメールで連絡を取るのは有効な手段とも思えますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉をメールで伝える時に注意すべきことや、マナーを実践する上で重要となる心得を、7つのポイントに分けて解説します。

[ →続きを読む… ]