墓参りのタイミングとは?知っておきたい5つのマナー

墓参りのタイミングとは?知っておきたい5つのマナー
墓参りは、お盆やお彼岸、そして命日のみと決めていらっしゃる方も多いかもしれませんが、基本的には、いつでも墓参りはしてよいはずですよね。何かをご先祖様に報告したい時、悩みがある時など、気軽に墓参りはすれば良いのです。

ちなみに、お盆はご先祖様がこの世に帰ってくる日と言われ、お彼岸はご先祖様と交流できる日とされています。命日は一年に一度ですが、お墓が近くにある方なら月命日に墓参りしても良いでしょう。例えば、命日が7月24日であれば、毎月24日が「月命日」になります。

もちろん、墓参りのタイミングとしては明るい時間帯に墓参りした方が良いでしょう。墓参りは午前中にするものだという方もいらっしゃるとは思いますが、特に決まりはありません。ただし、真夜中は避けたいところです。暗くなる前にお参りすることが好ましいです。

今回は、墓参りのタイミングと、知っておきたい5つのマナーを墓参りの段取りと共にお伝えします。

[ →続きを読む… ]

すぐに使える暑中見舞いの文例5選

暑中見舞い
梅雨も明け、夏の暑さも本格的になってくると、そろそろ暑中見舞いの用意をしないといけないなと思いますよね。けれど、慣れていないと「暑中お見舞い申し上げます」と書いた後に何を書けばよいのか、わからなかったりします。

学生時代には、なかなか手紙を書かなかった人でも、社会人になり、年齢も上がってくると暑中見舞いなどのやり取りが増えていきますし、自分からは出さなかったけれど届いたから返事を書かなけれなならないこともあるかもしれません。そんな時に文章が出てこなくて困ってしまう、ということになりかねません。

また、暑中見舞いには送るべき時期もあり、この時期を間違えてしまうと、仕事関係の人からは礼儀のなっていない人と思われてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、そんなことにならないように暑中見舞いの基本と文例を5つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

現金書留の書き方、知ってる?スムーズに送れる基本手順

現金書留の書き方、知ってる?スムーズに送れる基本手順
現金書留の書き方、改めて問われると、経験のない人は多いですよね。基本的に日本で現金を送りたいなら、現金書留で送らなければなりません。遠方に住む親戚へのお祝いや、参列できなかった結婚式のお祝儀などに、現金書留ば便利!

いざ試してみようと思った時に、「あれ?どうやって送れば良いのか…。」と、戸惑ってしまうことは良くあります。現金書留は、現金を書留扱いで郵送することが出来るサービスですが、現金を送るだけに、いくつかの手順とルールがあります。

現金は現金書留以外の方法で送ってしまうと、罰則はないものの郵便法違反となるのです。現金書留の書き方を知らなかったばかりに準備が足りず、家と郵便局を何度も往復してしまった!…なんて言う手間は避けたいですよね。

そこで今回は、正しい現金書留の書き方と手順をお伝えします。ぜひ本記事をしっかりと確認してから、準備をするとスムーズに送れます。

[ →続きを読む… ]

現金書留の書き方☆実は知らない7つの基本手順とは

現金書留の書き方☆実は知らない7つの基本手順とは
現金書留の書き方は、実際に利用したことがある人々も少ないだけに、突然聞かれてもピンと来ない場合がほとんどですよね。

けれども現金書留の書き方を覚えておくと案外便利です。遠くにいる子供や孫に、お正月のお年玉を送る、ご祖父母や親族の方々も多いです。その他にも、入学祝い出産祝いなどなど、お祝儀袋に包んで贈りたい機会は多くあるのです。

今では現金書留の書き方はもちろん、その存在自体が分からない人々も多いかもしれません。現金は郵送することはできませんが、現金書留の書き方を知り、現金書留で送ることで、あらゆる「金銭」を送ることができるのです。

銀行振り込みではないため、心を込めて贈りたいお祝い事などには最適ですよね。そこで今回は、この現金書留の書き方を、マナーや手順とともにお伝えします。

[ →続きを読む… ]

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法
参拝の仕方を改めて考えると、きちんと教わった経験がない方々も多いですよね。初詣や七五三、受験の合格祈願など、子どもが成長するにしたがって神社へ参拝する機会も増えるなか、ふと戸惑う方々も多いもの。

しかし神社は神様の住まう処。家やその他の場所とは雰囲気が全く違い、子どもは大人以上に、その大きな不思議に疑問を抱きます。参拝の仕方、鳥居などの意味など、ひとつひとつにストーリーがあれば、子ども達の心に深く響くはず…。

そう考えると、「知らない」「わからない」ではきっとガッカリされてしまいますよね。そこで今回は、参拝の仕方を子どもに伝えるために、まず大人が理解しておきたい、7つの作法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]