お悔やみ電報を送る際に気を付けたい5つのマナー

お悔やみ電報を送る際に気を付けたい5つのマナー
お悔やみの電報(弔電)を送る機会は、そんなに多くありません。特に若い人だと送った経験のない人の方がほとんどでしょう。でも、社会人になると訃報に接することが多くなりますし、お悔やみ電報を送る場面も出てきます。だからこそ知識として身につけておきたいですよね。

お悔やみの電報は、お葬式に参列できない場合にご遺族に対して弔慰を表すために送りますが、宛先や差出人、内容など、どのようにしたら良いのかは、訃報という突然の事なので戸惑ってしまうことも多いでしょう。

お悔やみの電報は、なるべく素直な気持ちをストレートに伝えたいものです。しかし、マナーを守らないと遺族が悲しい思いをしてしまうことにもなります。

そこで今回は、お悔やみ電報を慌てずに送れるように気をつけたいマナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみメールで気を付けなければならない5つの事柄

お悔やみメールで気を付けなければならない5つの事柄
友人などから訃報の知らせが届くとお悔やみを伝えるものですが、すぐに駆け付けられない場合など、メールでお悔やみを送ろうかなと考えることがありますよね。けれど、本来は直接会ったときにお悔みを伝えるものなのに、メールでもよいのだろうかと悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

相手との間柄や状況によっては、お悔やみをメールでも送ることができます。それでも、「お悔み申し上げます」のほかにどのような文章を書いてお悔やみのメールを送ればよいのかわからなかったりと、メールとはいえ、お悔やみを送るのは難しい面もあります。

大切な人を亡くし、落ち込んでいるであろう相手に送った自分のメールで更に落ち込ませないためにも、お悔やみメールの大切なポイントを知っておきたいですよね。

そこで、今回はお悔やみをメールで送るときに気を付けるべき5つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー
大事な家族を亡くした遺族の悲しみはとても計り知れないものがあり、塞ぎ込んでしまう方も多くいらっしゃいますが、そんな時にお悔やみの手紙を送って励ましたり、慰めたりするのはとても大切なことですよね。

故人の訃報を聞いたけれども遠方で行けない場合や、他の事情があって駆けつけられない場合、また葬儀を身内だけで済ませるケースも増え、後で訃報を知らされるということも少なくありません。このような場合は、お悔やみの手紙を送ることになりますが、どのタイミングで送ってよいものか、どのようなことを書けばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、急な訃報を受けてお悔やみの手紙を送ることになった場合でも慌てないように、お悔やみの手紙を送る時のマナーと書き方のコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お通夜のマナー復習、宗派によって違う7つの参列手順

お通夜のマナー復習、宗派によって違う7つの参列手順

お通夜のマナー、突然の参列の時などにキチンとできているか、不安になりませんか?冠婚葬祭は特にマナーが重視される場面です。中でもお葬式やお通夜のマナー違反は仕事の関係者の場合など、命取りにもなりかねません。大人である以上、「知らなかったから…」では許されないケースも多いのです。

一方でお祝いの席とは違い、訃報は突然届くものです。急な事態にも慌てずスマートに対応するためにも、是非一度お通夜のマナーをしっかり理解して、頭に入れておくことをおススメします。

そこで本記事では、おさえておきたい基本的なお通夜のマナーを、分かりやすく7つのポイントに分けてお伝えします。参列の手順は宗派によっても異なります。十分注意しましょう。

お通夜のマナーに自信がないあなたはもちろん、お通夜のマナーは知っている!と思っているあなたも、もう一度復習してみませんか?地域によっても違うお通夜やお葬式。案外見落としているマナーも見受けられます。

[ →続きを読む… ]

法事に参列するなら・失礼にならないためのマナー豆知識

法事に参列するなら・失礼にならないためのマナー豆知識

法事は突然のことなのでいざ参列することになっても、服装からお香典、お焼香など不慣れなことばかりで戸惑ってしまい困ったことはありませんか。こんなとき法事のマナーを知っておけばよかった・・・なんて後悔をした方もいるのではないでしょうか。

法事は親戚関係や会社関係など、故人を偲ぶ方々が一堂に集まる場所です。故人と最後のお別れで常識がない行動をとってしまっては、せっかくの法事も台無しになってしまいます。不快な思いを与えないためにも、しっかり法事のマナーを学びましょう。

お世話になった故人や遺族の方に失礼にならないように、聞きたいけれど今さら聞けない法事のマナーをお伝えします。これを知れば法事に参列しても心配ありません。

[ →続きを読む… ]