お通夜のマナー復習、宗派によって違う7つの参列手順

お通夜のマナー復習、宗派によって違う7つの参列手順

お通夜のマナー、突然の参列の時などにキチンとできているか、不安になりませんか?冠婚葬祭は特にマナーが重視される場面です。中でもお葬式やお通夜のマナー違反は仕事の関係者の場合など、命取りにもなりかねません。大人である以上、「知らなかったから…」では許されないケースも多いのです。

一方でお祝いの席とは違い、訃報は突然届くものです。急な事態にも慌てずスマートに対応するためにも、是非一度お通夜のマナーをしっかり理解して、頭に入れておくことをおススメします。

そこで本記事では、おさえておきたい基本的なお通夜のマナーを、分かりやすく7つのポイントに分けてお伝えします。参列の手順は宗派によっても異なります。十分注意しましょう。

お通夜のマナーに自信がないあなたはもちろん、お通夜のマナーは知っている!と思っているあなたも、もう一度復習してみませんか?地域によっても違うお通夜やお葬式。案外見落としているマナーも見受けられます。

[ →続きを読む… ]

法事に参列するなら・失礼にならないためのマナー豆知識

法事に参列するなら・失礼にならないためのマナー豆知識

法事は突然のことなのでいざ参列することになっても、服装からお香典、お焼香など不慣れなことばかりで戸惑ってしまい困ったことはありませんか。こんなとき法事のマナーを知っておけばよかった・・・なんて後悔をした方もいるのではないでしょうか。

法事は親戚関係や会社関係など、故人を偲ぶ方々が一堂に集まる場所です。故人と最後のお別れで常識がない行動をとってしまっては、せっかくの法事も台無しになってしまいます。不快な思いを与えないためにも、しっかり法事のマナーを学びましょう。

お世話になった故人や遺族の方に失礼にならないように、聞きたいけれど今さら聞けない法事のマナーをお伝えします。これを知れば法事に参列しても心配ありません。

[ →続きを読む… ]

弔電の文例や送り方・失礼にならないための5つのポイント

弔電の文例や送り方・失礼にならないための5つのポイント

弔電の文例をといわれてスッと思い浮かびますでしょうか。訃報はある日突然やってきます。日常的に弔電を扱っている電報業務を行っている人、葬儀屋さん、僧侶などであれば、このような弔電の文例は素敵だなとかすぐわかりますが、多くの一般人が弔電の文例をすぐに頭に浮かべることは難しいでしょう。

ですから、弔電を送るときには7〜8割の人が電報を取り扱っている業者さんの弔電の文例集の中から選んで送るという方法を選択しています。その理由は「弔電の文例集の通りに送れば失礼にはならないから」が一番多いのですが、びっくりすることに文例集から選んで送っても失礼になってしまうこともあるのです。今回は弔電の文例や送り方・失礼にならないためのポイントについてまとめましたのでお伝えします。

[ →続きを読む… ]

弔電の文例・ケース別お悔やみの気持ちを伝えるメッセージ 

弔電の文例・ケース別お悔やみの気持ちを伝えるメッセージ 

弔電の文例は沢山あるけれど、どれが適切なのか自信がないということはありませんか。まず、弔電の説明から始めると、弔電とはお通夜や告別式に参列できない場合に、喪主や遺族の方に弔意を表すために送る電報のことをいいます。ですから、お通夜や告別式どちらか片方でも参列できる場合には送る必要はありません。

弔電を送る際には電報会社に電話やインターネットで依頼するかたちになります。自分で考えた言葉を電報にしてもらうこともできますが、一般的に各々の会社で用意している弔電の文例の中から適切なものを選ぶことが多いようです。

しかし、電報会社に文例が用意されているといっても、弔電について何も知らなければ慌ててしまいますよね。今日は突然のことでも慌てない、ケース別に弔電の文例についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

弔電を送るなら、葬儀屋さんが教える7つの知識

弔電を送るなら、葬儀屋さんが教える7つの知識

弔電は多くの電報のなかでも、特にマナーに配慮したいもの。誰かの訃報は、まさか!という思いがけないタイミングで、耳に入ります。通夜や告別式の日程も、もちろん土日に合わせるという訳ではなく、日柄に合わせて決めていきます。そうなると、どうしても参列できないタイミングも生まれます。

日程的には列席できても、遠方であったり、どうしても都合が合わなかったりと、列席できない人も多いです。そんな事情がある場合、お悔やみの気持ちを込めて弔電を送るのがマナー。

弔電は、葬儀の最中に読まれることもあります。そのため気持ちを込めた弔電は、式の中で読み上げられます。より気持ちを強く伝えてくれるのです。そこで本記事では、故人を偲び気持ちのこもった弔電を送るために、経験の多い葬儀屋さんが教えるポイントを、お伝えします。

[ →続きを読む… ]