お車代はいくら包む?ゲストに渡すケース別、金額相場

お車代はいくら包む?ゲストに渡すケース別、金額相場
お車代と言われても、案外知らない方も多いですよね。主に結婚式やパーティー、受賞式など喜び事で、遠方から来られた方に交通費として差し上げるお金がお車代。結婚式で遠くから来てくれる親戚や、友達などに渡す事が多いのではないでしょうか。

ちなみにお葬式などでは渡さない方が主流ですが、読経をお願いしたお坊さんへ、自宅や斎場などで出張をお願いした際には、お布施とともに、タクシー代金相当のお車代をお渡しします。

ただ難しいのは、お祝い事でゲストに包む場合のお車代。それぞれの関係性や立場などもあるため、それぞれに金額を決めていかなければなりません。

わざわざ遠いところから足を運んできてくれる大切な人なら、是非適切な金額をお渡しして気持ち良く帰ってもらいたいですよね。そこで今回は、結婚式などの喜び事、一緒に祝ってくれたゲストにお渡ししたいお車代について、ケース別に解説します。

[ 続きを読む… ]

結婚式の手紙を両親へ☆自分らしさを引き出す文例集

結婚式の手紙を両親へ☆自分らしさを引き出す文例集
結婚式の手紙は、式の中でもゲストの心に残りやすいイベントですよね。新婦による、両親に宛てて書いた「手紙」の朗読。結婚式に出席したことのある方なら、誰もが一度はその内容に感動したり、時には涙したこともあるのではないでしょうか。

しかし、いざ自分が結婚式で読む手紙を書くことになったら、手が止まってしまう方が多いもの。確かに両親だけが読む手紙とは違い、ゲスト全員が耳を傾けることになると、どのように文章を綴っていったらいいか、思い悩んでしまいがちですよね。

そこで今回は、自分らしさを引き出すための、結婚式の手紙の「文例」を、いくつかお伝えします。

ポイントは、「みんなを感動させなければ」「カッコよく読まなければ」といった思い込みを捨てること!あくまでも自分の言葉で、感謝の気持ちや伝えたい思いを、両親に向けて語ってみてください。

[ 続きを読む… ]

結婚式での招待状の書き方☆押さえておきたい基本作法

結婚式での招待状の書き方☆押さえておきたい基本作法
結婚式の招待状の書き方は、なかなかピンとこない方も多いですよね。従来のように招待状の作成を、すべて式場にお任せするとしたら、例文も様々なカードも選ぶだけでOKですが、演出の一つとして、ペーパーアイテムを手作りするのもアイデア!

そうなると、やはり基本的な結婚式での招待状の書き方、つまり文章や作法を知ることが必要となります。…と言うのも、結婚式では「おめでたい縁起」を担いでいたり、誰にでも分かりやすいように、いくつかのルールがあるのです。

難しそうに感じますが、基本の結婚式での招待状の書き方さえ、きちんと押さえておけば、親戚や目上の方に送っても大丈夫。むしろ礼儀をきちんと踏まえていることに、感心されるかもしれません。

せっかくの結婚式、招待状から心を込めつつ、丁寧にこなしたいですよね。そこで今回は、結婚式の招待状の書き方、基本の作法についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式での招待状の書き方☆好感度を上げるポイント

結婚式での招待状の書き方☆好感度を上げるポイント
結婚式の招待状の書き方には、送った側の嗜好、センスが表れます。まず書き方のマナーが正しいかどうかで、常識を知っているかどうかがわかりますし、招待状のデザインや色使いからその人の好みががだいたいわかるもの。

結婚式の招待状は、記念に保管しておく人もいますから、恥ずかしくないように準備できればバッチリ!

結婚式の招待状の書き方は、「結婚式場が手配してくれるから、自分は何も気にしなくていい!」と思っている人もいるかもしれません。ただ、招待状を受け取った側からすると、差出人はあくまでも当事者である新郎新婦。

結婚式の招待状の書き方や言葉使いは、そのまま差出人の意向だと受け止めます。結婚式の招待状の書き方では、相手にいかに好感を持ってもらえるかがポイント!

せっかくの式、皆が好感をもてるような招待状に仕上げたいですよね。そこで今回は、結婚式の招待状で、好感度を上げるポイントを6つ、お伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式の受付へのお礼☆頼み方から式後まで、7つの配慮

結婚式の受付へのお礼☆頼み方から式後まで、7つの配慮
結婚式の受付へのお礼をする際、そもそも現金にしようか、お礼の品にしようかから、迷う方も多いですよね。受付は気のおけない友人にお願いすることも多いだけに、反対に現金を包むのも失礼なのではないか…、と思う方も少なくありません。

結婚式で受付以外にお礼を包む相手としては、乾杯の音頭や祝辞をお願いした方や、仲人さんや司会を知人にお願いした場合には、司会者などなど。余興をお願いした知人友人にもお渡しすることが多いはず。

そのため基本的には結婚式の受付へのお礼としては、現金を包んでお渡しすると安心ではありますが、親しき仲にも礼儀ありで、今度はマナーが気になってきますよね。

そこで今回は、結婚式の受付へのお礼の方法を、頼む時の配慮から、現金を包む場合やプレゼントの場合なども含めて、お伝えします。

[ 続きを読む… ]