カジュアルな結婚式での服装☆抑えておきたいマナーとは

カジュアルな結婚式での服装☆抑えておきたいマナーとは
結婚の報告を受けたり、結婚式の招待状が届いたり・・・幸せな一報を頂くと嬉しい気持ちになりますが、それと同時に、結婚式の服装について「何を着よう」と悩んでしまうことがありますよね。

男性の方はスーツが基本なので、そこまで深く悩むことは少ないですが、女性の方は結婚式での服装は頭を悩ませるポイントなのです。

最近では結婚式も親族だけで小ぢんまりと行いたい、また仲の良い友人を中心に行いたい、など言うように、大々的に行うことも少なくなってきました。特に都心部の方では小規模で挙げる方が多いようです。そのような場合に、最近人気なのがカジュアルな結婚式です。しかし、カジュアルとは言え、参列者の服装もカジュアルで良いものなのでしょうか

そこで今回は、かしこまりすぎない、そんなカジュアルな結婚式にお呼ばれした時の服装についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

男性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー

男性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー
結婚式の二次会の服装は、男性の場合は「いつものスーツでもいいか……」と軽く考えてしまいがちになりますよね。でも、一見普通のスーツスタイルでも、結婚式の二次会の服装としてふさわしいもの、ふさわしくないものの違いがあるのです

例えばスーツの素材や色、ネクタイ、シャツ、靴などが違えば、結婚式の二次会向けの服装のはずが、「サラリーマンの仕事着」にしか見えなくなってしまうこともあります。これでは、せっかく招待してくれた新郎新婦の気持ちにケチがついてしまうことになりかねません。

そこで今回は、おしゃれに詳しくない男性でも恥ずかしくないコーディネートができるようになる、結婚式の二次会の服装マナーについてお伝えします

[ →続きを読む… ]

葬儀の服装を選ぶなら☆女性が選ぶ7つのアイテム

葬儀の服装を選ぶなら☆女性が選ぶ7つのアイテム
葬儀の服装として社会人になると、「ブラックフォーマル」の服を早めに買い揃える方も多いですよね。葬儀の服装は小物も大切です。喪服に合わせる様々なアイテムには、ひとつひとつ意味があるからです。

社会人になると、誰しも葬儀に参列する機会が増えてきます。例えマナーに沿ったスーツやワンピースを着用していたとしても、目についたアイテム「マナー違反」である場合、葬儀の服装としてはNGとなってしまいますので、十分配慮をしたいものです。

ここでは女性の葬儀の服装として、前もって準備しておきたい、7つのアイテムを解説します。

おめでたい結婚式の服装とアイテムに、厳密なマナーがあるのと同様、悲しみの席にもしかるべきマナーがあるのです。もしそれらがきちんと揃っていれば、いざという時に慌てることもありません

それを念頭に置いてぜひご一読ください。

[ →続きを読む… ]

葬式の服装は大丈夫?注意して準備したい7つの礼儀

葬式の服装は大丈夫?注意して準備したい7つの礼儀

葬式の服装は社会人になったら、リクルートスーツとは別に準備をする場合が多いです。「え?黒いリクルートスーツを準備しておけば、着回せるのでは?」そんな質問も、良く聞きます。これは新人社会人の方々に限らず、案外多くの世代から受ける質問です。

確かに多い間違えなのですが、正式にはリクルートスーツで用いられる、無地のブラックスーツと、お葬式の服装とは少し異なります。お葬式の服装は、弔事用のスーツと言うことで、テカリや光沢を押さえた漆黒の黒なのです。

リクルートスーツはと言えば、お葬式の服装とは違い、清潔感などを出すために多少軽やかに、そして光沢感を出している黒が多く見られます。

ここでは、社会人になってお葬式の服装を準備する人へ向け、知らずに参列すると恥ずかしい、基本的な服装マナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

結婚式の親族の服装☆女性の7つのフォーマルスタイル

結婚式の親族の服装☆女性の7つのフォーマルスタイル

結婚式の親族の服装は、ホストとして押さえるべきマナーが多々あり、心配になるものです。母親であれば「黒留袖」が定番で、8割を占めていますが、特に姉妹や叔母・伯母の立場になると、迷うもの

さらに母親であっても、新郎新婦の相手方への配慮などもあります。そのため事前に両家で結婚式の親族の服装について、話すケースも多くあります。結婚式の親族の服装と言えば、和装。定番の黒留袖色留袖なら、式場などでのレンタルも出来るケースが多いです。

ただし最近では結婚式会場やスタイルも多様になり、場所によっては洋装が適しているケース、または「着付けをお願い出来ない…。」などの状況もあります。

どのような場所挙式スタイルでも、美しく結婚式の親族の服装を選んで、大切な新郎新婦をお祝いしたいもの。今回は親族の女性が選びたい、7つのマナーを押さえたフォーマルスタイルを解説します。

[ →続きを読む… ]