正しい敬語の使い方。ビジネスシーンの丁寧語とは

正しい敬語の使い方。ビジネスシーンの丁寧語とは
敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語といくつか種類があり、使い分けるのは難しいですよね。このような敬語は時と場合によって使い方が変わる場合もあり、使い慣れていないと簡単にはできません

特に、ビジネスシーンでの敬語は難しく、新入社員の方は戸惑われることも多いでしょう。学生の頃は通じた言葉遣いが通じなかったり、自分では敬語を使っているつもりでも、言葉遣いを注意されたりすることもあります。また言葉遣い1つで会社での自分の評価が変わったりすることもありますから、正しい敬語の知識を頭の中へと入れておき、それを普段から実践していくことが大切です。

そこで今回は、そんなビジネスシーンでの敬語の入門編として正しい丁寧語の使い方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスシーンで送るお悔やみの手紙・お悔やみ状の書き方

ビジネスシーンで送るお悔やみの手紙・お悔やみ状の書き方
ビジネスシーンで取引先などにお悔やみの手紙(お悔やみ状とも言います)を送る時、書き方のマナーや内容がわからずに悩んでしまうことってありますよね。特に、若いうちは突然の訃報を受けて、どのようにお悔やみの対応をすべきか困ってしまうことも多いでしょう。

お悔やみの手紙は、ビジネスシーンで使う通常の手紙とは書き方が違います。ですから、お悔やみ手紙として相応しい書き方を知らないと、知らず知らずのうちに、相手にとって失礼な手紙を書いてしまっている可能性があるのです。社会人として恥ずかしくないように、書き方のポイントはぜひ押さえておきたいところです。

そこで今回は、取引先などに送るお悔やみの手紙の書き方がわからないという方のために、ビジネスシーンで送るお悔やみの手紙・お悔やみ状の書き方を分かりやすくお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスシーンで恥をかかない為の正しい言葉遣いとは

ビジネスシーンで恥をかかない為の正しい言葉遣いとは
社会人にとって、正しい言葉遣いをすることは当たり前のビジネスマナーと言えますよね。言葉遣いがぎこちないと、第一印象も悪くなってしまいます。社内ではもちろん、お客様や取引先に対しても、丁寧な言葉遣いを心がけて接していく事が大切です。

正しい敬語やビジネス会話を使いこなせるようになると、コミュニケーションがスムーズにとれるようになり、仕事の効率もアップすることでしょう。社会人として、それぞれのシチュエーションで言葉遣い、敬語などを自然に使い分けられるようになれば、上司との関係、取引先との関係、お客様との関係など、多方面で良い関係が築け、仕事がやりやすくなることは間違いありません。

しかし、敬語は、友達と会話をするように馴れ馴れしく、タメ口で話すようにはいかなもの。間違えた言葉遣いをしてしまうと、自分が恥をかくだけでなく、仕事上でも問題が出てきてしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、社会人として身に付けておきたい正しい言葉遣いとはどんなものなのか、押さえておきたいポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

名刺の渡し方から始まる!今後も関係が続く7つの基本

名刺の渡し方から始まる!今後も関係が続く7つの基本
名刺の渡し方は、ビジネスで成功するためには、おろそかにできないマナーのひとつですよね。最初の印象は後々まで尾を引きます。最初でつまづくと挽回はなかなか難しい

せっかく良い企画や商品があるのに、名刺の渡し方ひとつで印象が悪くなってしまっては「こんなに良いのに、聞いてももらえない!」などの事態にもなりかねません。その点、きちんとマナーが身についていれば、安心です。

一度しっかり叩き込んで、「名刺交換には慣れている!」と言う方でも、油断は禁物。意外と忘れてしまうマナーも多いのです。今一度確認しておくのはいかがでしょうか。

あまりに気にしすぎて、ぎこちない対応になっては本末転倒ですが、基本はしっかり押さえ、印象の良い名刺の渡し方で、今後も続く関係を築きたいですよね。

そこで今回は、名刺の渡し方の基本を、7つのチェックポイントに分けて解説します。

[ →続きを読む… ]

面接の入退室で一歩リード!最初に印象づけるポイントとは

面接の入退室で一歩リード!最初に印象づけるポイントとは
面接の入退室は、最初と最後の印象付けでもあり、周囲と差を付けるポイントとも考えられますよね。実際に面接時の入退室のドアの開け方・閉め方などの細かい動作、面接官は多くの候補者を絞るために、しっかりチェックしています!

就職等の面接のために、面接官の質問への受け答えをしっかりシミュレートし、身だしなみを完璧に整えたとしても、どうしても忘れがちになってしまうのが、姿勢や座り方などのひとつひとつの動作を、きびきびと美しく見せる、ということ。

とはいえ、それらのことを理解し、面接当日に実行できれば、何も恐れることはありません。むしろなかなか意識を向けにくい面接時の入退室の動作で、あなたの誠実さや仕事の、デキる度を面接官にしっかり印象付けて、チャンスを引き寄せたいですよね。

そこで今回は、面接での入退室にぜひ生かしたい、印象的な動作のポイントについて順を追ってお伝えします。

[ →続きを読む… ]