法事でのマナー

法事でのマナー

法事の香典はいくら包む?関係別に知りたい金額相場

高齢化社会に住む私たちはたびたび法事に香典を持って行かなければならないことがありますよね。法事は私たちの生活の中で切っても切れない冠婚葬祭の行事の一つだからです。 法事の際には故人に対する供養の気持ちを表すものとして香典をそれぞれ参加者が持参します。いくら気持ちだと言えども法事に持参する香典の金額のルールなど...
法事でのマナー

三回忌の挨拶、基礎知識。マナーを押さえた、基本の例文

三回忌の挨拶は、故人の命日から数えて満2年の日に執り行う、「年忌法要」での大切なものですよね。三回忌までは遺族や親族に加え、故人の友人や知人も招いて盛大にしますが、次の七回忌の法要からは規模を縮小し、遺族と親族で執り行うのが一般的。 したがって、友人や知人にとっては、これが事実上の「故人を偲ぶ会」となるケースが多い...
法事でのマナー

冠婚葬祭マナーをおさらい☆意外と見落とす7つの基本

冠婚葬祭のマナーは、どうしても忘れてしまいがちですよね。例えば結婚式、あるいは通夜の席などでの服装や持ち物などなど。 「ちょっと失敗したな、次回は気をつけなくては」と思っても、その失敗がたいして大きなものではなく、しかも「次回」がいつかわからないとなれば、記憶から抜け落ちてしまうのも早くなってしまいがちではな...
日常生活に使える知識やマナー

お墓参りの時期やマナー☆意外に知らない「常識」とは

お墓参りは、今を生きる人間にとっても、とても良い習慣ですよね。ご先祖様や故人の墓前に行って、お線香を手向けてお参りすると、普段よりも一層それらの方々に思いを馳せることができます。 お墓参りの後には、心が洗われたような感覚や、不思議な安堵感を覚える方も多いのではないでしょうか。もちろん場所の力もありますが、それ...
法事でのマナー

三回忌の迎え方。お布施など特に知りたい関連費用を解説!

法事のマナーの中でも、三回忌のお布施についてどれくらい包めば良いのか悩むという声は少なくありませんよね。冠婚葬祭には様々なマナーがありますが、中にはとても難しいものもあります。 親族や知人など大切な人が亡くなると通夜や葬儀からはじまり、その後も様々な法要が続きます。一周忌、三回忌を過ぎると、回を重ねるほどに身...
日常生活に使える知識やマナー

お墓参りにはマナーがある☆勘違いが多い7つの間違え

お墓参りにはマナーがありますが、知られていなかったり、勘違いされていることが多くありますよね。 通夜や告別式、また法事法要の時には服装や持ち物などのマナーに気を付けますが、個人的に行うお墓参りは、周囲に人がいないためマナーやルールに気を遣わなくなってしまうことが多いのです。 しかし、お墓参りにもマナーや...
法事でのマナー

法事のお供えどう選ぶ?金額から贈る品まで5つのマナー

一周忌や三回忌などの法事にはお供え物がつきものですが、何を持っていけばよいのか迷いますよね。そもそも、法事のお供え物は無条件で何でもよいものなのかも気になりますし、葬儀と同じように法事も重要な行事なので、失礼なことだけは避けたいものです。 また、お供え物の相場も気になるところで、建前では金額の問題ではなく気持...
法事でのマナー

三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!

葬儀の香典相場などは分かるけれど、三回忌法要など、年忌法要の香典袋の表書きは何と書いたら良いのか、金額の相場はどのくらいなのかなど、結構悩んでしまうことが多いですよね。服装などもどうしたら良いのか意外と考えてしまうもの。 そもそも三回忌は、何年目なのかについても把握していない場合もあります。気になることを言い...
法事でのマナー

法事で香典を渡すマナー。社会人が押さえる7つの基本

法事の香典、いざとなると準備に迷う事も多いですよね。思えば、「親戚の集まりなのでは両親が仕切っていたので、今まで何も意識していなかった…。」と言う方も少なくありません。だけど社会人になって、弔事のことを教えてくれる人はいない…。 社会に出るとオフィシャルの場がぐっと広がります。初めての社会人の方は、緊張するこ...
法事でのマナー

法事の香典マナーとは。時間が経つからこそ守りたい基本

法事の香典は、お通夜や葬儀でも細やかなマナーで迷いがちななか、その判断基準も曖昧で準備に戸惑う方も多いですよね。法事の香典の場合、一周忌から三十三回忌まで、法事の内容もさまざまに異なるため、その時々による判断が難しいのではないでしょうか。 法事は香典だけではなく、服装なども戸惑うところ。四十九日まではお通夜や...
法事でのマナー

一周忌でのお布施の目安。お坊さんへ包む、7つのマナー

一周忌のお布施、お坊さんに包む際には、守らなくてはいけないマナーが意外と多いですよね。通夜や告別式などの葬儀の時には、葬儀社がすべてを手配してくれ、お坊さんへのお布施なども、分からなければアドバイスをしてくれます。 けれども、一周忌は施主が直接お寺に依頼をして行うことが多いため、すべて自分で決めなくてはいけな...
法事でのマナー

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは

四十九日の法要はお葬式の後に始めて行う重要な儀式として、ほとんどの方に認知されていますが、喪主になったら何をして良いのかわからない人が多いのが現実ですよね。心構えなく喪主になるのですから仕方のないことですが、故人のためには滞りなく行いたいものです。 そもそも四十九日法要とは、故人が死後49日後に仏様の元へ向か...
法事でのマナー

一周忌の服装。基本の装いと7つの押さえるべきマナー

一周忌の服装で迷った経験ってありますよね。故人との関係性や距離感によって、自分がどのような服装をしていけばいいか、悩むことはよくあること。 故人の配偶者や子供など家族である場合には、正式な喪服を着ようと判断できますが、そうでない場合には特に判断がしづらいのではないでしょうか。 というのも、そもそも一周忌...
法事でのマナー

喪服それともスーツ?回忌別にみる法事の服装選び

法事の服装と言えば、まず思い浮かぶのは『フォーマル』、いわゆる喪服と呼ばれるものですが、それは絶対ルールなのだろうかと迷う所ですよね。確かに葬儀なら喪服というのが一般常識ですが、お通夜や1周忌、3回忌…などについては必ずしもそうではないケースもあるように感じます。 しかし、冠婚葬祭にはマナーというものが存在し...
法事でのマナー

香典返しの選び方。法事での基本マナーと定番7つの品々

香典返しは四十九日の法事が終わり、忌明けとなってから、通夜・葬儀の際に香典をいただいたお礼として贈る品物のこと。最近では通夜や葬儀の当日に、会葬御礼とともに、香典返しを渡すことも多いですよね。 ただこの場合、会葬者全員に同じものをお渡しすることになるため、高額の香典を包んでくれた方には、四十九日法要後に、改め...
法事でのマナー

三回忌法要。かかる費用の目安と施主がすべき5つの事柄

三回忌の法要は大切な人が亡くなって満2年目に行うものですが、この法要はどのようにすればよいのか迷うことも多いですね。お通夜や葬儀には故人を偲び多くの関係者が参列しますが、三回忌は遺族・親族・ごく親しい友人など、内輪で行うことが一般的です。 三回忌法要は故人の思い出を語り合い冥福を祈る神聖なひと時でもあります。...
法事でのマナー

法事での香典マナー。時期や形式によって違う包み方

法事の香典を包む時は、表書きは薄墨で書くべきなのか、また、通夜や告別式の時の表書きと同じで良いのか、香典を包むということはわかっていても、厳密な包み方まで正確には覚えていないですよね。 宗教やその宗教ごとの宗派によって、法事の香典マナーは異なりますから、どんな場合でも対応できる人は少ないもの。法事に香典を持参...
法事でのマナー

一周忌でお布施を準備。気になる相場と、包み方の作法

一周忌のお布施以前に、今まで喪主や施主になった事がない方々にとっては、「そもそも、お布施って何?」と、戸惑うことも多いですよね。お布施とは、お経を唱えてもらったり、戒名をもらったりした謝礼として、お寺へおさめるもの。 そんなお礼の気持ちとして一周忌にもお布施を包みます。…が、一体いくら包んでいけばいいのか、お...
法事でのマナー

一周忌の服装マナー。「平服」でと言われた時の作法とは

一周忌の服装、なかなか参列する機会は少ないですが、案内が来たなら一社会人として、きちっとしたいですよね。 一周忌とは亡くなってから翌年の同日に行われるのが慣わし。しかし最近は参列者が集まりやすい土曜、日曜にすることが多く、仏様が亡くなった日よりも少し早めに行うのが一般になりました。 また、一周忌の法要で...
タイトルとURLをコピーしました