弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー
「弔辞」とは葬儀にて、故人と生前親しかった人が読み上げる言葉。御霊前で故人との思い出を懐かしみながら、永遠の別れに対する悲しみや想いを言葉にしていきます。

一般的には遺族側から依頼をされた人が、弔辞を考えて読み上げるもの。葬儀の規模にもよりますが、大体3~5人ほどが選ばれます。

遺族の方々から弔辞を依頼されると光栄な気持ちと共に、絶対に失礼があってはならないというプレッシャーも感じるはず。ただ、お葬式はあらかじめ分かることではありません。

そのため、弔辞を依頼されてから実際に読み上げるまでの時間は、あまりありません。そのような短い時間の中で、失礼の無いようにするためには、弔辞の基本を理解しておくと安心ですよね。

そこで今回は、弔辞を頼まれた際にまず確認したい、文章構成の基本とマナーをお伝えします。あまり大きな声で聞けない弔辞の基本、ぜひ確認してみてください。

[ →続きを読む… ]

初めての四十九日法要。準備すべき5つのこと

初めての四十九日法要。準備すべき5つのこと
人は亡くなると、七日毎に現世での行いについて裁きを受け、四十九日目にようやく、裁きを終えて魂の行き先が決まります。四十九日までを中陰、四十九日を満中陰といいます。満中陰を過ぎると忌明けとなるため、四十九日の法要は1回忌までの法要の中で最も大切な日になります。

しかし、大切なご家族を亡くした中では、なかなか四十九日の法要まで考えが及ばないこともありますよね。そこで今回は、初めての四十九日法要。準備すべき5つのことをお伝えします。初めての四十九日法要となれば、何かと不安は尽きませんが、この5つのポイントをおさえておけば大丈夫です。大事なポイントをしっかり押さえて、故人の四十九日法要を穏やかな気持ちで迎えましょう。

[ →続きを読む… ]

香典マナーの基本。社会人なら知っておくべき7つの事柄

 香典マナーの基本。社会人なら知っておくべき7つの事柄
香典マナーは押えていないと、後々残るものだけに恥ずかしいですよね。「完璧に整えなければ…。」と思うと複雑に感じますが、実は、香典のマナーには最低限知っておきたいポイントがあります。

それは、作法に関わることと宗教や宗派に関わること。多くの日本人は、宗教にこだわりがない人が多いですが、海外では宗教は自分のアイデンティティであり、大切なものなのです。

日本人の中にも、特定の宗教の敬虔な信者であるという人がいますから、気を付けなくてはいけません。

また、遺族にとっては大切な人の死は大変辛いことですから、最低限の香典マナーは守るのが作法。しかし香典マナーは自分で用意したことがない人にとって、何が最低限の作法なのかもわかりませんよね。

そこで今回は、香典に包む金額相場や香典袋の準備についてなど、社会人になったら押えておきたい、香典マナーを7つのポイントにしぼって解説します。

[ →続きを読む… ]

告別式の服装マナー。社会人が押さえるべきポイントとは

告別式の服装マナー。社会人が押さえるべきポイントとは
告別式の服装、ある程度のマナーは分かっていても、「これで本当に大丈夫かなぁ…。」と迷ってしまうこともありますよね。あまり参列する機会もないだけに、いざとなると告別式の服装マナーに自信がないのも仕方ありません。

しかしながら、親しい人や知人に不幸があった場合、社会人としてきちんとした告別式の服装で参列するのはマナー。

ただ、告別式の服装を選ぶ上で難しい点は、喪主としての服装や男性、女性でも服装に違いがあること…。自分がどの立場になっても間違いが無いよう、しっかりと確認し、丁寧に故人を弔いたいですよね。

そこで今回は、社会人になったら知っておきたい、告別式の服装マナーをお伝えします。あまり大きな声で聞けないことだからこそ、こちらでしっかりと確認しておいてください。

[ →続きを読む… ]

訃報をメールで送る選択。現代ならではの7つのマナー

訃報をメールで送る選択。現代ならではの7つのマナー
訃報をメールで送ってもいいものかは迷いますよね。冠婚葬祭には古くから伝わるマナーを守るのが礼儀。そのため、親や年配の人に訃報をメールで送るのはどうかと聞くと、怪訝な反応をされることがあるかもしれません。

しかし、訃報は突然訪れる場合が多いものです。結婚式や法事などはあらかじめ日程を決められるものですから、時間に余裕をもって知らせることができますが、訃報は確実にいつ起こるのかは、予測できない事柄

特に天災や事故、急な病によって亡くなってしまった場合には、迅速に知らせる必要がありますから、訃報をメールで送るのは理にかなっているのです。

とは言え、訃報をメールで送るにしても守るべきマナーは押えたいですよね。そこで今回は、年配者に聞いてもわからないことが多い、訃報をメールで送るときに気を付けなくてはいけないポイントを7つお伝えします。

[ →続きを読む… ]