葬儀マナーをチェック!事前に知りたいお葬式の基礎知識

葬儀マナーをチェック!事前に知りたいお葬式の基礎知識
葬儀でのマナーは事前に調べておいたことで、意外に助けられた経験がある方々は多いですよね。

当然ですが葬儀はお祝い事ではありませんから、たくさんの人が集まりますが、会場はとても静かです。葬儀での流れがわからないからといって、一緒に行った人に聞いたり、あたふたしていると目立ってしまうのです。

また、服装や持ち物など目に見える部分で葬儀におけるマナーが守られていないと、他の参列者から「マナーを知らない無礼な人」だと思われますし、遺族にも不快な思いをさせてしまいます。せっかく故人の死を悼み、供養をしに行ったのに失礼だと思われたくはないですよね。

しかし、その一方で葬儀マナーは「難しそうで、覚えきれなさそう…。」というイメージが定着しています。そこで今回は、事前に確認しておくべき最低限の葬儀マナーについて、7つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お葬式のマナーは大丈夫?間違えやすい7つの注意事項

お葬式のマナーは大丈夫?間違えやすい7つの注意事項
お葬式のマナーは最低限押えておかないと、いざ訃報の連絡があった時に、慌ててしまいますよね。訃報は、予期せず突然連絡が入ってくるもの。

お葬式のマナーは服装ひとつにしても「あれがない!」「これはどうしたらいいんだっけ?」と、準備をしていないどころか、何を準備したらいいのかもわからず、右往左往してしまうことになります。

結婚式や法事など、あらかじめ予定がわかっているものならば、前もって準備をすることも可能ですが、お葬式やお通夜となると、前もって準備をする時間的な余裕はありません

大切な人とのお別れの時に、そんな大慌てをしてしまっては、心を落ち着けてゆっくりとお別れは出来ませんよね。そこで今回は、大切な故人の葬儀で丁寧に弔えるよう、社会人が押えたい、お葬式のマナーの注意事項をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント
弔辞を頼まれたら、「自分では、十分に役目を全うできないのではないか…。」と、恐縮してしまうことも、よくありますよね。

確かに故人の数ある友人や会社の同僚、上司の方を差し置いて弔辞を読むという大役をするのは、気が引けるものですが、喪主や遺族の方から依頼された場合には、よほどやむを得ない事情がない限り承諾するのがマナーです。

むしろご遺族の方が信頼して、自分に弔辞を依頼してきた意図を汲み取ってあげるべき。

きっと、家族には見せない顔を知っていた数少ない近しい人と思われているのですから、味気ない定型通りの弔辞を求めているのではなく、自分ならではの弔辞を求められている、と考えてください。

しかし、弔辞を初めて読むという人や不慣れな人にとっては、基本的なマナーや構造すらわからないですよね。そこで今回は、弔辞を頼まれた時の準備の参考になる、基本的な構成とそのポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選
身内の不幸で喪主を務めることになると、「喪主挨拶」をする場が多くありますよね。しかし、突然の不幸を前に、喪主として挨拶をするという大役の務めを果たすには、時間がないというのが現実です。

前もって準備ができるものでもないので、いざその時が来て初めて、喪主挨拶の準備をすることになります。喪主は悲しみの中、自分自身の気持ちの整理も付かないままに挨拶をしなければなりません。故人への想いと葬儀に来て下さった人たちへ向けた感謝の気持ちを、どのようにまとめればよいものか、とても迷うところです。

ましてや喪主というのは、そう何度も務めるものではありません。経験された方が周りにいるということも少ないでしょう。

そこで今回は、突然の不幸に喪主を務めることになった時に使える挨拶の文例についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

納骨のさまざまな形。知ることで選択できる7つの方法

納骨のさまざまな形。知ることで選択できる7つの方法
納骨をどのような方法で行うかを考える機会は、あまりないですよね。自分が死ぬときの事を考えるのは、大病を患った時や年齢を重ねた時くらいですし、親の死についてもなかなか考える機会はありません。死んでほしくないと思うからこそ、考えたくないのです。

しかし、納骨の方法を何にするかは、生前に当人と家族で方向性をまとめておくべきです。葬儀の形式は宗教が何かで決まるものですが、火葬をした後の遺骨をどうするかは、事前に決めておかないと、家族や親戚でもめるもとになってしまいます。

火葬した後はお墓に納骨されるのが一般的ですが、それ以外にも納骨の方法はあります。そこで今回は、自分や家族の納骨をどうするか検討するために、納骨の方法を7つお伝えします。

[ →続きを読む… ]