【お通夜のマナー】参列する際に気をつけたい5つの事柄

【お通夜のマナー】参列する際に気をつけたい5つの事柄
どなたかが亡くなって、お通夜に参列することになった際に気になることといえば、お通夜のマナーってどういった事に気をつければよいのだろう・・・ということですよね。通常、人が亡くなると、(仮通夜)・お通夜・葬儀、告別式といった順番で執り行われていきます。

仮通夜はない場合もありますが、近年では昼間に行う葬儀、告別式に参列することは難しいけれど、夕方から行われるお通夜になら参列できるという方が多い傾向にあります。

お通夜に初めて参列することになった・数回行ったことはあるけれど、前回参列したのはかなり前で覚えていない・何回参列しても慣れなくて、毎回お通夜のマナーが気になる・・・。そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、お通夜に参列する際に気をつけたい事柄を5つに分けてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬儀の流れと準備。もしもの時に備えたい7つの基礎知識

葬儀の流れと準備。もしもの時に備えたい7つの基礎知識
葬儀の流れは、実際に自分が喪主や親族の立場を経験しないと、知る機会がありませんよね。ところが、「葬儀なんて、自分には縁遠い話だ!」と思っていても、必要になってしまう時は急に訪れます

長男や長女の場合には、両親の葬儀では自分が喪主になることが多いですし、結婚していれば、家族の葬儀は自分が執り行わなければいけません。

両親や家族の死はおめでたいことではありませんから、普段想像することもないでしょうが、いざ自分が葬儀を執り行う側になれば、葬儀の流れは知っておきたいもの。

葬儀は、故人が臨終を迎えた瞬間から始まってしまいます。葬儀の流れを知らないままでは、十分に故人を供養することができない事を考えると、日頃から社会人の常識として、理解しておけば安心ですよね。

そこで今回は、もしもの時に備えておきたい、葬儀の流れの基礎知識を、時系列に7つのポイントでお伝えします。

[ →続きを読む… ]

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー
「お通夜のマナーを一から教えて」と聞かれて、スラスラと答えられる人は少ないですよね。もちろん、経験したことがある人なら言えるかもしれませんが、そのような機会は学生の間ではなかなか訪れないのが現実です。しかし社会人になると、そのような場に出席しなければならないことが多々あります

実際にそのような場に行くことになり、直前になって慌ててお通夜でのマナーを調べる、もしくは参加して知らなかったがゆえに恥をかいてしまう、なんていうことにならないように、お通夜に参加することになる前から、マナーの知識は頭の中に入れておく必要があります。

そこで今回は、そんな社会人なら知っておくべきお通夜でのマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬式の流れと事前準備。喪主や遺族が心得る事柄とは?

葬式の流れと事前準備。喪主や遺族が心得る事柄とは?
葬式の流れを事前に理解している人は、縁起が悪いような気持ちもあるため、少ないですよね。けれども家族が亡くなってから通夜までの短い時間で、悲しみのなかでも、こなすべき事柄がたくさんあります。

この時、突然のことであったり、事前に考えていない喪主や遺族は、その手順に戸惑うだけで、ただただ呆然としてしまうことも多いのです。

しかし、故人と縁のある方々とともに故人を偲び、これまでのことに感謝をし、魂が安らかでいられるよう祈るためには、喪主と遺族が一丸となって滞りなく式を執り行えるよう、力を注がなければなりません。

とは言え、突然の訃報でバタバタしながら通夜となり、基本のお葬式の流れを把握できずに不安になることも…。このお葬式の流れを知る事で、悲しみなかでも、少しでも安定した気持ちで進められれば良いですよね。

そこで今回は、臨終から通夜前までの一連のお葬式の流れを、喪主や遺族の理解しておきたい事柄とともにお伝えします。

[ →続きを読む… ]

通夜の服装に困らない。参列前に確認したい作法とは

通夜の服装に困らない。参列前に確認したい作法とは
通夜の服装にはマナーがあります。参列する時にその服装のマナーを守れていないと、自分が恥をかくだけでは終わらないので、心配もありますよね。

他の参列者や遺族の方々を不快にしてしまう事態は避けたいもの。通夜では故人の死を悼み、お別れをしに人々が集まっていますから、そのような場で人に迷惑をかける訳にはいきません。

しかし、「通夜の服装マナーはわかってる!」という人でも、実はその思い込みが間違っていることも…。例えば、正式な通夜の服装は礼服ですが、この礼服をいつでも着ればいい訳ではない事は、意外と知られていません。

通夜での服装は故人との関係性や、仮通夜か通夜かの違いによっても異なります。そう考えると、今一度しっかり確認したいですよね。そこで今回は、そんな通夜の服装マナー、参列前に確認したい作法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]