葬儀マナーをおさらい。参列前に理解する作法のポイント

葬儀マナーをおさらい。参列前に理解する作法のポイント
葬儀マナーは、いざ訃報を聞く立場になると慌ててしまうこともあり、普段自分が「大丈夫!」と思っている以上に、「あれはどうだったけ…。」と戸惑う事項が多いです。遺族の気持ちを慮ると、無理はないですよね。

悲しみの真っ只中にいる遺族の方々に、ひと言でも多くの言葉掛けをしたいところですが、参列する身としては、まずは葬儀マナーをしっかりと守り、丁寧に故人を弔うことが、遺族の悲しみに寄り添う、何よりの方法です。

しっかりとした葬儀マナーで、言葉少なくお悔やみの言葉を伝え、丁寧に故人を偲びながらお焼香をする…。そんな一連の動作が、遺族にとっては、「故人を大切に思ってくださる方々がいる。」と心の支えになるのです。

丁寧な葬儀マナーで遺族に寄り添い、故人を弔いたいですよね。そこで今回は、参列する前に理解しておきたい、葬儀マナーの基本をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬式の服装は礼儀を守って。男性が押さえるべき基本とは

葬式の服装は礼儀を守って。男性が押さえるべき基本とは
葬式の服装について、「バッチリ、全て分かっている!」と自信を持てる人は、そんなに多くはいませんよね。葬式の服装といえば喪服が一般常識。でもよく聞いてみれば、「ブラックフォールのスーツ」と答える人もいます。

表現は違っていても、頭の中で描くスタイルはほぼ同じはずです。では、「正しい葬式の服装とは一体どんなものか?」と聞かれて、人々にキチンと伝えられるでしょうか。

葬式の服装は、一言でいえば”喪服”が一番わかりやすい表現ですが、葬式の服装の基本は、身につけて良いものを含み、細部まで見ていくと男性と女性で異なります。

「ネクタイや靴の質感、腕時計のタイプは、どんなものがマナーに則っているのかなど、細かなところまで正しいマナーを知っていれば安心!何も考えずに葬式に参列すると、もしかするとマナー違反をしているかもしれません。少し、あやふやな部分もありますよね。

そこで今回は、そのなかでも今回は男性が押さえるべき基本的なことをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

通夜マナーの基礎知識。参列前に知りたい7つの「常識」

通夜マナーの基礎知識。参列前に知りたい7つの「常識」
通夜マナーはその時になって戸惑うもの。通夜に参列する時、服装や持ち物、何時頃に行けばよいのかなど、困ったことはありますよね。

例えば、「通夜での服装は、喪服以外で何でもよかったはず!」や「カバンやくつは黒色であれば、エナメル素材やスパンコールがついていても大丈夫?」他にも「遅れてはいけないから、早めに行こうと1時間前に到着した」等々…。

この全ては、実は間違えた解釈、つまりNG行為です。実はこの他にも、基本的な通夜マナーが多くあります。

けれども、訃報の連絡を受けてからはバタバタしてしまったり、あまりに突然のことで気が動転してしまって、うっかり忘れてしまったり、間違ったことをやってしまったという経験、誰にでもあるのではないでしょうか。

慌てずに、故人の冥福をきちんとお祈りできるようにしておきたいですよね。そこで今回は、通夜マナーのなかでも、特に日頃から知り準備したおくと安心な、7つの基本をお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

葬式の服装、基本作法。女性が恥ずかしくない7つのマナー

葬式の服装、基本作法。女性が恥ずかしくない7つのマナー
葬式の服装、突然だと何を着ていけばいいのか、困ってしまう人は、案外多いですよね。お葬式の服装は地味な色にするのが、基本のマナー。では、黒色や紺色であれば何でも良いのでしょうか?

もちろん、答えはNO。同じ黒色と言っても、エナメル素材や革、ラメ入りなど素材によって印象も変わるからです。特に女性の葬式の服装は種類も多く、気を付けて選んでいたつもりでも、選び間違えてしまっていては大変です。

ヘアスタイルやメイク、ネイルにしても「控えめにする」ことがお葬式での基本のマナーです。大切な人への最後のお別れ。きちんとした葬式の服装でお別れしたいですよね。

そこで今回は、葬式の服装と作法について、「恥ずかしい、失敗した。」と後悔することがないよう、7つの基本マナーをお伝えします。ぜひ、確認してください。

[ →続きを読む… ]

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで
誰かが亡くなるとたくさんの人から香典を頂くことになるため、遺族は香典返しを用意する必要がありますよね。でも、どんな品物を選べば良いか、どんなタイミングで渡せば良いのか……と、考えてしまうこともよくあります。

以前誰かの葬儀に参列した時は何を頂いた?どんなお礼状が添えられていたっけ……と思い返しても、記憶に薄くて思い出せないという人もきっといるでしょう。近しい誰かが亡くなるなど、頻繁には起こりませんから、それも仕方のないことです。

しかしながら、香典返しやそのお礼状には、故人を代理して遺族が参列者へご挨拶をするという意味合いも含まれていますから、マナー違反になるようなことは絶対に避けたいものです。そこで今回は、香典返しのマナーや品物、お礼状の書き方などについてお伝えします

[ →続きを読む… ]