お悔やみもメールで送る時代。温度が伝わるマナーと例文

お悔やみもメールで送る時代。温度が伝わるマナーと例文
お悔やみをメールで伝えることが、最近では多くなりました。時代の変化を感じますが、確かに相手が時間を気にせず確認できるなど、伝えられる側のメリットもありますよね。

いつもメールでやり取りしている間柄であれば、違和感のない伝えるツールなのかもしれません。

そもそもお悔やみの言葉とは、故人を悼み遺族の方におくる言葉のことを言います。お通夜や告別式などにかけつけ、直接会ってお悔やみを伝えたり、会えない場合には手紙とともに御霊前を送る、というのが基本的なお悔やみの伝え方です。

そんななかで、ご遺族と自分の関係性などを考慮して、メールでお悔やみの言葉を伝える場合には、自分の寄り添う気持ちをきちんと伝えることが、最も大切で難しくもあります。

お悔やみのメールは、顔や高揚が伝わらないだけに、冷たく感じてしまう場合もあるからです。お悔やみはメールであっても、手紙であっても、心からの真心を添えたいですよね。

そこで今回は、お悔やみをメールで伝える時、温度を感じる伝え方のマナーや例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬儀の流れを理解する。通夜から告別式までの基本の手順

葬儀の流れを理解する。通夜から告別式までの基本の手順
葬儀の流れは喪主だけでなく、遺族や葬儀を進行する立場であれば知っておかなくてはいけません。喪主はたいていの場合、亡くなった人の配偶者や子供が務めますから、最愛の人の死にショックを受けて、葬儀の運営をするのに頭が十分に回らない可能性もあります。

そのため、遺族や近しい人は喪主でなくても、葬儀の運営に協力しながら進行していくのが安心。また、一般で参列する人も、通夜から告別式までの葬儀の流れは社会人として知っておいた方が良いと言えます。

葬儀中には私語雑談は控えるべきですから、周囲の人に「次は何をするのか」といちいち聞かずに大まかに把握しておきたいもの。

しかし、通夜から告別式に通して参加する機会はあまり多くはありませんから、葬儀の流れを知らない人は多いですよね。そこで、葬儀の流れを7つのポイントに絞って解説します。

[ →続きを読む… ]

お通夜マナー、しっかり押さえて!間違えやすいタブーとは

お通夜マナー、しっかり押さえて!間違えやすいタブーとは
お通夜のマナーを十分知らなかったり、間違えてしまったりして周囲から見られて恥ずかしい思いをするのはもちろん嫌ですよね。また、それ以上に正しいマナーを守れずに、ご遺族に対して失礼に当たることも避けなければいけません。

お通夜のマナーを守らなくてはいけない理由は、お通夜は故人を供養し、最後のお別れをする大切な場だからです。

例えば、会社の上司の家族など、直接自分が面識がない人のお通夜に行くことになった場合、仕事上の付き合いなので、「しょうがないな…。」低いモチベーションで行くこともありますが、故人の遺族や近しい人にとっては大切な場だということを自覚しなくてはいけません。

そこで、今回はお通夜でマナー違反をしないために、間違えやすいタブーとその正しいふるまいを6つ解説します。

[ →続きを読む… ]

訃報は文例を参考に。伝えるべき基本の言葉と心遣い

訃報は文例を参考に。伝えるべき基本の言葉と心遣い
訃報の文例は、大きな悲しみの中で、とても辛い連絡になる時の慌しい準備のなかで、必要な事項を押さえることができるため、参考にすると安心です。

訃報を伝えることは、誰しも気が重いことです。特に家族が亡くなった時には、葬儀を出す側として、伝えることが多々ある場合が多く、訃報の文例なしでは、何をどうしたらよいのか迷われる方も多いですよね。

いくつかの訃報の文例があるのは、伝える対象も親戚や故人の関係者に加え、近所の方など立場の違いがあるからです。また自分の会社にも、家族が亡くなったことを届け出なければなりません。

そこで今回は、訃報の文例を取り上げ、周りの方に伝える時の「基本の言葉と心遣い」についてお伝えします。

このような知らせで大切なのは、訃報の文例を使って「内容を正確に伝えること」です。そして内容が内容ですから、知らせを聞いた側も、ショックや悲しみを覚えることにも、思いを寄せる必要があるのです。

[ →続きを読む… ]

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー
お悔やみをメールで伝えなくてはいけない場面では、どのような文章で送ればいいか悩みますよね。相手は、家族を亡くしたばかりですから、デリカシーのない内容やマナーが悪いメールの送り方をしてしまうと、相手を傷つける可能性があります。

訃報の連絡を喪主や遺族の方から直接受けた場合には、その時にお悔やみの言葉を伝えることができますが、人伝いに聞いた場合には、直接伝えることができません。

また、すぐにお悔やみの挨拶をしに、喪主の家まで足を運ぶことができないような場合では、お悔やみをメールで伝えることもあります。

そこで今回は、お悔やみをメールで伝える場合に、どのようなスタンスで送ればいいのか、また、メールを作成する上で押さえておかなくてはいけないポイントを7つ解説します。

[ →続きを読む… ]