葬式マナーについて

葬式マナーについて

電報でのお悔やみの伝え方。押さえておきたいマナーとは

電報でお悔やみを伝える弔電、やむを得ない事情で葬儀に参列できない時に送るものですよね。本来は葬儀に参列して、直接伝えるべきお悔やみの言葉を伝えたいだけに、葬儀で喪主の方にかける言葉と同じように、丁寧でかつマナーを守った文面にしたいもの…。 しかし、日頃の連絡手段がLINEやメールが一般的になってきた現代では、...
葬式マナーについて

【家族葬マナー】会社に伝える時に心得ておきたい5つの事

身内が亡くなり、家族葬で行うこととなった場合、家族葬マナーにはどんなものがあるのか、不安に思いますよね。経験がなければなおさらのことでしょう。家族葬というのは、家族など近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列をご遠慮いただくという葬式のことです。今、故人を家族葬としてお見送りすることは、急速に...
葬式マナーについて

初めてのお葬式。失礼にならない服装5つのチェックポイント

お葬式に急に一人で参列することになると、服装ってどうだったかな、と気になりますよね。とりあえず黒い服装で、なんて思っていると、知らないうちにマナー違反になっていることもあります。また、靴やバッグ、寒い日には外套にも気を配らないといけません。社会人になったら、いつお葬式に呼ばれても良いように準備をしておきたいものです...
葬式マナーについて

告別式の挨拶。準備前に知りたい基本の構成とポイント

告別式の挨拶をすることになるケースは、そう頻繁にあるわけではありませんよね。告別式の挨拶は、一般的に喪主がすることが多いです。 喪主は、故人の配偶者か子供、親、兄弟など、故人に最も近い親族がするのが通常ですから、大家族の家庭でもない限り、人生で何度もするという事は稀。 しかし、不慣れだからとか、気が進ま...
葬式マナーについて

通夜挨拶の心得。忌問客へ伝えるべき5つの内容

近年、葬儀における喪主挨拶同様に通夜での挨拶もきちんとしたものが必要となってきました。少し前までは、通夜は仮のもので葬儀・告別式が本式とみなされることがほとんどでしたが、最近では時間的な都合などにより、通夜だけの参列の場合も増えてきているからです。 通夜では弔問客それぞれへの対応も大事なことの一つです。しっか...
葬式マナーについて

お悔やみをメールで伝える。押さえておきたい5つの心得

身近な人や仕事関係の人の訃報が、不幸にも届いてしまった時に、取り急ぎでお悔やみをメールで伝えて良いのか迷いますよね。結論から言いますと、お悔やみは直接会って伝えるのが本来の姿になりますが、故人との関係や状況次第では、お悔やみをメールで伝えても問題はありません。 ただし、メールで送ってはいけない相手もいますので...
法事でのマナー

法事での香典マナー。時期や形式によって違う包み方

法事の香典を包む時は、表書きは薄墨で書くべきなのか、また、通夜や告別式の時の表書きと同じで良いのか、香典を包むということはわかっていても、厳密な包み方まで正確には覚えていないですよね。 宗教やその宗教ごとの宗派によって、法事の香典マナーは異なりますから、どんな場合でも対応できる人は少ないもの。法事に香典を持参...
葬式マナーについて

お葬式の基本マナー。参列者の服装から香典まで一から解説

お葬式は、亡くなった人をお見送りする大切な儀式ですが、マナーもたくさんあるだけに守れているかは不安になりますよね。若ければ多少のマナー違反があっても、大目に見てもらえるかもしれませんが、社会人にもなればそうはいきません。 服装に香典、参列した際など、お葬式のマナーはいたる場面にありますし、結婚式のようにおめで...
葬式マナーについて

お悔み電報のマナーとは。押さえる基本の言葉遣いと例文

お悔やみ電報は、葬儀に参列できない時、お悔やみの言葉を直接伝えられない代わりに送ることが出来るため、助かりますよね。 ただ、葬儀には参列のマナーがあるように、お悔やみの言葉を伝える時にもマナーがあります。とくにお悔やみ電報で言葉を送る時には、失礼がないように細心の注意を払わなければいけません。 口から言...
葬式マナーについて

お葬式のマナー☆戸惑いがちなお焼香のやり方を徹底解説!

お葬式に参列する時、お焼香のやり方はどうするのだろうと気になりますよね。知らないままその場面に立つと戸惑ったり不安になるものです。お葬式は経験する回数も少なく、お焼香のやり方は何となく前の人の動作を真似ている方も多いことでしょう。経験回数が少ない分、お焼香のやり方はその時が終わればすぐに忘れてしまうものです。 ...
葬式マナーについて

葬式の流れを確認!初七日までにやるべき5つのこと

お葬式の流れはその場に立ち会ってみないと解らないものですよね。しかし、核家族化が進む今の日本では、お葬式に立ち会う場面は多くありません。身近な家族が亡くなって初めて真剣に考えなくてはならなくなった、という方がほとんどです。 家族が亡くなると、お葬式以外にもやらなければならないことは沢山あります。亡くなってから...
葬式マナーについて

家族葬とは☆一般葬との違いと、終活で選ばれる理由

家族葬とはどのような葬儀の形態なのか、何となくイメージがあっても具体的な内容については分からない人が多いですよね。生きているうちは自分がいつ死ぬかなんて誰もわかりませんから、死んだ後のことまで考えていないという人が多いのは、当然。 しかし、年齢を重ねると自分の遺産をどうするか、子供に迷惑をかけないために死んだ...
葬式マナーについて

告別式の挨拶、基本の構成。ポイントを押さえた例文集

告別式の挨拶は喪主や遺族にとって、大切な場面ですよね。突然の訃報などでは特に、駆けつけてくださった多くの参列者の方々に、お礼とご案内をしなければならない、喪主や遺族にとっては、最も大きな役割のひとつでもあります。 けれども、近年では日程も長くなる葬儀が多いものの、一般的には故人が亡くなった翌日や翌々日に行われ...
葬式マナーについて

お葬式の常識。必要日数から日取りまで日程を確認

お葬式を執り行うことになると、どのくらいの日程を必要とするのかわからないことが多いですよね。お葬式に参列する場合と、そのお葬式を取り仕切る場合とではその日程の流れへの意識も大きく違ってきます。 お葬式を執り行う側になることは、そう何度もあることではありませんので、日程を把握している人もそう多くありません。最近...
葬式マナーについて

葬式日程の決め方。基本の流れから具体的な日取りまで

お葬式の日程や流れを決めるということは、突然のことですし経験のない人が多いのでどうしたら良いかわからずに困ってしまうものですよね。お葬式を取り仕切るということは自分の身近な人が亡くなったわけですから、すべてを葬儀屋さんに任せ切りというのも良いものではありません。深い悲しみの中、平常心を保つのは大変なことですが、亡く...
葬式マナーについて

葬儀の喪主挨拶で外せない5つの「言葉」と「ポイント」

葬儀での挨拶というのは想像しただけでも気が重いものですが、もし自分が喪主になり挨拶の必要がある場合どのようにすればよいのか気になりますよね。葬儀は何の前触れもなく突然やってくる場合もあれば、すでに心の準備が整っている場合もあるでしょう。 喪主としての役割をふまえ、心を込めて述べる葬儀での挨拶はご参列いただいて...
葬式マナーについて

葬儀の挨拶、喪主の配慮。準備を見落としやすい場面と例文

葬儀の挨拶と言えば、出棺前などに喪主が話す、故人へのエピソードなどを思い浮かべるものですよね。確かに喪主になっても、多くの方々がここでの葬儀の挨拶は、真っ先に準備をしておくのですが、他にも喪主の挨拶は、たくさんの機会があります。 確かにその多くは、ちょっとした案内であったり、「応対」の役割が大きいのですが、そ...
葬式マナーについて

葬儀の流れを確認。知っておくと安心できる、喪主の一日

葬儀の流れは、参列した経験があるくらいだと、改めて聞かれても曖昧な部分が多いですよね。けれども突然執り行われることの多い葬儀、その流れを日ごろから何となく理解しておくだけでも、もしもの時には、その知識が支えになってくれるもの。 身内が亡くなった時、病院で見取る場合には、病院の霊安室でご遺体は一時期保管されます...
葬式マナーについて

通夜の挨拶には構成がある。押さえておきたい基礎知識

通夜の挨拶は多くの場合、喪主が行うものですよね。最近、通夜は葬儀や告別式に会葬できない方たちが、故人と最後のお別れをする場となることが多くなり、より重要な意味合いを持つようになりました。 そんな方たちには、足を運んでくれたことや、故人を偲んでくれたことに対しての感謝の言葉、そして、遺族の思いを心を込めて伝えた...
タイトルとURLをコピーしました