香典返しの選び方。事前に理解しておきたい7つのマナー

香典返しの選び方。事前に理解しておきたい7つのマナー
香典返しは、故人のためにも失礼のないマナーでお返ししたいですよね。そもそも、香典は本来の目的として、葬儀をするために集まった人たちの食料、食べ物を持ち寄ったことから始まっています。

喪主は、葬儀中は喪中として家に籠り外へ出ないため、近所の人たちがそ葬儀の執り行っていました。たくさんの人が集まると、食べるものに困ることから、皆それぞれ食料を持ち寄り、ごちそうを振る舞っていたといいます。

そうやって、お互いの葬儀を手伝ったり手伝われたりしながらやってきたのですが、時代が変わり、人との付き合いも希薄になっていきました。その後食料からお金に変わり始め、香典のもらいっぱなしという問題も出てきて、トラブルになったのです。

そういった貸し借りがないよう、香典返しという習慣ができて、現在に至ります。香典も、持ってきてくれた人の気持ちをいただき、半額だけお返しする、といった心遣いが風習となり残りました。

香典返しも意味が分かると、尚のこと、丁寧にお返しすべき事柄だと実感するはず。そこで今回は、気持ちをいただいたお返し、香典返しの品々にまつわるマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お通夜の作法、大丈夫?実は目立っている7つの勘違い

お通夜の作法、大丈夫?実は目立っている7つの勘違い
お通夜の作法というと、服装は喪服を着て、お香典を持参する、程度のマナーを守っていれば大丈夫だろうと思いがちですよね。

ただ、お通夜での作法は、間違っていても周囲から指摘してもらえることは稀。葬儀会場では基本的にあまり会話をしませんし、ワイワイと集団でいくということでもありません。

そのため「お通夜の作法がなっていない」と感じる人がいても、それを本人にわざわざ指摘してくるケースは少ないのです。ですから、自分の作法が間違っていても、それに気づかないことが多いもの…。

しかし、お通夜は故人を供養し遺族の方にお悔やみの言葉をかける、大事な儀式ですから、知らないままでは後で恥ずかしい思いをすることに…。きちんとマナーを押さえて、正しい作法で臨みたいですよね。

そこで今回は、お通夜の作法で本人は気づいていないのに、実は間違っていることが多い事柄を7つ、お伝えします。

[ 続きを読む… ]

遺産相続手続きで慌てない!意識して進める重要ポイント

遺産相続手続きで慌てない!意識して進める重要ポイント
遺産相続の手続きについては、詳しくないという人が多いですよね。遺産相続をする機会はそう多くありませんから、法律の専門家でもない限り、手続きについても何から始めればいいのかわからないというのは当然のこと!

しかし、遺産相続の手続きは法律に基づいて、正しい順序でもれなくしてなくてはいけません。後になって手続きに不備があったことが判明すると、親族間のもめごとに発展するなど面倒なことになってしまいます。

相続人が複数人いる場合、また、遺産があらゆる形で存在する場合には特に注意が必要です。

とはいえ、弁護士や行政書士でもない一般の人が、遺産相続の手続きについて細かな点まで正しく覚えることは難しいものですよね。そこで今回は、当事者が知っておくべき最低限の重要ポイントを6つ、お伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで
人が死ぬときは予想がつかないものですから、突然弔辞の依頼を受けることもありますよね。そのような時に、自分がどのような立場でどうして選ばれたかなどを良く理解して、話をまとめるのことが大切となりますが、重要なのは自分の中にある故人への思いを素直に言葉にすることです。

ただ、それ以前の問題で、突然の訃報で頭が真っ白になってしまい、弔辞の内容が全く思いつかず悩んでしまう人は多いものです。弔辞にも例文のようなものがあるので、気が動転して思いつかない時には一先ずそれを参考にしてみるのも良いでしょう。また、弔辞を考える上でキーワードとなる言葉を盛り込むと作成しやすくなります。

そこで今回は、悩みがちな弔辞について、キーワードとなる5つの言葉を例にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お悔やみメールの基本マナー。間違えやすい5つのポイント

お悔やみメールの基本マナー。間違えやすい5つのポイント
今ではお悔やみをメールで伝えるという手段がありますが、送る時はどのような文章にしたらよいのか、気をつけるべき点はあるのか、わからないことも多いですよね。お悔やみメールはあくまで略式なもの訃報をメールで知った、もしくは知人友人でも親しい場合やビジネス関係にのみメールでお悔やみを伝えることが出来ますが、マナーを知らずにお悔やみメールを送ってしまうと、相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。深い悲しみの中にいる相手には、言葉を選んで、気持ちを伝えることが大切です。

そこで今回は、社会人なら身につけておきたいお悔やみメールのマナーとして、使ってはいけない重ね言葉、亡くなった方の呼び名、「慎んで」と「謹んで」の違い、聞いてはいけないこと、遺族に負担をかけてしまう言葉などを例文も交えながらお伝えします。

[ 続きを読む… ]