冠婚葬祭マナーをおさらい☆意外と見落とす7つの基本

冠婚葬祭マナーをおさらい☆意外と見落とす7つの基本
冠婚葬祭のマナーは、どうしても忘れてしまいがちですよね。例えば結婚式、あるいは通夜の席などでの服装や持ち物などなど。

ちょっと失敗したな、次回は気をつけなくては」と思っても、その失敗がたいして大きなものではなく、しかも「次回」がいつかわからないとなれば、記憶から抜け落ちてしまうのも早くなってしまいがちではないでしょうか。

しかし、冠婚葬祭においては参列する方の「誠意」が服装や言葉・行動を通して自然と表れてしまうと心得たいところ。失礼のないようにしたいものですよね。

そこで今回は、冠婚葬祭マナーの基本に立ち返り、意外と見落としやすい、冠婚葬祭マナーに絞ってお伝えします。慶事と弔事、両方に共通する冠婚葬祭マナーについて、重点的にまとめましたので、ぜひ事前の参考にしてみてください。

[ 続きを読む… ]

喪主がしなくてはならない7つの事【通夜から葬儀告別式まで】

喪主がしなくてはならない7つの事【通夜から葬儀告別式まで】
人はいつ亡くなるか分かりませんが、もし葬儀の喪主を務めることになったとしても、一体何をしてよいのか分からない人も多いですよね。ただ、喪主は葬儀の代表といえますから、実際にやらなくてはいけないことが沢山あるのだろうということなりますは想像がつくでしょう。

喪主は故人と繋がりの深い人がなるもので、基本配偶者となりますが、いない場合は長男になりますし、配偶者も長男もいない場合は長女になります。

葬儀は亡くなった人を送り出す大切な儀式なので、喪主が果たす役割は大変大きなものがあります。なので、失敗をしたり葬儀の進行が滞らないように、しっかりと務め上げましょう。

そこで今回は、通夜から告別式までの喪主がしなくてはならない7つの事をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

喪服選び5つのポイント。女性が気をつけるべき点とは?

喪服選び5つのポイント。女性が気をつけるべき点とは?
喪服選び、特に女性の喪服は購入に困ることがありますよね。何か気をつけなくてはならないことはあるの?と思う方も多いのではないでしょうか。急なお通夜やお葬式に備えて、喪服は一つ揃えておくと安心です。

喪服の黒は、ビジネススーツの黒とは違い、シックで光沢感がないのが特徴です。弔事だけでなく、冠婚葬祭に着回せる物が一着あると便利でしょう。喪服のマナーを知っていれば、女性でも選ぶ際に迷わなくてすむはずです。

そこで今回は、初めて喪服を買うときや、いつのまにか着られなくなって買い換えるときに喪服選びで女性が困らないための、喪服の色や正喪服、準喪服、略式喪服の違い、ブラックフォーマルの選び方、そして20代30代、40代50代と年代別で選ぶ場合に知っておくと役に立つ、喪服選びで気をつけたいことをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

喪服の心得。女性なら知っておきたい5つのポイント

喪服の心得。女性なら知っておきたい5つのポイント
喪服を女性が着る時にもマナーがありますが、いざというときの心得がないままだと不安になりますよね。社会人になると人とのつながりも増え、悲しみの場に駆けつける場面も増えてきます。突然の訃報に慌てて、喪服は「黒」だからとビジネススーツで参列しては、光沢があったりデザインがおしゃれであったりとマナーに反してしまいます。これでは遺族に対し大変失礼に当たり恥をかくのは必至です。

喪服は女性ならではのきちんとしたものを選び、ふさわしい着方でお別れの場に出向くことが大切です。立場をわきまえて和装や洋装、また持ち物にも気をつけて参列しましょう。悲しみの場でもご遺族の気持ちに配慮し品よくありたいものです。

そこで今回は喪服の心得。女性なら知っておきたい5つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文

礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文
弔辞を依頼された時、例文があると助かりますよね。弔辞というのは遺族からの依頼で選ばれた人が故人の霊前で別れを惜しむお別れの言葉です。突然の悲しい知らせに気が動転する中、礼を尽くす文章は中々思い浮かばないものです。

年を重ね人間関係も広くなると弔辞を読む機会も増えてくるかもしれません。いざというときに役立つ弔辞の例文を事前に心得て参考にすれば、当日は落ち着いて故人に語りかけお見送りもできることでしょう。

弔辞の例文を参考に普段故人と話していたように語りかける気持ちで書くと聞いている方々へもその気持ちが伝わります。ぜひ故人の人生に触れるような弔いの言葉を用意したいものです。そこで今回は礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文をお伝えします。

[ 続きを読む… ]