お通夜のマナー。香典の金額と渡し方

お通夜のマナー。香典の金額と渡し方
急な知らせを受けたけれど、いざお通夜の香典の金額と渡し方について良く分からず、迷ってしまうとお悩みの方は少なくないですよね。弔事のマナーは簡単な様で難しいことが多いのです。

お付き合いの度合いは人それぞれ…その関係によって対応もその人その人で良いんじゃない?とクールでドライな近年の人間関係や人付き合いに照らし合わせれば、そのようなご意見もあるかもしれません。

そうはいっても、できることならマナー違反はしたくないもの。ご遺族に不快な思いをさせないよう、また周囲の人と足並みが揃わず恥ずかしい思いをしないよう、一度正しいマナーについて考えてみましょう。

そこで今回は、お通夜に参列する際の香典の金額と渡し方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

急な知らせに悩まない。知っておきたいお悔やみの言葉5つ

急な知らせに悩まない。知っておきたいお悔やみの言葉5つ
お悔やみの言葉を口にしなければいけない事態は、できることなら身近には起こらない方がいいですよね。しかし、命があるということは、誰にも必ずその日はやってきます。そんな時、残された方々は言葉に表すことが出来ないほどの深い悲しみにつつまれていることでしょう。

そんな急な知らせに際し、私たちは可能な限り適切なお悔やみの言葉でご遺族を力づけてあげたり哀しみを和らげてあげたりする立場にあるのですが、それがなかなか難しいものなのです。仕方のないことですが、急な知らせにショックのあまり言葉が詰まってしまい、何も言う事が出来なくて、時間が止まってしまうこともありますよね。

そこで今回は、故人との関係別にふさわしい、知っておきたい5つのお悔やみの言葉についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お通夜の常識。失礼にならない服装と持ち物とは

お通夜の常識。失礼にならない服装と持ち物とは
お通夜の連絡は突然来るもので、それからバタバタと服装や持っていく物の準備をするものですが、ふと「お葬式ではなくて、お通夜の場合の服装は?」「子供も連れていくけれど、お通夜で子供は何を着るの?」と頭を悩ませることもありますよね。

また、仕事中に連絡を受けて、そのままかけつけなくてはならない場合には、さらにどのようにすればいいのかも悩みます。お通夜は急にかけつけることになりますが、そんな急な事態でもきちんとマナーに乗っ取った服装で故人との別れをしに行きたいものです。

そこで今回は、急な連絡をもらった時でも慌てずに済むように、お通夜に行くときに失礼にならない服装と持ち物についてお伝えします

[ →続きを読む… ]

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文
喪主の挨拶は、自分が遺族の立場で喪主となった時、いろいろな場面で必要があることに気が付くものです。特に葬儀では、参列して下さった方々に故人の意思や感謝の気持ちを伝える、大切な喪主の挨拶があります。

もちろん、基本の形できちんと感謝の気持ちを伝える、喪主の挨拶は大切ですが、「それではあまりにありきたりで、気持ちが参列して下さった方々に届かない…。」なんて思うこともあるかもしれません。

葬儀社などがアドバイスしてくださる、喪主の挨拶の言葉をそのまま話すのではなく、自分らしさや故人のエピーソード等のアレンジを加えることで、「喪主の挨拶を心に響くものにしたい!」と思いますよね。

そこで今回は、参列して下さった方々に真心を伝えるために、おすすめしたい喪主の挨拶をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

香典を連名で渡すなら。押さえるべき、書き方マナー

香典を連名で渡すなら。押さえるべき、書き方マナー
香典を連名で渡す時、表書きなどのマナーに戸惑うこと、ありますよね。香典とは、線香や供物などの代わりにお金を香典袋につつんで、霊前にそなえるもの。

一人で葬儀や通夜に参列する時は、迷う必要はありませんが、2名以上の人数で一緒に参列する時には、香典袋の表書きの名前など、どう書いたらいいか迷ってしまう方々も多いのです。

2人の時、3人の時、部署の代表で参列する時…。それぞれ連名の書き方は違ってくるものなのです。故人を偲んで参列する通夜や、葬儀の席で恥ずかしい思いはしたくないですから、連名での香典袋の名前はどう書くべきか、知っておきたいですよね。

そこで今回は、通夜や葬儀の時に恥ずかしい思いをしないためにも、香典を連名で渡すときの書き方マナーをお伝えします。一度しっかりと覚えておくと、社内での香典も親族間の香典でも、とても便利です。

[ →続きを読む… ]