初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー

初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー
お通夜のマナーってどんなことがあるの?急なことだからわからない!という方も多いですよね。もちろん前もってわからないのがお通夜やお葬式。初めてお通夜に参列となると困ってしまうことでしょう。

本来お通夜は、遺族や知人が集まり、終夜を徹して線香をたき、故人との別れを惜しむ儀式とされていました。近年は、告別式に出席できない人にも、故人との別れができるように半通夜というもが増えてきています。お通夜のマナーを知って、慌てることなく故人のお悔やみを心より伝え、お見送りをしましょう。

そこで今回は、不祝儀袋とはどんなものなのか、服装やお通夜の金額の相場、受付のマナーやお焼香の仕方など、初めての急なお通夜に参列する時に、社会人なら必ず知っておきたいお通夜のマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

焼香の仕方。その場で戸惑わないための5つの手順を確認

焼香の仕方。その場で戸惑わないための5つの手順を確認
焼香の仕方が解らなくて緊張した、という経験がある人はたくさんいますよね。そんな人は、自分の番が回ってくるまで心臓がドキドキして、とりあえず前の人を真似してその場を乗り切ったのではないでしょうか。昔は大家族が普通だったので、葬儀に参加する機会も多く、焼香の仕方は親や兄弟が教えてくれました。しかし、今は核家族の時代。大人になって初めての法事に参加する、なんていう方も多いでしょう。誰にもに教わってないのなら焼香の仕方を知らないのは当然です。

とはいえ、大勢の人が参加している法事の場で恥をかくような仕草はできません。焼香の仕方は宗派によっても少しづつ違っています。前の人がやった手順が正しいとは限りません。マナーを守りつつ、正しい手順で亡くなった方のために焼香したいものです。そこで今回は、宗派によっても違う、正しい焼香の仕方についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

電報でお悔やみを伝える。外せないマナーと基本の例文

電報でお悔やみを伝える。外せないマナーと基本の例文
電報でのお悔やみを伝える時は、葬儀に参列したいものの、どうしても外せない用件があったり、住まいが遠方など、どうにもならない事情がある時ですよね。必ず送らなければならない訳ではないものの、故人とのつながりが深い方なら、送るのが礼儀。

しかし昔は身近だった電報でお悔やみを伝える事も、「そもそも、電報も送ったことがない!」と言う位、現在ではあまり触れることがありません。電報でお悔やみを伝える際、様々なことに迷ってしまう方々は、案外多いですよね。

そこで今回は、電報を使ってお悔やみを伝える時に、外せないいくつかのマナーと、基本的な例文についてお伝えします。マナーを心得ておけば、このような時の電報も難しくはありません。ぜひ参考にして、お悔やみの気持ちを伝えてください。

[ 続きを読む… ]

心に刺さる弔辞の作り方。盛り込む内容と言葉選びのコツ

心に刺さる弔辞の作り方。盛り込む内容と言葉選びのコツ
『弔辞』とは故人と生前に親交のあった人が、会葬者を代表して故人に捧げる大切な弔いの言葉です。これは1人、或いは極少数の人に対しご遺族が依頼するものですから、責任が思いと感じるのも無理はありませんよね。そもそも、その様な場で会葬者のすべきことは、故人への死を悼む気持ちと、大切な方を亡くし哀しみに暮れているご遺族への慰めの気持ちを伝えるのが肝心です。ですから、通夜や告別式の場面での弔いの言葉に最も大切なのは、故人やご遺族に対する深い思いやりの気持ちと言えるでしょう。

そのような大事な場面だからこそ、ご遺族、故人、他の会葬者の方々に失礼のないようにするのは基本中の基本。弔辞のマナーやルールは、押さえておく必要があります。そこで、今回は「心に刺さる弔辞の作り方」として、弔辞の内容や言葉選びのコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

直葬が注目される近年の事情。選ぶ前に心得る7つの事柄

直葬が注目される近年の事情。選ぶ前に心得る7つの事柄
直葬(ちょくそう)は、葬儀の新しい形としてイメージを変え、今また注目されつつありますよね。例えば新聞の折り込みチラシや、ポスティングされた広告での葬儀社のチラシで、実際に「直送」の言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。

この直葬とは、家族などごくごく故人に近い方で、宗教色もなく「火葬」で見送る、という、ほとんどの流れを取り除いた、シンプルな弔い方の葬儀スタイル。

その簡素さから「自分が亡くなったらぜひ直葬にしてほしい。」という、終活者の方々も多いのですが、実際に直葬での弔いを考えるとしたら、実は心得ておかなけらばならないことが幾つもあります。

まだまだ一般的ではない葬送方法だけに、できれば滞りなくスムーズに進めたいですよね。そこで今回は、直葬の心得7つの事柄をまとめました。簡単に見えて簡単ではない直葬、決断前にぜひ一読されてみてください。

[ 続きを読む… ]