お通夜のマナーで人が分かる。必ず守りたい7つの基本

お通夜のマナーで人が分かる。必ず守りたい7つの基本
お通夜のマナーは多くの作法のなかでも、最も意識して理解したいもの。お通夜のマナーを知らないが故に、知らずにとても失礼な態度でご遺族を悲しませてしまうこともあるのです。意図なくご遺族を悲しませる行為は、不本意ですよね。

例えば、お通夜の時、どうして故人が亡くなってしまったのか、尋ね回っている方を見かける事があります。気になるのはわかるのですが、お通夜では私語は慎み控えめにするのがお通夜のマナーです。

ご遺族に対してはお悔やみを述べる程度にし、動作などで悲しみを伝えるのが、お通夜のマナーですので、非常にぶしつけに感じられてしまうのです。

服装にしても、昔ながらのお通夜の席ならば、正式な喪服で行くより一か所不備な点を作るのが、お通夜でのマナー。他にも香典や通夜ぶるまいを誘われた時のお通夜のマナー、焼香の手順などがあります。

改めて考えると心配になりますよね。そこで今回は、お通夜でのマナーの基本を7つお伝えします。ぜひ、確認してみてください。

[ →続きを読む… ]

お焼香のやり方、基本形。どこでも通用する7つの心得

お焼香のやり方、基本形。どこでも通用する7つの心得
お焼香のやり方は、葬儀に参列するなら必ず押さえるべきものですが、実は改めて確認した上で、理解している人は少ないものです。ついつい、「お焼香の時は、周りを見てみんなと同じにやれば大丈夫でしょう」なんて思ってしまいますよね。

同じようにお焼香のやり方を把握していない人々がほとんどですから、それを真似してお焼香をしていたら、正しいお焼香のやり方をしている人は、誰もいないのかも知れません。

とは言え、喪主やご遺族の方々、僧侶はあなたのお焼香のやり方を見ています。大切な人の葬儀であればあるほど、できるだけ誠意ある態度で、参列したいですよね。お焼香のやり方も、その気持ちの一部です。

そこで今回は、改めて確認しておきたい、お焼香のやり方の基本をお伝えします。本記事を参考に、細かな疑問をここで解消してください。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは
お悔やみの言葉を、お通夜やお葬式で、親族を亡くされたばかりの方に伝えるとき、何と言っていいのか言葉に詰まってしまう事ってありますよね。日頃何気ない会話をしている間柄でも、普段と同じように話をするのはちょっと違います。

弔事での話し方に「お悔やみの言葉」があります。悔やみとは、人の死を悲しみいたむという意味。弔事でよく耳にする、「お悔やみ申し上げます」の一文には悔やんでも悔やんでも、悔やみきれないと言う思いが込められています。

このように、弔事でよく耳にする言葉など、いろいろな場面別に知っておくといざという時心を込めて伝えることができ、困らなくて済みますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉の基本例文場面別にお伝えします。ぜひ、参考にして、心が伝わるお悔やみの言葉を送ってください。

[ →続きを読む… ]

葬儀のマナーに迷ったら☆安心して参列するための基礎知識

葬儀のマナーに迷ったら☆安心して参列するための基礎知識
葬儀のマナーには判断に迷うものも多くあります。自分では正しいマナーを知っていると自覚していても、いざ葬儀の準備をしていると直前になって「果たしてこれであっているのか」不安になってしまうのです。

また、当日葬儀場に行ってから、周囲と異なる恰好をしていて焦ったことがあるという経験は誰しもありますよね。このように、葬儀のマナーというのは実は一般的に捉えられている以上に複雑

さらに冠婚葬祭は、宗教的によって形式やマナーが異なります。日本では仏教式での葬儀が多いですが、その仏教でも宗派によって葬儀のマナーは異なりますから、自分が正しいと思っていても実は間違っていたということもあります。

葬儀でのマナー違反は、周囲から白い目で見られるだけでなく、ご遺族の方々にも失礼にあたりますので、避けたいですよね。そこで今回は、迷いやすい葬儀のマナーについて、7つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

神道葬式の流れ。喪主が押さえる手順と作法、基礎知識

神道葬式の流れ。喪主が押さえる手順と作法、基礎知識
神道葬式の仕方や作法は、日本で一般的と言われる仏式の葬儀とは全く異なります。日本では仏式の葬儀をする家庭が多いですが、2番目に多いのが神道の葬式です。

結婚相手が神道だったり、親が神道だった場合には、自分が喪主になる可能性が高いため、その作法と流れを知っておかなくてはいけません。

まず、神道葬式は仏式の葬儀とその目的が全く異なります。仏式では死者が死後に極楽浄土へ行けるように供養するものですが、神道葬式は死者に自分の家の守護神となってもらう儀式です。そのため、当然執り行う儀式の内容も異なるのです。

しかし、神道葬式の仕方は学校で教えてくれるものではありませんから、手順や細かな作法は知らないですよね。そこで今回は、喪主が知っておかなくてはいけない神道葬式の作法と手順を解説します。

[ →続きを読む… ]