葬式マナーについて

葬式マナーについて

神道のお葬式。参列時に気を付けたい仏教式との5つの違い

神道の葬式についてはあまり知らいないという方も多いことでしょう。日本での葬式は90%が仏式となっている中、神道での葬式も少ないながら執り行われています。そもそも神道と仏教では葬式の意味合いが違います。仏教での葬式は故人を極楽浄土に送るために行われ、故人は仏のもとで安らかに暮らすとされています。これに対して神道の葬式...
葬式マナーについて

今どきのお葬式事情。家族葬参列で気をつけるべき5つの事

少し前までのお葬式は、故人と関係があれば参列するのが基本でしたが、最近は色んな形があり、その一つである家族葬は参列に際して悩むこともありますよね。そもそも、家族葬は親族のみで行うイメージが強いので、故人とどれだけ関係が深くても「他人」だと家族葬に参列してよいのかどうかで、まず迷ってしまいます。仮に参列することになっ...
葬式マナーについて

葬儀のマナー☆社会人なら知っておくべき5つの基本作法

社会人になると告別式などの葬儀に参列する機会も多くなりますが、そんな時、社会人としてちゃんと葬儀のマナーを理解しているかというと、自信のない方もいますよね。訃報は突然やってくるもの。時間がない中、1・2日程度で準備をしなければなりません。訃報を受け悲しみや驚きなど様々な気持ちが交錯する中で、葬儀に参列するための準備...
葬式マナーについて

お焼香のやり方自信ある?改めて確認したい種類と手順

葬式に参列すると、お焼香のやり方がわからないことってありますよね。お焼香は特に宗派によってやり方が違いますから、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 お焼香は、そもそも遺体の臭いを消すという意味があります。また、お焼香の香が仏様の食事であるということや、香が隅々にまで行き渡ることから、世に存在する全て分...
葬式マナーについて

初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー

お通夜のマナーってどんなことがあるの?急なことだからわからない!という方も多いですよね。もちろん前もってわからないのがお通夜やお葬式。初めてお通夜に参列となると困ってしまうことでしょう。 本来お通夜は、遺族や知人が集まり、終夜を徹して線香をたき、故人との別れを惜しむ儀式とされていました。近年は、告別式に出席で...
葬式マナーについて

焼香の仕方。その場で戸惑わないための5つの手順を確認

焼香の仕方が解らなくて緊張した、という経験がある人はたくさんいますよね。そんな人は、自分の番が回ってくるまで心臓がドキドキして、とりあえず前の人を真似してその場を乗り切ったのではないでしょうか。昔は大家族が普通だったので、葬儀に参加する機会も多く、焼香の仕方は親や兄弟が教えてくれました。しかし、今は核家族の時代。大...
葬式マナーについて

電報でお悔やみを伝える。外せないマナーと基本の例文

電報でのお悔やみを伝える時は、葬儀に参列したいものの、どうしても外せない用件があったり、住まいが遠方など、どうにもならない事情がある時ですよね。必ず送らなければならない訳ではないものの、故人とのつながりが深い方なら、送るのが礼儀。 しかし昔は身近だった電報でお悔やみを伝える事も、「そもそも、電報も送ったことが...
葬式マナーについて

心に刺さる弔辞の作り方。盛り込む内容と言葉選びのコツ

『弔辞』とは故人と生前に親交のあった人が、会葬者を代表して故人に捧げる大切な弔いの言葉です。これは1人、或いは極少数の人に対しご遺族が依頼するものですから、責任が思いと感じるのも無理はありませんよね。そもそも、その様な場で会葬者のすべきことは、故人への死を悼む気持ちと、大切な方を亡くし哀しみに暮れているご遺族への慰...
葬式マナーについて

直葬が注目される近年の事情。選ぶ前に心得る7つの事柄

直葬(ちょくそう)は、葬儀の新しい形としてイメージを変え、今また注目されつつありますよね。例えば新聞の折り込みチラシや、ポスティングされた広告での葬儀社のチラシで、実際に「直送」の言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。 この直葬とは、家族などごくごく故人に近い方で、宗教色もなく「火葬」で見送る、という、...
葬式マナーについて

香典返しの選び方。事前に理解しておきたい7つのマナー

香典返しは、故人のためにも失礼のないマナーでお返ししたいですよね。そもそも、香典は本来の目的として、葬儀をするために集まった人たちの食料、食べ物を持ち寄ったことから始まっています。 喪主は、葬儀中は喪中として家に籠り外へ出ないため、近所の人たちがそ葬儀の執り行っていました。たくさんの人が集まると、食べるものに...
葬式マナーについて

お通夜の作法、大丈夫?実は目立っている7つの勘違い

お通夜の作法というと、服装は喪服を着て、お香典を持参する、程度のマナーを守っていれば大丈夫だろうと思いがちですよね。 ただ、お通夜での作法は、間違っていても周囲から指摘してもらえることは稀。葬儀会場では基本的にあまり会話をしませんし、ワイワイと集団でいくということでもありません。 そのため「お通夜の作法...
日常生活に使える知識やマナー

遺産相続手続きで慌てない!意識して進める重要ポイント

遺産相続の手続きについては、詳しくないという人が多いですよね。遺産相続をする機会はそう多くありませんから、法律の専門家でもない限り、手続きについても何から始めればいいのかわからないというのは当然のこと! しかし、遺産相続の手続きは法律に基づいて、正しい順序でもれなくしてなくてはいけません。後になって手続きに不...
葬式マナーについて

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで

人が死ぬときは予想がつかないものですから、突然弔辞の依頼を受けることもありますよね。そのような時に、自分がどのような立場でどうして選ばれたかなどを良く理解して、話をまとめるのことが大切となりますが、重要なのは自分の中にある故人への思いを素直に言葉にすることです。 ただ、それ以前の問題で、突然の訃報で頭が真っ白...
葬式マナーについて

お悔やみメールの基本マナー。間違えやすい5つのポイント

今ではお悔やみをメールで伝えるという手段がありますが、送る時はどのような文章にしたらよいのか、気をつけるべき点はあるのか、わからないことも多いですよね。お悔やみメールはあくまで略式なもの。訃報をメールで知った、もしくは知人友人でも親しい場合やビジネス関係にのみメールでお悔やみを伝えることが出来ますが、マナーを知らず...
法事でのマナー

冠婚葬祭マナーをおさらい☆意外と見落とす7つの基本

冠婚葬祭のマナーは、どうしても忘れてしまいがちですよね。例えば結婚式、あるいは通夜の席などでの服装や持ち物などなど。 「ちょっと失敗したな、次回は気をつけなくては」と思っても、その失敗がたいして大きなものではなく、しかも「次回」がいつかわからないとなれば、記憶から抜け落ちてしまうのも早くなってしまいがちではな...
葬式マナーについて

喪主がしなくてはならない7つの事【通夜から葬儀告別式まで】

人はいつ亡くなるか分かりませんが、もし葬儀の喪主を務めることになったとしても、一体何をしてよいのか分からない人も多いですよね。ただ、喪主は葬儀の代表といえますから、実際にやらなくてはいけないことが沢山あるのだろうということなりますは想像がつくでしょう。 喪主は故人と繋がりの深い人がなるもので、基本配偶者となり...
葬式マナーについて

喪服選び5つのポイント。女性が気をつけるべき点とは?

喪服選び、特に女性の喪服は購入に困ることがありますよね。何か気をつけなくてはならないことはあるの?と思う方も多いのではないでしょうか。急なお通夜やお葬式に備えて、喪服は一つ揃えておくと安心です。 喪服の黒は、ビジネススーツの黒とは違い、シックで光沢感がないのが特徴です。弔事だけでなく、冠婚葬祭に着回せる物が一...
葬式マナーについて

喪服の心得。女性なら知っておきたい5つのポイント

喪服を女性が着る時にもマナーがありますが、いざというときの心得がないままだと不安になりますよね。社会人になると人とのつながりも増え、悲しみの場に駆けつける場面も増えてきます。突然の訃報に慌てて、喪服は「黒」だからとビジネススーツで参列しては、光沢があったりデザインがおしゃれであったりとマナーに反してしまいます。これ...
葬式マナーについて

礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文

弔辞を依頼された時、例文があると助かりますよね。弔辞というのは遺族からの依頼で選ばれた人が故人の霊前で別れを惜しむお別れの言葉です。突然の悲しい知らせに気が動転する中、礼を尽くす文章は中々思い浮かばないものです。 年を重ね人間関係も広くなると弔辞を読む機会も増えてくるかもしれません。いざというときに役立つ弔辞...
タイトルとURLをコピーしました