気配りできる人ほど仕事ができるシンプルな5つの理由

気配りできる人ほど仕事ができるシンプルな5つの理由
「気配り」というのは言葉にすると簡単ですが、自分を振り返るとそれができているのか自信がない人も多いことでしょう。細やかな気配りのできる人は仕事の効率も良く、応援してくれる人も多いですよね。「気配り」は相手が望んでいることをキャッチしてすぐにしてあげることでもあります。

ということは相手や周囲、状況をしっかり見ているということです。仕事は自分の知識や技術だけではうまくいかないことも多いものです。人への気配りや思いやりで人間関係もスムーズになり、手伝ってくれる人も増えてきます。気配りのお陰でやがて仕事ができる人として信頼が集まってくるのです。

気配りは信頼関係の基本です。そこで今回は、気配り上手な人ほど仕事ができる理由についてお伝えします。

気配り上手には仲間が多い

気配りというのは大げさなことではなく、さり気なく相手のことを思いやることですが、大事なのは「思う」だけではなく「行動」に移すことです。

例えば、挨拶は自分から「おはようございます」「お疲れさまです」と積極的にするとよいでしょう。気配りは相手あっての行動です。

相手の目を見る、自分から話しかける、相手の話をじっくり聴くなどのコミュニケーションは日頃から心がけておくことが大切です。相手には感じのよい人として映り関わりを深めてくれることでしょう。

信頼関係は仕事にも大きく影響を与えます。気配りのできる人には「仲間」として人が協力を惜しまないでしょう。

このように仕事ができるひとはコミュニケーション能力が高く人に親切な人が多いのです。

 

気配り上手は機転が利く

気配りがあり機転が利くとなれば、周囲の評価も上がるというものです。指示待ちの態勢でぼーっとしたり、何をしたらよいかわからずのろのろしていては「やる気のない人」と思われても仕方ありません。仕事はいくらでもやろうと思えばあるものです。

気を配り仕事ができる人は、自分の立場をわきまえており、同僚や上司の動きを敏感に察知し、今自分は何をすればよいか、何をすれば相手の助けになるかと機転を利かせることを大切にしています。

自分の仕事が終わった際も周りの人を手伝う気持ちや行動は気配り上手で仕事のできる人として認めてもらえることでしょう。

 

常に仕事に対して気配りをしている

気配りのできる人ほど仕事ができるのには、全体をよく見て進めているからという特徴があります。

自分がするべき仕事の案件をよく理解して、きちんと期限を守って仕上げるために、目先のことにとらわれずに全体を見渡し、細部の構成を決めると段取りも良くなります。

どんなに多忙でも、狭い視野では何事も行き当たりばったりになりやすいものです。仕事全体を納得の上で把握し細やかな対策を立てていれば、何かあった場合でもすぐに対応できるようになります。

気配りできる人ほど仕事の全体を見て進めるよう心がけているものです。

 

気配り上手な報告・連絡・相談

気配りのできる人はビジネスにおいて欠かせない報告・連絡・相談にも細やかです。

報告は上司からの指示に対して経過や結果を知らせること、連絡は関係者に情報を伝えること、相談は判断に迷う時などにアドバイスをもらうことをさします。

気配りのある人は報告・連絡・相談を重要なポイントとして丁寧にしています。

もし報告がなければ、上司は何かあった時に対応がしにくくなります。連絡がうまく届いていなければ、仕事が煩雑になる可能性もあります。相談もせずに勝手に事を進めたらクレームの元になりかねません。

気配りというのは勝手に物事を進めず、チームワークを大事にすることでもあります。気配りのできる人ほど報告・連絡・相談を丁寧に行っています。

 

気配り上手はあたたかな人柄

気配りのある人の対応はこちらのやる気さえ引き出してくれる不思議な力があります。仕事で困っている時はさり気なく愚痴を聞いてくれたり、体調がよくない時など優しく声をかけてくれて不安が安心に変わる時がありますよね。

気配りのできる人は人の様子にとても敏感です。さらに人の立場の違いで接し方を変えたりしないのも信頼できる人として映ります。

気配り上手で面倒見のよい人柄は仕事にも表れ、安心して仕事を任せるようになり、一緒に仕事をして楽しくなりやる気が出てきます。

反対に感情的なものの言い方をする人や自分勝手に仕事をする人には協力を惜しんでしまうのが人情です。

気配り上手で仕事ができる人はいつも周囲に気を配り、あたたかな人柄で接しています。

 

以上、気配り上手な人ほど仕事ができる理由についてをお伝えしました。

気配りのある人と一緒に仕事をすると、思っていた以上に段取りよく進んだという経験がある方もいらっしゃることでしょう。気持のよい接し方は仕事にも生かされ、充実したビジネスになっていきます。何気ない言動や行動にも気配りや心遣いを感じると本当に嬉しくなり、モチベーションが上がるものです。

気配りというのは計算してできるものではなく、その人からにじみ出る人間味でもあります。「仕事ができる人」に欠かせない気配りは相手への思いやりに尽きます。日頃から相手に不快な思いをさせない努力を積み重ねておくと、いつの間にか信頼してもらえ仕事の幅が広がっていくことでしょう。


連記事