ビジネスでよく使う挨拶状の書き方!5つの文例パターン

ビジネスでよく使う挨拶状の書き方!5つの文例パターン
ビジネスでは挨拶状を書く機会が多いので、挨拶状の文例があれば役立ちますよね。多くの文例があれば、いつも同じ文面になってしまうことを避けられます。いつも同じ文章では、気持ちを伝えることはできません。挨拶状の文例を参考にして、基本的なパターンは押さえつつも毎回違った挨拶状を送ると、相手の印象も良くなることが期待できます

挨拶状の文例はたくさんありますし、挨拶の種類別に分類してストックしておけば、その時必要なものを引っ張り出して使えるので便利です。

挨拶はビジネスの基本です。挨拶状にも押さえるべきポイントがいくつかあります。挨拶状の文例にはそれらがしっかり含められていますので、使い慣れていくうちに、大いに役立つことでしょう。

そこで今回は、ビジネスでよく使う挨拶状の文例についてお伝えします。

新任の挨拶

何事も最初が肝心です。新任時にいきなり粗相をしてしまったら大変です。下記の挨拶状の文例を参考にして挨拶状を記載してみましょう。

突然のお手紙を差し上げる失礼をお許し下さい。

株式会社△△の○○(自分の名前)と申します。弊社の□□(前任担当者の名前)が大変お世話になりました。□□が部署異動となりまして、この度わたくしが引き継がせていただくことになりましたので、ご連絡差し上げました。至らない点があるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ご多忙の中、急なご報告で恐れ入りますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

これを基本に、もう少し取引内容にも触れ、「ご挨拶かたがたお目にかかりたい」ということを含めることもできます。

 

転任の挨拶

転任になったから、もう自分には関係無い、というような態度は取りたくありません。会社同士の関係が良好に保たれるよう、転任の挨拶をしっかりしておきましょう。以下に転任時の挨拶状の文例を記載します。

貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

さて、私こと▲月▲日付をもちまして、●●勤務を命ぜられました。△△在任中は、格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。新しい職務は私にとりまして身に余る重責ではございますが、全力を尽くして職務を果たす所存でございます。何卒、倍旧のご指導を賜りますようお願い申し上げます。

なお、後任として○○が就任いたしますので、私同様よろしくお引き回しのほど、あわせてお願いいたします。

まずは略式ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

こうして、後を引き継ぐ担当者が困らないようにしっかり引き継ぎをしておくのは、とても大切です。

 

会社移転の挨拶

意外にも、会社が移転するケースはあるものです。いざという時に備えて、この場合の挨拶状の文例もストックしておくと便利です。

貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。毎々格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

さて、この度小社では、業務拡大に伴い、本社を下記に移転することになりましたのでご案内申し上げます。これを機に旧に倍しまして社業に励み、皆様のご期待に沿うよう、努力いたす所存でございますので、今後とも、一層のご支援、ご指導のほどお願い申し上げます。

まずは略式ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

そして、新社屋の住所、電話番号、いつから業務を開始する予定かを記します

 

仕事納めの挨拶

年末年始の休みは会社によって違うこともありますので、仕事納めの前日までに届くように気配りしてください。この場合の挨拶状の文例をお伝えします。

拝 啓

師走を迎え、本年もたくさんの感謝や反省をして振り返る時期となりました。

この一年を思い返しますと、貴社とご一緒にお仕事をさせていただいた、楽しく濃密な時間ばかりが頭に思い浮かびます。いつも親切にご対応くださり、心からお礼申し上げます。

ご多忙の折、お身体にはお気をつけてお過ごしください。一年間の感謝の気持ちをこめて、歳末のご挨拶とさせていただきます。

敬 具

忙しい中ですので、仕事納めの挨拶状を送るのは大変かもしれませんが、信頼関係を維持することに大いに貢献します。忘れないようにしましょう。

 

退職の挨拶

あまり考えたくはありませんが、いつかは訪れる退職時の挨拶状の文例もお伝えします。

拝 啓

桜花の候、貴社の皆様にはお変わりなくご活躍のこととお慶び申し上げます。

さて、私事で恐縮ですが、●月●日をもちまして株式会社△△を退職することにいたしました。在職中は、皆様には言葉では言い表せないほどお世話になり、心より感謝いたしております。これまで勤めることができましたのも、至らない私にスタッフの皆様がいつも親切にしてくださったおかげと存じます。本当にありがとうございました。

本来でしたら直接ご挨拶にお伺いするべきところですが、略式ながら書中をもってごあいさつとさせていただきます。

末筆になりましたが、皆様のご健康が守られますよう心よりお祈り申し上げます。

敬 具

心からの感謝を伝えるようにしてください。そういう態度は、今後も取引を続ける会社のためになることももちろんですが、自分にとってもプラスになることが多いに違いありません。

 

挨拶状の種類は多岐にわたります。ビジネスライフを円滑にするためにぜひ使いこなしたいものです。そして、挨拶状の文例にもパターンがあります。

まず、相手を気遣うひと言を述べます。時候の挨拶は入れても入れなくてもかまいませんので、仕事の成功や健康を気遣うひと言を述べてください。

そして、お礼を述べます。ビジネス上、お世話になっていることへの感謝をしっかり伝えてください。この「お世話になっている」という考え方は、挨拶状の文例の基本とも言えます。

そういう基本に加えて、自分と相手との関係でしか分からない物事を含めて親しみのある文章にします。ここでオリジナリティーが出て、相手が読みたいと思う挨拶状になります。

挨拶状の文例を集めてパターンを身につけ、ビジネスを成功させてまいりましょう。

まとめ

ビジネスでよく使う挨拶状の文例は

・ 新任の挨拶は「突然のお手紙を差し上げる失礼をお許し下さい」から始める
・ 転任の挨拶は在任中の感謝をしっかり伝える
・ 会社の移転の挨拶はさらに関係を深めたい気持ちを伝える
・ 仕事納めの挨拶は仕事納めの前日までに送る
・ 退社の挨拶は感謝を伝え、相手への気遣いをこめる


連記事