フリーター歴が長い人でも就職を有利に導く5つのコツ

フリーター歴が長い人でも就職を有利に導く5つのコツ
フリーターを卒業して就職したい!そう切に願っている方もいらっしゃることでしょう。フリーター歴が長くなると周囲の心配も大きくなるものですよね。フリーターの就職は難関と決め込まず、今の自分を効果的にアピールすることも大切です。フリーターでも仕事の経験はあるわけで、その経験値を生かすことで就職へとつながることも多いのです。

フリーターを卒業し絶対就職したい!という強い気持ちは就職を有利に導いてくれるチャンスになります。今の自分に何が出来るのかをじっくり観察することが重要です。リーター歴が長くなると採用側も躊躇する場合がありますので決断と行動は早くに越したことはありません。そこで今回は、フリーターを卒業して就職を目指すための方法をお伝えします。

すぐに働けることを強みにする

フリーターが正社員への就職を考える時、一番のメリットはすぐに働けるということでしょう。

アルバイトやパートで関わった仕事の内容を振り返り、今の自分に出来ること・得意なことを書き出してみましょう。採用側も今までの経験を今後に生かせるかのチェックをするはずです。

フリーターをしていても積み重ねてきたものがありますよね。採用を急いでいる会社ならばすぐに働ける人材が欲しいところ。フリーターを辞めて就職を希望する際は、即働けること、実績があることが有利になるようにアピールしましょう。

 

資格を取得しておく

フリーターを卒業し就職して正社員になりたい!そう思った時が吉日です。すぐに面接に行くのも悪くありませんが、せっかくの転機を有利に運ぶためにも今の自分を少しでもスキルアップしておくことをお勧めします。

フリーター歴が長いと就職のための勉強をおろそかにしていた面もあるでしょう。今後どのような職種でどのような仕事をしたいのかを落ち着いて考えると、事前の勉強も必要になるはずです。

資格を持っていると就職にとても有利です。やりたい職種に合わせて取得を目指してみましょう。例えば普通自動車免許・簿記・パソコン・ヘルパーなどがあります。

フリーターが就職を目指す際に資格を持っていると採用側の信頼を得ることが出来ます。

 

社会人としてのマナー

フリーターをしていても就職して正社員になりたいと思っている方は多いことでしょう。フリーターは給料も少なく立場が安定していません。そろそろ本腰を入れて就職活動をしたいものです。

就職に際して意外とネックになるのがビジネスマナーです。採用側にとってフリーターはどうしても遊んでいそうなルーズなイメージを持たれてしまいます

フリーターではなく就職したいのだという誠実な気持ちを表すためにも、ビジネスマナーはしっかり身に付けておきましょう。身だしなみや言葉遣い、立ち居振る舞いなど好感の持てるマナーが行き届いていれば採用側にも好印象です。

フリーターだからこそ就職活動ではビジネスマナーを意識して立ち向かいましょう。

 

最適な就活時期を狙う

フリーターはいつ就職活動を始めたらよいか気になりますよね。思いついたら即!も大切ですが、希望の会社や職種を希望するのであればねらい目は8月~9月頃です。

この時期はボーナスを貰ってから退職する人も多く、会社はカバーする正社員を募集するわけです。また1月~3月は正社員募集の時期でもあり就活には最適の時期でしょう。

いつ面接の知らせがきてもよいように履歴書は常に用意しておきましょう

フリーターの方が意を決して就職活動をすることは、今後の人生を大きく変えることでもあります。前向きに挑戦することが重要です。時期を見逃さないよう情報はこまめにチェックすることが就職を有利に運ぶポイントです。

 

就職サポートを受ける

フリーター歴が長いと就職活動をどのように進めていくのかわからなくて混乱することもありますよね。フリーターは就職に不利だ、フリーターは受け入れてくれない・・・そんなネガティブでは前に進みません。最初の1歩は就職したい!と強く自分に言い聞かせることです。中々前に進まなければサポートしてくれる公的機関を利用するのもよい手です。

求人探しのサポートに加え、履歴書や志望動機の書き方、面接対策、ビジネスマナートレーニングなど手厚い支援を受けることが出来ます。フリーターから正社員への就職活動は一人で行うより公的なサポートを受けることで断然有利になります。

市役所や商工会議所などで相談をしてみましょう。

 

以上、フリーター歴が長い人でも就職を有利に導くためのコツについてお伝えしました。フリーターから正社員を目指して就活するとなれば、友人や家族の応援も力になり気合も入るというもの。今アルバイトをしている人は上司に就職活動をしている旨を誠実に伝えて、アルバイトを辞めるのか、就職が決まるまでシフトの調整をしてもらうのかなどを丁寧に決めていきましょう。

フリーターから正社員を目指して就職活動をする際、家族や友人など正社員として働いている人と情報交換をし、フリーターとは違う仕事観に触れておくことも心の準備として大切です。先に記したような就職を有利に導く技も取り入れて進めると、就活はよい展開になることでしょう。

まとめ

フリーターを卒業し就職を目指すためには

・すぐに働けることを強みにする
・就職に役立つ資格を取得する
・ビジネスマナーを身に付ける
・就活は8月~9月ころがねらい目
・公的な支援事業でサポートを受ける


連記事