葬式マナー

葬式マナーについて

香典返しのマナー・お世話になった方に贈る感謝の気持ち

香典返しは、突然の葬儀にもかかわらず参列してくださった方々に感謝の気持ちを込めてお返し物を贈るという習慣のことを指します。香典返しには贈る期間や贈ってはいけないものなど気をつけなければいけないことがあります。 故人の四十九日法要が無事に終わった後に、贈る準備をしましょう。しかし、改まって贈るところも少なく...
弔電マナーについて

法事に参列するなら・失礼にならないためのマナー豆知識

法事は突然のことなのでいざ参列することになっても、服装からお香典、お焼香など不慣れなことばかりで戸惑ってしまい困ったことはありませんか。こんなとき法事のマナーを知っておけばよかった・・・なんて後悔をした方もいるのではないでしょうか。 法事は親戚関係や会社関係など、故人を偲ぶ方々が一堂に集まる場所です。故人...
法事でのマナー

香典の渡し方書き方マナー。恥をかかないための基礎知識

香典とは、線香や花の代わりに故人の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用ののし袋に包んだもののことです。通夜または告別式の時に持参します。香典には書き方や渡し方のマナーがあり、間違えると故人や遺族に対して礼を失することになってしまいますので、気をつけたいところです。 ただ、香典というのは、急に必要になることが...
葬式マナーについて

香典返し・贈る時期や相場など気をつけたい4つの注意点

香典返しは必ず贈らなければならないものです。お葬式に参列してくれた人は、故人を偲んでくれた人であることを意味しているので、お葬式に参列してくれた人に対する感謝の気持ちをもって香典返しをしましょう。 香典返しにはマナーや決まり事があり、形式的なものなのでそれを確実に守らなければなりません。贈りたいものをただ...
弔電マナーについて

弔電の文例や送り方・失礼にならないための5つのポイント

弔電の文例をといわれてスッと思い浮かびますでしょうか。訃報はある日突然やってきます。日常的に弔電を扱っている電報業務を行っている人、葬儀屋さん、僧侶などであれば、このような弔電の文例は素敵だなとかすぐわかりますが、多くの一般人が弔電の文例をすぐに頭に浮かべることは難しいでしょう。 ですから、弔電を送るとき...
弔電マナーについて

弔電の文例・ケース別お悔やみの気持ちを伝えるメッセージ 

弔電の文例は沢山あるけれど、どれが適切なのか自信がないということはありませんか。まず、弔電の説明から始めると、弔電とはお通夜や告別式に参列できない場合に、喪主や遺族の方に弔意を表すために送る電報のことをいいます。ですから、お通夜や告別式どちらか片方でも参列できる場合には送る必要はありません。 弔電を送る際...
法事でのマナー

喪服を男性が選ぶなら!覚えておきたい7つの常識

喪服は男性なら1セットは準備しているでしょう。何もない時は喪服を男性は準備すべきではないと言う精神論もあるようです。ただ一般的には、社会人になったら慌てずに対応できるよう、喪服を男性なら準備しておいた方が良いでしょう。 就職活動用のスーツやビジネススーツは、たくさん持っているという男性はたくさんいます。し...
葬式マナーについて

葬儀香典の金額。失礼のないケース別相場、7つの基礎知識

訃報の知らせは突然やってきます。そういう時、葬儀香典の金額はいくらにしようか迷う場合がありますよね。「葬儀香典の金額はいくらにするの?」ってなかなか人にも聞きづらいものです。葬儀香典とは、線香や抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるものです。現金を不祝儀用ののし袋に包んだもののことを言います。訃報の知らせを受けたら、...
葬式マナーについて

葬儀香典、いくら包む?わかりやすい不祝儀の基本マナー

葬儀香典とは相手の霊前に供えるもので現金を不祝儀用の、のし袋に包んだものです。葬儀香典は通夜、告別式の際に持参します。葬儀香典の袋や表書きに記述する内容は、相手の宗教によって変化します。例えば仏教や神教によっても変化します。香の字を使用するのは、線香の代わりに死者の霊前に供えるという意味があるからです。 ...
葬式マナーについて

葬儀の基本的な流れ。もしもの時に知っておきたい基礎知識

家族や知人の訃報を知ると、悲しみに打ちひしがれとても辛い状況に置かれます。でも辛いながらも人が亡くなると葬儀を行わなければなりません。葬儀には流れがあり、基本的な知識を持っていると、もしもの時に役立ちます。葬儀はそんなに頻繁に行われるものではないので、流れが分からないことも多いですね。葬儀というと一般的に通...
法事でのマナー

お布施の表書きの書き方教えます!恥をかかない謝礼の基本

葬儀や法事の際に、僧侶に渡す謝礼のことを、お布施といいます。読経をはじめ、一連の儀式でお世話になったお礼ですよね。そのことはわかっていても、いざ自分が施主となりお布施を用意するとなると、表書きの書き方や包み方、渡し方がわからない、ということになりがちです。また、お香典とお布施を混同して間違った書き方をしてしまうこと...
葬式マナーについて

お悔やみ状の文例、書く際に気をつけたい7つの注意点

お悔やみの気持ちを伝えたい・・。昔お世話になった方や一緒に青春を謳歌した仲間の突然の訃報。遠くにいればいるほどその悲しみは大きく、いつの間にか過ぎ去った長い時間の経過に呆然と立ち尽くします。 近くに住んでいればすぐにでも駆けつけ、お悔やみの気持ちを伝えたいところですが、突然のことでどうしても時間がとれ...
葬式マナーについて

お通夜の香典の金額相場は?NGにならないための基礎知識

お通夜の際に持っていくお香典の金額はいくらくらいがいいのかというのは非常に難しい問題です。何故なら、お通夜の香典は少なすぎると失礼にあたりますし、お通夜の香典が多すぎても気を使わせてしまうからです。 そこで大事なポイントは、お通夜の香典は亡くなった方との関係性によって金額を変えるということ。例えば、遠い親...
葬式マナーについて

葬儀の流れの基本!いざという時に役立つ7つのポイント

葬儀とは、亡くなられた方のご冥福を祈りお別れをする儀式ですが、主催者側の遺族は、ご逝去から通夜、葬儀告別式にいたるまでの手続きや対応に追われ、旅立つ人の思い出に浸る暇もなければゆっくりお別れを言う暇もありません。ですから、できれば親族の中で喪主の代理として葬儀の流れをしっかり把握できる葬儀ディレクター的存在の方...
葬式マナーについて

告別式の代表挨拶。参列者の記憶に残る、心に響く言葉6選

危篤の報を受け取ってから、ばたばた病院に駆けつけ、しっかりとお別れもする間もなく亡くなってしまった故人。悲しみに浸る間もなく、次々と段取りされるお通夜や告別式。近所隣りの方々や、長年深い付き合いをしていた友人、何年かぶりに顔を出してくれた知人、私たち遺族は全く顔を知らないけれど、故人の訃報を聞いて駆けつけてくれ...
葬式マナーについて

お通夜の香典。お別れの誠意を伝える7つの必須マナー

皆さん家族や友人、今までお世話になった方が亡くなってしまった時にお別れをするためにお通夜に出席しますよね。お通夜に出席するということはとても悲しいことです。しかし最後のお別れをするためにはお通夜に出席しなければいけません。 お通夜に出席した時に香典を渡しますよね。香典には故人へのせめてもの恩返しやお供えも...
葬式マナーについて

喪服スーツの選び方☆葬儀で恥をかかない為の7つの解説

訃報の知らせは突然やってきます。社会人として喪服スーツは用意しておかなければならないものですね。学生の間は制服でいいですが、高校を卒業したら喪服スーツを1着は持っていないと困ることがあります。 さて喪服スーツはどんなものを選べば良いのでしょうか。何も知らないで選んでしまうと、葬儀で恥をかくばかりか、1人だ...
社会人としてのマナー

香典袋の基本の書き方・金額相場☆最低限気をつけたいこと

香典の書き方やその中に入れる金額の決め方については、社会人として必ず知っておかなければならないマナーです。と解ってはいても日常的に使うわけでもないので、つい忘れてしまいます。 ですが、いざ訃報を受けた場合、本当はどうすればいいのでしょうか。香典袋の選び方や表書きの書き方、マジックペンでいいのか、それともや...
社会人としてのマナー

香典袋の正しい書き方・金額相場はいくら?7つの基礎知識

皆さんも葬儀に参列する際に香典を供える機会があると思います。香典は死者の霊前等に供える金品です。香典袋に包んでお供えをして、名前などを書かなければいけません。正しい書き方を知らずに間違った書き方でお供えしてしまわないようにするにはどのような常識やマナーが必要なのでしょうか。 また香典を包む際に多くの人がい...
タイトルとURLをコピーしました