葬式マナー

法事でのマナー

お葬式で使う数珠、意味や効能を解説します

誰かが亡くなった・・・などの訃報は、突然届くものですよね。突然の訃報から慌てて喪服や御香典の準備をする・・・なんてこと、よくあることです。喪服はきちんと用意してあるから大丈夫!っておっしゃる方はいると思います。 でも、喪服の準備と一緒に、きちんと数珠も用意していますか?喪服だけで、数珠を持たずにお通夜や告...
法事でのマナー

葬式の流れを確認して、式を滞りなく進める7つの心得

葬式の流れと言われても経験のない人がほとんどでしょう。それもお別れを言いに参列するのではなく、自分が中心となって滞りなく進めるとなれば、人生に一度でもあれば十分な経験です。できればそんな経験をしたくない、とは誰もが思うことではないでしょうか。 自分が中心ということは自分の近しい人を送る葬式ということになり...
法事でのマナー

法事のマナー、知っていると得をする7つの豆知識☆

「法事のマナー」って、皆さんご存じですか?法事というのは葬儀・告別式と違い、必ず「参列をお願いします」と案内されてからお参りするものです。 そこで、法事に参列する時に「これを読めば慌てなくても大丈夫!」と安心して頂ける「法事のマナー、知っていると得をする7つの豆知識☆」をこれからご紹介します。 そもそも...
法事でのマナー

香典返しの相場に合わせて贈るものを選ぶ7つのポイント

香典返しとは、葬儀で頂いた香典に対して返すお礼です。一般的に香典返しをする時期は、無事に愛する故人が旅立った事を報告するという意味も込めて、四十九日の法要で納骨を済ませてからとなっています。 さて、香典返しってなかなか日常の中でやらないことですよね?50代くらいになれば、自らが喪主になる時もあるかもしれません...
葬式マナーについて

曹洞宗の葬儀マナーで事前に知っておきたい7つのこと

葬儀は、最愛の人と一緒に行う最後の儀式です。天国へ旅立たれる故人と、現世に残された私達のお別れの儀式はきちんと執り行うべきです。 日本には、浄土宗・浄土真宗・曹洞宗・日蓮宗など実にたくさんの宗派があります。それそれの宗派によって、葬儀の進め方や焼香の仕方などいろいろと守らなければいけないルールがあるのです。 ...
葬式マナーについて

家族葬の訃報を受けたら・・・。参列するかわりに取るべき7つの行動

訃報の連絡を受けたら何をおいてもかけつけなくてはと思われる方も多いでしょう。近年通夜や告別式を行わず家族だけで故人を送る家族葬を選択される方が増えています。 家族葬は故人の意思や家族の事情等で選ばれているわけですから、通常そのような場合お知らせを受けら参列を遠慮します。 最後のお別れや感謝の気持ちを直接...
葬式マナーについて

香典返しの相場やマナー、知らないとまずい7つの常識

お香典を頂いたら感謝の気持ちを込めて香典返しを送るのが一般的ですが、意外と知らないのが香典返しの相場や香典返しを贈るタイミング、送り方等です。 故人にお世話になったので感謝の気持ちと弔意を伝えたいと感じていらっしゃる方々から頂いた香典ですので故人の代わりにお世話になった方々へ故人からの感謝の気持ちを込めて香典...
法事でのマナー

いくら包めば良いの?49日の香典の金額に纏わる7つの基礎知識☆

冠婚葬祭という慣れないシーンでは、皆さん頭を抱えることが多くあるものです。特に葬祭に纏わるしきたり・風習は地域性に影響されるところが大きく、「全国共通」のきまりがないのでさらに難解ですよね。 とりわけ香典と言えばお金に関わることですから、「誰に聞けばいいの?」とお困りの方も多いようです。そこで今日は「いくら包...
葬式マナーについて

はじめて喪主挨拶をする人にぴったりの7つの文例

近親者が亡くなり、初めて喪主として通夜や葬儀を取り仕切るのはとても大変なことですよね。葬儀会社の方がしっかりサポートしてくれるとはいえ、親族の方と取り決めることも多く、無事に葬儀や初七日が終わるまではまさにてんてこ舞いといった状態であるようです。 そして、喪主の大きな仕事のひとつとして、会葬者へのご挨拶があり...
フォーマルな装いのアドバイス

葬儀の服装、子供に着せるものを上手に選ぶ7つのポイント

急な訃報が入ると、ショックで慌ててしまい、何を着て参列しようかと悩んでしまう方が多いと思います。 おとなの服装はもちろんのこと、特に子どもを連れて参列する場合には、子どもの服装にも気を配らなくてはならずいろいろと大変ですよね。 子供用の喪服というのはありませんので、親族に失礼に当たらないような、最低限の...
フォーマルな装いのアドバイス

喪服で着物を着るときに知らないとマズイ7つの一般常識

思いがけないときにやってくる悲しみの儀式。急に必要になるものですから、いざというときに慌てないようにしたいものですよね。 喪服の装いは、「喪主、家族、友人などの立場」や「通夜、告別式、法事などの場面」によっても装い(格)が異なるので注意が必要です。 大半の人が喪服というと洋装を思い描いてブラックフォーマ...
法事でのマナー

49日の香典金額にぴったりのお返しを選ぶ7つのポイント☆

香典返し。一般的には、頂いた金額の半分(~3分の1)が一般的だと言われています。仏式は七七日(49日)や五七日(35日)を満中陰と言い、この日を持って忌明けとします。 仏教の考えで「この世とあの世の間」の事を「中陰」と呼び、死後49日かけてあの世へ辿り着いたことを「満中陰」と呼ぶのです。 49日の香典返...
法事でのマナー

法事に渡すお布施・知らないと損する7つの相場

お布施の相場ってあるの?分かりづらい、法事のお布施。そもそもお布施とは「他人に金品を施すこと」ですので、決まった金額(相場)がないのが好ましい所ですが、そうとも言えないのでやっかいです。 僧侶や住職の方に尋ね「お心のままに」と言われても、どの位の金額を渡すべきか…また「おおよそ、この位です」と言われても、高い...
社会人としてのマナー

喪服の上に着るコート選び、知っておきたい7つの服装マナー

葬儀が冬場に行われる場合は、喪服の上に着用するコートも必要になりますよね。本来であればコートはフォーマルウエアのくくりには含まれないのですが、やはりお悔やみの場にふさわしいコートを選びたいはず。 室内ではコートを着用することはありませんが、あまりに寒いときは出棺のときにコートを着る場合も。そんなときに、一人だ...
フォーマルな装いのアドバイス

意外に見落としがちな喪服女性の足元マナー、7つの常識

弔事で喪服を着ることは、年を重ねるごとに多くなるものですよね。弔事は前もって予定できるものではありませんが、そんな急な弔事でも慌てないように、出来る準備をきちんとしている方も多いことでしょう。 でも、そんなしっかりしていると思っている準備でも、抜けてしまいがちなのが足元のマナーなのです。喪服やバッグにしっかり...
フォーマルな装いのアドバイス

喪服にぴったり似合うコートを選ぶための7つのポイント

皆さん、喪服を買ったことはありますか?実際に自分自身で喪服を選んだことがある人の中には「ただ黒い服を選べば良いかと思っていたのに・・・」と、驚かれた人も多いのではないでしょうか。 そうです、喪服はただ黒い服を選べば良いわけではありません、そしてその喪服に合わせるコートとなれば、さらに押さえておきたいポイントが...
葬式マナーについて

供花の札名の書き方マナー、気を付けるべき7つの常識

供花に添える札名は、葬儀に来ている方々に誰から供花が送られてきているものなのかを示す役割もあります。 このお花は◯◯さんから送られたものなのね、この方は親交のあった方なのね、と慌ただしい親族だけでなく、葬儀に参列している方もその送り主が誰だかわかるものなのです。 ですが、この札名についても知って置かなけ...
法事でのマナー

供花を注文する際に、事前に調べておくべき7つの事項

供花、故人の供養の為にお供えする花のことを指します。一般的には「きょうか」、「くげ」とも呼ばれる事があるお花です。 お通夜や葬儀などの際に、祭壇や会場に供えられる花は、故人を見送る場に相応しく飾られた物が多くあります。急な用事で参列出来ない場合や、遠方で参列出来ない場合、またお気持ちとして贈りたい場合も含...
葬式マナーについて

葬儀の服装、季節ごとにピッタリなものを選ぶ7つのポイント☆

急な不幸の知らせに、何を着ていけばいいのか戸惑った経験はありませんか?通夜や葬儀、告別式に参列する場合、服装や礼儀など、最低限のマナーを知っておかなければ失礼にあたる場合があります。 大切な方を失ったご遺族に対する配慮として、参列する時は、最低限のことは知っておいたほうがよいでしょう。 いつ何が起こるか...
タイトルとURLをコピーしました