お通夜の香典の金額相場は?NGにならないための基礎知識

お通夜の香典の金額相場は?NGにならないための基礎知識

お通夜の際に持っていくお香典の金額はいくらくらいがいいのかというのは非常に難しい問題です。何故なら、お通夜の香典は少なすぎると失礼にあたりますし、お通夜の香典が多すぎても気を使わせてしまうからです。

そこで大事なポイントは、お通夜の香典は亡くなった方との関係性によって金額を変えるということ。例えば、遠い親戚の方から30万円や50万円といった大金がお香典に包まれていたら受け取った方は驚いてしまいますし、逆に近しい間柄であるにもかかわらず少額のお香典を渡してしまうと失礼な感じがしますよね。

そのようなことを考慮してお香典の金額を決めるようにすると、上手にお通夜のお香典の金額を決めることができるようになります。ここでは、お通夜の香典の金額相場、NGにならないための基礎知識をご紹介します。



 

お通夜の香典の金額相場は?
NGにならないための基礎知識

 

亡くなった方との関係の深さを考慮しよう



お香典の金額は、亡くなった方との間柄によって決めます。
例えば、血縁関係にある方、義理の両親のように近い関係にある方が亡くなったときのお香典は多めにするのが基本です。逆に、会社で関係のあった方や友人など、血縁関係や親戚関係ではない方が亡くなったときにはお香典の金額を少なめにするのがマナーです。

 

仲の良し悪しは考えないようにしよう


友人や会社の同僚など、仲良くしていた方が亡くなったときには、お香典を多くしたいと思うでしょうが、お香典に関しては気持ちの部分を取り入れずに考えたほうが賢明です。何故なら、お香典の金額によって余計な推測をご遺族に与えてしまうのではなく、あくまでも形式的なものとして捉えてもらう必要があるからです。相場に合わせた金額にしましょう。

 

血縁関係のない方が亡くなったときのお香典の金額に注意しよう



血縁関係のない方が亡くなったときのお香典は、基本的に多くても1万円です。
裏を返せば、1万円のお香典を常に用意していれば問題ないとも言えるので、基本の金額になるでしょう。ただ、5千円が相応しい場合のほうが多いので、5千円を基本として考えてもいいです。

 

近親者が亡くなったときの金額は多めにしよう



祖父母や兄弟、近しい親戚の方が亡くなったときには、お香典の金額を多めにします。
例えば祖父母であれば3万円、兄弟であれば5万円、親戚であれば2万円等のような金額のお香典の金額にするようにしてください。特に兄弟が亡くなった場合は5万円が基本となるので、覚えておいてくださいね。

 

両親が亡くなったときの金額は10万円前後にしよう


両親が亡くなったときは10万円のお香典を用意することが基本です。義理の両親に対しても10万円のお香典を用意してください。お香典の相場で最も金額が高いのは、両親が亡くなったときです。最も近しい間柄の方なので、しっかりと相場通りのお香典を準備しましょう。20万円や30万円という金額のお香典を用意することもあるので、覚えておいてくださいね。

 

自分自身の年齢を考慮しよう


お香典の金額は自分の年齢によっても変わります。自分の年齢が20代であれば少なめに、40代や50代であれば多めにするのが一般的なので、覚えておいてくださいね。20代の方が多すぎるお香典を用意してしまうとご遺族の方に気を使わせてしまう怖れがあるので、注意が必要です。多すぎる金額にしてしまわないように配慮しましょう。逆に40代以上の方はしっかりと多めの金額に設定したほうが無難です。恥ずかしくない金額に設定しましょう。

 

お香典として相応しくない数字の金額に気をつけよう


4と9の数字をお香典の金額に設定してはいけません。4は死を9は苦しみを連想してしまう数字なので、お通夜やお葬式に関わるものには絶対に使用してはいけない数字なので覚えておいてくださいね。4千円や9千円、4万円などの金額のお香典を用意することのないようにすれば問題ないので、数字に配慮しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

お通夜のお香典の金額相場は以上になります。また、お葬式のお香典の金額相場も同様なので、合わせて覚えておいてくださいね。親しい方が亡くなったとき、悲しい気持ちになり、せめてお通夜のお香典だけでも多めにと考えてしまう方がいます。

しかし、それは間違いなので、基本的なお通夜のお香典の金額相場に沿った金額に設定してください。何故なら、お通夜のお香典は亡くなった方に対する気持ちを表すものではないからです。あくまでも形式的なものであることを忘れないようにしましょう。

故人に対する気持ちは、別の形で表してください。お通夜の後、食事をしながら故人との思い出を話し、懐かしむと同時に、感謝の気持ちを表現してあげることが一番の弔いになるはずです。それを忘れないでくださいね。

 

まとめ

お通夜の香典の金額相場とは

・亡くなった方との関係の深さを考慮しよう
・仲の良し悪しは考えないようにしよう
・血縁関係のない方が亡くなったときのお香典の金額に注意しよう
・近親者が亡くなったときの金額は多めにしよう
・両親が亡くなったときの金額は10万円前後にしよう
・自分自身の年齢を考慮しよう
・お香典として相応しくない数字の金額に気をつけよう