お布施の表書きの書き方教えます!恥をかかない謝礼の基本

お布施の表書きの書き方教えます!恥をかかない謝礼の基本

葬儀や法事の際に、僧侶に渡す謝礼のことを、お布施といいます。読経をはじめ、一連の儀式でお世話になったお礼です。そのことはわかっていても、いざ自分が施主となりお布施を用意するとなると、表書きの書き方や包み方、渡し方がわからない、ということになりがちです。また、お香典とお布施を混同して間違った書き方をしてしまうことも。

葬儀の後も、法事などでそのお寺と僧侶の方には長くお世話になりますし、お布施をお渡しする機会も何度かあります。場合によっては、お布施とは別に、お車代や御膳料などもお渡ししなければなりません。

ここでは、葬儀や法事の時に恥をかかずにスムーズにお布施をお渡しするための、封筒選びから表書きの書き方、僧侶への渡し方などをご説明します。



 

お布施の表書きの書き方教えます!
恥をかかない謝礼の基本

 

お布施は白い無地の封筒に入れて渡す


お布施は、正式には半紙に包んだお札を奉書紙で巻いてお渡しします。でも、最近では奉書紙を買うのも難しいので、白い封筒に入れるのが一般的です。どちらに入れてもお布施の書き方は同じです。

葬儀の時だけでなく、四十九日法要や一周忌など、僧侶にお経を読んでもらう際には必ずお渡しするものですから、何枚か用意しておくと良いでしょう。また、二重になっている封筒は、「不幸ごとが重なる」といわれ、お布施を入れるのにはふさわしくありませんので避けましょう。もちろん封筒は郵便番号の欄の無いものを選びます。

 

心を込めて丁寧に書こう


文具店やコンビニエンスストアなどでは、最初から「御布施」「お布施」などとプリントされている封筒も売っていますが、お布施は僧侶へのお礼ですから、なるべく書き方を調べて、自分で丁寧に手書きされる方が、心がこもっていてベターです。後でお寺の方が困らないよう、封筒の裏面には、住所と電話番号、金額もきちんと記入しておきましょう。金額は、できるだけ漢数字で書きましょう。

 

お布施の場合は、黒い墨を使うのが正しい書き方


封筒の上半分に「御布施」「お布施」などと書き、下段に「○○家」のように施主の姓か、「山田 太郎」のように施主の氏名を書きます。「お車代」「御膳料」についてはこの通り上段に書き、下段は何も書きません。

お車代と御膳料、両方渡す時は、一枚の封筒に併記しても大丈夫です。いずれも薄墨ではなく、真っ黒の墨で書きます。弔事の際には、不祝儀袋に薄墨で名前を書くのがマナーですが、お布施はお礼ですから、正しい書き方は黒い墨を使います。

 

お布施には新札を用意しよう


表書きに使う墨の色もそうですが、お布施とお香典、同じ葬儀の場で渡すお金とはいえ意味合いが違うので、マナーも当然違います。お香典の場合は「あらかじめ用意しておいた」と思われるため、古いお札を使いますが、お布施は新札で用意します。

金額が大きい場合は、全部新札でなくてもやむを得ませんが、できるだけきれいなお札を使うようにしましょう。当然、法事など前もって予定がわかっている時には、銀行で新札に両替しておくようにしましょう。お札を入れる時は、向きを揃えることも忘れずに。

 

僧侶に渡す時は、手渡しせずお盆などに載せること


お布施には表書きの書き方以外にも、忘れてはいけないマナーとして渡し方があります。実はお布施は、手渡しするのはマナー違反なのです。小さなお盆や菓子折りの上に置いて、僧侶の方が名前を読める向きにして渡します。

そうは言っても、葬儀の前後にちょうど良い大きさのお盆を探すのも大変です。そんな時は葬儀会社や会場に相談すれば、貸してもらえることもあります。法事の場合には、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。どうしてもお盆が用意できない場合は、袱紗に包んでおき、渡すときに開いて僧侶の方に受け取っていただいても大丈夫です。お車代や御膳料がある時は、お布施の封筒の下に重ねておきます。

 

いかがでしたでしょうか。

お布施を渡すにも色々決まりごとがあって気を使いますね。表書きの書き方に関して言えば、「お布施」など一般的な単語で大丈夫ですし、封筒と黒い筆ペンがあれば、すぐに書くことができます。

大切なのは、葬儀や法事でお経をあげていただいた、僧侶に対するお礼の気持ちです。お布施の表書きは、渡した時に真っ先に目に入るものです。できるだけ丁寧に、心を込めて書く。こんなお布施の表書きの書き方一つで、僧侶の方への気持ちの伝わり方が違ってきます。

葬儀の時だけでなく、四十九日や一周忌、三回忌、さらにはお子さんの代にまで、お寺や僧侶とのお付き合いも続くわけですから、より良いお付き合いを継続できるように、お布施の書き方から渡し方まで、マナーには気を配りたいものですね。

 

まとめ

お布施の表書きの書き方教えます!恥をかかない謝礼の基本とは

・不幸が重ならないように 二重の封筒は避け、真っ白な一重の封筒に入れる
・できるだけ手書きで丁寧に 裏面に住所と金額を記入しておこう
・お香典とお布施は意味が違う 表書きには黒い墨を使うのが正しい書き方
・お布施は僧侶へのお礼 だから使うのは新札
・手渡しはマナー違反 お盆や袱紗に載せて渡す