初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー

初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー
お通夜のマナーってどんなことがあるの?急なことだからわからない!という方も多いですよね。もちろん前もってわからないのがお通夜やお葬式。初めてお通夜に参列となると困ってしまうことでしょう。

本来お通夜は、遺族や知人が集まり、終夜を徹して線香をたき、故人との別れを惜しむ儀式とされていました。近年は、告別式に出席できない人にも、故人との別れができるように半通夜というもが増えてきています。お通夜のマナーを知って、慌てることなく故人のお悔やみを心より伝え、お見送りをしましょう。

そこで今回は、不祝儀袋とはどんなものなのか、服装やお通夜の金額の相場、受付のマナーやお焼香の仕方など、初めての急なお通夜に参列する時に、社会人なら必ず知っておきたいお通夜のマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

焼香の仕方。その場で戸惑わないための5つの手順を確認

焼香の仕方。その場で戸惑わないための5つの手順を確認
焼香の仕方が解らなくて緊張した、という経験がある人はたくさんいますよね。そんな人は、自分の番が回ってくるまで心臓がドキドキして、とりあえず前の人を真似してその場を乗り切ったのではないでしょうか。昔は大家族が普通だったので、葬儀に参加する機会も多く、焼香の仕方は親や兄弟が教えてくれました。しかし、今は核家族の時代。大人になって初めての法事に参加する、なんていう方も多いでしょう。誰にもに教わってないのなら焼香の仕方を知らないのは当然です。

とはいえ、大勢の人が参加している法事の場で恥をかくような仕草はできません。焼香の仕方は宗派によっても少しづつ違っています。前の人がやった手順が正しいとは限りません。マナーを守りつつ、正しい手順で亡くなった方のために焼香したいものです。そこで今回は、宗派によっても違う、正しい焼香の仕方についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで
人が死ぬときは予想がつかないものですから、突然弔辞の依頼を受けることもありますよね。そのような時に、自分がどのような立場でどうして選ばれたかなどを良く理解して、話をまとめるのことが大切となりますが、重要なのは自分の中にある故人への思いを素直に言葉にすることです。

ただ、それ以前の問題で、突然の訃報で頭が真っ白になってしまい、弔辞の内容が全く思いつかず悩んでしまう人は多いものです。弔辞にも例文のようなものがあるので、気が動転して思いつかない時には一先ずそれを参考にしてみるのも良いでしょう。また、弔辞を考える上でキーワードとなる言葉を盛り込むと作成しやすくなります。

そこで今回は、悩みがちな弔辞について、キーワードとなる5つの言葉を例にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お悔やみメールの基本マナー。間違えやすい5つのポイント

お悔やみメールの基本マナー。間違えやすい5つのポイント
今ではお悔やみをメールで伝えるという手段がありますが、送る時はどのような文章にしたらよいのか、気をつけるべき点はあるのか、わからないことも多いですよね。お悔やみメールはあくまで略式なもの訃報をメールで知った、もしくは知人友人でも親しい場合やビジネス関係にのみメールでお悔やみを伝えることが出来ますが、マナーを知らずにお悔やみメールを送ってしまうと、相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。深い悲しみの中にいる相手には、言葉を選んで、気持ちを伝えることが大切です。

そこで今回は、社会人なら身につけておきたいお悔やみメールのマナーとして、使ってはいけない重ね言葉、亡くなった方の呼び名、「慎んで」と「謹んで」の違い、聞いてはいけないこと、遺族に負担をかけてしまう言葉などを例文も交えながらお伝えします。

[ 続きを読む… ]

喪主がしなくてはならない7つの事【通夜から葬儀告別式まで】

喪主がしなくてはならない7つの事【通夜から葬儀告別式まで】
人はいつ亡くなるか分かりませんが、もし葬儀の喪主を務めることになったとしても、一体何をしてよいのか分からない人も多いですよね。ただ、喪主は葬儀の代表といえますから、実際にやらなくてはいけないことが沢山あるのだろうということなりますは想像がつくでしょう。

喪主は故人と繋がりの深い人がなるもので、基本配偶者となりますが、いない場合は長男になりますし、配偶者も長男もいない場合は長女になります。

葬儀は亡くなった人を送り出す大切な儀式なので、喪主が果たす役割は大変大きなものがあります。なので、失敗をしたり葬儀の進行が滞らないように、しっかりと務め上げましょう。

そこで今回は、通夜から告別式までの喪主がしなくてはならない7つの事をお伝えします。

[ 続きを読む… ]