弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選
親しい方が亡くなり、ご遺族から葬儀の場での弔辞を依頼されることになったら、何を話せばよいか戸惑ってしまいますよね。弔辞はご霊前で事前にご遺族から依頼された人が読み上げるというのが一般的で、いわば友人知人の代表です。自分にはなかなか縁のないものと思っていても、年齢を重ねていけばそのような機会が巡ってくる可能性もゼロではありません。

そこで今回は、弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選をお伝えします。折角の機会ですから、是非ご遺族へ、そして何より親しくしていた故人に対してのありったけの思いを伝えることができればとても素晴らしいですよね。思いを文にのせて、大切な方へ最後のお別れをして差し上げましょう。

[ 続きを読む… ]

葬儀参列の基本マナー。準備するものから焼香まで

葬儀参列の基本マナー。準備するものから焼香まで
葬儀に参列することになった時は、誰でもきちんとしたマナーで出席したいものですよね。しかし、なかなか何度も経験することのない式典ですから、いざ出席するという場面で、マナーを完璧にしたいと考えても、何が正しいかわからずに不安になることもあります。失礼の無い服装や準備物もそうですが、お焼香の回数が分からず周りをきょろきょろして様子を伺っているようでは、スマートな社会人とはいえません

そこで今回は、葬儀参列の基本マナー。準備するものから焼香までと題して基本的な葬儀のマナーをお伝えします。故人を偲ぶ大切な場面ですので、落ち着いた気持ちで参列できるように、ここで葬儀のマナーをきちんと押さえておきましょう。

[ 続きを読む… ]

初めての弔事に慌てない!知っておきたい初七日の知識

初めての弔事に慌てない!知っておきたい初七日の知識
故人が亡くなって初めに行われる法要が「初七日」ですが、何をどのように進めるのかわからずに慌てたり悩んだりすることもありますよね。喪主や遺族になることは何度もあることではありませんし、聞こうにも経験者が周りにいないことの方が多いでしょう。しかし、お別れの悲しみはいつ訪れるかわからないものです。

お寺や葬儀社のサポートは心強いものですが、落ち着いて執り行うために今から知識を得ておくことが大切です。仏事には様々なしきたりがあります宗派や地域によって、そのしきたりに違いもあります。また、現代の事情に合わせた執り行い方も知っておくと、いざという時に役に立ちます。さらに仏事の意味を理解しておくことで故人への感謝の気持ちを伝えることも出来るでしょう。家族間で揉めることなく連携を大切にし良い葬儀、良い法要を行いたいですよね。

そこで今回は故人が亡くなって初めに行われる法要である「初七日」についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お通夜の準備、遺族がしなくてはならない5つの事

お通夜の準備、遺族がしなくてはならない5つの事
通夜を行うに当たっては、葬儀社が一通り行ってくれますが、細かいところで自分たちが何をすればよいのかということは、分からない方も多いですよね。通夜という言葉は誰でも知っているものですが、通夜を準備する方法については普段知る機会はなかなかありませんし、身近な人が亡くなるという事を誰でも考えたくはないものです。

通夜は、故人の遺族が寄り添って故人の魂を慰める意味があり、忙しく終わる葬式の中でも唯一、故人の事を想いながらゆっくり過ごすことができる時間です。

いわば本当に親しい方や親族が故人との最後のお別れをする場でもあります。トラブルなく故人との思い出を心に残せる通夜にする為には、通夜の事前の準備がどうしても必要になってきます。そこで今回は、遺族がしなければいけないお通夜の準備に付いてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー
「お通夜のマナーを一から教えて」と聞かれて、スラスラと答えられる人は少ないですよね。もちろん、経験したことがある人なら言えるかもしれませんが、そのような機会は学生の間ではなかなか訪れないのが現実です。しかし社会人になると、そのような場に出席しなければならないことが多々あります

実際にそのような場に行くことになり、直前になって慌ててお通夜でのマナーを調べる、もしくは参加して知らなかったがゆえに恥をかいてしまう、なんていうことにならないように、お通夜に参加することになる前から、マナーの知識は頭の中に入れておく必要があります。

そこで今回は、そんな社会人なら知っておくべきお通夜でのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]