お葬式の基本マナー。参列者の服装から香典まで一から解説

お葬式の基本マナー。参列者の服装から香典まで一から解説
お葬式は、亡くなった人をお見送りする大切な儀式ですが、マナーもたくさんあるだけに守れているかは不安になりますよね。若ければ多少のマナー違反があっても、大目に見てもらえるかもしれませんが、社会人にもなればそうはいきません

服装に香典、参列した際など、お葬式のマナーはいたる場面にありますし、結婚式のようにおめでたいものではなく、厳かな雰囲気で行われるお葬式だからこそ、ちょっとしたマナー違反も目立ってしまいます

変な失敗をして、悪い意味で目立ってしまったり、お葬式の雰囲気を壊さないためにも、作法はしっかりと守って参列したいものです。

そこで今回は、参列する際の服装や香典などお葬式の基本マナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お葬式のマナー☆戸惑いがちなお焼香のやり方を徹底解説!

お葬式のマナー☆戸惑いがちなお焼香のやり方を徹底解説!
お葬式に参列する時、お焼香のやり方はどうするのだろうと気になりますよね。知らないままその場面に立つと戸惑ったり不安になるものです。お葬式は経験する回数も少なく、お焼香のやり方は何となく前の人の動作を真似ている方も多いことでしょう。経験回数が少ない分、お焼香のやり方はその時が終わればすぐに忘れてしまうものです。

しかし場合によったら自分が一番手でお焼香をしなければならない時もあるでしょう。また途中からの参列した時はお手本となる前の人がいない場合もあります。お焼香のやり方を知らずに緊張して、厳粛な場面で恥をかくことのないよう知識を備えていたいものですね。

お焼香というのは仏様や亡くなった方に向けて香を焚き、清らかな気持ちで故人の冥福を祈る行為です。正しいお焼香のやり方を知り、社会人としてお見送りの場に相応しい立ち居振る舞いを心がけたいものです。そこで今回は、お葬式で戸惑いがちなお焼香のやり方を3つのパターン(立礼焼香、座礼焼香、回し焼香)で徹底解説いたします。

[ 続きを読む… ]

【宗派別】キリスト教葬儀で気を付けたい5つのしきたり

【宗派別】キリスト教葬儀で気を付けたい5つのしきたり
キリスト教の葬儀は日本のものとは全く違うしきたりがあります。死はいつ訪れるか誰にもわからないものですし、突然の葬儀がキリスト教方式だったら戸惑ってしまいますよね。そうならないよう、事前にしっかりと理解し、いつその時が来ても対応できるようにしておきたいものです。

日本の仏教にも色々な宗派がありますが、キリスト教は「カトリック」と「プロレスタント」の2種類がありますので、その2つの違いも把握しておかなくてはなりません。そして日本の葬儀と違ってキリスト教にはお通夜という概念がありません。日本でのお通夜のことを、カトリックでは「通夜の祈り」、プロレスタントでは「前夜式」と言うので覚えておきましょう。そして、仏教と1番違うところは、キリスト教では「死」は永遠の命の始まりとされており、不幸なことではないと考えられています。お悔みの言葉は述べないように注意して下さい。

そこで今回は、日本の葬儀と全く異なるキリスト教の葬儀に出向く際に気を付けるべき5つのしきたりについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

葬儀マナーは大丈夫?押さえておくべき5つのポイント

葬儀マナーは大丈夫?押さえておくべき5つのポイント
突然の葬儀でマナーがわからず困った・・という場面。多くの人が経験したことがありますよね。葬儀では悲しみに包まれている中で静粛な空気が流れていますから、その場の空気を乱さぬようにしっかりとマナーを守って参列したいものです。

ですが、めったにない葬儀では多くの人がマナーや常識を知らないというのが現実なのです。葬儀のマナーは知っておくと必ず役に立つことですし、ある程度の年齢になっても知らないでいると、大人として恥ずかしい思いをします。そして、マナーがわからないことで落ち着かなくなってしまうと、肝心の故人を悼む気持ちが台無しになってしまうので、葬儀での正しいマナーは身につけておくべきでしょう。

そこで今回は、葬儀で押さえておくべきマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選
親しい方が亡くなり、ご遺族から葬儀の場での弔辞を依頼されることになったら、何を話せばよいか戸惑ってしまいますよね。弔辞はご霊前で事前にご遺族から依頼された人が読み上げるというのが一般的で、いわば友人知人の代表です。自分にはなかなか縁のないものと思っていても、年齢を重ねていけばそのような機会が巡ってくる可能性もゼロではありません。

そこで今回は、弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選をお伝えします。折角の機会ですから、是非ご遺族へ、そして何より親しくしていた故人に対してのありったけの思いを伝えることができればとても素晴らしいですよね。思いを文にのせて、大切な方へ最後のお別れをして差し上げましょう。

[ 続きを読む… ]