通夜での焼香は大丈夫?恥を欠かない7つの手順と作法

通夜での焼香は大丈夫?恥を欠かない7つの手順と作法

通夜での焼香マナー、突然の訃報でも滞りない手順で進められますか?突然の通夜や葬儀、連絡を受けてからは悲しみでいっぱいになってしまうもの。けれども悲しむ間もなく、バタバタとしてしまうことがほとんどのケースです。

通常、亡くなったその日の夜、または翌日の夜に通夜が営まれ、翌日に葬儀が執り行われます(友引は避けます)。また、現在日本での葬儀の大半は「仏式」ですが、他にも「神式」「キリスト教式」「無宗教式」などがあり、それによりしきたりは異なります。

慌てず恥を欠かずに、故人とのお別れを惜しみつつも、きちんとできるよう、通夜の意味、焼香の手順や作法について知っておくと安心です。

そこで今回は、日本でもっとも一般的な「仏式」の通夜の流れを基本にしながら、焼香の手順と作法を解説します。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉を伝える時。知っておきたい7つのタブー

お悔やみの言葉を伝える時。知っておきたい7つのタブー

お悔やみの言葉をご遺族にお伝えすることは基本です。とは言え、ご遺族に掛けるお悔やみの言葉選びには、繊細な心遣いとマナーが不可欠であるため、戸惑う人も多いですよね。

例えば訃報の連絡を受けたとき、どう返事していいかわからず「えっ、はい。」や「わかりました。」のような返事だけになってしまった経験はありませんか?

お悔やみの言葉は、故人の死を悼み敬意を捧げると共に、遺族には哀悼の意が伝わるような、控えめで慎み深い言葉を贈りたいものです。そこで今回は、お悔やみの言葉を伝える時に知っておきたい7つのタブーをお伝えします。

一般的なお悔やみの言葉や長患いの場合、急死の場合などの言葉にも少し触れました。これであなたも突然の出来事に慌てず、気持ちを表せます。この機会にぜひ、確認してみてください。

[ →続きを読む… ]

葬式の服装タブーとは。大人の礼儀をわきまえる豆知識

葬式の服装タブーとは。大人の礼儀をわきまえる豆知識

葬式の服装は「黒い服なら大丈夫」のようでいて、実は細やかな決まり事があります。学生時代はずっと学生服で参列するものですから、社会人になってみて改めて、「あれ、どうすれば良かったんだっけ?」と戸惑うことも多いのです。

ひと昔前はお通夜や告別式と、それぞれに決められた葬式の服装があったため、ややこしいと感じる人々もいたのですが、現代ではお通夜でも「ブラックフォーマル」と言うのが主流になってきています。

これも地域性や、その時々の葬儀のタイミング、規模によって臨機応変な対応が必要ではありますが、まずはこの、「ブラックフォーマル」の基本を細かくおさえていけば安心です。

今回は一般的な参列する場合に着用する、ブラックフォーマルの服装マナーを中心に、大人としての礼儀とタブーを解説します。

[ →続きを読む… ]

知らないと恥をかく!法事の香典についての7つのマナー

知らないと恥をかく!法事の香典についての7つのマナー

法事の香典は、故人の霊前に供える金品の事を指し、お通夜やお葬式(葬儀)の際に持参します。本来、法事の香典は仏式にしか使わない(お香をお供えするのは仏式のみ)言葉でしたが、「香典袋」が一般的になり、総称して「香典」と呼ばれるようになっています。

ですから仏式でない法事に参列、マナーに精通されている方の法事に参列される場合は、「不祝儀袋」と呼んだ方が安心です。

今回は、法事の香典である不祝儀袋(香典)を包む時の7つのマナーをお伝えします。法事の香典は、様々な宗教や宗派が関係しています。そのため、少し難しいマナーではありますが、法事の香典のポイントを抑えてお伝えします。

大人としての礼儀、しっかりとした法事の香典マナーで参列して下さい。

[ →続きを読む… ]

礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服を選ぶとき女性用ならばちょっと注意が必要です。男性であれば礼服として1着ブラックフォーマルとお葬式用に黒いネクタイを準備しておけば間違いないですが、女性用のブラックフォーマルは色々なタイプがありますので、どれが正式のものなのか迷ってしまいます。

突然のことなので黒い服を着ていけば良いでしょう、と考えたら大間違いです。お悔やみの場で場違いな服装をしていくと後後まで、ご遺族や他の参列者に常識がないという印象を残してしまうことになりかねません。

そこで今日は礼服・女性用のフォーマルのマナーとタブーについてお伝えします。ブラックフォーマルは突然必要になることが殆どですから、成人したら、社会人になったら平時のうちの準備しておくことをお勧めします。

[ →続きを読む… ]