お通夜の準備、遺族がしなくてはならない5つの事

お通夜の準備、遺族がしなくてはならない5つの事
通夜を行うに当たっては、葬儀社が一通り行ってくれますが、細かいところで自分たちが何をすればよいのかということは、分からない方も多いですよね。通夜という言葉は誰でも知っているものですが、通夜を準備する方法については普段知る機会はなかなかありませんし、身近な人が亡くなるという事を誰でも考えたくはないものです。

通夜は、故人の遺族が寄り添って故人の魂を慰める意味があり、忙しく終わる葬式の中でも唯一、故人の事を想いながらゆっくり過ごすことができる時間です。

いわば本当に親しい方や親族が故人との最後のお別れをする場でもあります。トラブルなく故人との思い出を心に残せる通夜にする為には、通夜の事前の準備がどうしても必要になってきます。そこで今回は、遺族がしなければいけないお通夜の準備に付いてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー
「お通夜のマナーを一から教えて」と聞かれて、スラスラと答えられる人は少ないですよね。もちろん、経験したことがある人なら言えるかもしれませんが、そのような機会は学生の間ではなかなか訪れないのが現実です。しかし社会人になると、そのような場に出席しなければならないことが多々あります

実際にそのような場に行くことになり、直前になって慌ててお通夜でのマナーを調べる、もしくは参加して知らなかったがゆえに恥をかいてしまう、なんていうことにならないように、お通夜に参加することになる前から、マナーの知識は頭の中に入れておく必要があります。

そこで今回は、そんな社会人なら知っておくべきお通夜でのマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

法事とは?年忌法要で注意すべき6つのこと

法事とは?年忌法要で注意すべき6つのこと
幼かった頃から親と一緒に親戚の法事に出向いた経験のある方は少なからずいらっしゃることでしょうが、では、法事とは何か?と聞かれて具体的に説明できる方はそう多くはないですよね。子供の頃の「法事とは、お参りをしてみんなでご飯を食べること」といったぐらいのイメージしかない方もいるかもしれません。お葬式が終わってからも年忌法要といった色々な儀式があることは分かっていても、詳しくどのようなものなのかは若い人ほど分からないものです。

身内の不幸となると、お葬式の後もその法事にお呼ばれすることもありますし、また執り行う側になることもあります。しかし法事に出席することは、お葬式やお通夜に参列する回数を考えると少ないものです。ですが回数が少ないとは言っても、きちんとマナーは心得ておきたいところですね。

そこで今回は、そもそも法事とは何なのか、また年忌法要に出席するときに注意しておきたい5つのことについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

通夜での焼香は大丈夫?恥を欠かない7つの手順と作法

通夜での焼香は大丈夫?恥を欠かない7つの手順と作法

通夜での焼香マナー、突然の訃報でも滞りない手順で進められますか?突然の通夜や葬儀、連絡を受けてからは悲しみでいっぱいになってしまうもの。けれども悲しむ間もなく、バタバタとしてしまうことがほとんどのケースです。

通常、亡くなったその日の夜、または翌日の夜に通夜が営まれ、翌日に葬儀が執り行われます(友引は避けます)。また、現在日本での葬儀の大半は「仏式」ですが、他にも「神式」「キリスト教式」「無宗教式」などがあり、それによりしきたりは異なります。

慌てず恥を欠かずに、故人とのお別れを惜しみつつも、きちんとできるよう、通夜の意味、焼香の手順や作法について知っておくと安心です。

そこで今回は、日本でもっとも一般的な「仏式」の通夜の流れを基本にしながら、焼香の手順と作法を解説します。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉を伝える時。知っておきたい7つのタブー

お悔やみの言葉を伝える時。知っておきたい7つのタブー

お悔やみの言葉をご遺族にお伝えすることは基本です。とは言え、ご遺族に掛けるお悔やみの言葉選びには、繊細な心遣いとマナーが不可欠であるため、戸惑う人も多いですよね。

例えば訃報の連絡を受けたとき、どう返事していいかわからず「えっ、はい。」や「わかりました。」のような返事だけになってしまった経験はありませんか?

お悔やみの言葉は、故人の死を悼み敬意を捧げると共に、遺族には哀悼の意が伝わるような、控えめで慎み深い言葉を贈りたいものです。そこで今回は、お悔やみの言葉を伝える時に知っておきたい7つのタブーをお伝えします。

一般的なお悔やみの言葉や長患いの場合、急死の場合などの言葉にも少し触れました。これであなたも突然の出来事に慌てず、気持ちを表せます。この機会にぜひ、確認してみてください。

[ →続きを読む… ]