葬式マナー

法事でのマナー

葬儀の受付を頼まれた際にまずやること7つ

葬儀などの冠婚葬祭を取り仕切るのは難しいものとして、ハードルを高く設定している方も多いと思います。普段とは違う細かいマナーやルールの中で動くことですから、仕方の無いことかもしれません。ただ、、基本さえ押さえてしまえば、さほど難しいことではありません。 当記事の詳細な説明を読めば、誰にでもできることでしょう...
法事でのマナー

直葬を選んだ際に配慮すべき7つのこと

近年、増えているのが直葬と呼ばれる、お葬式を行わずにそのまま火葬だけを行うケースです。最近はニュースなどでも、たびたび耳にする言葉ですので、耳にされる方も増えていると思います。 日本で、直葬が増えた背景には、経済的な要因、宗教的な要因、人間関係に帰する要因が主な理由でしょう。 冠婚葬祭は特にお金が掛...
法事でのマナー

お葬式の日程を決める際に絶対知っておくべき7つのこと

お葬式の日程、と言われて思いつくのは友引は避けること、くらいは大抵の方はご存知ですが、では他には?と問われるともう判らない方が多いのではないでしょうか。 葬式は日本ではほとんどの方が仏式で執り行います。これは宗教儀式ですから作法やしきたりが色々とあって聞かなければ判らない部分が多いのです。 詳細に見て行...
法事でのマナー

お通夜、告別式での数珠の意味とマナーについて抑える7つの事

お通夜や葬式に行くとき気を付けたいのは、服装やお香典のマナーですが、数珠もその一つです。日本はお通夜告別式と言えば、数珠を持っていくべきものと思われている人もいるかと思います。では、そもそも数珠とはなんでしょうか? その意味を知ることで、その扱い方もおのずと理解ができますよ。そこで今日は数珠についての知識と共...
フォーマルな装いのアドバイス

キリスト教式葬儀、普通とどう違うの?違いが判る7つのポイント。

世界最大の信者数を擁するキリスト教ですが、日本においての信者数は、およそ1パーセントにも満たない宗教です。普通葬儀と言いますと、仏式が多いためそのマナーにつてはよく心得ている人でもキリスト教となると、ミサ自体初めてという人が居てもおかしくありません。 では、どのように普通のお葬式と違うのでしょうか?違いに...
法事でのマナー

初めて献花をする際に慌てないための7つの予備知識

亡くなった方の御霊前等にお花をお供えすることを言うのですが、日常的なことではないのでいざ自分の番となるとオロオロしてしまいがちです。そんなに場慣れしなくても良いことでもありますが、常識として知っておきたいことです。また、あらかじめ用意した花を届ける場合に気をつけることもあります。 ...
弔電マナーについて

25歳を超えたら絶対身につけたい、香典のマナー7つの基本

日本の法律では二十歳を過ぎれば成人となり、世間からは「大人」として認められます。しかし、一般に二十歳と言えば、まだまだ大学生です。年齢を経ただけ成熟するわけもなく、未熟故に多くのマナー違反を犯してしまうのもこの時期です。 ただ、まだまだ世間を知らない学生の内は、若者特権で少々のマナー違反は許される傾向にあ...
弔電マナーについて

突然の訃報・・労りの気持ちとお悔やみをメールで伝える7つの方法

突然の訃報を受けたとき、皆さんはどのような受け答えをされるでしょうか? ただただ驚くばかりでどうしてよいか分からなかった、という経験をお持ちの方も少なくないようです。訃報の知らせを受けた後は弔問に駆け付けたり、通夜や告別式に参列するなど遺族の方と直接対面する場合が多いのですが、距離が離れていて駆け付けられない、事...
弔電マナーについて

家族葬のマナーについて知っておくべき7つのポイント

家族葬とは家族や家族同然に接してきた人達だけでとりおこなう密葬のことです。大がかりな葬儀を望まない人が遺言で家族葬に、と指定する場合もあります。 大がかりな葬儀の場合、遺族は個人との関係がよくわからない人たちが大勢弔問にやってくるのを嫌うので小規模を望んでいる家族葬には弔問に訪れる側の人にも注意すべく点があるよう...
フォーマルな装いのアドバイス

お葬式の服装で押さえるべき7つのポイント

自身にとって大切な人やその関係者のお葬式、服装のマナーはしっかりと整え、しっかりと故人を偲びたいものですね。…とは言うものの、いざ葬儀に参列するとなると、難しいものですね。「どんな服装が良いのだろうか?」「恥を掻いたらどうしよう?」…などなど、悩みは尽きませんね。 とんでもない服装で葬儀に出席しないためにも、...
弔電マナーについて

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の場合の7つのマナーと知識

最近、広まりつつあるのが「家族葬」です。密葬とも呼ばれ、家族や親族、そしてごく親しい友人のみで故人を送るのが特徴です。一般の会葬者への心遣いが必要なく、故人との最後の別れを存分に確保できるため、家族葬を選択する方が増えています。また、故人が高齢で友人・知人が少ない、葬儀予算をあまりかけたくない、故人の遺言でこじんま...
法事でのマナー

密葬を選んだときにまずはじめにする7つのこと

最近「密葬」と呼ばれるお葬式が増えています。「密葬」というのは本来、本葬の前に故人の近親者だけで行う葬儀の事でした。最近は「密葬」後本葬を行わないいわゆる「家族葬」を選ぶか方が急激に増えています。 近年、「密葬」、「家族葬」が急激に増えている理由として葬儀の費用の問題があります。また、中には公に出来ない事情があり...
フォーマルな装いのアドバイス

結婚式はじめ冠婚葬祭すべてに使える袱紗を選ぶ7つのポイント

冠婚葬祭のときに、金封を持っていきますが、その時に使うのが袱紗です。 金封には、普通水引がありますので、そのままカバンにいれてしまうと、ぐちゃぐちゃになってしまうますので、それを防止する目的と、せっかくの袋もしわになったようなものを渡すのは、失礼ですので、そういった礼儀や、心遣いとして使われるようになった...
弔電マナーについて

弔電を頂いた方へのお礼をする時に知っておくべき7つのマナー

お葬式があるのに、どうしても行けない・・という時に、頂く弔電。送る側も、間に合うようにとちゃんと手配され、心のこもったモノであると思います。来ていただいた方々にはその場でお礼も出来ますが、弔電をわざわざ送っていただいた方にもちゃんとお礼をしないといけませんよね。 では、その時どのようなことに気をつければよいの...
弔電マナーについて

お葬式の日程でみんなが悩むポイントと、7つの解決方法

人の死とは突然やってきます。来月死にますから、と宣言して亡くなる人は非常に稀です。病気や体調の不良などで多少は心の準備が出来る人もいるでしょうが、突然の出来事ということが多いと言えるでしょう。最愛の人が亡くなったというのに、悲しみにくれている時間は許されないのです。そう、お葬式の準備をしなくてはいけません。お葬...
弔電マナーについて

お悔やみのメールを送る際に注意すべきこと7つ

親しい知人・友人およびその家族の訃報を受けたら、通夜または葬儀に駆け付けるのが基本的なマナーではあります。しかし、遠方であったりとさまざまな事情により弔問に行くことができないケースもあるでしょう。そのような場合に出す手紙の事をお悔やみの手紙(お悔やみ状)と言います。 しかし、近年ITの発達によりメールで送...
タイトルとURLをコピーしました