結婚式招待状へ返信メッセージを☆パターン別で祝う例文集

結婚式招待状へ返信メッセージを☆パターン別で祝う例文集
結婚式の招待状への返信メッセージは、メッセージ欄がない場合でも、一文を添えてから返送すると、喜ばれますよね。

結婚式の招待状の返信用はがきには、出欠を選択する項目自分の氏名、住所、連絡先を記入する欄がありますが、必要項目だけ記載して返送している人は多いのではないでしょうか。

しかし、結婚式の招待状に返信するときは、メッセージ欄がなくても、はがきの余白のところに一文添えるのが招待を受けた側の、大人の配慮です。

「大人の配慮」と言っても、堅苦しく考えずに結婚式の招待してくれたことに対するお礼や祝福のメッセージなど、素直な気持ちを書けば大丈夫!

そこで、結婚式の招待状に書く返信メッセージとしておすすめの例文集を6つご説明します。一言でどう書いていいかわからない、という人は参考にしてください。



 

結婚式招待状へ返信メッセージを☆
パターン別で祝う例文集

 

「花嫁姿を楽しみにしてる」


新婦側の友人として、結婚式の招待された場合で新郎と面識がまったくない場合には、新婦に対して結婚式の招待状に返信メッセージを添えてはいかがでしょうか。

【 結婚式招待状へ返信メッセージ、花嫁姿 】

★ 女性ならではの例文としては…

○○ちゃんの花嫁姿を楽しみにしているね」という一文がおすすめです。

和装か洋装かがわかっていれば、「ウエディングドレス姿」「和装の花嫁姿」と具体的に表現すると新婦も喜びます。

 

「二人の晴れ姿が楽しみ」


会社の同僚や学生時代の友人など、新郎新婦二人とも友人だという結婚式に招待された場合もあります。

【 新郎新婦が友人の、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

★ 二人というフレーズを入れてメッセージを添えます。

・ 「二人の晴れ姿が楽しみです」「二人の幸せそうな姿を見るのを楽しみにしています」というように言葉を選んでみてください。

共通の友人の場合には、二人とも返信はがきを見ますから、新郎新婦二人に喜ばれるようなメッセージを書くといいのです。

 

健康面を気遣う一言


結婚式の準備は経験した人はわかると思いますが、日にちが近づくほど忙しくなります。そのため、仕事に忙しくしている友人の結婚式に呼ばれた場合には、結婚式の招待状の返信メッセージには、友人の健康面を気遣う一言が喜ばれます。

【 健康を気遣う、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

・ 「結婚式まで忙しくなってくると思うけど、体に気を付けてね!」

・ 「結婚式の準備、色々と大変だと思うけど、体調には気を付けてね!」

という一言があると気が利いています。

 

感謝の言葉を添える


結婚式の招待状への返信メッセージを書くときに気を付けなければいけないのが、くだけすぎたメッセージはよくないということです。新郎新婦がまだ実家暮らしの場合には、返信はがきは実家のご両親も目にしますから、下品な表現は避けなければいけません。

【 目上の人への結婚式の招待状の返信メッセージ 】

★ 特に上司や先輩など自分より目上の人に対するメッセージを書く時は、

「この度はお招き頂きましてありがとうございます」

という感謝の言葉は絶対に必要です。

 

「幸せのおすそ分けいただきます」


新郎側の友人として男性におすすめの結婚式の招待状への返信メッセージでは、ユニークな表現を使うのもアリです。とくに男友達の場合、かしこまった言葉が照れくさい場合が多々あります。

それでも、メッセージを何もつけないのは味気ありません。

【 ユニークな結婚式の招待状の返信メッセージ 】

・ 「当日は幸せのおすそ分けいただきます!」

・ 「あんな素敵なお嫁さんゲットしてうらやましいぜ」

など思わず微笑んでしまうメッセージを添えるのがおすすめです。

 

「夫婦揃って楽しみにしています」


結婚式に夫婦そろって招待された場合には、結婚式の招待状の返信メッセージには、夫婦二人とも楽しみしている、祝福しているという意味合いの一文があると、嬉しいものです。

【 夫婦で出席する、結婚式の招待状の返信メッセージ 】

★ 例えば「夫婦そろって楽しみにしています」とか、夫婦二人ともそれぞれ直筆でメッセージを添えるのも丁寧で良いです。

子供がいて揃って招待されている時には「○○(子供の名前)も楽しみしてます♪」とかわいらしく書くのもおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式の招待状への返信メッセージは、一言添えるのと添えないのとで、全く印象が異なります

何もメッセージを添えないと、味気ないですし、その返信はがきを受け取った側としては、いやいや付き合いで結婚式にくるのかな、という風にも受け取れてしまいます。

結婚式の招待状と返信メッセージというのは、形式的なもののように思われがちですが、要は、結婚式に来てほしい側の気持ちと、大切な人の結婚のお祝いをしたい側の気持ちの通い合いそのものです。

ですから、人間味のある返信メッセージをするというのが礼儀なのです。

今回は、相手と自分の関係性別に結婚式の招待状への返信メッセージの例文を解説しましたが、新郎新婦と自分との関係性距離感によっても様々なメッセージのパターンがあります。ぜひ自分ならではの一文にアレンジして使ってください。

 

まとめ

招待状の返信メッセージのポイント

・女友達の場合には「花嫁姿を楽しみにしてる」がおすすめ
・新郎新婦が共通の友人の場合には「二人の晴れ姿が楽しみ」
・忙しい友人には健康面を気遣う一言を添えよう
・上司や先輩には招待頂いたことへの感謝の言葉を忘れずに
・ちょっとユニークな表現で「幸せのおすそ分けいただきます」
・夫婦一緒に出席する場合は「夫婦揃って楽しみにしています」