葬式の流れを把握する。喪主が行う当日の7つの事柄

葬式の流れを把握する。喪主が行う当日の7つの事柄
葬式の流れは喪主であれば、だいたいを把握しておくと安心ですよね。確かに、葬儀を葬儀社に依頼したら、基本的には葬儀社が準備や当日の進行ももれなくやってくれます。

ただ、喪主がチェックをしなくてはいけない事も多々ある葬式の流れ。ある程度把握しているとスムーズに進めることができるのです。

もし自分が配偶者や親兄弟の葬儀の喪主を務めることになった場合、故人の死に大きなショックを受けているでしょうし、毅然とこなせるか不安になるもの。しかし、喪主は故人を供養するという重大な役割を担ってもいます。

大変ではありますが、しっかりと葬式の流れを把握しておくことで、安心できる要素も増えます。とは言え、喪主を頻繁に務める人は多くありません。初めてだという人が多いのは当たり前ですが、不安ですし当日の動きがイメージできないですよね。

そこで今回は、葬式の流れで喪主が行う当日の事柄を、7つのポイントに絞ってお伝えします。

[ →続きを読む… ]

尊敬語を使うのはどの場面?間違えやすい敬語の使い方

尊敬語を使うのはどの場面?間違えやすい敬語の使い方
敬語の一つである尊敬語ですが、どのような場面で使うのが正しいのか迷いますよね。学校で敬語について勉強したはずなのに、いざ使おうと思うと、どれが正しくて、どの使い方が間違っているのか気付かないものです。

社会へ出ると、特にこの尊敬語はよく使うことになります。社内のやり取りや取引先など、様々なビジネスシーンにおいて正しく尊敬語を使わないと、とても恥ずかしい思いをしてしまいます。

尊敬語を使い分けられる人であるかどうかということは、今後の人間関係や人望に大きく影響してきます。明らかに違う使い方をしているのであれば、周りの人が注意してくれることでしょうが、曖昧に使われている言葉であればあるほど、なあなあになってしまうものです。

そこで今回は、尊敬語を使う場面と、間違えやすい敬語の使い方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

引っ越し挨拶マナー☆範囲や持参品、押さえたい基礎知識

引っ越し挨拶マナー☆範囲や持参品、押さえたい基礎知識
引っ越しの挨拶をすべきかどうか悩むことってありますよね。物事の考え方は人それぞれ異なりますから、挨拶に来られるのが煩わしいと感じる人もいますが、一方で挨拶がないことに気分を害する人もいます。

しかし、引っ越した先のご近所さんが、どのような人なのかを事前に知ることは難しいですから、挨拶はしておいた方がいいのです。

首都圏などの都会では、近所付き合いが疎遠になっていますが、お互いに面識がまったくないのと少しでもあるのとでは、いざという時に助けを求めたり協力を求めやすいもの。

面倒だと思うかもしれませんが、引っ越しの挨拶は各世帯1分程度で終わるものですから、やっておいた方が後々自分が得をします。ところが、礼儀のつもりで引っ越しの挨拶をしたつもりが、そのマナーが正しくないばかりに、悪い印象を与えてはもったいないですよね。

そこで今回は、引っ越しの挨拶マナーについて、その基本を解説します。

[ →続きを読む… ]

結婚式の二次会☆自分で簡単に出来る髪型とは

結婚式の二次会☆自分で簡単に出来る髪型とは
結婚式に招待されて披露宴に出席した後にそのまま二次会に向かう人は、披露宴のときの髪型のまま向かうわけですが、結婚式からではなく二次会から参加することになった人は髪型をどのようにするのか迷いますよね。男性の方はサッとセットしやすいですが、女性の方はそう簡単に決まらないことが多いものです。

最近では、結婚式は小規模化され、大々的に行うことも少なくなってきました。それに伴って、結婚式からではなく二次会から出席する人も増えてきています。

結婚式の二次会から参加する人は、披露宴に参加することに比べると少し敷居が下がり、気軽に出席することができます。結婚式の二次会では髪型も、披露宴に参加するときのようにカッチリしなくてもよいのではないかという思いを抱いている方も少なくありません。ではどのような髪型にするのがよいのでしょうか。

そこで今回は、結婚式の二次会の髪型を自分でセットするのにおすすめな髪型についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは

お悔やみの言葉をメールで。事前に押さえる心得とは
お悔やみの言葉をメールで送るのはありかなしか、悩むことってありますよね。親しい友人や同僚、親戚であればなおさら、すぐにでも気遣って連絡を取りたいという気持ちなりますから、そんな時にメールはとても便利なツールです。

しかし、お悔やみの言葉は、昔から本来直接出向いて伝えたり、お悔やみ状や弔電で贈るものとされていました。そのため、お悔やみの言葉をメールで贈るのは失礼に当たります。

ところが、直接相手の家に行けない、葬儀にも行けないという場合には、いったんメールで連絡を取るのは有効な手段とも思えますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉をメールで伝える時に注意すべきことや、マナーを実践する上で重要となる心得を、7つのポイントに分けて解説します。

[ →続きを読む… ]