三回忌に香典を包むなら。押さえるべき基本のマナー

三回忌に香典を包むなら。押さえるべき基本のマナー
三回忌に香典を包むべきなのか、包むならその相場はどれくらいなのか…、悩む方々は多いですよね。三回忌とは、人が亡くなって二年目に行う法要のこと。

二年なのに三回忌?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、これは、亡くなったその日が一回目の忌日、丸一年が二回目、丸二年が三回目とされるためです。

三回忌では、遺族や親族、友人や知人などが参列し、僧侶に読経してもらった後に焼香、会食をするのが一般的な流れ。この頃までは知人や友人などが参列することが特徴で、七回忌目からは規模を縮小していくのが一般的です。

そんな三回忌に香典、参列するとなればしっかりとマナーをもった判断をしたいものですよね。そこで今回は、三回忌に香典を包む場合の基本マナーをお伝えします。
[ →続きを読む… ]

知っておきたい供花の知識と金額相場

知っておきたい供花の知識と金額相場
お葬式に行くと必ず目に留まるのが供花ですよね。故人との関係が近い親族や、深い関係にあった知人は、香典とは別に供花を贈ることがあります。他には、葬儀に参列できない場合に香典に代わって供花を贈る場合もあります。

しかし多くの方が訃報を聞いた場合は、香典を準備することでしょう。供花を贈ることは、そう何度もあることではありません。実際に、送ったことはないという年配の人も多いものです。

いざ供花を贈ろうと思っても、どのような物を贈ればよいのか、いくらくらいなのか・・・失礼に当たることがあったらどうしよう・・・といろいろ不安になることでしょう。

そこで今回は、知っておきたい供花の知識と相場金額についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法
参拝の仕方を改めて考えると、きちんと教わった経験がない方々も多いですよね。初詣や七五三、受験の合格祈願など、子どもが成長するにしたがって神社へ参拝する機会も増えるなか、ふと戸惑う方々も多いもの。

しかし神社は神様の住まう処。家やその他の場所とは雰囲気が全く違い、子どもは大人以上に、その大きな不思議に疑問を抱きます。参拝の仕方、鳥居などの意味など、ひとつひとつにストーリーがあれば、子ども達の心に深く響くはず…。

そう考えると、「知らない」「わからない」ではきっとガッカリされてしまいますよね。そこで今回は、参拝の仕方を子どもに伝えるために、まず大人が理解しておきたい、7つの作法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

神社参拝の前におさらいしよう!正しい5つの作法とは

神社参拝の前におさらいしよう!正しい5つの作法とは
神社へ行く機会は年に数回という人が多い中、その数回の参拝ですらもどのようにお参りするのが正しい方法なのか迷ってしまい、周りの参拝者を確認してしまうことがありますよね。定期的に近所の神社へ参拝する人は、その作法が日常生活の一部となり、しっかりと染みついていることでしょうが、年に数回程度という人はどこか不安げになってしまうものです。

神社に参拝する際には、お願い事をしたくなったり、自分でこうするぞ!という誓いを立てたりと、何かしら神社の神様へ声をかけることでしょう。声をかける時になって気合を入れる人がいますが、実は神社に着いた時からすでに参拝の作法は始まっているのです。

神社でのきちんとした参拝の作法を心得ている人はそう多くはありません。そのような中でも作法に乗っ取って神社へ参拝できると、ますます心が洗われるような気がしませんか。

そこで今回は、神社の参拝の前におさらいとして正しい作法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

永代供養とは?お墓の現代事情と、終活で人気の理由

永代供養とは?お墓の現代事情と、終活で人気の理由
永代供養とは、その言葉の意味あいから死後、永久的に供養をしてくれるサービス、というイメージを抱きますよね。以前の日本では、亡くなったら菩提寺に墓石を立て、代々続く子孫によって供養をしてもらうのが一般的でしたから、永代供養とはなじみが薄いという人も多いです。

しかし、永代供養とはコスト面でも手間の面でも、お墓を立てて供養をするよりも効率が良いという事から、実際に自分の死後は永代供養をしてほしいと考える人が増えているのが現状。

ただし、永代供養とは何かという正しい知識を持っていない人は、意外と少ないものです。自分の死後の供養の仕方を決める大切なことだけに、永代供養とはどのようなものなのか、知っておくと安心ですよね。

そこで今回は、永代供養とは、その基本とメリットとデメリット、人気の理由を解説します。

[ →続きを読む… ]