弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント
弔辞を頼まれたら、「自分では、十分に役目を全うできないのではないか…。」と、恐縮してしまうことも、よくありますよね。

確かに故人の数ある友人や会社の同僚、上司の方を差し置いて弔辞を読むという大役をするのは、気が引けるものですが、喪主や遺族の方から依頼された場合には、よほどやむを得ない事情がない限り承諾するのがマナーです。

むしろご遺族の方が信頼して、自分に弔辞を依頼してきた意図を汲み取ってあげるべき。

きっと、家族には見せない顔を知っていた数少ない近しい人と思われているのですから、味気ない定型通りの弔辞を求めているのではなく、自分ならではの弔辞を求められている、と考えてください。

しかし、弔辞を初めて読むという人や不慣れな人にとっては、基本的なマナーや構造すらわからないですよね。そこで今回は、弔辞を頼まれた時の準備の参考になる、基本的な構成とそのポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選
身内の不幸で喪主を務めることになると、「喪主挨拶」をする場が多くありますよね。しかし、突然の不幸を前に、喪主として挨拶をするという大役の務めを果たすには、時間がないというのが現実です。

前もって準備ができるものでもないので、いざその時が来て初めて、喪主挨拶の準備をすることになります。喪主は悲しみの中、自分自身の気持ちの整理も付かないままに挨拶をしなければなりません。故人への想いと葬儀に来て下さった人たちへ向けた感謝の気持ちを、どのようにまとめればよいものか、とても迷うところです。

ましてや喪主というのは、そう何度も務めるものではありません。経験された方が周りにいるということも少ないでしょう。

そこで今回は、突然の不幸に喪主を務めることになった時に使える挨拶の文例についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

メールの締め文で差をつける☆ビジネスで使う結びの言葉

メールの締め文で差をつける☆ビジネスで使う結びの言葉
メールの締め文は、ビジネスにおいて想像以上に重要なマナー要素です。日常的に使用し、直接送ることができるメールは大変便利なものです。

その便利さ故に、メールが連絡手段の一つになっている現在、誰もが同じような文面、同じようなメールの締め言葉になると、みんな同じに見えてしまいます。その結果、印象も薄くなってしまうのです。

だからと言って、友達に送るようなメールの締め文にしてしまっては、何が重要なのかわからなくなるなど、本末転倒になってしまいますよね。

メールでは、件名や文頭の挨拶から始まり、文末の結びやメールの締め言葉で終わります。この、文末の結びやメールの締め言葉で、相手に与える印象が変わるのです。できることなら、印象深い、そして良いイメージのメールで締めたいですよね。

そこで今回は、相手に良い印象を持ってもらえるよう、大切なメールの結び言葉をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

[ →続きを読む… ]

納骨の服装。シチュエーションで見分ける7つの判断

納骨の服装。シチュエーションで見分ける7つの判断
納骨の服装は、通夜や告別式と違い、その時期もさまざまなだけに迷うことも多いですよね。ちなみに、故人の遺骨をお墓に納める儀式が「納骨式」。

多くの場合は、四十九日法要を済ませた後に執り行われることが多いですが、すぐにお墓が用意できないなど、場合によっては「百箇日法要」「一周忌法要」などに合わせて行われることもあります。

しかし、法要に合わせて執り行われる式でも、納骨式そのものの服装に関しては迷われる方も多いのではないでしょうか。喪服で参列するべきかそうでなくても良いのかに始まり、ごく内輪のみの法要ならどうなるのか…、ということも考えられますね。

そこで今回は、納骨式の際の服装をシチュエーションで見分けながら、マナー違反にならないポイントを、それぞれお伝えします。

[ →続きを読む… ]

基本のビジネスマナー【挨拶編】

基本のビジネスマナー【挨拶編】
これから新社会人として新たな一歩を踏み出す前に、ビジネスマナーについて学んでおきたいと思う新入社員の方は多いですよね。会社でも新人研修というものが最初にあり、そこでビジネスマナーについて話がありますが、ビジネスマナーの基本というのはあえて習わずとも、知っているとされることも多いものです。

このビジネスマナーは新社会人になる人なら知っていることだろうから、あえて言わなくてもよいか、と研修で話題にあがらないことさえもあるでしょう。そしてそのように知っていることが当たり前のようにされてしまうと、自分自身が思っているビジネスマナーが本当に合っているのか不安になってしまうものです。

そこで今回は、ビジネスマナーの中でも相手に与える印象が大きい「挨拶」についてお伝えします

[ →続きを読む… ]