結婚式のスピーチを完璧にこなす!上司の祝辞5つのコツ

結婚式のスピーチを完璧にこなす!上司の祝辞5つのコツ
結婚式のスピーチが上手な上司って憧れですよね。会社でも人生でも先輩である上司の言葉は、とても響くものです。特に、結婚式という特別なシーンで耳にするお話は、主役である新郎新婦、ご両親はもちろんのこと、一般の参列者も思わず聞き入り、感動したり感心したりするものです。

その分、新郎新婦からスピーチを依頼された上司は、その荷の重さに戸惑う人あり、思いっきり楽しむ人ありと様々でしょう。

でも、肝心なのはカッコ良いことを言うのではなく、これから新たな人生がスタートする新郎新婦への、先輩としての心からのアドバイス。つまり、新しい門出のはなむけの言葉なのです。そこで、今回は結婚式のスピーチ、上司の祝辞のコツについてお伝えします。

構成を確認しましょう

まずスピーチの基本構成を確認しましょう。祝辞、自己紹介、新郎新婦のエピソード、はなむけの言葉、結びの言葉となります。

結婚式のスピーチで上司から祝辞を述べるのは当然ですが、自己紹介については、あらかじめ司会者からあることも多いのでごく簡単に

次に、ここがセンスの見せどころ、新郎新婦のエピソード披露です。

新郎・新婦の職場はその生活ぶりに触れるという意味もあり、会社説明もじっくりしたいところですが、ほどほどに…。簡潔に普段の仕事ぶりが表現出来るよう工夫しましょう。

新郎新婦のお人柄がゲストに伝わるようなエピソードを選びます。新郎新婦を褒める言葉も大事ですが、決して過剰にならない様にしましょう。

そこでポイントになるのが、新郎側の主賓なら新婦を、新婦側なら新郎を褒める言葉も入れましょう。堅苦しすぎず悪ふざけし過ぎず、そのさじ加減が少し難しいかも知れませんが、あらかじめ原稿を作ったら第三者に聞いて貰い、チェックして貰うと良いでしょう。

はなむけの言葉は、これからのお2人のためのアドバイスや応援の言葉です。人生の先輩として自分の経験やエピソードを織り交ぜれば、より心に響くものになります。

最後は、結びの言葉。改めてお祝いの言葉を述べて締めましょう。

スピーチは長すぎず短すぎず、3~5分程度が基本です。原稿用紙3、4枚程度が目安になります。

 

品格漂う雰囲気作り

結婚式のスピーチ、上司からの祝辞における大切な要素の1つ目は品格』あるご挨拶ができることです。結婚式のスピーチの中でも上司からの祝辞は何よりも品格が大事。品格は、いくつかの要素が満たされて、やっと漂うものです。

何と言っても新郎新婦の上司という立場ですから、もし、新郎新婦がそれを望んでいたとしても、決して『おふざけ』は許されません。

結婚式は、お二人だけのものではなく、両家のご家族のためにも、また、その場に集った様々な立場のゲストもいるということは忘れてはなりません。

例えば、敬語などをわきまえ正しい言葉遣いで話せること。また、大人の余裕を感じさせる堂々とした風格ある態度がとれることなどは、誰が見ても品格を感じさせるポイントになるでしょう。

スピーチの中に忌み言葉を使ったり、お祝いの場にふさわしくない内容を口にする人なら、常識のない人間と非難されても仕方がありません。

それともう一つ、結婚式という神聖かつ正式なシーンで人前に出るわけですから、しっかりとした身だしなみへの気遣いも大事です。

もし、心配なら、直前に近しい方にチェックして貰えるよう、事前にお願いしておくのも良いでしょう。

 

称賛上手になりましょう

結婚式のスピーチで上司からの祝辞に必要な要素、品格に続いて2つ目は、称賛です。祝辞ですから、主役である新郎新婦を称賛することはとても大事なことです。

結婚という新たな人生のスタートを迎えたお二人を祝福するという意味はもちろんありますが、その人柄や魅力を、縁あってこの善き日に集った方々に伝える役割があるのです。しっかりとお二人の良いところを紹介し、褒めたたえることが大切なのです。

とは言え、お決まりの褒め言葉では当たり前過ぎるし、過剰に褒めすぎてしまっては嘘臭くなってしまいます、控えめ過ぎると魅力が伝わりませんよね。とても難しいかも知れませんが、そこは、何と言っても素直な褒め言葉が一番です。

適切な褒め言葉が見つからなければ、普段の何気ないエピソードの中でこんな事を協力してくれた時、本当に助かった、などでもそのお人柄は伝わるのではないでしょうか。

 

若い二人に助言を与えましょう

結婚式のスピーチで上司からの祝辞に必要な要素、品格・称賛に続いて、3つ目は人生の先輩としての助言です。

会社でも人生でも、年長者として様々な経験を重ねてきた先輩として、これからの生活や心得について新郎新婦にアドバイスしましょう。

自分の何気ない日々の中での経験を元に話すもよし、また、感銘を受けた名言などを元に話すも良し、新郎新婦を感動させる素敵な祝辞にしましょう。

 

主役の新郎新婦ファースト厳守

結婚式のスピーチ、上司としてその場に立つのは来賓を代表する主賓ということです。

主賓としてスピーチを行うのは、当然のことながら重要な役割ではあり、心構えも必要ですが、気負い過ぎてまるで選挙演説、或いは美辞麗句ばかりを述べるのはNGです。

普段は上司という立場ですが、結婚披露宴の主役は新郎新婦。新郎新婦を大いに引き立てることを、絶対に忘れてはいけません。

結婚式のスピーチ、上司からの祝辞はお二人を激励し、勇気づける役割があることを肝に銘じてその場に立ちましょう。

 

以上が、結婚式のスピーチ、上司が言うべきオススメの言葉です。上司といえば、ほとんどの場合、主賓として扱われるのが普通です。ということは、結婚式披露宴の最初、アルコールに口をつける前に行われるモノなので、緊張感があるのも致し方ありませんよね。そういったシーンになれている人でなければ平常心で…などと言っても無理があるでしょう。

しかし、主役の新郎新婦は貴方を選んだのです。貴方の言葉が欲しいのですから、自信をもってその場に立ちましょう。スピーチの基本構成、ステップごとのポイント、喜ばれるスピーチのコツさえおさえておけば、あとはご自分の言葉と雰囲気ですすめていけば良いのです。

そう思えば、少し、気が楽になりませんか。ぜひ堂々と上司らしくスピーチを行いましょう。

まとめ

結婚式のスピーチ、完璧な上司の祝辞とは

・まずは構成をチェックしよう
・品格漂う雰囲気作りをしよう
・称賛上手になりましょう
・若い二人に助言を与えましょう
・主役の新郎新婦ファースト厳守しましょう


連記事