結婚祝いのメッセージ☆親友に祝福が伝わる7つの例文

結婚祝いのメッセージ☆親友に祝福が伝わる7つの例文
結婚祝いのメッセージをせっかくの親友に贈るなら、何かとびきりの言葉を贈りたい気持ちになりますよね。親しい友人が結婚する…。そんな話を聞いたら、まるで自分のことのように嬉しくなってしまうもの。

結婚祝いのメッセージだけではなく、招待された式にどんな服を着ていこう、ネイルやバッグ…、ヘアスタイルは…。ワクワクが止まらなくなってしまう人々も少なくありません。

そんななかでも、ここは時間を掛けて気の利いた結婚祝いのメッセージを考え、自分の気持ちをしっかり伝えて、自分らしいステキな言葉を贈りたい!

とは言え、たくさんの友達が口々にお祝いをするなかで、親友が特に喜んでくれるような、結婚祝いのメッセージって…、考え出すと悩みますよね。そこで今回は、親友に祝福の気持ちが伝わる結婚祝いのメッセージを、新郎新婦のアンケートからお伝えします。

[ →続きを読む… ]

結婚祝いの言葉なら☆友人スピーチで役立つ7つの例文

結婚祝いのメッセージ☆親友に祝福が伝わる7つの例文
結婚祝いの言葉、友人スピーチで選ぶ場合には、少しユーモアを交えて会場を盛り上げながらも、真心が伝わるものにしたいですよね。真面目でかしこまった結婚祝いの言葉なら、例文をアレンジするだけでもある程度形にはなります。

けれども「ユーモアを交えた」結婚祝いの言葉は諸刃でもあり、ちょっとした行き過ぎで、マナーとしてはNGになってしまうこともあります。友人スピーチならエピソードトークは欠かせないものですが、新郎新婦に必ず確認しなければなりません。

これが「暴露トーク」になるのか「ユニークなエピソードトーク」になるのか…、その判断は難しいのです。できればゲストの誰もが嫌な気持ちになることなく、ウィットに飛んだ結婚祝いの言葉を選びたいですよね。

そこで今回は、友人がスピーチで伝えたい結婚祝いの言葉、いくつかのアイデアとポイントを、お伝えします。

[ →続きを読む… ]

招待状の返信メッセージ☆出席や欠席、状況別7つの例文

招待状の返信メッセージ☆出席や欠席、状況別7つの例文
招待状の返信メッセージでは、言葉の使い方や言い回しのマナーに十分気を付けなくてはいけません。基本的に結婚式などのお祝い事の招待状では、断ることは失礼に当たります。事前に主催者から出欠確認をされてから招待状が届くことが多いですから、欠席の返事は極力避けなくてはいけないからです。

ただし、例外的に事前確認がなかった場合や、急に外せない予定が入ってしまった場合には、欠席の返事を出さなくてはいけませんよね。このような時には失礼にならないよう、繊細な配慮で注意した言葉で伝えることが大切。また、出席の場合でも、招待状の返信メッセージにはマナーがあります。

しかし、招待状の返信メッセージを出したことがない人や、書き方のマナーについてこれまで改めて学ばなかった人は、どう書くのが正しいかわかりませんよね。そこで、招待状の返信メッセージの書き方マナーについて、7つの主な例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

結婚祝いの言葉で感動!親友に真心を伝えるメッセージ

結婚祝いの言葉で感動!親友に真心を伝えるメッセージ
結婚祝いの言葉を親友に贈る時には、無難なお祝いではなく、心に響くようなメッセージにしたいですよね。しかし、誰よりも親友の結婚を喜ばしいことだと思っているのに、その気持ちを上手く言葉で表現できなくて「もどかしい」という事はよくあります。

結婚祝いの言葉で、親友に喜んでもらう表現にするには、重要なポイントがあります。それは、親友ならではの近い距離感です。友達が「こんなに自分の結婚を喜んでくれているんだ」「家族や自分のことのように喜んでくれている」と、感じられるかどうかがカギになってきます。

そこで今回は、相手がただの友人や同僚、知人ではない、本当に仲がいい親友に贈るのにふさわしい、真心が伝わる結婚祝いの言葉のメッセージ例を6つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー
お悔やみをメールで伝えなくてはいけない場面では、どのような文章で送ればいいか悩みますよね。相手は、家族を亡くしたばかりですから、デリカシーのない内容やマナーが悪いメールの送り方をしてしまうと、相手を傷つける可能性があります。

訃報の連絡を喪主や遺族の方から直接受けた場合には、その時にお悔やみの言葉を伝えることができますが、人伝いに聞いた場合には、直接伝えることができません。

また、すぐにお悔やみの挨拶をしに、喪主の家まで足を運ぶことができないような場合では、お悔やみをメールで伝えることもあります。

そこで今回は、お悔やみをメールで伝える場合に、どのようなスタンスで送ればいいのか、また、メールを作成する上で押さえておかなくてはいけないポイントを7つ解説します。

[ →続きを読む… ]