結婚式の手紙を贈る☆娘から両親へ感動の7つの文例

結婚式の手紙を贈る☆娘から両親へ感動の7つの文例

結婚式の手紙と言えば、娘から両親に贈る感動のシーンを思い出す人が多いのではないでしょうか。自分が新婦として結婚式に挙げる時には、披露宴会場のウエディングプランナーから、手紙の場面をするかしないか聞かれるのは定番です。

しかし、結婚式の手紙というのは、いざやるとなると、その手紙の内容にとても悩むものです。せっかくの機会なので、普段言えない事両親に伝えたい事を書くべきなのですが、披露宴にはたくさんの人が出席していますから、どこまでプライベートな内容を書くべきか迷う人が多いのです。

そこで、結婚式の手紙で両親に感謝の気持ちを伝えつつ、さらに両親はもちろん、会場にいる人達全員に感動してもらう文例を7つ解説します。



 

結婚式の手紙を贈る☆
娘から両親へ感動の7つの文例

 

冒頭はシンプルにお礼を


結婚式の手紙は、手紙の出だしがとても重要です。最初から冗長的な文章を読むと、メリハリがなくなってしまうのです。まずはストレートに両親にお礼をいいましょう。

【 結婚式の手紙の冒頭例 】

★ 『今まで○○年間育ててくれてありがとう』

この文例は、シンプルでありながら「○○年間」という具体的な数字がポイントになります。

両親にとっては娘と過ごした貴重な年月ですから、この数字は絶対に入れると、両親への想いが伝わります。

 

照れくさいという前置き


結婚式の手紙がなぜ感動を誘うケースが多いのかというと、普段言えない気持ちを正直に両親に伝えることができるためです。

【 結婚式の手紙を読みやすくするために 】

★ 『普段は照れくさくてなかなか言えないけれど、今日は感謝の気持ちを正直に伝えたいと思います』という文を導入文に入れてはいかがでしょうか。

聞いている側も、普段は言えないというのが前提でスピーチを聞くことでより一層感動しやすくなります。

 

家族のいい思い出を振り返る


結婚式の手紙ではずせないのが小さな頃の家族の思い出話です。

【 家族の思い出を振り返る 】

★ 家族で遊園地に行った話や旅行に行った話などを、具体的な描写を交えながら振り返ると、感動的です。

お父さん、お母さんは娘の小さな頃を思い出して感動することは間違いありませんし、会場も想像しやすいため、聞き入ってしまいます。良い思い出を振り返ることで、良い家族だったと改めて実感することができます。

 

親に対して懺悔したいことを謝る


思春期に誰しもが通るのが反抗期です。結婚式の手紙では、両親に謝りたいことにも触れた結婚式の手紙も、感動を誘います。反抗期の時に親と喧嘩したことがある人は、子供とは言え、親にひどい言葉を投げつけて後悔している人も多くいるのではないでしょうか。

【 謝りたいことを添えた手紙例 】

『中学高校の時は、喧嘩をしてひどい事をお母さんやお父さんに言ってしまったこともありました。

今では、自分の事を思ってくれていたんだということがよくわかります。

あの時はごめんね。』

と言葉にしましょう。

 

両親にたいする尊敬の念


色々な出来事や思い出、すべてをひっくるめて、両親を尊敬しているということは、結婚式の手紙には必ず入れたい言葉です。

【 両親への尊敬を語る 】

仕事が忙しくても、家族のために旅行やお出かけに連れて行ってくれたお父さん。

仕事をしながら家事や育児をしたお母さんの偉大さ

社会人になってみて初めて実感することができ、とても尊敬しています。』

具体的に伝えるとわかりやすいです。

 

お母さんのようになりたいという決意表明


結婚式の手紙には、娘ならではの視点で、お母さんに贈る言葉を伝える女性も多いです。

【 娘ならではの視点での手紙例 】

『私の目標はお母さんのような妻であり、母になることです。』

こんな言葉、お母さんにとっては何にも勝ることのない最高の褒め言葉です。

どんなに子育てに苦労をしても、このような言葉を娘から貰えれば、すべてが報われるような気になりますし、感動の涙を流してしまう可能性は高いです。

 

両親にとっての最高の褒め言葉で締めくくる


結婚式の手紙の締めくくりに必ず入れておきたい言葉が、両親への感謝の言葉です。

【 心からの感謝を伝える文例 】

★ そこで、「ありがとう」という言葉を

『お父さんとお母さんの娘に生まれて本当に良かったです

という言葉に言い替えてはいかがでしょうか。

両親からしたら、娘からこの言葉を言ってもらうのが何よりの感謝の言葉になります。親はいつまでたっても娘の親でいたいものなのです。

 

結婚式の手紙で両親に真心を伝える文例の数々は、いかがでしたでしょうか。

結婚式の手紙には、今回解説したように様々な要素を入れると、より感動する文章を作ることができます。しかし、脈絡もなくただ冗長的な文章になってしまうと、両親はともかく、会場の出席者にはわかりづらく、間延びしてしまう可能性が大いにありますから注意が必要です。

まずは、シンプルな導入文、その後に楽しかった思い出を振り返り、苦労をかけてしまった事に対する謝罪をし、その後に今では両親に感謝と尊敬の念があるという事を伝える内容を盛り込みます。

このように文章にストーリー性を持たせることによって、結婚式の手紙はどんな人が聞いても感動できるものになるのです。

とはいえ、両親に伝えたいことは、みんな一緒ではありません。自分が本当に両親に伝えておきたい気持ちを結婚式の手紙にしたためるのが一番です。今回解説した流れを参考にして、自分ならではの文章を書いて贈ってくださいね。

 

まとめ

感動必須!娘から両親に贈る結婚式の手紙で使える例文とは

・今まで○○年間育ててくれてありがとう
・普段は照れくさくて言えないけどありがとう
・感謝の気持ちを添えた小さな頃の思い出話
・喧嘩をしたこともあったけど今なら親の気持ちがわかります
・一生懸命育ててくれたお父さんとお母さんを尊敬しています
・私の目標はお母さんみたいな妻になることです
・お父さんとお母さんの娘に生まれて本当に良かったです