結婚式の招待状にメッセージ☆一言添える7つの例文

結婚式の招待状にメッセージ☆一言添える7つの例文

結婚式の招待状にメッセージを添えると、準備で忙しい新郎新婦の心に届きます。結婚式の招待状にメッセージ?そう、「出欠席の返事用」のハガキが同封されています。

そこには通常「どちらかに○をつけてご返送下さい」と書いてあるものですが、そのまま必要事項だけを記入して返送をしていませんか?実はこの結婚式の招待状にメッセージを添えると、祝福する気持ちが伝わり、とても印象の良い返信となるのです。

返信は出席に限らず、やむを得ない事情で欠席としなければならない時もあるかもしれません。そんな時も一言お詫びのメッセージがあれば「黙って欠席する」よりもずっと新郎新婦に「心」が伝わるのではないでしょうか。

ここでは「結婚式の招待状の返信メッセージ」の例文を7つお伝えします。返信ハガキにこんなメッセージが添えてあったら、きっと新郎新婦の心も和むはずです!



 

結婚式の招待状にメッセージ☆
一言添える7つの例文

 

親しい友人へ結婚式の招待状メッセージ


もしあなたが新婦と仲が良ければ、このように結婚式の招待状にメッセージにしてみてはいかがでしょうか。

【 親しい友人への結婚式の招待状にメッセージ 】

★ ○○ちゃんの花嫁姿を楽しみにしています

・ 何と言っても新婦は結婚式の主役です。仲の良い友人からこのような言葉を貰ったら、とても喜ばれます。

なお、結婚式の招待状の返信メッセージには、これだけではなく「結婚のお祝いの言葉」「結婚式への招待のお礼」「出席の旨」なども一緒に記しておきたいところです。全体の例文は事項でお伝えします。

 

結婚のお祝いの言葉


結婚式の招待状にメッセージでは、文章の句読点は「お祝い事には終止符を打たない」という意味で、打たない方が良いとされていますので、覚えておくと便利です。

【 結婚式の招待状にメッセージに添える言葉 】

「ご結婚おめでとうございます

喜んで(慶んで)出席させていただきます

○○ちゃんの花嫁姿を楽しみにしています」

記載も毛筆や万年筆、ボールペンが基本で、鉛筆やマジックはNGです。インクも黒またはブルーブラックとなりますので注意してください。

 

目上の方へ結婚式の招待状メッセージ


【 目上の方へのお返事 】

★ おふたりの晴れの門出を心よりお慶び申し上げます

・ 結婚式の招待状が目上の方から届いた場合は、結婚式の招待状のメッセージも改まったものになります。

このような相手を敬う内容のメッセージにすれば、どのような立場の方にも失礼に当たることはないはずです。

 

目上の方へのお返事例文


こちらも結婚式の招待状のメッセージ「全体の例文」をお伝えします。

【 目上の方へ結婚式の招待状メッセージに添える例文 】

①「ご結婚おめでとうございます

この度はお招きいただきましてありがとうございます

おふたりの晴れの門出を心よりお慶び申し上げます」

 

目上の方へのお返事例文:2


この目上の方へ送る結婚式の招待状のメッセージには、いくつかのパターンがあります。

【 目上の方へ添える例文:2 】

② 「おふたりの晴れの門出に立ち会わせていただくことを大変光栄に存じます」

③ 「晴れの日までどうかお身体を大切におすごしくださいませ」

などもおすすめです。

なお、目上の方には特に注意したいマナーとして「修正液は使わない」ことが挙げられます。もし書き損じてしまったら、間違えた部分を二重線や「寿」の字を重ねて取り消したり、代替の葉書きを使うなどして対処します。

 

兄弟や親戚へ結婚式の招待状メッセージ


兄弟と離れて暮らしている場合には、あなたにも結婚式の招待状が届くことがあります。もちろん「いとこ」や「はとこ」など、親戚から届くことも…。

【 兄弟や親戚へ返信 】

★ できることがあったら相談してください

・ その場合は身内ならではの親しみをこめて、このような結婚式の招待状メッセージを送ってみてはいかがですか?

失礼にならなければ、多少くだけた表現があってもOK!

 

兄弟や親戚へ返信メッセージ例文


以下に兄弟や親戚へ「全体の例文」をお伝えします。

【 兄弟や親戚へのメッセージ:例文 】

「この度はご結婚おめでとう

当日をとても楽しみにしています

できることがあったら何でも相談してくださいね」

この結婚式の招待状の返信メッセージは、きっと兄弟や親戚を笑顔にさせます!

 

いかがでしたでしょうか。今回は結婚式の招待状にメッセージを送る時の、新郎新婦への心遣いが効いた文例と、心遣いのポイントをいくつかお伝えしました。この他にもスピーチの依頼を受けた時など、様ざまなパターンがあります。

なお「御出席」などの「御」は二重線で消しても良いのですが、結婚式の招待状の返信に限り「御」の上に赤や黒のインクで「寿」と書き、もとの字を取り消すこともあります。

より「おめでたい雰囲気」となりますし、中には二重線を使うことを「書かれている字を『切って』しまう」ということで敬遠している方もいますので、覚えておくと気の利いた返信が出来ます。

結婚式の招待状でメッセージを書くスペースは小さいのですが、メッセージを記すことによって受け取った側が喜んだり、安心したり、心が和めばこんなに良いことはありません。

手書きの言葉には、こんなに素敵な効果があるのです!格好の良い言葉ではなくても構わないので、心をこめて結婚式の招待状にメッセージを添えて返信してください!

 

まとめ

結婚式の招待状へ、返信する時に添えたいメッセージ例文

・親しい友人へ「○○ちゃんの花嫁姿を楽しみにしています」
・結婚式の招待状の返信には、句読点はいらない!
・目上の方へ「おふたりの晴れの門出を心よりお慶び申し上げます」
・「この度はお招きいただきましてありがとうございます」
・「晴れの門出に立ち会わせていただくことを大変光栄に存じます」
・兄弟や親戚へ「できることがあったら相談してください」
・兄弟や親戚へ「当日とても楽しみにしています」と共に