結婚式の二次会、服装チェンジ☆おすすめ7つのアイデア

結婚式の二次会、服装チェンジ☆おすすめ7つのアイデア
結婚式の二次会では服装は、結婚式や披露宴ほどかしこまったフォーマルなものでなくても構いません。結婚式二次会会場がドレスコードがあるような高級レストランの場合には別ですが、一般的なレストランウェディングに使われるような会場の場合には、カジュアルダウンしても問題ありません。

披露宴と結婚式二次会の服装は、同じ日に行うのだから、わざわざ変えなくてもいいのではないかと思う人が多いもの。しかし、結婚式の二次会は夜に行うケースが多く、パーティということもありますから、披露宴に適した冠婚葬祭ようの服装よりもパーティにあったちょっと豪華な服装が適しているのです。

しかし、結婚式二次会の服装チェンジ、どのようにしたらいいかわからないですよね。そこで今回は、披露宴から二次会までの間でチェンジできる、おすすめのアイディアを7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

結婚式の靴に選びたい☆おすすめスタイルとタブー集

結婚式の靴に選びたい☆おすすめスタイルとタブー集
結婚式の靴は、足をきれいに見せてくれるものや、ドレスに良く合ったものを選べば、より一層当日の装いが楽しみになりますよね。ただ、実は結婚式の靴には、マナーとして「式にそぐわないもの」があります。

そのことを知らずに結婚式の靴を選んでしまうと、思わぬ恥をかくことになることもあるので、十分気をつけなければなりません。

友人や知人の結婚式への参列が決まったら、当日はどんな服を着ようかあれこれ考える人は多いです。普段と違うおしゃれを楽しめる場としても、結婚式は特別なイベントです。

もちろんパーティードレスやアクセサリー、ヘアメイクも気になるところですが、見落としがちな結婚式の靴も、実は目が行きやすいとても大切な場所です。

そこで今回は、結婚式の靴に選びたい、おすすめとその選び方、そしてタブーとなる靴を解説します。本記事をチェックして、安心して当日を迎えてください!

[ →続きを読む… ]

結婚式の靴は上品オシャレに☆おさえたい基本のマナー

結婚式の靴は上品オシャレに☆おさえたい基本のマナー

結婚式の靴は意外にも見落としがちなパーツのひとつ。けれども実は、最も目に付きやすく、目立つ場所でもあるのです。せっかく結婚式用にスーツを揃えておいても、結婚式に参加するときの靴がなくて、慌ててしまった記憶はありませんか?

もしくは、結婚式の靴だけに「足元だし目立たないから、普段使いの靴でなんとななるかな…」と思っていませんか?冒頭でお伝えしたように、案外目立つ足元には、基本的なフォーマルな席でのマナーも多々あります。

持ち物やドレス、ヘアスタイルのマナーはバッチリなのに、足元のマナーが疎かになってしまっては台無しです!せっかく全身を揃えたならば、ぜひ足元までマナーを守って、上品でおしゃれなスタイルで結婚式に参加したいところです。

今回は、そんな見落としがちな足元に焦点を当て、結婚式の靴の選び方と基本のマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

結婚式の親族の服装!男性がおさえる身だしなみマナー

結婚式の親族の服装!男性がおさえる身だしなみマナー

結婚式の親族の服装は女性も気になるところですが、実は男性こそいざとなると、悩みます。と言うのも例えば母親は「黒留袖」など、結婚式の親族の服装であっても着物であれば、一応安全と捉えられていますが、男性はそうもいかないからです。

もちろん神前挙式などでは、男性も和装を選ぶケースが多いです。けれども、最近では父親も正礼装に洋装を選ぶのがほとんど。そうなると兄弟や伯父(叔父)などは、ゲストよりも格上でありながら、父親よりも格が下がる礼装に迷うのです。

今回は父親や兄弟、叔父(伯父)など、親族が結婚式で選びたいスタイルと、基本マナーをお伝えします。本記事を参考にして、マナーも押さえながらおしゃれなスタイルで、晴れやかに新郎新婦をお祝いして下さい!

[ →続きを読む… ]

結婚式は着物で参列☆これから揃える女性に訪問着マナー

結婚式は着物で参列☆これから揃える女性に訪問着マナー

結婚式に着物を着て参加すると、フォーマルに見えますし、結婚式を特別なものとして受け止めているということで、新郎新婦やその親族の方からも印象が良く映ります

しかし、せっかく結婚式に着物をきてビシっと決めようと意気込んでも、着物の着方のマナーがなっていないと自分が恥をかくのはもちろんですが、招待してくれた新郎新婦にも失礼に当たります。そのため、普段和装にはあまり縁がないという人ほど、結婚式に着る着物のマナーを調べてから、準備をする必要があります。

そこで、既婚未婚、年齢に関わらず、フォーマルな場所に着ていける訪問着を結婚式に着て行くときの抑えるべきマナーを6つ解説します。訪問着をレンタルする場合には事前にマナーを知っておくと失敗することがありません。

[ →続きを読む… ]