結婚式のスーツをおしゃれに着こなす5つのポイント

結婚式のスーツをおしゃれに着こなす5つのポイント
結婚式のスーツは、フォーマルを意識しすぎるとどうしてもおしゃれな雰囲気を損ないがちですよね。しかし、結婚式のスーツはいつもと違い、この「フォーマル」な格好をすることが鉄則です。

結婚式は新郎新婦やその親族にとって、とても大切なイベントです。だからこそ、ゲストである自分が失礼のないような結婚式のスーツの着こなしをすることはもちろん、いつもとは違ったおしゃれをしたいものです。

大切な友達やお世話になっている職場の同僚の結婚式。ちょっと一目置かれるようなスマートな着こなしができたらな。と思うことはありませんか。

結婚式でスーツをおしゃれに着こなすことができたら素敵ですよね。そこで今回は、結婚式のスーツをおしゃれに着こなすための、5つのポイントをお伝えします。



 

結婚式のスーツをおしゃれに着こなす
5つのポイント

 

マナーを守って、結婚式のスーツの着こなしをしましょう


まずは最低限のマナーを守りましょう。どんなにおしゃれをしてもマナーが守れていないとおしゃれなスーツの着こなしが台無しになってしまいます。

例えば、結婚式で黒のネクタイや白い靴下を身につけることはNGです。黒のネクタイや白い靴下はお葬式を連想させてしまいます。

他にも、新郎が着るタキシード、新郎新婦の父親が着るディレクターズスーツをゲストが着ることもNGです。また、新郎新婦やそのご両親よりも目立つような格好をすることはマナー違反になります。

 

きちんとサイズを合わせて、スーツの形には流行を取り入れましょう


次のステップは、結婚式のスーツのサイズをきちんと合わせることです。スーツには時代の変化や流行があります。他のゲストの女性も流行にはとても敏感です。一昔前の流行のスーツを着ているかどうかは、すぐに分かってしまうものです。

何年も前に買ったスーツを使う時には特に要注意です。そんな時には雑誌を見たり、店頭のスーツで流行を確認してから、自分の持っているスーツとの違いを見極めましょう

また、自分の体型が変化していることもあります。結婚式のスーツは結婚式当日に着るのではなく、少なくとも1週間前には一度そのスーツを着てみましょう

まずは自分に合ったサイズのスーツにして、そこに流行の形を取り入れることが結婚式のスーツをおしゃれに着こなすポイントです。

 

結婚式のスーツの色や柄にもこだわりましょう


結婚式のスーツは、白やピンクなどの明るい色のスーツは新郎が着るものですので避けましょう。

黒いスーツは黒いネクタイと同様に避けたい色ですが、黒をベースとしてストライプが入ったスーツやダークグレーのスーツは、結婚式のスーツの中でもおしゃれに着こなすことができる色と柄です。

他にも色や柄のあるスーツは、カジュアル結婚式と呼ばれる少しラフな結婚式でおしゃれに着こなすことができるでしょう。あくまで、新郎より目立たないようにすることは忘れないようにしたいですね。

結婚式場の雰囲気を事前に調査して、場の雰囲気にあったスーツを着ると、新郎新婦にも雰囲気を掴み取ってくれたということで喜ばれること間違いなしです。

 

シャツとネクタイの色や柄にもこだわりましょう


少し色のあるスーツなどをおしゃれに着こなしてみたいけど、やっぱり黒やグレーの結婚式のスーツが落ち着くこともあるでしょう。そんな時には、シャツやネクタイの色でこだわりをみせましょう

結婚式で人気のシャツの色はやはり白です。白のシャツだけどよく見ると柄がついていたりすると一目置かれるおしゃれな着こなしとなります。

ただし、アニマル柄のシャツやネクタイは、動物を殺生するイメージが連想されるためNGですので注意しましょう。

ネクタイの色も白が無難ですが、カジュアル結婚式ではピンクやブルーなどの少し色を持たせることで、おしゃれな着こなしに早変わりします

他にもアスコットタイや蝶ネクタイも結婚式のスーツの着こなしにおすすめのアイテムです。

 

カフスボタンなどの小物にも気を抜かないようにしましょう


おしゃれな人は小物にもしっかりと気を抜かずにこだわりをもったものを身につけていますよね。

例えば、カフスボタンをするだけでも、高級感のある装いになります。スーツの袖からちらっと見えるおしゃれなカフスボタンは、おしゃれに気を使っていることが一目でわかるアイテムです。

他にもポケットチーフはおしゃれな着こなしに加えて、清潔感を与えてくれる着こなしとしておすすめです。ネクタイの色と合わせることで、全体的なバランスがよくなります

小物などの細かいところまでこだわることで、結婚式のスーツをおしゃれに着こなすことができるでしょう。

 

いかがでしたか。結婚式のスーツをおしゃれに着こなすには、最低限のマナーを守ることがはじめの一歩です。結婚式のスーツの着こなしマナーをきちんと調べて守るようにしましょう。

また、スーツのサイズを今の自分に合わせて流行を取り入れ、色や柄、小物へもこだわりをもつことで、結婚式のスーツをおしゃれに着こなすことができます。おしゃれな着こなしが自分に合っていないと元も子もありません。無理矢理おしゃれな着こなしをするのではなく、自分らしさを出すことができるとよいですね。

そして何より、結婚式は新郎新婦やその親族に「おめでとう!」のメッセージを伝える場です。ワンランク上の着こなしで結婚式をお祝いしましょう。

まとめ

結婚式のスーツをおしゃれに着こなすには

・ マナーは必ず守りましょう
・ サイズを合わせて、スーツの形には流行を取り入れましょう
・ スーツの色や柄にもこだわりましょう
・ シャツとネクタイの色や柄にもこだわりましょう
・ 小物にも気を抜かないようにしましょう