結婚式のメイクマナー☆ゲストとしておさえたい基礎知識

結婚式のメイクマナー☆ゲストとしておさえたい基礎知識

結婚式のメイクなら、普段よりも力を入れてスペシャルにしたいはず。結婚式は、新郎新婦の親族や会社の方々など、さまざまな方が出席されます。そのため、もちろんノーメイクで行くことはマナー違反。けれども一方で、あまりに濃すぎる結婚式のメイクも、マナー違反とされています。

「どのような結婚式のメイクだったら良いの?」と疑問に思ってしまう女性も、確かに多い結婚式メイク。そこで本記事では、結婚式に参加する時に、注意したい結婚式のメイクでの基礎知識とマナーをお伝えします。

結婚式メイクはどんな場所でも上品で好感度が高いため、ちょっとしたパーティなどでも役立ちます。また、普段では問題のない可愛く変身するアイテムの数々も、結婚式メイクでは控えた方が好ましいケースも多々あるため、結婚式前に確認しておくと安心です。

「結婚式のメイク、どうしよう!」「普段よりも違う結婚式メイクを楽しみたい!」という方は、ぜひ本記事を参考にしてください。



 

結婚式のメイクマナー☆
ゲストとしておさえたい基礎知識

 

結婚式でメイク直しはOK?NG?


結婚式は、分刻みであらかじめ進行が決められています。そのため、あまり頻繁にお化粧直しに立つと、大切なケーキカットシーンや、余興などを見逃す恐れもあります。そのため、なるべく席を立たないよう、ベースメイクは念入りにすることがポイントです。

しかし、厚化粧は禁物。あまりにしっかりお化粧をしすぎて、新婦よりも目立ってしまったなんてことにならないよう気を付けます。ナチュラルでいて、崩れにくいと評判なミネラルファンデなどがおすすめです。

★ 結婚式で化粧直しは極力避ける!

・ ベースメイクをしっかりと。
・ 厚化粧にならないよう、ミネラルファンデーションがおすすめ。

 

感動的な結婚式のメイクだからこそ


花嫁の手紙などで、もしかしたら涙するかもしれません。結婚式ではメイク直しに頻繁に立つことも、前述のように難しいので、予め工夫を施した結婚式メイクで出席します。

★ アイラインは、ウォータープルーフのものを選ぶと安心です。

突然の涙で化粧崩れが気にならないよう、結婚式メイクなら落ちにくいウォータープルーフが絶対おすすめです。できれば落ちにくいリキッドアイライナーが良いでしょう。

目の上に関しては、太くなり過ぎないよう自然な細さを。目の下は、涙を流すと黒く滲んでしまう可能性があるので、引かないことをおすすめします。

 

結婚式メイクでは、もちろんマスカラも


★ 結婚式メイクで使用するマスカラは、ウォータープルーフ

結婚式でメイクに使うマスカラは、ほとんどの女性がウォータープルーフです。やはり、涙を流すことを想定しての選択です。

【結婚式メイクにおすすめのウォータープルーフマスカラ】

★ ヘレナルビンスタイン ラッシュ クイーン コブラブラック WP

ウォータープルーフはもちろん、ボリューム感が出るので、目の下のアイラインを引かなくても華やかに仕上がります。カーラーを使わなくても、これ一本で根元からカールできる威力も特筆したい魅力です。下地なしでしっかりと長時間キープしてくれます。

真っ黒な涙を流さないよう、ウォータープルーフのものを選んでください。また、まつ毛が下がってしまうとパンダ目になりやすいので、結婚式の際は特に念入りにビューラーでまつ毛を上げるようにしましょう。

 

アイシャドウの色の選び方


結婚式メイクで欠かせないのは、アイシャドウ。華やかさが演出されるので、アイシャドウはできるだけしていくことをおすすめします。

もしドレスがブルー系なら、淡いブルーのアイシャドウ、ピンク系であればシャンパンゴールドとピンクの組み合わせなど、ドレスの色を合わせると統一感が出ます。

★ ヴィセ リシェ グロッシーリッチ アイズ

結婚式メイクでは上品且つ華やかに仕上げることが必須。ヴィセのグロッシーリッチアイズは、真珠のようなラメが入っていて、キラメキがありながらも上品でおすすめです。

アイシャドウは、あまり濃い色にしすぎると厚化粧に見えてしまいます。厚化粧は結婚式ではマナー違反ですので、あくまでもナチュラルな印象のものにしましょう。

ブラックのドレスの場合は、バックなど小物の色と合わせる方法が安心です。また、アイシャドウで季節感を出すことも忘れずに、色選びをします。

 

つけまつげを上品に仕上げる方法


結婚式メイクでは、目元は日常よりも気合いを入れたい部分です。そのため、つけまつげを使うのもアリ。マツエク(まつげのエクステ:自分のまつげに人口毛を付ける技術)か、つけまつげか、と迷う女性も多いのですが、最近ではつけまつげも進化しているので、違和感はほとんどありません。

★ 最近では、水に強いつけまつげ用のノリもあるので、涙で取れることもあまりなくおすすめです。心配であれば、つけまつげ用のノリもポーチに忍ばせておくと安心です。

★ シュウウエムラのつけまつげが人気です。

普段使いにも利用できるものから、付けただけで華やかになるボリュームのあるタイプまで、さまざまなラインアップから選べます。ボリュームが自然ならば、人工的な違和感もなく、自然に長いまつげに仕上がります。

シュウウエムラのつけまつげと言えば、カラフルで派手な印象を受けますが、従来のつけまつげのラインアップでも、その繊細さは結婚式メイクに最適です。

使用するつけまつげは、あまりにバサバサとしたものは派手に見えてしまうので、結婚式にはあまり相応しくありません。できるだけナチュラルなものを選びましょう。

 

結婚式メイクで写真映りも、健康的に


チークは、顔を立体的、健康的に見せてくれるので必ずつけることをおすすめします。特に写真に写ったときに、つけている場合とそうでない場合の差がはっきり出ます。若い女性ならば、最近ではクリームチークが人気!

★ エレガンスの「スリークフェイス」

透明感を出したいならエレガンスのクリームチークがおすすめです。高級オイルを入れて、抜群の透明感を出しているエレガンスは、オレンジとピンクの2色が人気です。

★ マジョリカマジョルカのクリームチーク

マジョリカマジョルカが結婚式メイクにおすすめなのは、キープ力の高さ!化粧直しをせずに済みます。また、このクリームチークを口紅のベースに利用できるので、小さいバックに忍ばせても便利です。

もし、ドレスがフェミニンなデザインのものであれば、ピンク系のチークで丸く円を描くように入れましょう。可愛い印象になります。

そして、クールなデザインのドレスであれば、オレンジ系のチークを斜めに入れるとスタイリッシュでエレガントな印象を与えます。

 

キチンと感を出す結婚式のリップメイク


口元も結婚式メイクでは、しっかりとメイクして行きたい部分。

【結婚式メイクでキチンと感を出すリップ】

① リップペンシルを使ってしっかりとラインをつくります。
② 口紅もしくはリップグロスをオン

グロスは、唇の中央の部分にしっかりオンすると、ふっくらした印象を与えます。口紅、リップグロス共に色は淡いピンク系、もしくはパールが入ったものを選ぶと上品華やか

★ 結婚式にNGなのは、真っ赤な口紅です。

真紅という色は血を連想させるため、結婚式という場ではマナー違反とされています。注意してくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。今回は結婚式のお呼ばれで気になる、上品華やかな結婚式メイクの基礎知識とマナーをお伝えしてきました。基本的に結婚式メイクはそれほど厳しいルールはありません。ポイントは、「厚化粧にならない華やかさ」です。それさえ守れば、問題ありません。

ただし、結婚式は会場により大きく雰囲気も変わります。レストランや会費制などのカジュアルな結婚式であれば、普段使いのメイクでも目立ちませんが、ホテルなどフォーマル感の強い結婚式では、リップやチークの色選びによっては悪目立ちしてしまう可能性も否めません。基本的には「上品さ」「気品ある」色選びが不可欠です。

結婚式会場を華やかに彩ることもゲストの役目。ドレスもできればコサージュパールのネックレス、靴やバックなどに気配りをして、上品な華やかさを目指しましょう。ぜひ本記事を参考に、素敵なメイクで結婚式に出席してください。

 

まとめ

結婚式に参列する時の、上品華やかな結婚式メイクのコツ

・なるべく席を立つことがないようベースメイクは念入りに
・涙対策!目の下のアイラインは引かない
・パンダ目防止!マスカラはウォータープルーフを
・アイシャドウはドレスや小物の色を合わせて統一感アップ
・華やかさアップ!つけまつげでいつもよりも上品に
・健康的に写真に写る!チークは必ずオン
・リップは口紅かグロスを使用してキチンと感を