結婚式の二次会☆素敵に見られる服装選び5つのポイント

結婚式の二次会☆素敵に見られる服装選び5つのポイント
友人の結婚式の二次会に招待された時、服装について悩んだ経験がある方もいらっしゃいますよね。結婚式に参加する場合、厳粛な雰囲気で執り行われる式や、親類縁者・会社関係者も参加する披露宴での服装については、いろいろと事前にリサーチしてから決めるでしょう。しかし、形式を重要視する式や披露宴だけなく、普段の新郎新婦を知る友人知人たちがメインの二次会も、結婚式という一連のイベントの中では欠かせない重要なもののひとつです。

結婚式の後に二次会に参加することになった場合、式や披露宴と同じ服装で参加してもよいのか迷いますよね。仕事の都合でどうしても結婚式の二次会にしか参加できないという場合も、仕事帰りの服装で参加してよいのか不安になる場合もあるでしょう。それに、もしも新たな出会いが期待できるとしたら、結婚式の二次会に素敵な服装をチョイスして参加して、願いを叶える事も可能かも?

そこで今回は、結婚式の二次会で素敵にみられる服装選びの5つのポイントをお伝えします。このポイントを押さて、TPOに併せた装いのできる素敵な自分を演出しちゃいましょう。



 

結婚式の二次会☆素敵に見られる
服装選び5つのポイント

 

「平服で」は、「普段着で」ではありません


結婚式の招待状で、「二次会に出席の方は平服で」という文言が書かれていた場合の服装は、普段着でよいのでしょうか。その答えは「NO」です。

「平服」というのは、「略礼服」という意味ですので、決して普段着ではありません。フォーマルではないけれども、普段着でもないという意味なので、難しく感じるかもしれませんが「ちょっと余所行きの恰好」をイメージすればわかりやすくなるかもしれませんね。結婚式の二次会はれっきとしたパーティなので、パーティを意識した服装を心掛けましょう。

カジュアルスタイルの会場だと、「普段着でお越しください」とあえて招待状に書いてある場合もありますが、ドレスコードとして指定されている場合を除き、ジーンズやレザー、Tシャツ、ジャージ、スウェットといった服装は避けるのがマナーです。

 

華やかさを演出するゴールドやシフォン、ドレープのデザインをチョイスする


結婚式の二次会でも服装に華やかさは必要ですから、ゴールドのレースや刺繍をあしらったワンピースやオールインワン風のパンツドレスなどは女性らしさと華やかさを兼ねた素敵な装いにみえるでしょう。女性らしさと言えば、シフォンやドレープをあしらったデザインも、柔らかくふわふわと揺れ動くスタイルが可憐な印象を与えますよね。

もし、結婚式の会場から直接二次会へ移動するならば、あらかじめ簡単にイメージチェンジできる服装を選んでおくのも賢い方法といえます。一見オールインワン風だけどセパレートできるパンツドレスのトップスに、シフォンのスカートとショールを合わせた披露宴スタイルから、ボトムをパンツにチェンジして颯爽としたイメージのオールインワンドレスで二次会に登場すれば、印象の違いにハッとする出席者も少なくないはずです。トップスを腕にスリットの入ったドレープデザインのブラウスにチェンジすれば、適度な肌見せで艶やかな雰囲気を演出できるでしょう。

 

男性はジャケットを脱いだ場合の事も考える


男性の場合、結婚式の二次会の服装で平服と言われたら、まずはジャケット着用を前提にコーディネートを考えましょう。フォーマルやセミフォーマルな会場の場合は、披露宴に出席したままの服装でも良いですが、二次会用にネクタイの色を変える、ポケットチーフの色を変えるなど、ちょっとしたこだわりを見る人は見ています。

カジュアルな会場の場合、ジャケットを脱ぐ機会も出てきますので、脱いでも様になるデザインを意識すると良いでしょう。全体の見た目もそうですが、例えばテーブルの食事のとり分けを買って出るというシチュエーションに、さっと袖を捲ってもきれいに見えるデザインのシャツを選べば好印象です。もちろんその時の腕時計は、肌なじみが良いからと日常使いをしてくたくたになった革ベルトはNG清潔感があり品の良さを感じさせる物を身につけましょう

もし、仕事帰りに参加するという場合はシャツの替えを準備しておくと良いでしょう。一日着用したくたびれたものと交換する、という気遣いを人は「素敵」と感じるのです。

 

会場が立食か着席か、座敷タイプかをリサーチして服装を決める


結婚式の二次会会場に合わせた服装選びも、素敵に見られるかどうかを決める重要なポイントです。例えば、座敷タイプの会場にミニ丈のドレスで参加すれば、男性陣は目のやり場に困ってしまうでしょうし、参加している本人も服装にばかり気を取られて折角のお祝いの席が台無しになってしまいますよね。

着脱しにくい靴は、それだけで時間も場所もとってしまいます。お手洗いに立つときに会場の外履き用靴が出払っていたら、自分の靴を履くしかありませんが、バックストラップを留めずにカポカポと不恰好に歩く様子は想像しただけでも「素敵」とはほど遠い光景です。

立食であれば、全身を見られることが多いので、披露宴でついたスカートの皺には要注意。皺の付きにくい素材をあらかじめ選んでおく等工夫しましょう。バッグはチェーン付で肩から掛けられるものであれば食事の際も邪魔になりません。もたつかない所作は少なからず「素敵」と感じてもらえるはずです。

 

あくまでも主役は新郎新婦であることを忘れずに


二次会までを計画しているのであれば、その結婚式は二次会までを含めて一つのセレモニーです。主役は新郎新婦で、ゲストはあくまでもゲストであることを忘れてはいけません。服装のマナーとして避けるべき筆頭である、真っ白のワンピースや生花の髪飾りを女性ゲストが付けていると、新婦と誤認されてしまうかもしれません。男性が胸ポケットに花飾りをつけていたら、新郎と間違って声をかけられてしまうかも。露出の多すぎる衣装や、ドレスコードを無視した装いも悪目立ちをしてしまい、「素敵」とはほど遠い印象を出席者やホストである新郎新婦に与えてしまうことになるでしょう。

 

いかがでしたか。結婚式の二次会で素敵にみられる、感じてもらえる服装というのは、パーティを意識した華やかさに加えて、場所に合わせた節度ある装いが重要なのだ、ということがお分かりいただけたことでしょう。

招待される会場がフォーマルなのか、セミフォーマルなのか、はたまたカジュアルスタイルなのかでも選択できる服装に違いがありますが、共通して言えることは新郎新婦をお祝いするという気持ちがきちんと表れているかどうかということではないでしょうか。とはいえ、結婚式の二次会は素敵な出会いが期待できる場でもありますから、服装はTPOに合わせつつも、そこに自分らしさをプラスして、是非素敵で楽しい時間を過ごすことができたらよいですね。

まとめ

結婚式の二次会で素敵に見られる服装のポイントとは

・「平服で」と書かれていても普段着はNG
・華やかさを演出できるデザインをチョイスする
・男性はジャケットの下に着る服装もぬかりなく選ぶ
・会場のスタイルに適した服装を選ぶ
・主役は新郎新婦であることを忘れない