40代の結婚式での服装☆品の良くおしゃれ7つのスタイル

40代の結婚式での服装☆品の良くおしゃれ7つのスタイル
40代の結婚式での服装は、案外難しいですよね。20~30代の結婚適齢と言われる年代には、華やかなドレスを着て結婚式に参加したという人も多かったものの、迷う人が多いのが、40代になった時の結婚式の服装…。

40代になると、ご自身の体型を気にする方もでてきますし、可愛らしいデザインのドレスを着ることに少し抵抗が出てくる時期。年相応のドレスを着こなすことが、40代からの美しさを引き出すコツ!

ポイントは、女性の40代からの美しさを引き出す、品の良さと、さりげないオシャレ感です。ぜひ年齢を逆手に取って、40代の結婚式での服装選びにも、こだわりたいですよね。

そこで今回は、今の自分だからこそ美しく着こなすことができる、おすすめの40代の結婚式での服装をお伝えします。ぜひ、参考にしてください。



 

40代の結婚式での服装☆
品の良くおしゃれ7つのスタイル

 

昔のドレスを引っ張り出してこない


20年前に買ったお気に入りのドレスがあるから、それを着ていこう」「1日だけですもの、昔のドレスでもいいわよ」と安易に考えるのは、ちょっとストップ。

【 40代の結婚式での服装☆注意事項 】

★ ファッションにも、時代の流れがありますので、購入した当時はオシャレに着こなせたものでも、それがイマの時代にマッチするかどうかは分かりません。

・ もちろん、自分自身の体型にも変化があるので、できるだけ最近購入した洋服でまとめた服装や新調したものを着用することがベスト!

40代なのに、10代の頃に着用していたドレスを引っ張りだして着るのは、オススメ出来ません。

 

Aラインで体型カバー!上品エレガント


40代の結婚式での服装で人気なのは、落ち着いた印象がある、Aラインワンピースドレス。

【 40代の結婚式での服装☆Aライン 】

★ 20代の頃はスカート丈が短く、割と体型が分かりやすいドレスを着用していたという人も、40代になるとふんわりとしたシルエットの上品なドレスを好むもの。

・ Aラインのドレスはウェストが締まっていて、腰のあたりからふんわりと広がっていくタイプが多いので、体型カバーには最適です。

 

柔らかめのカラーがオススメ


若い頃は、ピンクやイエローなどのビビッドカラーの服装で、結婚式や二次会に出席したという人も多いですが、40代になると年相応のドレスの色、というものがあります。

【 40代の結婚式での服装☆カラー 】

★ ハッキリしたカラードレスよりも、ベージュやミルキーイエロー、シルバーホワイトなどの柔らかな色合いのドレスがしっくり来て好印象。

・ 40代になると顔つきも若い時よりは穏やかになるので、柔らかめの色がちょうど良いのです。

柔らかめのカラーでまとめた40代の結婚式での服装が似合う方がいる一方、深みのあるワインレッドやパープルなども似合う年齢。自分に合ったカラーはどちら系統なのか、確認してから、思う存分オシャレを楽しむと上級者!

 

40代の結婚式の服装は、生地にこだわる


10代・20代の頃は若さという素晴らしいパワーに満ち溢れていますから、多少生地の質がイマイチでも、それを感じさせない若々しさと可愛らしさがあったはず。しかしながら、40代になると可愛らしさだけではやっていけません。

【 40代の結婚式での服装☆生地 】

★ 大人の女性としての上品さや、奥ゆかしさを表現するには、是非ドレスの生地にもこだわることがポイント!

・ レース素材・シャンタン素材・シルク素材・シフォン素材などを使ったドレスを、お試しください。

 

肌質アップのネイビーカラー


あまり派手な色のドレスは着たくない」「スタイルが良く見えるドレスが着たい」と、40代の結婚式での服装では、こだわりが強くなってくるのも難しいところ。結婚式という華やかな場所で、新婦のように主役ではないけれど、美しく魅せたいのは当然!

【 40代の結婚式での服装☆ネイビーカラー 】

★ そこでオススメなのが、フォーマルだけれども暗くなり過ぎない、ネイビーのカラードレス。

・ 濃い色の服装でまとめると、体型や顔がキュッと引き締まって見えます。

ブラックよりも暗くなりすぎずに、上品さをアップしてくれる、ネイビーカラーのドレスがオススメ!

 

40代結婚式の服装は、露出度を少なめに


結婚式は華やかでおめでたい席なので、どうしても普段よりも開放的な気分になってしまいがち。しかしながら、20代の頃のように肌見せをすると、少し場違いになってしまいます。

【 40代の結婚式での服装☆露出度 】

★ 40代の結婚式での服装では、より冠婚葬祭のマナーを意識したスタイルがベター。年齢が年齢だけに、マナーへの視線は厳しいものがあります。

・ フォーマルな場では肩出しはNG。40代の結婚式での服装であれば七部丈くらいが美しい長さです。スカート丈も膝が隠れた方が上品さを演出できるはず。

さらに靴まで気を配りたいところ。あまり高すぎるヒールは避け、つま先やかかとなどが見えるタイプは避けると、美しさが全身で表現できます。

 

ワンポイントの可愛らしさ


全面に可愛らしさを押し出した、フリフリレースや派手なピンクのドレスは、40代になってしまうと抵抗があるのも当然です。

【 40代の結婚式での服装☆可愛らしさが欲しい場合 】

★ そこで、「どうしても可愛い系のドレスを結婚式に着ていきたい!」という人には、ワンポイントの可愛らしさをあしらったドレスがオススメ!

・ シンプルなドレスでもキュートなコサージュが付いていたり、スカートにさりげなく刺繍が施してあったりと、さりげない可愛さこそ、40代を可愛らしく見せてくれます。

 

いかがでしたでしょうか、40代の女性が結婚式にしていく服装としては、まず上品さが必須。大人の女性としての落ち着きや穏やかさ、柔らかさを表現するべく、ドレスの素材やシルエット、カラーにもこだわりを持ってみてはいかがでしょうか。

40代だからこそ似合う服装がありますし、20代にはない大人の魅力を引き出しちゃうのです。年齢を重ねるごとに、自分が着こなす洋服のテイストや、シルエットにこだわりを持つ人こそ、本当のオシャレ。

40代の結婚式での服装では、案外何年も同じドレスを着ている方も多いのではないでしょうか…。タンスの奥から、ドレスを引っ張り出して着るのも良いのですが、ここはぜひ、今の魅力を最大限に引き出したいもの。

ぜひ、今の自分が最も似合うドレスを新調して、今の魅力をもっとアップさせちゃいましょう!

まとめ

40代の女性の魅力を引き出すドレス

・若い頃のドレスは冷静に判断をする
・Aラインで体型カバー
・柔らかめのカラーを検討してみる
・シックなカラーが似合うタイプもいる
・生地へこだわって、本物感アップ
・ネイビーカラーで肌質アップ
・フォーマルマナーを押さえた露出
・可愛らしさを出すならワンポイント