沖縄結婚式☆ゲストも楽しむ服装3つのポイント

沖縄結婚式☆ゲストも楽しむ服装3つのポイント
リゾート婚で人気の高い沖縄ですが、そこで結婚式を挙げたいと思っているカップルも多いですよね。青い空ときれいな海をロケーションに、沖縄で結婚式を挙げられたら、どんなに素敵なことでしょう。

新郎新婦はもちろん親族やゲストも、挙式後も特別な気持ちそのまま、翌日もゆっくりと過ごすことができるので、リゾート婚をするカップルは増えてきています。

そんな人気のリゾート婚ですが、招かれたゲストも、旅行気分も合わさりその結婚式をとても楽しみにしていますよね。特に、沖縄での結婚式は、本土の結婚式とは違い、服装などちょっと違った楽しみ方もあります

そこで今回は、沖縄での結婚式を楽しむためのゲストの服装についてお伝えします。



 

沖縄結婚式☆
ゲストも楽しむ服装3つのポイント

 

沖縄での結婚式の定番な服装について知ろう


沖縄での結婚式では、「かりゆしウェア」というものを着用する人が多いです。「かりゆしウェア」というのはアロハシャツのようなもので、沖縄では正装として定着しています

沖縄で「かりゆし」という言葉は、「幸多き」「幸せ」「めでたい」などの意味があり、結婚式にぴったりの言葉なのです。夏のウエディングの場合は、招待状に「かりゆしウェアでお越しください」などと記載がされているので、ドレスコードもしっかり確認したいですね。

 

ポイント①「かりゆしを着こなそう」


沖縄での結婚式でドレスコード指定されやすいかりゆしウェアですが、本土の人はどのような服に合わせればよいものか迷いますよね。かりゆしウェアを着こなすためにも、下に合わせるズボン等についてお伝えします。

【男性の場合】

男性の場合のかりゆしウェアは、総柄タイプか右側に縦ラインで柄が入っているタイプが定番となっています。かりゆしウェアはシャツですが、扱いは上着のようなものです。ズボンに入れずに出して着ます

かりゆしウェアに合わせるズボンは、スラックスでもハーフパンツでもデニムでもOKですが、結婚式を執り行う会場の雰囲気に合わせてチョイスしましょう。足元は、ズボンに合わせて選びます。かりゆしウェアを着用する場合、スニーカーやサンダルでも失礼にはならないので、トータルのコーディネートで選びましょう。

【女性の場合】

女性のかりゆしウェアは、男性に比べると、七分丈や襟がないタイプなどバリエーションが多いのが特徴です。男性と同じくかりゆしウェアはズボンやスカートに入れずに着ます。女性だから下はスカートでなくてはならないという指定もありません

かりゆしウェアは上着を指しますので、ワンピースタイプの物は少ないですが、下に何を合わせるか迷う方にはワンピースタイプを探してみるのをオススメします。足元は、女性はサンダルが多いですが、ネックストラップがついているタイプを選んでカジュアル感を抑えると良いでしょう。

 

ポイント②「リゾート感を楽しもう」


沖縄での結婚式に出席する場合の服装では「軽やか」さを出すのがポイントです。かりゆしウェアの指定がない場合は、さわやかなドレスをチョイスしてみるなどラフさを出しながらオシャレを楽しみましょう。

リゾート地、沖縄での結婚式だからこそ許される女性の肩だしができるのも特徴的です。本来結婚式ではボレロを羽織るなどして肩を出すのを避けますが、沖縄での結婚式はそこがOKなので普段結婚式では着ないような服をチョイスしてみるのも楽しいでしょう。

色も鮮やかな色をチョイスしてリゾート感を出してみましょう。またエレガントに総レースのタイプも素敵ですね。

 

ポイント③「友人とおそろいを楽しもう」


新郎新婦の幸せをねたむ悪魔から、花嫁を守るために未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じような服装をして付き添い、悪魔の目を惑わしたというのが始まりのブライズメイドですが、そのブライズメイドのように友人たちでお揃いを楽しんで花嫁へのお祝いの気持ちを表してみるのもオススメです。

ドレスデザインやシルエットはそれぞれでも、カラーを指定するだけでかなり統一感がでます。例えばブルーにしても、淡いブルーから濃いブルーまであるように、集まった時に同じカラーでも全く違う楽しみ方ができます。

新郎新婦からブライズメイドをお願いされることもありますが、サプライズとして演出することもあり、かりゆしウェアでもリゾートワンピースでも楽しめますよ。

 

いかがでしたか。沖縄で結婚式を挙げる招待状をもらったら、まずはドレスコードをチェックするというのが大切です。特に記載がない場合も、新郎新婦にこちらから伺ってみましょう。

また新郎新婦の職場が本土の場合だとスーツ率が一気にあがることもあります。沖縄での結婚式=かりゆしウェアというイメージがありますが、実際にかりゆしウェアを着ているのは男性の比率が高いです。もちろん、女性もかりゆしウェアで出席していますが、どちらかというとリゾートワンピースが多いですので、他に呼ばれている人と話して決めるのも良いですね。

沖縄での結婚式は、他の県で挙げる結婚式とは違い、沖縄ならではの風習や楽しみ方もたくさんあります。本土では味わえない結婚式になることでしょう。

いつもよりラフに楽しく、そして鮮やかな服装で、新郎新婦の晴れの結婚式をお祝いしましょう。

まとめ

沖縄での結婚式に出席するゲストの服装ポイントは

・ドレスコードがあるかチェックしよう
・かりゆしウェアを着る場合は軽やかさを演出しよう
・リゾートワンピースなど沖縄ならではで着れる服装を楽しもう
・おそろいを楽しみながら華やかなブライズメイドをしてみよう