結婚式のお呼ばれドレス☆品あるスタイルに仕上がるコツ

結婚式のお呼ばれドレス☆品あるスタイルに仕上がるコツ
結婚式のお呼ばれドレスには、何を着ていこうか悩みますよね。自分の好きな色やデザインのモノを着たいけれど、結婚式にマナー的にふさわしいかも気にしなくてはいけないということを考えると、結局どんなドレスにすればいいのか決めかねてしまいます。

結婚式は新郎新婦にとって、人生における一大イベント!当日はカメラマンに結婚式の間の写真を撮ってもらって、アルバムを作るというカップルが多いですから、ゲストの結婚式のお呼ばれドレスも写真になって、一生新郎新婦の手元に残るのです。

ですから、結婚式のお呼ばれドレスは品があるスタイルにしたいですよね。そこで今回は、ドレス選びの際に気を付けるべきポイントや、コーディネートで品を良く見せるコツについて6つお伝えします。



 

結婚式のお呼ばれドレス☆
品あるスタイルに仕上がるコツ

 

肩を隠すデザイン


結婚式のお呼ばれドレスには、最低限守らなくてはいけないマナーがあります。その中の1つが、肌の露出を極端にしないということ!これは、マナー的にもNGですし、品があるかどうかという印象においても、重要なポイントです。

【 結婚式のお呼ばれドレス☆肩を隠す 】

★ ノースリーブのドレスで肩見えてしまうものよりも、袖があるドレスやフリルなどのデザインで方が隠れるようなドレスの方が、品あるスタイルに。

・ 特に二の腕の太さが気になるという人は、下手に露出するとマイナスイメージになることもありますが、袖付のドレスなら、むしろ上品に見せることができます。

なめらかな生地素材


ドレスには様々なデザイン、生地のモノがあります。中には、レースや薄手のポリエステルでヒラヒラの生地のドレスも…。これらのドレスはパーティなどでは華やかに見えていいかもしれませんが、フォーマルな場では、派手すぎるかもしれません。

【 結婚式のお呼ばれドレス☆素材 】

★ 結婚式のお呼ばれドレスとして、品ある印象に見せてくれるドレスの生地でおすすめなのが、サテンやシルクなどのなめらかな布地。

・ シルク素材は高価で手が出ないという人は、シルク調のポリエステル生地などでもOK!見た目の印象でしっとりなめらかな生地は、品ある印象を与えてくれます。

 

優しい色味


結婚式では白いドレスは花嫁とかぶってしまうため、ゲストは着てはいけません。とはいえ、白以外なら何色でもいいのかとなると、品あるスタイルかどうかという視点ではそうとは限りません。

【 結婚式のお呼ばれドレス☆色味 】

★ ピンクや黄色、ブルーなどであまりにビビッドな色のドレスを着てしまうと、派手すぎて下品に見えることも…。

・ 舞台衣装としては、真っ赤やブルーなどのビビッドな色は映えるかもしれませんが、結婚式のお呼ばれドレスは、あくまでも品よく、新婦より目立たないというのが基本!

ですから、パステルカラーや優しい色合いのドレスを意識して、選んでみてください。

 

適度なサイズ感


結婚式のお呼ばれドレスで気を付けたいのが、適度なサイズ感です。体にぴっちりとフィットするボディコンのようなドレスは、下品な印象を与えますから。結婚式にはふさわしくありません。

逆にあまりにゆるすぎるドレスだと、だらしない印象を与えてしまうことになるのです。

【 結婚式のお呼ばれドレス☆サイズ感 】

★ ですから、ドレスを新しく購入する時は、必ず試着をしてヒップラインがピッタリすぎないか、サイズが大きすぎて「ぶかぶか」という印象を与えないかをチェック!

・ 目安は動きやすいくらいの着心地でありながら、体のラインが適度にでるくらいのサイズ感です。

 

ウエストで切り替え


品あるスタイルに見せる結婚式のお呼ばれドレスのコツとなるのが、ウエストラインがくっきりわかるドレス。

【 結婚式のお呼ばれドレス☆ウエスト切り替え 】

★ 胸の大きさやウエストの大きさ、お尻の大きさなど、体のラインに自信がない人でも大丈夫!

・ ウエストで切り替えのあるドレスを着ると、足が長く見え、ウエストが細く見え、全体的なスタイルのバランスが良くなります。

スタイルが良い人というのは、自然と品がある印象を与えますから、結婚式当日までにダイエットが成功しなさそうという人は、ウエストラインがわかるドレスを選ぶことでカバーする方法はいかがでしょうか。

 

靴とバッグの組み合わせ


結婚式のお呼ばれドレスで、品あるスタイルに見せることができたら、もう1ステップ追加して、さらに上級コーデを目指すのもアリ!

【 結婚式のお呼ばれドレス☆靴とバッグ 】

★ ここでおすすめなのが、靴とバッグの色を合わせること!

・ オシャレに厳しい人は、靴とバッグの色を合わせると全体的にまとまりがでて、センスが良くなることを知っています。

ですから、女優やモデル、セレブな女性のコーディネートを見ると、バッグと靴の色を合わせたり、バランスを考えている人が多いのです。この1ステップを追加するだけで、色味が統一感が出ますし、品のあるスタイルに仕上げることができちゃいます!

 

いかがでしたでしょうか、結婚式のお呼ばれドレスは、まずは手持ちのモノをチェックすることから。

すでにパーティー用に持っているドレスの中で、結婚式に来ても品あるスタイルで、ふさわしいと思えるものがあれば、そのドレスに靴とバッグをプラスすればOK!

しかし、今回お伝えした中で登場した、結婚式のお呼ばれドレスとしては、品に欠ける、もしくはマナー的に相応しくないドレスしかない場合には新しく購入することをおすすめします。

結婚式は、自分が主役ではありません。新郎新婦が主役であり、お呼ばれしたゲストはわきまえたスタイルで行くのが、品あるスタイルに仕上がるコツ。

自分の好みとは違うかもしれませんが、品あるスタイルの結婚式のお呼ばれドレスを着れば、周囲からの印象が良くなりますし、もしかしたら、新しい出会いもあるかもしれません。周囲に「上品だな」と思われる、ドレススタイルを目指しましょう!

まとめ

結婚式で品を感じるスタイリング

・袖やフリルで肩が隠れるドレス
・サテンやシルクなどなめらかな生地素材
・ビビッドな色味を避け、優しい色を選ぶ
・体のラインは適度に出るくらいのドレス
・ウエストラインがくっきりわかるドレス
・靴とバッグの色を合わせると上級コーデ