結婚式の服装もスマートに☆男性が選ぶ、おしゃれのコツ

結婚式の服装もスマートに☆男性が選ぶ、おしゃれのコツ
結婚式の服装として男性が選ぶなら、ダークスーツ・白シャツ・白ネクタイが最も一般的ですよね。確かにこれらの結婚式の服装ならば、マナーに反してはいませんが、まるでビジネスの一環のようで、少々味気ない感じもします。

特に最近人気を集めている、カジュアルな雰囲気の結婚式の服装であれば、もう少し殻を破って、おしゃれに装った方がその場にもよく合うはず。とは言え、日頃からおしゃれに敏感な男性も多いですが、「何を選んだら良いのかわからない」男性は多いですよね。

そこで今回は、結婚式の服装としてもふさわしい、おしゃれなアイテムについてお伝えします。もちろん、結婚式の服装のマナーから逸脱していないことも大切。結婚式の服装マナーをきちんと守りつつ、上品でおしゃれなあなたを演出してください!



 

結婚式の服装もスマートに☆
男性が選ぶ、おしゃれのコツ

 

ブラックスーツ以外の色を楽しむ


結婚式の服装と言えば「ブラックスーツ」。慶弔両方に使うことができて便利ですよね。確かにブラックスーツは、大人の男性が持つべきスーツのひとつではありますが、そればかり着まわしていては、ちょっとおしゃれからは遠ざかってしまいます。

【 結婚式の服装:スーツの色 】

★ スーツの色はブラックに限らず、チャコールグレーやネイビーなどでもOK!

・ 織り柄は目立たない程度のチェックやストライプなら、大丈夫ですので「似合うもの」を探してみてはいかがでしょうか。

 

スリーピースでおしゃれに


そして最近では、ジャケット・スラックスにベストが加わった「スリーピース」のスーツに人気が集まっています。

【 結婚式の服装:スリーピース 】

★ すべてが同じ生地で作られているのが基本に選べば、フォーマル感がアップ!

・ またベストのみシルバーグレーなど、少し明るい色味のものを持ってくれば、よりおしゃれに着こなすことも可能です。

さらに二次会ではジャケットを脱ぎ、カジュアルなイメージにすることができるのもスリーピーススーツの良いところ。ただし、落ち着いた色味以外のカラースーツ、特に白っぽいものは新郎とかぶるので絶対に着用してはなりません。

派手な柄入りスーツ、目立つチェックやストライプでも結婚式の服装としては、適切ではありません。あくまでも上品に着こなすことを心がけます。

 

シャツは必ずしも白でなくてもOK!


弔事でしたらシャツは「無地の白」という厳格なマナーがあります。しかし結婚式の服装の場合、その式がフォーマルかカジュアルかでそのマナーも違ってきます。

【 結婚式の服装:シャツの色 】

★ フォーマルな結婚式なら…

・ 白(目立たない程度の織り柄は可)で、カラーはレギュラカラーか、ウィングカラーのシャツが、ふさわしくなります。

★ カジュアルな結婚式や二次会なら…

・ パステルの色味や上品な細めのストライプ柄など、多少の華やかさがあった方が、かえってその場に合ったものに!

もちろん、スーツに合った色味が大切なので、こちらもよく吟味して選んでください。

 

ネクタイでも遊んでみよう


ネクタイも定番の、光沢のある白の他、シルバーグレーなども上品で素敵です。

【 結婚式の服装:ネクタイ 】

★ 他にもスーツやシャツとのバランスが良ければ、シャンパンゴールドやライトブルー、パステルピンクなど少し色で遊んでもOKです。

柄も遠くから見てわかるようなものでなければ、全体的に入っていてもOKです。

 

カジュアルならデザインタイも


カジュアルな結婚式でしたら蝶ネクタイやアスコットタイなどもおしゃれです。結婚式では通常のネクタイ、二次会では蝶ネクタイなど、使い分けても良いケースがあります。

【 結婚式の服装:デザインタイの選び方 】

★ ただしあくまでも、上品であることが大切です。

・ 原色のネクタイや柄が目立つネクタイ、特にアニマル柄はNG!また、上品でも黒やそれに近い色は、弔事を連想させますので避けるようにしてください。

 

ネクタイピン・カフスなどの小物


ネクタイピンやカフスなども、派手で目立つものでなければ、着る人をおしゃれに見せてくれるアイテム。バランスを考えて素敵なものを取り入れてみてもステキです。

【 結婚式の服装:ポケットチーフ 】

★ また、慣れていない方が多いのですが、おすすめはポケットチーフ

・ こちらもスーツの色や全体のバランスに色味がマッチすれば、とても華やかな印象を与えてくれて、便利におしゃれ度アップ!

チーフのたたみ方にもいろいろありますので、いろいろ試してみて似合うものを採用するのがポイントです。

 

フラワーホールのアレンジ


ジャケットのカラーの折り返し部分にある「フラワーホール」に、針で固定して使う「ラペルピン」などもおしゃれです。

【 結婚式の服装:ラベルピン 】

★ これこそ全体のバランスに合わないと浮いてしまう、ちょっと難しいアクセサリ―ですが、上手くマッチすれば、上品さやおしゃれさを大いにアップ!

おしゃれ上級者さんは、一度試してみるとハマルかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか、このように、男性の結婚式の服装はだいぶ許容範囲が広がってきました。とは言え清潔感がなかったり、品格を欠くような服装はやはりふさわしくありません。

あくまでも従来のマナーに沿って、その上で色味や柄などでポイントを加えるというのが、最もおしゃれに結婚式の服装を着こなすアレンジ法。

なお、二次会の服装に関しても本文の中でたびたび触れましたが、もしも二次会のみの出席でしたら、もう少し全体をカジュアルな雰囲気にまとめても失礼にはなりません。

ただし、招待状によく記してある「平服でお越しください」の平服は、普段着ではありません!女性もお祝いの気持ちを華やかに装ってくるのですから、やはりそれなりのおしゃれを心がけ、失礼のない結婚式の服装を心掛けてください。

結婚式の服装など、その場にふさわしいおしゃれができてこそ、あなたのイメージもぐんと上がるというもの。ぜひ楽しみつつ、素敵な装いを探してみましょう!

まとめ

マナーある結婚式、男性の服装

・スーツはチャコールグレーやネイビーでもOK!
・スリーピースのスーツで、おしゃれを演出
・シャツは結婚式のスタイルによって、使い分ける
・ネクタイの色を白に限らず、楽しんでみる
・カジュアルな式なら、蝶ネクタイやアスコットタイもOK
・ポケットチーフを楽しんで、気軽におしゃれ感アップ
・おしゃれ上級者さんは、ラベルピンにも挑戦!