初めてのタキシード☆フォーマルウェアの正しい着こなし方

初めてのタキシード☆フォーマルウェアの正しい着こなし方
日本でも定着しつつあるタキシードですが、いざ着用しようとしても着こなし方がわからず戸惑ってしまいますよね。せっかく格調高いタキシードを着るのですから、格好良くスマートに着たいものです。

フォーマルシーンで注目のタキシードは、パーティーに最適な服装と言えますが、夜間(午後6時以降)の準礼装となります。パーティーの招待状のドレスコードが「ブラックタイ」と明記されていたらタキシードの着用の意味がありますので覚えておきましょう。昨今では日本でもパーティーが開催されることが増えていますので、気後れすることなくタキシードを着て出席できるように基本的な着こなし方は押さえておくことをオススメします。そして、いざ格式高いパーティーに招待された時にはタキシードで堂々と出席しましょう。

そこで今回は、そんな着なれていないタキシードの正しい着こなし方についてお伝えします。



 

初めてのタキシード☆
フォーマルウェアの正しい着こなし方

 

フォーマルな場ではアクセサリーはNG


フォーマルな場所に出向く際のアクセサリーについてのマナーは多々ありますが、基本的にそのような場でアクセサリーは着けないようにしましょう。驚く方もいるかもしれませんが、お祝いに集中するという意味でも携帯電話や時計は身に着けてはならないとされています。普段は常に身に着けているものなので不安になってしまいそうですね。ですが、フォーマルな場に求められるる心構えとして、日常から離れて心からその場を祝う精神が必要となってくるのです。

そして、他にはベルトにも気を付けましょう。フォーマルウエアはベルトをしないのがマナーですので、サスペンダーを着用して下さい。サスペンダーはバックストラップが1本、パンツの留めの部分が二股になっており、パンツの内側にボタン留めをするタイプが伝統的なものになります。

 

タキシードの色は黒が基本


タキシードと言えば黒色を思い浮かべることでしょうが、色々な色のタキシードが存在しますので目移りしてしまうかもしれません。ですが「ブラックタイ」指定のパーティーに出席する際のタキシードの色は、特別な場合を除いてブラック以外は禁止です。目立ちたいからと言って他の色を選ばないようにしましょう。

ただし、濃いネイビーのタキシードは「ミッドナイトブルー」と呼ばれており、夜の薄明りの中では漆黒に見えるという理由でフォーマルシーンでも着用OKとなっています。ですが、初心者がまず購入するなら、いつでも気後れせずに使える定番の黒色が無難でしょう。

 

タキシードに合わせるタイも黒


タキシードと言えばタイが重要となりますが、原則はシルク製の黒無地となります。昨今はカラフルなタイも増えていますが、フォーマルシーンでは黒無地以外は付けないように気を付けたいものです。

シャツももちろん基本の白無地でヒダのある華やかなプリーツタイプのウィングカラーシャツを用意し、ポケットチーフも忘れてはならないアイテムの1つです。シルク製で白無地のポケットチーフを必ず身につけるのですが、織り方には特に決まりはないので、ツーピーク又はスリーピークで胸元に添えるようにして下さい。

 

シングルの上着にはカマーバンド


タキシードの上着がシングルの時には、必ずカマーバンドをするのがマナーです。ダブルの場合は省略しても結構ですが、着用する人が多くいますので、用意しておいた方が良いでしょう。

カマーバンドの色ですが、正式な場では必ず黒を着用して下さい。着用の仕方は、カマーバンドのヒダを折り目を上に向けてウエスト部分を覆う位置に付けます。サイズ調整もできますし、簡単にドレスアップできる便利なアイテムです。タキシードといえばカマーバンドをイメージする人も多いでしょう。

 

タキシード着用時のアイテムについて


タキシードを着用する際のシューズは黒のエナメル素材のオペラパンプスを履くのが基本です。黒のプレーントゥも可能ですが、金具を使ったシューズは避けて下さい

そして、ソックスも黒無地を履きましょう。タキシードを着用する際、小物も黒に統一しておくことで、格式の高い上品な着こなしができるようになりますので、カフスリンクスも黒蝶貝やオニキスなどの黒い石を使用するのがベストです。

 

いかがでしたか。これでタキシードの正しい着方はしっかりと把握できたことでしょう。

厳格に言うと夜の正装は燕尾服となりますが、近年燕尾服を着ることがほとんどないのが現状です。そのため、タキシードが実質的には夜の正装となっているのです。ですから大人の男性なら一着は持っておくべきと言えるでしょう。

タキシードはイギリスでは「ディナージャケット」フランスでは「スモーキングジャケット」と呼ばれており、モノトーンでまとめるのが定番なのですが、親しい人とのカジュアルなパーティーシーンではフォーマルな場ではNGとされている柄や色物を合わせるのもOKですので、意外と色々な使い道があります。普段さえない人でもタキシードをビシッと着ていると、ワンランク上の素敵な男性に見えますよ。

まとめ

タキシードの正しい着こなし方とは

・ベルトはNG。サスペンダーを着用
・フォーマルな場では黒のタキシードで
・ポケットチーフは必須
・カマーバンドでドレスアップ
・黒で揃えると格式が高くなる