格好良さが際立つ!パーティースーツ5つの着こなし術

格好良さが際立つ!パーティースーツ5つの着こなし術
パーティースーツで参加する集まりは、程良い緊張の中にもおしゃれ心を醸し出したいものですよね。出来れば格好よく見られたいし、センスの良い人と思ってもらいたいものです。社会人になると結婚式や取引先との集まり、イベントなどパーティーの席も多くなります

いつものビジネススーツで出かけると、場の華やかさに圧倒されて気落ちしてしまいがちですので、華やかな場に合った装いと着こなしの術を心得ておけば、気後れもせずパーティーを楽しむことが出来るでしょう。パーティースーツでさらに格好よく粋な男を演出できれば、今後のお付き合いも広がるというもの。でもどのようにしたらよいのか悩みどころです。

そこで今回はパーティースーツで格好よく決める着こなし術をお伝えします。

色・柄の決め方

パーティスーツを用意する時、どのような色柄にするか悩む方も多いことでしょう。ネイビー・グレーなどの定番色でも柄が入っていれば違う印象になります柄も様々あり、ストライプだったりチェックだったりとますます頭を抱えてしまいそうです。

パーティースーツ初心者に頼りになるのが「無地」。パーティースーツらしく光沢のある素材なら華やかになります。全体を1色にまとめるとすっきりとした印象になり、例えばネイビーのスーツに白か淡いブルーのシャツ、ネクタイもブルー系のストライプにするとアクセントになり引き締まって見えます。

また、パーティースーツの決め手となるのがポケットチーフ。さり気なくのぞかせる粋な演出も格好の良さにつながります。

 

自分に合ったサイズを

パーティースーツは見た目のサイズ感が合っていなければとても残念な印象になります。パーティースーツの格好良さは、見た目のサイズ感がぴったりなところも挙げられます。購入前の試着でジャケットの肩山と自分の肩のトップの位置が合うものでボタンを閉めた際にはウェストにこぶしが一つ入るくらいのゆるさがあることが大事です。

着丈も全体の印象を左右します。お尻が隠れるくらいのものをチョイスしましょう。パンツの丈は靴の甲部分に裾が軽く触れるくらい。長すぎるとだらしなく見えてしまいます。ウェストには手の平が入るくらいのゆとりがある方がよいでしょう。パーティースーツは自分の身体に合ったサイズのもので格好よく着こなしましょう。

 

シャツの色や柄にもこだわる

パーティースーツでシャツの色とデザインはこだわりたいものです。ジャケットの下に着るもので見える部分が少ないからと手を抜いては格好良さは遠のきます。

白のシャツはフォーマルであり無難ですがカラーのトーンを上げるとおしゃれ度が増してきます。パーティースーツがシンプルなデザインであってもシャツの色やストライプなどの柄がはっきりしたものを選ぶと明るい印象になります。

シャツの襟のデザインも様々ありますので、シーンに合わせることが大切です。「パーティースーツ用に」と専門店の人に相談すればスーツに考慮し顔立ちや首の大きさから似合うものをアドバイスしてくれることでしょう。パーティースーツはシャツの選び方にもきらりとセンスが光ります。

 

ネクタイ・チーフで印象を深める

パーティースーツの着こなしは慣れないうちはコーディネートに悩みますが、回数を重ねると遊び心も出てくることでしょう。パーティーの内容には様々ありますが、同じスーツでもネクタイやチーフなどの小物でぐっと印象が変わりますネクタイは人の視線も集まりがちですので、明るい色で光沢のあるものがよいでしょう。柄やストライプが大きいほど華やかな印象になりますが、過ぎると派手で落ち着きのない印象になりますので要注意です。

パーティースーツにポケットチーフやスカーフがあるとおしゃれに気遣う素敵な人と映ることでしょう。また蝶ネクタイもおしゃれですが、結婚式などフォーマルなパーティーでは夜の礼服となりますので、18時以降の席で着用するのがマナーです。

 

靴も格好よく!

パーティースーツが決まって気を抜きがちなのが足元のおしゃれ。靴も格好よく決めたいものですね。足元は「見る」というより何気なく「目に入る」ものです。その場のシーンに合っていなければ良くない印象として映りがちです。

靴のデザインも様々ですがパーティーという華やかな場では「ストレートチップ」か「プレーントゥ」を選びましょうカジュアルなパーティーならばローファーもOKです。色は黒がや茶色がどんなスーツにも合いやすくバランスもよいでしょう。

寒い季節だからとブーツはラフであるためパーティーには向きません。パーティースーツに合わせた靴でも汚れていたりかかとがすり減っているものは興ざめですので十分に気をつけましょう

 

以上、格好良さを際立たせるパーティースーツの着こなしについてお伝えしました。パーティースーツの着こなしは難しいところもあるのですが、場をわきまえ、おしゃれを楽しめば格好良さに磨きがかかります。パーティーは結婚式や会社の記念行事などのフォーマルシーンもあれば、友人たちとのカジュアルな集まりもあるでしょう。どんな場面でも多くの人がいます。

全体のバランスと色や素材を吟味して参加するとセンスも際立ちます普段のビジネススーツも清潔感に気を配りきちんと着用する癖をつけておくと、いざパーティーという時もハードルが低くなります。パーティースーツを格好よく決めると自然と人が寄って来て、交流も広がることでしょう。

まとめ

パーティースーツで格好よく決める着こなしのポイントは

・色は定番のネイビーやグレーでも光沢のある素材なら華やかになる
・パーティスーツのサイズは自分の身体に合ったものを選ぶ
・シャツの色や柄にもこだわる
・ネクタイは明るく光沢のあるものを用意する
・靴は「プレーンチップ」か「オープントゥ」が華やかになる。


連記事