セレモニースーツを新調!40代女性の魅力が引き立つコツ

セレモニースーツを新調!40代女性の魅力が引き立つコツ
セレモニースーツとは、冠婚葬祭の時に着用する、改まったスーツのことですが、どちらかと言えば、入学式や卒業式をイメージしますよね。

確かに現代では「セレモニースーツ」となると、具体的なスタイルとしては、喪服や結婚式の服装と言うよりも、子どもの入学式や卒業式などに着る、上品さを感じさせるスーツが一般的です。

全体的にも40代ともなると、ぱっと見若く見えても20代や30代では感じられなかった「体型の変化」が起こる方がほとんど。「これまでは似合っていたのに、いつの間にしっくりこなくなっていた!」そんな感想も多い年代ではないでしょうか。

もちろんセレモニースーツも然り。これから着る予定のある40代の方々なら、この際思い切って新調して、今の年代だからこそ美しく映えるセレモニースーツで出席したいですよね。

そこで今回は、40代女性の魅力が引き立つセレモニースーツを選ぶコツをお伝えします。

 

セレモニースーツを新調!
40代女性の魅力が引き立つコツ

 

40代女性のセレモニースーツの装い方

40代女性では「下腹が出る」「二の腕がたるむ」など、これまでになかった体型の変化が起こる方がほとんど。もちろん雰囲気や仕草、表情や声にもどことなく年齢がにじみ出るのも、仕方がありません。

そうなると「若い女性」が着るような服装でごまかそうとしても、ちぐはぐな印象しか与えなくなってしまうことに…。かと言って地味に装ったら今度は老けた印象を与えたりと、なかなか難しいものがあるのが、この年代ではないでしょうか。

したがって40代女性がセレモニースーツを選ぶとしたら、どのような装い方が理想的かと考えると…。

【 40代のセレモニースーツ☆40代の装い方 】

・ 「若い子ぶる」よりも「若々しく見せる」服装

・ 気になる体型をカバーしつつ美しく見える服装

・ 着やすく、かつ動きやすい服装

…これらに重点を置いてみるのがポイント。

もちろん服装に「ツレじわ」が出たり、ブカブカすぎるのはNG!しっかり試着をし、納得のいくセレモニースーツを選びましょう!

 

「スタイル」で気になる体型をカバー

セレモニースーツには様々な「スタイル」がありますが、もしスタイルで選ぶとするなら「ハイウエスト切り替え・Aラインのワンピース」に「バランスの良い丈のジャケット」のスタイルがおすすめ!

【 40代のセレモニースーツ☆Aラインのハイウエスト 】

★ ハイウエスト切り替え・しかもAラインのスタイルは「下腹が出てきた」「くびれがなくなった」さらに「太ももの外側に肉がついてきた」と言った、40代女性の気になる体型を見事にカバー!足を長く見せる効果が出るのが魅力。

・ その上にバランスの良い丈のジャケットを着れば、大人っぽく上品に見せてくれるはずです。

それとは逆に「全体的に細すぎて貧相な雰囲気」を気にしている方なら、スリムなスカートに、ぺプラムで裾をふわっと広げたジャケットが合わせてあるセレモニースーツもおすすめ。

【 40代のセレモニースーツ☆ぺプラム裾 】

★ ペプラムの裾は細い方が着るからこそ似合うもの!素敵に着こなせるはず。

このように、服装はある程度の「悩み」をカバーしてくれますので、着たことがない形でもチャレンジ!で、思わぬ発見になるかもしれません。

 

スカート丈も重要

もしも若々しさを狙って、40代女性が膝上丈のスカートのセレモニースーツを着用したら…、残念ながら素敵に着こなせる方はあまりいないのが現実。

きっちり身体を鍛えている方ならまだしも、やはり全体の雰囲気や肌や筋肉の質感が20代や30代のそれではなくなっているものなのです。

【 40代のセレモニースーツ☆膝下丈 】

★ したがって、40代女性のセレモニースーツのスカートは膝下丈が基本!やわらかい素材だったら重たく見えませんし、かえって違和感がなくなります

・ もし靴が決まっていたらぜひその靴を履くか持参してお店に行き、試着の際にスカートと合わせてみてください。

靴の高さによっても、スカート丈が美しく見えるバランスは微妙に変わってしまうのです。

 

セレモニースーツの「色」

入学式や卒業式のセレモニースーツなら、着用する季節は春。そうなると、スーツの色選びも重要なポイント。

【 40代のセレモニースーツ☆色合い 】

★ 母親としてこれらのセレモニーに出席する場合は、当然主役は子ども

・ そこで、白・クリーム色・ベージュ・ネイビー・グレーなどの上品で落ち着いた色味のスーツに、コサージュやパールのネックレスなどを合わせ、華やかさを加えてみてはいかがでしょうか。

この場合、目を引くようなビビッドな色味は、子どもよりも目を引いてしまう恐れがあるので注意。かと言ってパステルピンクやパステルブルーなどは、似合う方が着れば素敵なのですが、40代ですと少し肌がくすんで見える恐れがあるのです。

とは言え、落ち着いた色味にも「似合う・似合わない」が必ずありますので、しっかり吟味、試着を重ねて選んでみてください。

 

「素材」もよく考えるのが吉

40代のセレモニースーツでは「素材」も重要な要素。

【 40代のセレモニースーツ☆本物素材 】

★ 例えば、合成繊維のペラペラ感のある「なんちゃってシフォン」「なんちゃってジョーゼット」を、40代女性が着ると浮いてしまいます。

・ つまり「ジャンク感」のある服装が似合わなくなっているのです。したがって素材はウール100%、シルク100%などの「本物」をおすすめ。

もちろん織りがしっかりしていること、服の仕立てがよいことも重要です。

 

こんな「40代のセレモニースーツの装い」はNG!

最後になりましたが、40代のセレモニースーツの装いとしてNGなものを挙げておきます。

【 40代のセレモニースーツ☆NG例 】

・ 柄物・装飾過多なスーツ

・ ジャケットの襟ぐりやインナーの襟ぐりが開きすぎていて、胸元が見えるもの。

・ 網タイツ・柄入りストッキングを合わせること。

・ 細いピンヒールやサンダル・スニーカーを合わせること。

・ アクセサリーを全くつけないこと。

 

いかがでしたでしょうか、いろいろとお話しましたが、大切なポイントは、40代は身体の線や肌質に加え、雰囲気や表情にも年齢が出てくることに考慮して、これまでとは違った装い方を考える、ということ。

服装はその人となりを雄弁に語るもの。セレモニースーツを着るような機会に、安っぽいものや適当なもの、着飾りすぎやいかにも年齢とは合っていないものを選んで着てしまうと、奇異な印象を周りに与えてしまい兼ねません。

入学式や卒業式への出席なら、周りは当然「お母さん」としてあなたを見る訳ですから、さらに評価は厳しくなるはず。とは言え恐れる必要はなく、自分を素敵に見せてくれる服装を、真剣に探せば、きっとよいものに巡り合えます。

本記事を参考にしながら、この辺りは抜かりのないように、ぜひお似合いのセレモニースーツを手に入れてください。

まとめ

40代女性がセレモニースーツを選ぶポイント

・若い子ぶるのではなく、若々しく見せる
・体系をカバーするハイウエストのAライン
・細すぎる体系なら、ペプラムの裾
・スカート丈、靴と合わせて膝下丈
・試着をして自分に合った落ち着いた色味を探す
・ジャンクな素材ではなく、本物素材を選ぶ
・露出過多、色気、女性を感じるものは避ける


連記事