葬式マナー

フォーマルな装いのアドバイス

お通夜の服装、女性の装い注意すべき7つのこと

女性はいつでもオシャレに気を配りたいもの。それはお悔やみの席でも同じですよね。でも突然のお通夜で「これでいいかな」と思ってしたことが、故人や遺族に失礼な服装であってはお悔やみの気持ちも伝わりません。 女性はオシャレに気を配りつつ、お悔やみの席にふさわしい服装をしなければなりませんが、きちんとマナーを知っておか...
法事でのマナー

弔事のマナーを知らないと大恥をかくかもしれない9つの理由

訃報はいつその連絡があるかはわからないもの。悲しみにくれて慌てて準備をして出掛けるので心に余裕もないですよね。 でも通夜や葬儀・告別式に行って、「あれ?こういう時はどうしたらいいの?」と慌ててしまう場面もあります。弔事でのマナーを知らないととても恥ずかしい思いをしてしまうことになります。 「ちゃんとマナ...
葬式マナーについて

もしあなたが喪主の挨拶を代理するときに知っておくべき7つのこと

突然の訃報。遺族や親族の方は、哀しみや途方に暮れる間もなくお通夜や葬儀の段取りをしなくてはならなくなります。時間は待ってはくれませんから、何事もポイントを絞って行ってください。 今日は喪主になって、一番頭を悩ませるであろう「挨拶」の話です。 喪主の方が高齢・まだ小さいお子さんの場合は、親族の方が喪主代理...
社会人としてのマナー

冠婚葬祭で、黒スーツを着るときに絶対にやってはいけない7つの事

学生の時は制服で済ますことのできた冠婚葬祭用の正装。制服の時代を過ぎて大人になると、必ず用意しておかなければいけないものの一つが黒のスーツですですよね。 結婚式や式典などの正装といった慶事の時や、お葬式や法事などの弔事の時に活躍します。慶事はともかくとして、お通夜やお葬式などは急に出かけたりしなければならなか...
社会人としてのマナー

お悔やみの手紙であなたの真心を上手に伝える7つの方法

携帯で頻繁にメールのやり取りをしているのに、たとえば年賀状や絵葉書や手紙を出そうとしたとき、まるで筆が進まないという経験は、ありませんか? どんなに親しい間柄であっても、改まって手紙を書くとなるとなかなか文章が浮かんで来ないものです。 ましてそれが、訃報に際してのお悔やみの手紙となれば尚更のこと何を記し...
葬式マナーについて

海外の訃報に、お悔やみを英語でスマートに伝える7つの例文☆

日本語でも難しいお悔やみの言葉、それを英語でスマートに伝えるとなると、ずいぶんハードルが上がる気がしますよね。それでも海外の友人・知人はもちろん、仕事上の取引業者、協力会社、顧客に対して悲しい出来事が起きた時には、お悔やみの言葉を伝えなければなりません。 そこで今日は、そんな時とっさに使える、海外の訃報に、お悔やみ...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉、葬儀で受付を頼まれた時に使える例文7つ

親族や知人が亡くなった場合、葬儀の受付係を頼まれることがあります。具体的に、どのように受付業務を行ったらいいのかをイメージできる人は少ないでしょう。 不特定多数の方をお迎えする葬儀の受付は、結婚式などの受付とは全く異なる意味合いのものです。また、弔問客よりお悔やみの言葉を頂くことも少なくありません。 ...
葬式マナーについて

曹洞宗の葬儀に参列するときに知っておきたい7つの常識

現在日本には、同じ仏教でありながら多くの寺院、教義が存在しており、その中にそれぞれの宗派の違いがあります。 最澄が日本で最初に『日本天台宗』を開いてから、その後、平安時代から鎌倉時代にかけて、次々と新しい宗派が打ち立てられました。 天台宗、真言宗、曹洞宗など、全部で13の宗派があります。その中で、曹洞宗...
社会人としてのマナー

四十九日の香典相場を基に相手に失礼でない金額を決める7つのコツ

皆さん、冠婚葬祭にまつわるお金っていくら位包めばよいのかすごく悩みますよね~。 結婚式・葬儀・法事などさまざまな冠婚葬祭の行事がありますが、今回は四十九日に焦点を当ててお話ししていきますね。 そもそも仏教の場合、七日ごとに何らかの法要が行われるかと思います。これは、七日ごとに閻魔大王が使者に裁きを下すと...
葬式マナーについて

献花の場面で知らないと恥をかく7つの常識

葬儀でのマナーというと、服装や香典についてばかりに目が行ってしまいがちですが「花」も葬儀には欠かすことのできない大切な要素ですよね。 しかし、服装や香典についてのマナーについてはよく知っていても、花については知らない、知っているつもりでいる、勘違いしている、という方が多いのが現状です。 お花は遺族の心を...
社会人としてのマナー

男性の喪服のマナー、恥をかかない為に押さえておきたい7つの事

急のお通夜やお葬式など、男性は急に喪服が必要になる時も多々あるでしょう。お通夜でさえもできれば喪服を用意できればそれに越したことはないというものです。 葬祭の時にはずいぶん久しぶりにあう親戚や知り合いにも会ったりもしますよね。そして、この葬祭で出会ったっきりこれからもずいぶん会わない人もいるかもしれません。 ...
フォーマルな装いのアドバイス

法事は初めての方必見!葬儀の服装9つのマナー

成人し、社会人になり、結婚し…歳を重ねるごとに耳にする機会が増える「法事」ですが、そんな時に困るのが服装のマナーですよね。 法事は人生の中でそう何度も経験する事ではありませんので、何をどうしたらよいのか分からないのが当たり前です。ですが、大人として「知らなかった」と非常識にあたるマナー違反をしてしまい、故人や...
法事でのマナー

お布施の相場を知らずに失敗した7つの恥ずかしい話

お布施とは、仏教における意味においては、他人に施すことを表します。しかしほとんどの方がお布施と言われれば、お坊さんやお寺さんに渡す謝礼と思うでしょう。そしてその金額については明確な決まりがありません。 これは実は結婚式のご祝儀と同じで、要は気持ちなんですよね。しかしご祝儀も相場というものが決まっていて、ほとん...
法事でのマナー

直葬について知っておくべきメリットとデメリット

現代の日本では核家族化が進み、周囲との人間関係も希薄になりつつあります。家族が亡くなった時に考えなくてはならないお葬式ですが、こうした社会的背景から「直葬」を選ぶ人が増加しています。 直葬とは、通夜や告別式などの宗教的儀式を行わず火葬のみで済ませる葬儀形態のことです。 では直葬を選ぶ際、どのような点に注意す...
弔電マナーについて

心労でいっぱいの時にも、弔電へのお礼で最低限必須の7つのこと

家族との別れは誰にとっても辛いものです。しかし、ただただ、悲しみに暮れているわけにもいかないのも事実。悲しみを抱えながらも葬儀の手配など、やるべきことはたくさんあります。 そして、葬儀を終えて、ほっとしたのもつかの間、まだやるべきことがあります。葬儀を終えたからと、まだ安心してはいけません。そう、弔電のお...
弔電マナーについて

知らないと恥をかく!法事の香典についての7つのマナー

香典とは、故人に対する供養の気持ちを込めて霊前に供える金銭や品物のこと。法事では線香や生花、果物などの供え物をお渡しすることもありますが、最近では遺族の金銭的負担も考えて現金を包むのが一般的になっています。 香典についてもマナーがあり、ただ現金を渡せばよいというものではありません。故人へのご冥福を心からお祈り...
法事でのマナー

葬儀の受付を請け負った時に気を付ける7つのマナー

ある日突然、勤務先の重役や重要な取引先のご家族が亡くなったりすることありますよね。特に冬場になると昨日まで元気だった人が朝のトイレでポックリ・・・なんことは珍しくありません。 統計上も12月と1月は死亡数が多いという報告があります。そんなとき、従業員も葬儀の手伝いに駆り出されることが多く、会場でさまざまな係を...
法事でのマナー

お通夜に数珠は必要?数珠を持つ意味と使用のマナー7つ

数珠は、現在も葬儀や法要の際には欠かせないアイテムとなっていますね。しかし、その由来や意味を理解して使用している人はあまり多くは無いのではないでしょうか? 「葬儀には、何となく持っていくものだと思っている」「法要の際、みんなが使っているから使用している」このような人が少なくないように感じます。 また...
社会人としてのマナー

喪主の挨拶、最低限これだけすれば大丈夫な7つのこと

葬儀における喪主の挨拶はリハーサルのできないセレモニーです。かつ、会葬者(参列者)全員の耳目(じもく)を集める、とても重要なセレモニーでもあります。 また、喪主の挨拶は、「参列者の方が葬儀に参加して良かった」「後継者や残された遺族は彼(彼女)がいれば安心だな」と、感じてもらえる挨拶にする必要もある、とても...
タイトルとURLをコピーしました