三回忌の服装で迷ったら☆失礼にならない7つのポイント

三回忌の服装で迷ったら☆失礼にならない7つのポイント
三回忌の服装は告別式より時間も経っているため、迷う方も多いですよね。喜び事は服装のイメージもできるのですが、弔事はあまりイメージしにくいもの。特に法事になると、余計に分からなくなる方も多いです。

お仕事の関係でのお通夜やお葬式は、参列する機会が多いのに、三回忌の服装となると不安。「平服で…」と案内されても、どんな平服で行っていいのか…。そのようなお話をよく耳にします。

法事は三回忌だけでなく、七回忌やそれ以降行われる供養。その時々で服装も変わってきますし、参列者なのか、喪主側なのかでも違うマナーが…。法要時にも失敗しないよう、三回忌の服装を選びたいですよね。

そこで今回は、三回忌の服装選びのポイントを7つ、お伝えします。施主の意向によって違いがあるなど、状況に応じた判断は必要ですが、一般的な作法として参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

四十九日までの準備とは。施主が進める7つの手順

四十九日までの準備とは。施主が進める7つの手順
四十九日は一連の法要の中でも、大きな節目となる大切な供養ですよね。都心部では最近、ごくごく身内のみで執り行うものの、まだ全国的には四十九日までは、知人友人も集まる地域も多いのではないでしょうか。

初七日しか知らない方も多いですが、仏教の教えとしては、四十九日までの間、七日ごとに故人が生前に行った善行を審査され、来世の行先が決まるのです。

残された者は、故人がお裁きを受ける、七日ごとに拝むことで、故人の善行にしてもらい、極楽浄土へ行けるようにする、と言う考えが四十九日の供養。ただ遺族としては、悲しみが癒える間もなく、四十九日を執り行うため大変かもしれません。

故人が極楽浄土へ旅立っていけるように、お手伝いをしていると考え、大変でも何とか四十九日までは滞りなく進めたいですよね。そこで今回は、施主が行う四十九日の段取りと手順をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

納骨式のタイミングとは。施主が理解したい基本の流れ

納骨式のタイミングとは。施主が理解したい基本の流れ
納骨式は全国的に四十九日法要と共に行われることが多いですが、新しくお墓を建てる場合など、そのタイミングを逃してしまうと、いつ行えば良いのか、戸惑ってしまう方も多いですよね。

納骨を含めて法要は、施主にとってなかなか仕事が多いもの。お坊さんをお呼びして読経をお願いし、参列者の方々には案内をしながら人数も確認しなければなりません。法要後は会食を行うことがほとんどですから、その手配もあるはず。

こう考えると、それだけでもいっぱいいっぱいになりそうですが、さらに納骨時には、納骨ならではの段取りや手配もあるのです。あれもこれもと、バタバタしそうですが、納骨式は故人のためにも、滞りなく進めたいですよね。

そこで今回は、納骨式のタイミングと、納骨式前の準備で施主が知っておきたい、基礎知識をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

納骨式へ参列する。立場や形式によって違う服装マナー

納骨式へ参列する。立場や形式によって違う服装マナー
納骨式はお通夜や告別式とは違うため、どのような服装で参列すれば良いのか、迷う方も多いですよね。遺族でも納骨の時期によって、正式な喪服と限っている訳ではありませんので、TPOに合わせて決めていかなければなりません。

多くの納骨式では、お墓がもともとある場合には四十九日法要とともに…、新しく建てるケースでも一周忌や少なくとも三回忌までにはお墓を準備して、一周忌・三回忌の法要に合わせて執り行われることが多いはず。

けれどもより自由になってきた近年では、遺族のタイミングで納骨式のみ執り行う法要も増えてきました。そんな時には、遺族側も一般参列者側も、どこまでの服装で出向けば良いのか、基準が知りたいですよね。

そこで今回は、納骨式のみを執り行う際の基準となる、立場と時期、形式などで変わってくる服装マナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事の服装、基礎知識。立場や状況によって違う作法

法事の服装、基礎知識。立場や状況によって違う作法
法事の服装は、それぞれの立場や法要の内容によって変わるため、迷う方も多いですよね。特に法事だけに日ごろから慣れた場ではなく、「ブラックスーツを着用していれば大丈夫なのでは…。」と考えている方もいるのではないでしょうか。

法事の服装で特に気にしておきたいのは、「格式」があること。一般の参列者であれば、遺族の服装より「格上」であってはいけませんし、遺族側は一般の参列者の方々よりも「格下」になる装いはできません。

とは言え、きちんと理解していないと、何が格下で何が格上なのか…、判断に迷いますよね。そこで今回は、最も格上である「正喪服」から、格下となる「略式喪服」まで、それぞれの特徴を解説します。

本記事を一読して、それぞれの立場に合わせた法事の服装を着分けて出席してください。

[ 続きを読む… ]