法要

日常生活に使える知識やマナー

永代供養とは。終活するなら押さえたい、7つの選択

永代供養とはお墓を継ぐ人がいないことを前提とし、寺院や霊園などの墓地の管理者が遺族に代わって一定期間供養を行う、契約の形態を指しますが、終活をしたばかりだと、ピンとこない方々も多いですよね。 少子化が進んだ現代では、「お墓の維持の負担を掛けたくない」と、生前に永代供養の契約を結ぶ方が増えています。まさに人生の...
日常生活に使える知識やマナー

お彼岸にお墓参りをする理由☆押さえたい日本の風習

お彼岸といえば、「お墓参り」を真っ先に挙げられる方も多いですよね。この時期に入るとお墓参りのために、ふるさとに帰省する方も多いのではないでしょうか。それほどまでに私たちの生活に根付いている行事がお彼岸。 実は、この時期にお墓参りをするのは「日本だけの風習」なのは、意外と知られていません。「でもお彼岸って、仏教...
法事でのマナー

一周忌のお供え物マナー。おすすめの品々と心遣いの基本

一周忌にはお供え物を持参するのが、基本的なマナーです。一周忌のお供え物には食べ物やお花などを持参しますが、具体的に何を持参すればいいか迷うこともありますよね。金額の相場でも、一周忌におすすめのお供え物選びも、慣れることはあまりありません。 一周忌は、故人が亡くなってちょうど1年(同月同日)に当たる日。一周忌に...
法事でのマナー

一周忌法要の基本手順。スムーズに進める7つのポイント

一周忌など、通夜や告別式の後にも仏教には多くの法要がありますよね。一周忌とは、故人が亡くなってからちょうど一年目の命日のこと。その日に故人を供養するために営まれる儀式が一周忌法要と言われます。 一周忌法要では、普段は考えたこともない決まり事がたくさんありますし、こんな時にしか会わない親族もいて緊張する場にもな...
法事でのマナー

三回忌の服装や香典は?参列者が守るべき7つの基礎知識

三回忌の服装はキッチリとした喪服なのか…、悩む人が多いですよね。大切な人が亡くなった後、お通夜や葬儀などが終わってしまうと、あっという間に時間が過ぎてしまう気がします。 葬儀の後、故人を偲ぶ機会は「◯回忌」の法要としてやってきます。その中でも満二年目に行う法要を三回忌といいます。 葬儀には、親族だけでな...
法事でのマナー

初七日の法要。喪主がやるべき準備とは

初七日は本来、死亡した日にちを1日目と数え、そこから7日目に行われる法要のことをいいます。 しかし葬儀の後、参列者(特に遠方からの近親者)が再び7日目に集まるのが困難なこともあり、最近では、葬儀当日の遺骨迎えの法要(還骨勤行)と合わせて行うことが多くなっています。 また、告別式のお経のあとに続けて、初七...
法事でのマナー

三回忌を執り行う時。施主が進める7つの手順と準備

三回忌法要を執り行う時、施主が一人で進めようとすると、「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ…。」と混乱してしまうこともあります。慌てて落ち込みがちになる人もいますが、混乱するだけ多くのやるべきことがありますから、当たり前です。 特に施主となれば、三回忌法要の当日も、参列者のお出迎えから始まり、法要開始の挨拶、...
法事でのマナー

初七日法要の行い方。当日までに喪主が進める準備と方法

初七日法要とは、故人が「亡くなられた日を1日目として、その日から7日目に行う法要」のことです(亡くなられた前日を1日目とする地方もあります)。 仏教では亡くなられてから7日ごとに7回、故人の生前の行いに対する裁きが行われるとされています。初七日はまさに「最初の審判」の日ですので、無事に三途の川を渡って冥土に行...
法事でのマナー

忌明けとは?法要の手順と、その後に施主が行うべきこと

忌明けという言葉を聞いたことがない人は多くいます。配偶者や親が亡くなった場合に自分が喪主になったら、葬儀の手配をしますよね。喪主が通夜や告別式の準備や当日の取り仕切りなどもすべて担当するのです。しかし、葬儀が終わったからといって役割は終わりではありません。 今度は法要の施主として忌明けまでの期間に、中陰法要と...
法事でのマナー

三回忌とは何のため?葬儀後も続く知っておきたい法要知識

「三回忌」という言葉は何となく小さい頃から、親戚の法要の時に耳にしている言葉ですよね。しかし、「三回忌法要」というのは仏教の概念であるため、特定の宗教の行事ということで、一般的な公立の学校では授業中に学ぶ機会がありません。 そのため、「三回忌という言葉は聞いたことがあるけれども、よく意味を理解していない。」と...
法事でのマナー

初七日の当日の流れとは。喪主が抑える7つのマナー

初七日は、人の死後七日目にあたる日に行う法要のことで、亡くなられた方が無事に極楽へ行けるように、読経したり焼香したりします。 初七日の数え方は、亡くなられた当日を1日目と数えるところが多いですが、地域によっては亡くなる前日を1日目と数えるところもあるようですので、数え方には注意が必要です。 初七日を行う...
法事でのマナー

一周忌のお供え物に迷ったら。押さえたい7つのマナー

一周忌にはお供え物や香典などを持参して、参列者は法要に参加します。一周忌法要は、四十九日の次に大切な法要。故人が亡くなった丁度一年目の祥月命日(同月同日のことをいいます。この日をもって喪があけるという節目になるからです。 同月同日に一周忌法要をおこなうのが理想ですが、出席者の都合を考えて近い土日に法要をおこな...
法事でのマナー

三回忌とは?法要とは?社会人で知っていたい7つの常識

三回忌とは、お通夜やお葬式の後二年後に、故人を偲んで行われる「法要」のこと。「あれ?なぜ二年後なのに、”三回忌”なの?」と、戸惑いますよね。 実は三回忌も七回忌もご逝去された年を「一周忌」としています。そのため、現代の数え方では一年短いのです。また「法要」は故人の死後、七日目、十四日目、二十一日目のように七日...
法事でのマナー

法事法要の基礎知識。施主がおさえる流れ、準備と手順

法事・法要は一周忌を超えると遺族だけで行うので、なかなか参列する機会はありません。でも自分の親族が亡くなり施主側となると、人事と言えなくなるものなのです。 法事・法要の場で、まったく何の知識もなくいることは恥ずかしいこと。いざというときのため、施主側となったらどんなことに配慮し、準備を進めていったらいいか...
法事でのマナー

法事の基礎知識・営み方マナーがよくわかる7つのポイント

法事というのは、もともと仏様の教えを伝えるための仏法の事で、仏教の行事の全てをさしていましたが、現在では個人への供養や冥福を祈るためにお坊様にお経をあげていただくことを法要、法要を含めて後の食事会を行い子孫の幸福を祈願することを法事と呼んでいます。 仏教で魂は 産れる→死→審判→産変わる というサイクルで...
ビジネスマナー

納骨に必要な費用と準備が3分で分かる法要講座!

故人が亡くなった後、遺体を火葬しお骨にしたあと、お墓にお骨を納めることを「納骨」といいます。 納骨は、お骨になった故人をこの先ずっと供養していく場所に納める大切な作業とも言えます。ひとことで「納骨」といっても、宗派や遺族の考えによって、そのタイミングや納骨する場所もさまざまで、考えておきたいことも沢山ある...
ビジネスマナー

一回忌法要までの段取りがよくわかる、7つのステップ

故人が亡くなってからちょうど一年経った同月同日(祥月命日)のことを一周忌といいます。 一周忌が終わると、遺族の喪中期間が終わり、喪があけることになります。 通常、一周忌の法要は、祥月命日の少し前に行うものですが、最近では法要が簡略化されつつあり、亡くなったその日に一周忌の法要まで行ってしまうというケ...
タイトルとURLをコピーしました