法要

法事でのマナー

納骨はどのように進める?遺族が押さえる手順とマナー

納骨は、葬儀が済み火葬を経て、元に還ってきたお骨を扱うのですから、キチンとした手順を踏まなければなりませんよね。とは言え特にはじめてのことでしたら、何かとわからないことが多いもの。 人によっては新しくお墓を用意する必要がありますし、悲しむ間もなく様々な事柄や法要が重なりますから、納骨をどのように進めていいか、...
法事でのマナー

法要を行う時期。施主が理解したい初七日からの基礎知識

法要は、初七日や一周忌法要など、これらの法要に参列した経験のある方は多いですが、実際に自分が施主となって法要を営むことになったら、分からないことがたくさんありますよね。 喪主となってからたった一週間で、すぐに初の法要である初七日が訪れます。その後も四十九日と、施主になると悲しむ間もなく、次々と法要の機会があり...
法事でのマナー

一周忌を執り行う。見落としなく進めるチェック項目

一周忌の法要は、何度も執り行われる法要の中でも特に盛大に行うもの、と捉えている方々が多いですよね。遺族や親族だけでなく、故人の知人や友人も招くことになるので、その分準備も見落としのないよう慎重に進めていかなくてはなりません。 とは言え、法要を執り行うことに慣れている方は、ほとんどいないのではないでしょうか。そ...
法事でのマナー

49日とはどんな意味?子どもにも教えたい基礎知識とは

「49日とは、故人があの世に旅立つ日なので、節目となるから法要を行う」…。49日の捉え方は、おおよそこのようなものですよね。しかし、何故亡くなってから「49日目」が節目なのか…、しっかりと答えられる方は、大人でもそれほどいないのではないでしょうか。 この「49日とは何か」について紐解いてみると、実に様々ないわ...
法事でのマナー

49日の意味を理解する。法要前に理解したい7つの基本

49日の意味は、多くの方は故人の没後の法要のなかでも節目の日だとは理解しているものの、正確に誰かに伝えるとなると、曖昧な事が多いですよね。 現に49日の意味合いは、命日に何度か執り行われる法要の中でも、特に重要視されている日。遺族や親族以外にも故人の友人・知人を招いて盛大な法要を執り行い、供養をするのが一般的...
法事でのマナー

三回忌に香典を包むなら。押さえるべき基本のマナー

三回忌に香典を包むべきなのか、包むならその相場はどれくらいなのか…、悩む方々は多いですよね。三回忌とは、人が亡くなって二年目に行う法要のこと。 二年なのに三回忌?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、これは、亡くなったその日が一回目の忌日、丸一年が二回目、丸二年が三回目とされるためです。 三回忌では、遺...
日常生活に使える知識やマナー

永代供養とは?お墓の現代事情と、終活で人気の理由

永代供養とは、その言葉の意味あいから死後、永久的に供養をしてくれるサービス、というイメージを抱きますよね。以前の日本では、亡くなったら菩提寺に墓石を立て、代々続く子孫によって供養をしてもらうのが一般的でしたから、永代供養とはなじみが薄いという人も多いです。 しかし、永代供養とはコスト面でも手間の面でも、お墓を...
法事でのマナー

49日の服装に迷ったら。知っておきたい7つの弔事マナー

49日の服装はどのように選べばいいのか、迷う方も多いですよね。喪服がいいのか略式喪服でもOKとされるのか…。夏に行う場合、冬に行う場合でそれぞれに気を付けなければならないことはあるのか、などなど。 そもそも、人が亡くなって49日目に行う49日の法要。49日では、故人が極楽浄土へ行けるかどうかの判定が閻魔大王か...
法事でのマナー

一周忌法要に参列する。準備から押さえるマナーと基本

一周忌とは言え、大切な人がこの世からいなくなることは、心も体も大きなダメージを受けますよね。一緒に暮らしてきた家族はもちろん、かけがえのない時間を共に過ごした友人、同僚など、心の整理がつかない方もいるのではないでしょうか。 一方で一周忌には少しずつ心の傷が癒え、新たな気持ちで前向きに生活をしている人も多いかも...
法事でのマナー

納骨の仕方と費用相場とは。遺族が知りたい基礎知識

納骨は喪主にとって、大切な事柄のひとつですが、実際には大切な人がこの世から急にいなくなってしまったら、落ち込んだり気が動転してしまいますよね。悲しいなかでも役目があるこの時期、事前に持っている知識はとても力強く、喪主や遺族をサポートしてくれます。 万が一の時に焦ることなく、そして心残りなく、故人をしっかりと見...
法事でのマナー

法要と法事の違いとは?施主が押さえたい7つの知識

法要は初七日や四十九日などに行うもの。故人を偲び冥福を祈るために行う、大切な儀式です。友人や知人との会話で、「法事で田舎へ帰省するの」と交わしたことはありませんか?よく耳にする会話の一つではないでしょうか。 法事と言えば、親戚や知人が集まり、お坊さんにお経をあげてもらうイメージですよね。故人が迷うことなく極楽...
法事でのマナー

三回忌の香典はいくら包む?立場別で判断、7つの相場

三回忌の香典を、いくら包めばいいかわからないと迷う方々も多いですよね。通夜や告別式と異なり、法要はその家や施主によって行い方も様々です。菩提寺で法要を行い、会食、香典返しなどすべてをきっちりする場合もあれば、会食は自宅でというケースもあります。 三回忌の香典に包む金額は、そういった法要の実施規模によっても異な...
法事でのマナー

忌明け法要の基礎知識。施主が行う7つの手順とマナー

忌明けの知識や基本のマナーは、案外広く知られていません。大切な人が亡くなってから、四十九日までの間は忌中と言われ、仏教では亡くなった方の冥福を祈って喪に服す期間。そして喪に服す忌中の期間が終わったその日を忌明けです。 この忌明けの際に法要を行い、葬儀でお世話になった僧侶や親族、また故人の友人などを招いて法要を...
法事でのマナー

一周忌の挨拶。施主が押さえるマナーと7つの文例集

一周忌の挨拶は、施主の一連の仕事のなかでも、多くの参列者へ気持ちを伝える、大切なもの。 故人が亡くなった日から七日目を「初七日法要」、それ以降本来は七日目ごとに法要を行うしきたりがあり、四十九日目を「四十九日法要」とし、法要は死者の冥福を祈りその霊を慰める為に行います。 その後の区切りの法要として、死後...
法事でのマナー

納骨の服装。シチュエーションで見分ける7つの判断

納骨の服装は、通夜や告別式と違い、その時期もさまざまなだけに迷うことも多いですよね。ちなみに、故人の遺骨をお墓に納める儀式が「納骨式」。 多くの場合は、四十九日法要を済ませた後に執り行われることが多いですが、すぐにお墓が用意できないなど、場合によっては「百箇日法要」「一周忌法要」などに合わせて行われることもあ...
法事でのマナー

納骨のさまざまな形。知ることで選択できる7つの方法

納骨をどのような方法で行うかを考える機会は、あまりないですよね。自分が死ぬときの事を考えるのは、大病を患った時や年齢を重ねた時くらいですし、親の死についてもなかなか考える機会はありません。死んでほしくないと思うからこそ、考えたくないのです。 しかし、納骨の方法を何にするかは、生前に当人と家族で方向性をまとめて...
法事でのマナー

49日の服装マナー。迷わず準備するための基礎知識とは

49日の服装マナーは葬儀の時とどう違うのか、いまいちわからないという人は多いですよね。 一周忌を過ぎると、黒を基調とした地味な平服であればいい、とも言われていますが、49日法要は故人が亡くなった日から、数えて49日目とまだ日が浅い法要。さすがに、平服を着るわけにはいけません。 また、49日法要というのは...
法事でのマナー

一周忌法要に招かれたら。失礼なく参列する7つのマナー

一周忌法要は、故人が亡くなってから満1年が経過した命日、もしくは命日に近い日取りで行うため、戸惑う方々も多いですよね。 一般的には故人の家族や親戚など、近しい関係の人が集まって行われますが、生前に親しかった友人なども、施主から招かれたら参列するケースもあります。 法事は最大で三十三回忌まで。回数を追うご...
日常生活に使える知識やマナー

お彼岸の意味合いとは。大人が抑えるべき7つの風習

「お彼岸」と言う言葉は、日本人であれば幼い頃から誰もが馴染みのある言葉。ただ、お彼岸の風習と言えば、お墓参りを思い浮かべるものの、そもそもお彼岸とは、いつのことを言うのか、ハッキリと答えられない人も多いですよね。 お彼岸は、春分の日と秋分の日の前後3日を含めた、それぞれ7日間の期間を言います。つまり、お彼岸は...
タイトルとURLをコピーしました