納骨の服装。シチュエーションで見分ける7つの判断

納骨の服装。シチュエーションで見分ける7つの判断
納骨の服装は、通夜や告別式と違い、その時期もさまざまなだけに迷うことも多いですよね。ちなみに、故人の遺骨をお墓に納める儀式が「納骨式」。

多くの場合は、四十九日法要を済ませた後に執り行われることが多いですが、すぐにお墓が用意できないなど、場合によっては「百箇日法要」「一周忌法要」などに合わせて行われることもあります。

しかし、法要に合わせて執り行われる式でも、納骨式そのものの服装に関しては迷われる方も多いのではないでしょうか。喪服で参列するべきかそうでなくても良いのかに始まり、ごく内輪のみの法要ならどうなるのか…、ということも考えられますね。

そこで今回は、納骨式の際の服装をシチュエーションで見分けながら、マナー違反にならないポイントを、それぞれお伝えします。

[ →続きを読む… ]

49日の服装マナー。迷わず準備するための基礎知識とは

49日の服装マナー。迷わず準備するための基礎知識とは
49日の服装マナーは葬儀の時とどう違うのか、いまいちわからないという人は多いですよね。

一周忌を過ぎると、黒を基調とした地味な平服であればいい、とも言われていますが、49日法要は故人が亡くなった日から、数えて49日目とまだ日が浅い法要。さすがに、平服を着るわけにはいけません。

また、49日法要というのは追善法要の最後の法要でもあります。追善法要とは、故人が亡くなってから七日ごとに行う供養のための法要で、この期間は御祝い事を控えるなど喪が開けていない期間と捉えられるのが一般的。

49日の服装マナーも、一周忌以降の年忌法要とは切り分けて考えなくてはいけないだけに、マナーある49日の服装を心がけたいですよね。そこで今回は、葬儀と同じ正式な喪服を着るべきなのか、準礼服なのか平服なのか、迷いやすい49日の服装についての基礎知識を解説します。

[ →続きを読む… ]

永代供養とは。終活するなら押さえたい、7つの選択

永代供養とは。終活するなら押さえたい、7つの選択
永代供養とはお墓を継ぐ人がいないことを前提とし、寺院や霊園などの墓地の管理者が遺族に代わって一定期間供養を行う、契約の形態を指しますが、終活をしたばかりだと、ピンとこない方々も多いですよね。

少子化が進んだ現代では、「お墓の維持の負担を掛けたくない」と、生前に永代供養の契約を結ぶ方が増えています。まさに人生の終わりのための活動である、終活のひとつと言えるのかもしれません。

ただ、永代供養とは実に様々な形態があり、メリットもデメリットもあるもの。そのことをよく理解した上で選択をしてこそ、自分の希望に沿った安心して眠れる場所を見つけられますよね。

そこで今回は、終活するならぜひ押さえたい、永代供養とは何かを、その選択肢とともにお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お彼岸とは何?子どもに言い伝えたい、由来と豆知識

お彼岸とは何?子どもに言い伝えたい、由来と豆知識
お彼岸とは何か、子どもに堂々と伝えられる人は案外少ないですよね。「お彼岸とは?」の問いに限らず教えたい、日本での代々伝わる神様を崇めて大切にする行事。

あなたも子供の頃から、「お彼岸とは?」と敢えて考えなくても、当たり前のように家族と一緒に、先祖が祭られているお墓や寺院に、1年のうちに何回か出向いて日頃の感謝の気持ちを伝えてきたのではないでしょうか。

そもそもお彼岸とは仏教の教え。悩みや煩悩に溢れている私達が住む世界「此岸(しがん)」から、布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧の修行をすることで、「彼岸(ひがん)」まで行くことが出来る、という考え方なのです。

けれども、お彼岸にお墓参りをするのは、日本独特の習慣だということなど、「知らなかった!」と驚くことも多いですよね。

そこで今回は、毎年当たり前のように行っているお彼岸の儀式。子供に伝え繋げたい、その由来と豆知識をお伝えします。まずは大人が知っておきたい「お彼岸とは?」の答え。本記事で見つけてください。

[ →続きを読む… ]

お通夜の服装。突然の訃報に備えて押さえておきたいポイント

お通夜の服装。突然の訃報に備えて押さえておきたいポイント
予期しない訃報が入ってくることは珍しくありませんが、そんな時に困ってしまいがちなのがお通夜の服装です。こまめに近況を報告し合える関係ではない人の訃報は、本当に思いもかけないタイミングでやってくるものですから、準備ができていないこともありますよね。

特に若い人の場合は、まだまだ友人やお世話になった上司や恩師などの訃報を聞く場面が少ないため、急な連絡にはパニックになってしまうことも多いでしょう。でも、急にやってくるものとはいえ、お通夜も大切な儀式の一つです。そんな席で「急いでいたから」という言い訳は通用しません

大人になったらお通夜の服装に困らないように準備をしておくべきだということは昔から言われています。でも、どういった点を押さえれば良いのでしょうか。

そこで今回は、突然の訃報にも対応できるように、押さえておきたいお通夜の服装のポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]