お通夜の服装。突然の訃報に備えて押さえておきたいポイント

お通夜の服装。突然の訃報に備えて押さえておきたいポイント
予期しない訃報が入ってくることは珍しくありませんが、そんな時に困ってしまいがちなのがお通夜の服装です。こまめに近況を報告し合える関係ではない人の訃報は、本当に思いもかけないタイミングでやってくるものですから、準備ができていないこともありますよね。

特に若い人の場合は、まだまだ友人やお世話になった上司や恩師などの訃報を聞く場面が少ないため、急な連絡にはパニックになってしまうことも多いでしょう。でも、急にやってくるものとはいえ、お通夜も大切な儀式の一つです。そんな席で「急いでいたから」という言い訳は通用しません

大人になったらお通夜の服装に困らないように準備をしておくべきだということは昔から言われています。でも、どういった点を押さえれば良いのでしょうか。

そこで今回は、突然の訃報にも対応できるように、押さえておきたいお通夜の服装のポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

法事の常識。招かれた際に気を付けたいマナーとは

法事の常識。招かれた際に気を付けたいマナーとは
ある程度大人になると、「法事」という言葉自体は知っている方も多いですよね。では実際、「法事ってなんなの?」と聞かれた時に、正確に答えられるでしょうか。恐らく上手く答えられない方が多いことでしょう。類似した言葉の「法要」との区別はついていない方もいるかもしれません。

法事は、冠婚葬祭の中の1つとして扱われており、大人としては知っておくべき最低限のこと、知らない方が可笑しいと言われてしまうこともある儀式です。なので、なにか常識と違う事をしてしまえば、周りの人にマナー違反と思われてしまうことでしょう。しかし、そんな法事で守るべきマナーは、学校等ではあまり教えてもらえません。

そこで今回は、法事の常識、法事に招かれた際に気を付けたいマナーについてお伝えします

[ →続きを読む… ]

納骨をするための基礎知識。遺族が進める、7つの手順

納骨をするための基礎知識。遺族が進める、7つの手順
納骨の方法と言えば、まず「お墓への埋葬」ですよね。故人から特別な要望がなければ、先祖代々の墓に納骨したり、用意してあったお墓に納骨するのが一般的

ただ、ひと口に納骨と言っても、遺族として行う時、いつどんなタイミングで納骨するのか…、戸惑う方々も多いです。と言うのも地域や遺族の事情によって異なるものだからです。

さらに最近では多く納骨方法があり、一概にお墓に納骨する、と言うものだけではなくなっています。お墓を持たず、自宅で供養する人や、粉骨して海などに散骨する人もいるのです。

さらには共同墓地などへの納骨の選択など、その供養スタイルは人それぞれに多様化している今だからこそ、基本的な部分を押えた供養をしたいですよね。そこで今回は、納骨時に遺族が行いたい、基本の供養と手順をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

一周忌とは?香典や供物など葬儀後のマナー

一周忌とは?香典や供物など葬儀後のマナー
一周忌と聞いて、すぐに内容までわかる方はすくないかもしれないですよね。社会人になってくると、仕事の関係でお通夜やお葬式へ出る機会が少しずつ増えていきます。また身内になるとその後の初七日や四十九日・一周忌にも出席することでしょう。

最近は核家族化が進んで、仏事に詳しい人も身近に少なくなってきました。昔は法事や仏壇のしきたりを自然と教え受け継いできたものですが、今は誰にどのように聞いたらよいのか分からないという人も多いのです。お通夜への出席はしたことがあるけれど、一周忌に何度も出席をしたことがある人は少ないのではないでしょうか。若い人ならなおさら経験は少ないですよね。

しかし、法事の場面では親戚が集まることになりますし、経験があまりなくても最低限のマナーは守っておきたいところです。

そこで今回は、いざ出席するとなった時に慌てないように、一周忌法要のマナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

知っておきたい!一周忌法要の準備と流れ

知っておきたい!一周忌法要の準備と流れ
一般的に人が亡くなると、ご家族は葬儀、そして、その一年後に『一周忌』とその『法要』を営むのが通例ですよね。大切な方とのお別れは、言葉では言い尽くせないくらい辛い出来事ですが、一周忌までのその1年というものはあっという間です。事実を受けとめることが出来ず、心の整理も出来ていないままにその日を迎えるご家族も少なくないでしょう。経験した人でなくてはわからない哀しみと言えます。

しかし、その中でもやっと故人との楽しかった想い出を振り返ることが出来るようになるのも、実はその頃かも知れません。一周忌の法要は故人のご供養とともに親戚や友人・知人にも集まっていただき、故人を偲ぶと共に、日頃遺族を心配してくださっていた皆様にお礼の気持ちを伝える時でもあるのです。

そこで今回はそんな大切な一周忌にしなければいけないことや知っておきたい準備と流れについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]