法事の常識。気になる香典の金額相場から書き方まで

法事の常識。気になる香典の金額相場から書き方まで
法事は通夜や葬儀とは違い、故人の親族や関係の深かった人が集まる場ということもあり、法事の香典の金額相場も気になるところですが、香典袋の書き方のマナーも気になりますよね。法事は、故人の冥福を祈る仏教の儀式で、法事の香典は、故人への供養の気持ちをあらわすものです。現代では、花や線香の代わりに香典袋と呼ばれる封筒に現金を入れて、遺族に手渡しすることが通例です。

香典の準備は、通夜・葬儀からはじまり、その後に法事の香典として、初七日、四十九日と続きます。また、年忌法要として一周忌、三回忌、七回忌、追悼法要としての初盆もあるため、法事の常識として、金額相場と香典袋の書き方をきちんと知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、気になる香典の金額相場から書き方までをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

「忌明け」とは?喪主が準備しなくてはならない5つの事柄

「忌明け」とは?喪主が準備しなくてはならない5つの事柄
忌明けとは、喪に服す期間が終わる日の事を指します。故人の魂は無くなってから七日ごとに現世での行いについて裁きをうけ、四十九日目にようやく成仏すると考えられています。四十九日を満中陰といい、この満中陰をおえてようやく、故人は極楽浄土へと旅立つのです。この満中陰を終えると忌明けとなり、遺族は普段の生活にもどるのです。

忌明けの法要は故人の魂を極楽へ送り出すものとしてとても重要です。しかし、大切な家族を亡くした中で、四十九日のことまではなかなか考えが及ばないこともあるかもしれませんよね。そこで今回は、「忌明け」とは?喪主が準備しなくてはならない5つの事柄をお伝えします。四十九日の法要をきちんと終え、穏やかな気持ちで忌明けを迎えることができるようにしましょう。

[ 続きを読む… ]

49日とはいつから?数え方や意味など、7つの基礎知識

49日とはいつから?数え方や意味など、7つの基礎知識
49日とは何かと聞くと、「知っている!」という方も多いですよね。確かに、故人が亡くなった後、49日で喪が明けるのだとか、法要をする日だとか、部分的に49日とは何かを知っている人は多くいます。

しかし、「なぜ49日なのか」とか、「49日とは、どんな意味合いがあるのか」など、基礎的な知識がない方は意外といるのではないでしょうか。日本では亡くなった人を供養するのに、仏教式の葬儀を執り行うケースが大半。

しかし、敬虔な仏教徒だという方は少なく、何となく両親や先祖代々のお墓や供養の仕方が仏教式だから、という理由の人が多いため、49日とはどんな意味を持つのか、知らないのも無理はありません

しかし、「49日とは、どのような意味を持つのか」を知っていると、その間を過ごす心持ちが大きく変わりますよね。子ども達にも説明ができます。

そこで今回は、49日とは何なのか、知っておくべき基礎知識を7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事の服装に迷ったら。法要で見分ける7つの基礎知識

法事の服装に迷ったら。法要で見分ける7つの基礎知識
法事の服装は何を着るのが正解なのか、わかりづらいものですよね。最近では個人の没後7日目に執り行う初七日法要も、火葬後すぐに繰り上げて行うことも多く、その場合は喪服を着替えることなく、そのまま参列するケースがほとんど。

ただ、四十九日や三回忌などの法事の服装となると、迷うことが多いとの声が、アンケート結果にも出ていますが、それは、このような場で着る「喪服」の格式に迷うから、ではないでしょうか。

同じ法事の服装でも、遺族と一般参列者では必ず、格式の違う喪服を着なければなりませんし、法事の種類によっては必ずしも喪服ではなくても可ということも…。確かにこうなると、ただ格式の高い喪服を着れば良い、と言う訳ではありませんよね。

そこで今回は、法事の種類によってどのような服装をすれば良いのか、7つの基礎知識と題してお伝えします。

[ 続きを読む… ]

初めての四十九日法要。準備すべき5つのこと

初めての四十九日法要。準備すべき5つのこと
人は亡くなると、七日毎に現世での行いについて裁きを受け、四十九日目にようやく、裁きを終えて魂の行き先が決まります。四十九日までを中陰、四十九日を満中陰といいます。満中陰を過ぎると忌明けとなるため、四十九日の法要は1回忌までの法要の中で最も大切な日になります。

しかし、大切なご家族を亡くした中では、なかなか四十九日の法要まで考えが及ばないこともありますよね。そこで今回は、初めての四十九日法要。準備すべき5つのことをお伝えします。初めての四十九日法要となれば、何かと不安は尽きませんが、この5つのポイントをおさえておけば大丈夫です。大事なポイントをしっかり押さえて、故人の四十九日法要を穏やかな気持ちで迎えましょう。

[ 続きを読む… ]