三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!

三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!
葬儀の香典相場などは分かるけれど、三回忌法要など、年忌法要の香典袋の表書きは何と書いたら良いのか、金額の相場はどのくらいなのかなど、結構悩んでしまうことが多いですよね。服装などもどうしたら良いのか意外と考えてしまうもの

そもそも三回忌は、何年目なのかについても把握していない場合もあります。気になることを言い出したら、三回忌法要の香典はもちろんの事、お布施はどうしたら良いのかなど結構わからないことも多いことでしょう。また、三回忌法要の香典袋の表書きは、仏教、キリスト教、神道などによってやはり違うものなのでしょうか。

そこで今回は、三回忌法要で持参する香典や供物に関する疑問を解決!三回忌法要について様々な角度からお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

法事で香典を渡すマナー。社会人が押さえる7つの基本

法事で香典を渡すマナー。社会人が押さえる7つの基本
法事の香典、いざとなると準備に迷う事も多いですよね。思えば、「親戚の集まりなのでは両親が仕切っていたので、今まで何も意識していなかった…。」と言う方も少なくありません。だけど社会人になって、弔事のことを教えてくれる人はいない…。

社会に出るとオフィシャルの場がぐっと広がります。初めての社会人の方は、緊張することも多いのではないでしょうか。結婚式の喜び事なら、気軽に話せてわからないことも聞けるけど、弔事やお悔やみ事となると、気軽に話せない雰囲気があるもの。

今まで何気なく出席していた法事、香典マナーも含めて、いざ自分が招待されると戸惑う事ばかり。ましてや他人に法事の香典の金額を聞くなど、出来るものではありませんよね。

そこで今回は、社会人なら知っている、法事の香典参列に関するマナーをまとめました。気になる法事の香典相場についても触れているので、是非参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

法事の香典マナーとは。時間が経つからこそ守りたい基本

法事の香典マナーとは。時間が経つからこそ守りたい基本
法事の香典は、お通夜や葬儀でも細やかなマナーで迷いがちななか、その判断基準も曖昧で準備に戸惑う方も多いですよね。法事の香典の場合、一周忌から三十三回忌まで、法事の内容もさまざまに異なるため、その時々による判断が難しいのではないでしょうか。

法事は香典だけではなく、服装なども戸惑うところ。四十九日まではお通夜や葬儀と同じようなブラックフォーマル(礼服)を着れば問題ありませんが、一周忌を越えると、施主の方々の服装よりも各上のスタイルで参列する訳にはいきません。

同じように法事の香典も、自分よりも目上の方々よりも多くを包んではいけないのではないか…、などなどの心配事も出てきますが、出来れば何事もなく、礼儀ある法事の香典を包みたいですよね。

そこで今回は、法事の香典の基本的なマナーと、全国的な相場など、包む金額の判断基準などをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

一周忌でのお布施の目安。お坊さんへ包む、7つのマナー

一周忌でのお布施の目安。お坊さんへ包む、7つのマナー
一周忌のお布施、お坊さんに包む際には、守らなくてはいけないマナーが意外と多いですよね。通夜や告別式などの葬儀の時には、葬儀社がすべてを手配してくれ、お坊さんへのお布施なども、分からなければアドバイスをしてくれます。

けれども、一周忌は施主が直接お寺に依頼をして行うことが多いため、すべて自分で決めなくてはいけないのが大変!

また、一周忌のお布施には料金設定がありません。お坊さんやお寺の方から「御布施はいくらです」と金額を提示されることがないため、お布施を包まないといけないことを知らずに、渡さなくても何も指摘されないのです。

しかし、これは大変失礼に当たりますから、忘れないように気を付けたいもの。しかし、お寺からお布施についての案内がないと目安がわからないですよね。

そこで今回は、一周忌でのお布施の金額の目安や、お坊さんに包むときのマナーを7つのポイントに分けてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは
四十九日の法要はお葬式の後に始めて行う重要な儀式として、ほとんどの方に認知されていますが、喪主になったら何をして良いのかわからない人が多いのが現実ですよね。心構えなく喪主になるのですから仕方のないことですが、故人のためには滞りなく行いたいものです。

そもそも四十九日法要とは、故人が死後49日後に仏様の元へ向かうとされていることから、故人を心安らかに見送るための特に大切な儀式とされています。そのため、喪主はこの重要な四十九日法要をしっかりと把握しておく必要性があるのです。本位牌の用意や式場・僧侶の手配など準備も多く、心休まる暇もありませんが、ここは喪主として法要を堂々と取り仕切りましょう。

そこで今回は、はじめての喪主でも四十九日をスムーズに行うために必要な準備から当日の四十九日の流れ、費用などについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]