法事でのマナー

法事でのマナー

納骨にかかる費用の相場を押さえて無駄を省く7つのコツ

日本では、ほとんどの場合、遺体を火葬したあと骨壷に納めます。そしてしばらくの間は仏壇や祭壇などに安置し、その後、お墓や納骨堂などに納めます。これを「納骨」と言います。 現在は、少子高齢化や核家族化、非婚化が進み、。先祖代々の墓を守り続けるのは困難になってきています。お墓参りに行くことができなかったり、費用を安...
法事でのマナー

法事に参加するときのマナー、これだけは知っておきたい7つの事

法事は、法要とも言われますが、亡くなった人の命日に冥福を祈り供養をする行事です。四十九日や一周忌、三回忌などの法要の名前は、聞いたことがあるかたも多いですよね。 身内に不幸が少なければ幸いなことですが、長くお付き合いを続けていれば、いつか誰かに必ずあるものなのです。そんな大切な法事の時に、失礼があっては大変!...
法事でのマナー

いくら包んだら良い?お布施の金額を決める5つのポイント

「えっ、そんなに高額?!」「お気持ちで結構です…と言われても正直分からない!」お布施に関しての疑問は、親族も頭を抱える所ですよね。宗教でのお金の話はタブーとも言えますし、そもそも金額設定があるものでもありませんし…。 故人の遺志を尊重し、故人が信仰していた宗教に沿った法事を行いたいと思うのは当然です。遺族とし...
フォーマルな装いのアドバイス

法事は初めての方必見!葬儀の服装9つのマナー

成人し、社会人になり、結婚し…歳を重ねるごとに耳にする機会が増える「法事」ですが、そんな時に困るのが服装のマナーですよね。 法事は人生の中でそう何度も経験する事ではありませんので、何をどうしたらよいのか分からないのが当たり前です。ですが、大人として「知らなかった」と非常識にあたるマナー違反をしてしまい、故人や...
法事でのマナー

喪主の挨拶、あなたが長男の場合に考えてほしい9つの事

葬儀や通夜の時に喪主が挨拶している様子を見ると、深い悲しみの中、涙をこらえながら立派にまっとうする姿に感動すると同時により悲しみが増すこともあるものです。 長男が喪主を務めることも多いかと思いますが、そうそう日常的に経験するものでもありませんので、機会をみつけてひととおりのことは頭にいれておくことが肝要ですよ...
法事でのマナー

お布施の相場を知らずに失敗した7つの恥ずかしい話

お布施とは、仏教における意味においては、他人に施すことを表します。しかしほとんどの方がお布施と言われれば、お坊さんやお寺さんに渡す謝礼と思うでしょう。そしてその金額については明確な決まりがありません。 これは実は結婚式のご祝儀と同じで、要は気持ちなんですよね。しかしご祝儀も相場というものが決まっていて、ほとん...
法事でのマナー

ゲストに感謝の気持ちが伝わる、喪主の挨拶7つのポイント

大好きな人が亡くなってしまったときでも、喪主はその悲しみに暮れてばかりはいられません。故人がこの世に生を受けている間にお世話になった全ての方、葬儀に参列してくれた方々に、故人に変わってお礼の言葉を述べるという大事な任務があります。 でも、喪主って人生のうちでそう何度もやるものではありませんので、どう立ち振る舞...
法事でのマナー

直葬について知っておくべきメリットとデメリット

現代の日本では核家族化が進み、周囲との人間関係も希薄になりつつあります。家族が亡くなった時に考えなくてはならないお葬式ですが、こうした社会的背景から「直葬」を選ぶ人が増加しています。 直葬とは、通夜や告別式などの宗教的儀式を行わず火葬のみで済ませる葬儀形態のことです。 では直葬を選ぶ際、どのような点に注意す...
法事でのマナー

喪主の挨拶をする際に注意する7つのマナー

考えたくはないけれど、決して逃れることはできない家族の死。深い悲しみの中にありながらも、故人をあたたかく送り出してあげるのが家族の使命です。 通夜と葬儀を取り仕切るために、まず決めるのは誰が喪主を務めるかということ。もしあなたが務めることになったらどうしますか? 急なことだけにゆっくりと準備を進めている...
法事でのマナー

これが出来なきゃ赤っ恥、法事の時に気をつけるべき9つのマナー

法事はあまり会った事のない親戚とのやり取りがあるなど緊張することの多いものです。 あらかじめ日にちは決まっている場合がほとんどなので用意をする時間はあります。常識人として法事の一日をやりすごすことの出来るとよいですね。 場数を踏めばなんてこともないのでしょうが、あまり 赤っ恥を書きたくないものです。 ...
弔電マナーについて

知らないと恥をかく!法事の香典についての7つのマナー

香典とは、故人に対する供養の気持ちを込めて霊前に供える金銭や品物のこと。法事では線香や生花、果物などの供え物をお渡しすることもありますが、最近では遺族の金銭的負担も考えて現金を包むのが一般的になっています。 香典についてもマナーがあり、ただ現金を渡せばよいというものではありません。故人へのご冥福を心からお祈り...
法事でのマナー

お悔やみ状で困った時に使える!おすすめの7つの文例集

お悔やみ状とは、通夜や葬儀などに弔問出来ない際、また後から訃報を知った際に送るものですよね。マナーとして頭語及び時候の挨拶を省き、伺うことの出来ないお詫びを述べ、遺族を気遣います。 そこで今日はお悔やみ状で困った時に使える7つの文例をご紹介します。 お悔やみ状で困った...
法事でのマナー

葬儀の受付を請け負った時に気を付ける7つのマナー

ある日突然、勤務先の重役や重要な取引先のご家族が亡くなったりすることありますよね。特に冬場になると昨日まで元気だった人が朝のトイレでポックリ・・・なんことは珍しくありません。 統計上も12月と1月は死亡数が多いという報告があります。そんなとき、従業員も葬儀の手伝いに駆り出されることが多く、会場でさまざまな係を...
法事でのマナー

お通夜に数珠は必要?数珠を持つ意味と使用のマナー7つ

数珠は、現在も葬儀や法要の際には欠かせないアイテムとなっていますね。しかし、その由来や意味を理解して使用している人はあまり多くは無いのではないでしょうか? 「葬儀には、何となく持っていくものだと思っている」「法要の際、みんなが使っているから使用している」このような人が少なくないように感じます。 また...
法事でのマナー

葬儀の受付を頼まれた際にまずやること7つ

葬儀などの冠婚葬祭を取り仕切るのは難しいものとして、ハードルを高く設定している方も多いと思います。普段とは違う細かいマナーやルールの中で動くことですから、仕方の無いことかもしれません。ただ、、基本さえ押さえてしまえば、さほど難しいことではありません。 当記事の詳細な説明を読めば、誰にでもできることでしょう...
法事でのマナー

直葬を選んだ際に配慮すべき7つのこと

近年、増えているのが直葬と呼ばれる、お葬式を行わずにそのまま火葬だけを行うケースです。最近はニュースなどでも、たびたび耳にする言葉ですので、耳にされる方も増えていると思います。 日本で、直葬が増えた背景には、経済的な要因、宗教的な要因、人間関係に帰する要因が主な理由でしょう。 冠婚葬祭は特にお金が掛...
法事でのマナー

法事ののし、知らないと赤っ恥!7つのマナー

法事ののし、ややこしいですね。のしにはそれぞれ書き方に細かい決まりがあり、必要に迫られて準備する段階になっても迷う方が多数派でしょう。筆者自身もいつも法事の際にはのしの準備には手間取っていました。法要の種類によっても異なりますし、宗教によっても異なります。 良い歳をした大人が間違えるのは大変恥ずかしく、可...
フォーマルな装いのアドバイス

結納の服装について、当人・出席者が注意するべき7つのこと

結納の意味をご存知ですか? 婚約が成立したことを形としてあらわすために、両家が取り交わす儀式のことを言います。その歴史は長く、なんと1400年前から続いているようです。 ここでは、結納時の服装について、当人と出席者が注意するべき7つの点について、ご紹介します。 結納の服...
法事でのマナー

お葬式の日程を決める際に絶対知っておくべき7つのこと

お葬式の日程、と言われて思いつくのは友引は避けること、くらいは大抵の方はご存知ですが、では他には?と問われるともう判らない方が多いのではないでしょうか。 葬式は日本ではほとんどの方が仏式で執り行います。これは宗教儀式ですから作法やしきたりが色々とあって聞かなければ判らない部分が多いのです。 詳細に見て行...
タイトルとURLをコピーしました