一周忌に招かれた際のマナーとは。準備すべき5つのこと

一周忌に招かれた際のマナーとは。準備すべき5つのこと
一周忌とは、故人が亡くなってちょうど一年目の日のことをいい、「祥月命日(しょうつきめいにち)」ともいいます。最初に行う年忌法要です。この日をもって、喪中明けとなります。一周忌は命日に行いますが、都合が付かない時は、前倒しで行うことがあります。一周忌では、お坊さんが御経を読み上げたり、お墓参りをしたり、故人を偲ぶ食事会をします。

親族や知人の方の一周忌の法要に招かれた時、服装はどうしよう、香典はいくら?と迷う方も多いですよね。社会人としても、一周忌のマナーを身につけておきたいものです。一周忌の法要に招かれた時、気をつけることには、どのようなことがあるのでしょう。

そこで今回は、一周忌に招かれた時、迷った時に参考になる、準備しておきたいことやマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

49日の迎え方。服装やお布施など守るべき5つのしきたり

49日の迎え方。服装やお布施など守るべき5つのしきたり
葬儀の後、初七日の法要と同じくらい重んじられるのが49日の法要ですが、服装や僧侶に納めるお布施などはどうすればよいのか、迷ってしまう方が多いですよね。しかし49日は、この日を境に「忌明け」となる節目の日ですので、準備の段階や法要の当日にその場であたふたと迷うことのないように、しきたりやマナーなどをあらかじめ頭に入れておきたいものです。

そこで今回は、49日の法要での服装や、僧侶へのお布施、また49日の法要に向けての準備などについてお伝えいたします。誰もが営む立場には慣れていない法要ですが、これらを念頭に置けばいろいろな場面で安心ですし、心に余裕ができればきっと、故人により一層寄り添った供養ができることでしょう。

[ 続きを読む… ]

三回忌の迎え方。お布施など特に知りたい関連費用を解説!

三回忌の迎え方。お布施など特に知りたい関連費用を解説!
法事のマナーの中でも、三回忌のお布施についてどれくらい包めば良いのか悩むという声は少なくありませんよね。冠婚葬祭には様々なマナーがありますが、中にはとても難しいものもあります。

親族や知人など大切な人が亡くなると通夜や葬儀からはじまり、その後も様々な法要が続きます。一周忌、三回忌を過ぎると、回を重ねるほどに身内だけで行う法要になっていきます。

その法要のなかでも三回忌は、親族のみではなく故人の近しい方も参列する最後の法要とも言えますので、参列者の方にも失礼のないようにしっかりとした配慮が必要になります。

そこで、今回は三回忌の迎え方。お布施など特に知りたい関連費用など、正しいマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事のお供えどう選ぶ?金額から贈る品まで5つのマナー

法事のお供えどう選ぶ?金額から贈る品まで5つのマナー
一周忌や三回忌などの法事にはお供え物がつきものですが、何を持っていけばよいのか迷いますよね。そもそも、法事のお供え物は無条件で何でもよいものなのかも気になりますし、葬儀と同じように法事も重要な行事なので、失礼なことだけは避けたいものです。

また、お供え物の相場も気になるところで、建前では金額の問題ではなく気持ちが大事なのかもしれませんが、それでもあまりに安いものは持っていきにくいものです。お供えの「物」と「金額」が妥当でも、それ以外に色々とマナーがありますので、法事のお供え物一つでも、かなり神経を使います。失礼な行為や物を選んで非常識な大人と見られないように、マナーをしっかりと押さえておきましょう

そこで今回は、法事のお供え物の金額から贈る品物についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

四十九日法要はいつ執り行う?その準備と費用は?

四十九日法要はいつ執り行う?その準備と費用は?
身近な人が亡くなって、葬儀、告別式には参列したことがあっても、その後の四十九日法要となると、何をするものなのか分からないという方もいらっしゃいますよね四十九日は忌明けの法要ということで、遺族だけで供養する初七日などと違って、親戚や故人と親しくしていた友人・知人・必要に応じて会社関係やその他の関係の方も招いて盛大に行うのが一般的です。

四十九日法要は、執り行うためにあたり、事前に準備することがたくさんあります。しかし、葬儀後の気持ちの整理がつかないままその準備を進めていくと、大なり小なりトラブルが起こり得る可能性があります。四十九日法要は一つの節目となる大切な法要です。スムーズに進めるためには段取りをしっかりしておく必要があります。

そこで今回は、急な知らせにも慌てないよう四十九日法要はいつ執り行うのか、またどういったことから始めて、どう進めていけばよいのか?その具体的な準備や費用についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]