家族葬とは、どんな葬儀?選択前に理解したい7つの特徴

家族葬とは、どんな葬儀?選択前に理解したい7つの特徴
家族葬とは、もともと「家族のみで送り出したい。」と、密葬に近いお葬式スタイルを執り行ったことが始まり。ただ最近の家族葬とは、密葬のように、葬儀後に「○○さんを偲ぶ会」などの、一般弔問客を集う会が執り行われない傾向にあるのが特徴。

「家族葬とは、どのようなイメージがあるのか。」を聞いたアンケートでは、おおよその人が、葬儀が大きくない、近親者のみで費用も安いお葬式をイメージしています。

ただ、家族葬とは一概に近親者のみの安い予算で執り行うお葬式、と言う訳ではなく、実はそのイメージは、若干の違いがあるのです。

それでは、近年人気の家族葬とは、本来どんなことが特徴的で、どんな部分が魅力なのか…、気になりますよね。そこで今回は、家族葬とはどんな特徴があるのか、ぜひ知っていて欲しい7つの事柄をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

葬儀マナーは大丈夫?押さえておくべき5つのポイント

葬儀マナーは大丈夫?押さえておくべき5つのポイント
突然の葬儀でマナーがわからず困った・・という場面。多くの人が経験したことがありますよね。葬儀では悲しみに包まれている中で静粛な空気が流れていますから、その場の空気を乱さぬようにしっかりとマナーを守って参列したいものです。

ですが、めったにない葬儀では多くの人がマナーや常識を知らないというのが現実なのです。葬儀のマナーは知っておくと必ず役に立つことですし、ある程度の年齢になっても知らないでいると、大人として恥ずかしい思いをします。そして、マナーがわからないことで落ち着かなくなってしまうと、肝心の故人を悼む気持ちが台無しになってしまうので、葬儀での正しいマナーは身につけておくべきでしょう。

そこで今回は、葬儀で押さえておくべきマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

告別式のマナーをおさらい。宗旨宗派によって押さえる作法

告別式のマナーをおさらい。宗旨宗派によって押さえる作法
告別式のマナーはいざ参列する段階になって、社会人として失礼がないか不安になることも多いですよね。お香典の相場や包み方から始まり、服装や言葉使いまで…。何となく理解はしていても、曖昧だと気づく方は案外多いのではないでしょうか。

確かに告別式のマナーは、他の日常の作法よりも、繊細に配慮しなければなりませんが、葬儀の形式が分かっていれば事前にチェックしておき、後は忌み言葉や殺生をイメージさせるものを避けるなど、基本となるいくつかを覚えておけば大丈夫。

とは言え、葬儀前に聞きたい葬儀形式やスタイル、基本となるマナーの概要も分からない、などなどの不安はありますよね。そこで今回は、誰でも分かるように、準備段階で理解しておくことで回避できる、告別式マナーの基本をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

通夜の作法を理解する。意味から覚える7つのマナー

通夜の作法を理解する。意味から覚える7つのマナー
通夜での作法には様々なものがありますよね。通夜は、冠婚葬祭の儀式の1つですから、ルールやマナーがあり、それを守れないと失礼に当たるだけに、「知らない」「聞いてない」「誰からも教えてもらっていない」などと、言い訳をすることは通用しないのが辛いところ…。

未成年であれば、通夜での作法ができていなくても、子供だからと多めに見てくれるかもしれませんが、大人になってからマナーがなっていないと、周囲から軽蔑されてしまうことに。何より遺族の方に対して大変失礼にあたり、不快な思いをさせてしまうかもしれません。

確かに通夜の作法はたくさんあるため、すべて覚えておくのは困難。けれども、1つ1つの作法の意味を知って、正しいマナーを自然と身につけて行けたら、楽そうですよね。そこで今回は、意味から覚えるマナーを7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

気持ちを伝えるお悔やみ電報の送り方と文例3選

気持ちを伝えるお悔やみ電報の送り方と文例3選
訃報を受けとった際、悲しみを胸に湛えるご遺族の方々へのお悔やみ電報はどのように送ればよいのか悩みますよね。本来ならばすぐにでも駆けつけて故人の死を悼む気持ちを伝えたいものです。しかし遠方だったり仕事でどうしても参列できない場合は、心を込めて気持ちを伝えるお悔やみ電報を送ることをお勧めします

電話でのお悔やみは葬儀の準備などでご遺族は忙しいと思われますので、出来れば避けたいものです。ご不幸の際に打つお悔やみ電報は気が重いかもしれませんが、ご遺族のお気持ちを察して、忌み言葉などを使わないような配慮も必要です。失礼のないよう、ご遺族へのいたわりの気持ちも添えてお悔やみ電報を送りたいものです。そこで今回は気持ちを伝えるお悔やみ電報の送り方と文例3選をお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]