香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー
香典を連名で渡すケースは、故人が勤務先の関係者やサークル等の友人の場合など、通夜や葬儀の席では多々あります。また故人と家族ぐるみでつきあいがある場合、連名にすべきかそうではないのか、というのも考えどころでよすね。

香典を連名にする時にも、やはりそこには気をつけたいマナーが存在します。礼儀を守ることももちろん必要ですし、香典を渡された遺族がすぐに「誰から贈られたものなのか」わかるような工夫も必要なのです。

とは言え、このような機会は誰にとっても、それほど多くないはずです。「そう言えば、どうなのかな?」と準備段階になって、迷うこともありますよね。

そこで今回は、香典を連名で渡す時、ぜひとも意識して準備したい、基本のマナーを7つお伝えします。覚えておくと、様々なケースで役に立つ知識ばかりです。

[ →続きを読む… ]

知っておきたいお焼香の意味とその手順

知っておきたいお焼香の意味とその手順
葬式などに参列すると、「お焼香って何度すればよいのだろう?」とわからなくなってしまい、前の人を参考にすることがありますよね。若い人だと葬式に参列する機会も少ないですから、お焼香に戸惑う方も多いのではないでしょうか。

前に人がいれば、その人の回数にあわせてお焼香をすればよいのですが、自分が最初になってしまった場合、若い人ならばまだしも、ある程度年を重ねた人がお焼香に戸惑っていたら、この人はお焼香の仕方も分からないのかと呆れられてしまうことでしょう。

年を重ねるにつれ、葬式や法事などに参列することが増えていきます。そのような時にお焼香で戸惑わずにすむよう、予めお焼香の手順は把握しておきたいものです。

そこで、今回はお焼香の意味と手順についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お葬式のマナーは大丈夫?間違えやすい7つの注意事項

お葬式のマナーは大丈夫?間違えやすい7つの注意事項
お葬式のマナーは最低限押えておかないと、いざ訃報の連絡があった時に、慌ててしまいますよね。訃報は、予期せず突然連絡が入ってくるもの。

お葬式のマナーは服装ひとつにしても「あれがない!」「これはどうしたらいいんだっけ?」と、準備をしていないどころか、何を準備したらいいのかもわからず、右往左往してしまうことになります。

結婚式や法事など、あらかじめ予定がわかっているものならば、前もって準備をすることも可能ですが、お葬式やお通夜となると、前もって準備をする時間的な余裕はありません

大切な人とのお別れの時に、そんな大慌てをしてしまっては、心を落ち着けてゆっくりとお別れは出来ませんよね。そこで今回は、大切な故人の葬儀で丁寧に弔えるよう、社会人が押えたい、お葬式のマナーの注意事項をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お焼香の仕方をおさらい。突然でも慌てない7つの基本

お焼香の仕方をおさらい。突然でも慌てない7つの基本
「お焼香の仕方」に戸惑うことってありますよね。冠婚葬祭の伝統を重んじる日本人ですが、いざお葬式に参列した際に「そう言えば、正式にはどうだったけ…」と思うことが多いのです。

「前の人のお焼香の仕方を真似すればいいや」と思う方も多いかも知れません。しかたし、マナーに則って順番を待っている時、なかなか前の方のお焼香の仕方は見れないもの。正しいお焼香の仕方を知らないと、いざという時に困ってしまいます。

もしかしたら、後に続く人にとっては自分のお焼香の仕方が規範となるのですから、間違った仕方はできません。大人であれば理解して、堂々とお焼香台に立ちたいですよね。そこで今回は、いざというときに役立つ、お焼香の仕方の7つの基本をお伝えします。正しいお焼香の仕方をおさらいしてください。

[ →続きを読む… ]

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文
喪主の挨拶は、自分が遺族の立場で喪主となった時、いろいろな場面で必要があることに気が付くものです。特に葬儀では、参列して下さった方々に故人の意思や感謝の気持ちを伝える、大切な喪主の挨拶があります。

もちろん、基本の形できちんと感謝の気持ちを伝える、喪主の挨拶は大切ですが、「それではあまりにありきたりで、気持ちが参列して下さった方々に届かない…。」なんて思うこともあるかもしれません。

葬儀社などがアドバイスしてくださる、喪主の挨拶の言葉をそのまま話すのではなく、自分らしさや故人のエピーソード等のアレンジを加えることで、「喪主の挨拶を心に響くものにしたい!」と思いますよね。

そこで今回は、参列して下さった方々に真心を伝えるために、おすすめしたい喪主の挨拶をお伝えします。

[ →続きを読む… ]