葬儀屋に就職する☆仕事内容や給料など知りたい5つのこと

葬儀屋に就職する☆仕事内容や給料など知りたい5つのこと
葬儀屋で働く際の給料はどのくらいなのか気になりますよね。これから葬儀屋に就職・転職を考えている人はなおさらでしょう。普通の仕事とは異なる職業なので知らないことも多いはずです。葬儀屋に就職する場合は給料の面だけでなく、実際の仕事内容や休日の取り方なども事前に情報を集め準備をしておきたいものです。

葬儀と聞くと内心穏やかではありませんが、誰でもいつかは経験する大切なセレモニーです。亡くなった故人を偲ぶ大事な席ですので、遺族に寄り添う温かい思いやりの心はもちろん、同僚や関係スタッフ、またお寺さんとのコミュニケーションの高さも求められます。そこで今回は、葬儀屋に就職する前に知っておきたい仕事の内容や給料面などをお伝えします。

葬儀屋の仕事内容

葬儀屋での給料はとても気になるところですが、まずは仕事の内容を知っておきましょう。

葬儀屋は亡くなった方のご遺体を管理し通夜から葬式まで段取りをします葬儀というのは人が亡くなったことの連絡を受けたところでご遺体を引き受け、通夜から始まる葬式の内容を決めていきますご遺体を適切に清め安置した後に通夜の準備に入り霊柩車や火葬の手配もします

通夜終了後はご遺族へ告別式の段取りを相談し、内容を決め実施します。すべてのセレモニーが終了した後も片付けや事務処理があります。葬儀屋の仕事は悲しみの場のご遺族に気持ち寄せながら進めなくてはなりませんが、お役に立つ重要な役割を担っています。葬儀屋でいただく給料の重みは額に関わらず計り知れません。

 

葬儀屋の給料

葬儀屋で働く場合の給料は大きなチェックポイントでしょう。もちろん多いに超したことはないのですが、相場というものがあります。

大手の葬儀屋の場合の給料相場は一般的に平均サラリーマンと同じくらいの年収となっています。中堅としては年収500万円ほど都会であれば地方に比べてやや多い年収となっています。初任給は大卒で20万円程で入社後の研修期間は少なく規定されている会社もあります

また葬儀屋にも営業職があり病院や高齢者施設などから紹介をもらった際にはマージンが入る場合があります経験者は優遇されるところがほとんどです。葬儀屋の給料は葬儀屋の規模や地域によって違いがありますので、事前のチェックを怠らないようにしましょう。

 

葬儀屋の休日

葬儀屋の給料は一般的なサラリーマンとほぼ同じのようですが、休日はどうなっているのか気になりますよね。葬儀がない場合は朝9時から17時頃までの勤務となっていますが、葬儀という仕事の性格上勤務時間は不規則になりがちです。もちろん当番制で夜勤もあります。葬儀屋の給料で魅力的なのはこの夜勤手当も該当するでしょう。しかしながら夜中に呼び出しがかかる時もあり、土日祝にゆっくり休めるわけではありません

シフト制になっているところがほとんどです小規模の葬儀屋であればなおさら休みは曜日に関係ないようです。葬儀屋は日にち曜日に関わりなく仕事が舞い込みますので、大変な仕事ではありますが、お別れの儀式を滞りなく進めて差し上げる社会的使命も担っています

 

葬儀屋に向いている人

葬儀屋で働く際の給料の額はとても気になりますが、果たして自分にやれるのかと不安に思う方も多いことでしょう。悲しみの中の人々に接するのは、慣れないうちはストレスを感じる人も多いようです。しかし葬儀屋の仕事は多くの方から求められている貴重な職です。亡くなった方やご遺族に心寄せ、故人の旅立ちのお手伝いは大きなやりがいも生まれることでしょう。

葬儀屋に就職する場合は給料の面だけで判断するのではなく、人のために情熱を持って動ける人が向いていると言えます。葬儀屋の仕事は誠実で丁寧な応対が必要です。コミュニケーション能力も求められます。特に人と接することが好きで人情家の人は葬儀屋の仕事も十分にやっていけるでしょう。

 

葬儀屋の将来性

葬儀屋の給料は平均的なサラリーマンの収入と同じくらいと記しましたが、葬儀屋の将来性を見通しておくのも大事です。冠婚葬祭の中でブライダル業界は少子高齢化の影響もあり先細りだと言われています。実際、結婚しても式は挙げないというカップルも多く方向転換を迫られているホテル現場もあります。しかし葬儀屋はなくてはならず、必要とされています

葬儀のスタイルも年々変化しており家族葬に見られるような小規模な式が増えてきたり、終活も盛んになり個性を重要視した葬儀内容も充実していますそれに伴い葬儀屋の給料もUPする可能性もあります。スタイルは変わっても葬儀そのものの需要は事欠きませんので、柔軟に対応できる葬儀屋がますます増え競争も激しくなるでしょう。

 

以上、葬儀屋に就職する☆仕事内容や給料など知りたい5つのことをお伝えしました。葬儀屋の仕事は時間的にかなり厳しい職業ではありますが、社会に求められる大事な役を担っています。葬儀は宗教によっても執り行い方が違うので葬儀屋はたくさんの知識も必要です。

故人とご遺族に悔いが残らない通夜・告別式になるよう、心を込めてお手伝いが出来るのが葬儀屋ならではの仕事で誇りを持って勤しむ方がほとんどです。葬儀屋の給料は会社の規模や地域性でも違いがありますので、就職を希望の際は十分な下調べが必要です。また葬儀屋で働く際は給料の面だけでは決められませんので、様々な角度から吟味するとよいですね。

葬儀屋は人々から必要とされている有難い職業といえるでしょう。

まとめ

葬儀屋における仕事の内容や給料面等とは

・葬儀屋は亡くなった方のご遺体を管理し通夜から葬式まで段取りを執り行う
・葬儀屋の給料は大手の場合平均サラリーマン年収と同じくらい
・休日は仕事の性格上、曜日日時に関係なく呼び出さされる場合もある
・人と接することが好きで人情家が向いている
・葬儀屋の仕事は増える傾向にあるが同業者との競争も激化する可能性がある


連記事