お葬式

葬式マナーについて

お悔やみの言葉、葬儀で受付を頼まれた時に使える例文7つ

親族や知人が亡くなった場合、葬儀の受付係を頼まれることがあります。具体的に、どのように受付業務を行ったらいいのかをイメージできる人は少ないでしょう。 不特定多数の方をお迎えする葬儀の受付は、結婚式などの受付とは全く異なる意味合いのものです。また、弔問客よりお悔やみの言葉を頂くことも少なくありません。 ...
フォーマルな装いのアドバイス

慶弔両方に使える黒バックを選ぶ際の7つのポイント☆

ブラックフォーマルとは、いわゆる喪服や礼服を指す言葉で着用する服は黒ですよね。身に着けて良いアクセサリーは結婚指輪と真珠のネックレスまでなど、様々な決まり事があります。 中でも、バッグは、最も目立つファッションアイテムの1つです。だからこそ気になるのが、冠婚葬祭時のバッグの選び方です。昨今では、ライフスタイル...
法事でのマナー

いくら包んだら良い?お布施の金額を決める5つのポイント

「えっ、そんなに高額?!」「お気持ちで結構です…と言われても正直分からない!」お布施に関しての疑問は、親族も頭を抱える所ですよね。宗教でのお金の話はタブーとも言えますし、そもそも金額設定があるものでもありませんし…。 故人の遺志を尊重し、故人が信仰していた宗教に沿った法事を行いたいと思うのは当然です。遺族とし...
法事でのマナー

喪主の挨拶、あなたが長男の場合に考えてほしい9つの事

葬儀や通夜の時に喪主が挨拶している様子を見ると、深い悲しみの中、涙をこらえながら立派にまっとうする姿に感動すると同時により悲しみが増すこともあるものです。 長男が喪主を務めることも多いかと思いますが、そうそう日常的に経験するものでもありませんので、機会をみつけてひととおりのことは頭にいれておくことが肝要ですよ...
フォーマルな装いのアドバイス

金欠時は買うよりオススメ!礼服のレンタル7つのとっておき活用術

冠婚葬祭には無くてはならない礼服ですが、みなさんは日ごろからご用意されていますか?「数年前に買ったけどほとんど着ていないしお手入れもしていない」という人が多いようです。 それももっともで、男性なら礼服の上下と白・黒一色のネクタイがそれぞれ一本ずつあれば概ね間に合いますが、女性の場合はそうもいきません。シーンに...
フォーマルな装いのアドバイス

実際行ってみて反省した、葬儀の服装での良し悪し7つのポイント

20~30代の方は結婚式にはたくさん出席しているけど、葬儀にはまだあまり出る機会がない方がたくさんいらっしゃるかと思います。40代になってきて、徐々に増えていく感じでしょうか? 「葬儀に参加するときの服装って、だいたい黒であれば他は何でもいいんだよね?」と私自身思っていましたが、実際に葬儀に参列してみると・・...
法事でのマナー

ゲストに感謝の気持ちが伝わる、喪主の挨拶7つのポイント

大好きな人が亡くなってしまったときでも、喪主はその悲しみに暮れてばかりはいられません。故人がこの世に生を受けている間にお世話になった全ての方、葬儀に参列してくれた方々に、故人に変わってお礼の言葉を述べるという大事な任務があります。 でも、喪主って人生のうちでそう何度もやるものではありませんので、どう立ち振る舞...
法事でのマナー

喪主の挨拶をする際に注意する7つのマナー

考えたくはないけれど、決して逃れることはできない家族の死。深い悲しみの中にありながらも、故人をあたたかく送り出してあげるのが家族の使命です。 通夜と葬儀を取り仕切るために、まず決めるのは誰が喪主を務めるかということ。もしあなたが務めることになったらどうしますか? 急なことだけにゆっくりと準備を進めている...
法事でのマナー

お悔やみ状で困った時に使える!おすすめの7つの文例集

お悔やみ状とは、通夜や葬儀などに弔問出来ない際、また後から訃報を知った際に送るものですよね。マナーとして頭語及び時候の挨拶を省き、伺うことの出来ないお詫びを述べ、遺族を気遣います。 そこで今日はお悔やみ状で困った時に使える7つの文例をご紹介します。 お悔やみ状で困った...
法事でのマナー

お葬式の日程を決める際に絶対知っておくべき7つのこと

お葬式の日程、と言われて思いつくのは友引は避けること、くらいは大抵の方はご存知ですが、では他には?と問われるともう判らない方が多いのではないでしょうか。 葬式は日本ではほとんどの方が仏式で執り行います。これは宗教儀式ですから作法やしきたりが色々とあって聞かなければ判らない部分が多いのです。 詳細に見て行...
弔電マナーについて

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の場合の7つのマナーと知識

最近、広まりつつあるのが「家族葬」です。密葬とも呼ばれ、家族や親族、そしてごく親しい友人のみで故人を送るのが特徴です。一般の会葬者への心遣いが必要なく、故人との最後の別れを存分に確保できるため、家族葬を選択する方が増えています。また、故人が高齢で友人・知人が少ない、葬儀予算をあまりかけたくない、故人の遺言でこじんま...
タイトルとURLをコピーしました