49日の服装に迷ったら。知っておきたい7つの弔事マナー

49日の服装に迷ったら。知っておきたい7つの弔事マナー
49日の服装はどのように選べばいいのか、迷う方も多いですよね。喪服がいいのか略式喪服でもOKとされるのか…。夏に行う場合、冬に行う場合でそれぞれに気を付けなければならないことはあるのか、などなど。

そもそも、人が亡くなって49日目に行う49日の法要。49日では、故人が極楽浄土へ行けるかどうかの判定が閻魔大王から下されると言われています。そのため、遺族は人の死後7日ごとに、故人が極楽浄土へ行けるように法要し供養しているのです。

実はそんな意味でも、49日の法要は最も重要とされる法要で、僧侶に読経してもらったり会食の場を設けたりと、規模も大きくなります。

「葬儀から日も経っているから」と、49日の服装に迷いつつ「葬儀からさほど日が経っていないから」その程度を決めかねますよね。そこで今回は、弔事マナーと併せて49日の服装についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

謙譲語を正しく使う☆ビジネスシーンで役立つ言葉

謙譲語を正しく使う☆ビジネスシーンで役立つ言葉
謙譲語とは、自分または自分の側にあると判断されるものの主体を下げた表現をし、相手側を立てて敬意を表す言葉。「自分や自分側を『へりくだる』表現」とも定義されますが、「下げる」や「へりくだる」という言葉自体、今ひとつピンときませんよね。

実はこの謙譲語、使いこなそうと調べると、よりややこしい壁にぶちあたります。それは、「謙譲語」と呼ばれるものが2種類に分類されている、ということ!余計にわかりづらくなりそうですよね!

けれども、分け方の意味合いを理解すれば、さほど難しくはありませんし、噛み砕けばとても簡単。

そこで今回は、ビジネスシーンで間違えのない敬語をスムーズに使いこなせるために、「2種類の謙譲語」の基礎知識と、間違えやすくて恥ずかしい勘違いをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

記念日サプライズを家族に☆愛情が再燃するポイントとは

記念日サプライズを家族に☆愛情が再燃するポイントとは
記念日サプライズは、恋人同士の頃にあるものだと思う夫婦は多いですよね。恋人の頃は、忘れることなくお祝いしていても、家族になるとそんな気分に薄れてしまうものです。

「昔はきちんと覚えていてくれたのに!」「何だか冷たくなったなぁ」などと、大切な家族から悲しいことを言われている方々も、多いのではないでしょうか。

もしもそのような状況だったら、何とかして名誉挽回せねばなりません!何気ない毎日の中で、愛情や感謝の気持ちを伝えることも大切。けれども、一年に一度の記念日こそ、忘れずに記念日サプライズで感激させて、愛情を表現したいですよね。

記念日のサプライズは特に印象に残りますので、名誉挽回するにはとても良い機会!そこで今回は、家族に記念日サプライズ!を仕掛けて、お互いの絆が深まるアイデアをご提案します。

「そう言えば…。」と思い当たる節のある方は、ぜひ本記事を参考に、パートナーを思い切り感激させてあげてください!

[ →続きを読む… ]

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー
香典を連名で渡すケースは、故人が勤務先の関係者やサークル等の友人の場合など、通夜や葬儀の席では多々あります。また故人と家族ぐるみでつきあいがある場合、連名にすべきかそうではないのか、というのも考えどころでよすね。

香典を連名にする時にも、やはりそこには気をつけたいマナーが存在します。礼儀を守ることももちろん必要ですし、香典を渡された遺族がすぐに「誰から贈られたものなのか」わかるような工夫も必要なのです。

とは言え、このような機会は誰にとっても、それほど多くないはずです。「そう言えば、どうなのかな?」と準備段階になって、迷うこともありますよね。

そこで今回は、香典を連名で渡す時、ぜひとも意識して準備したい、基本のマナーを7つお伝えします。覚えておくと、様々なケースで役に立つ知識ばかりです。

[ →続きを読む… ]

のし袋の書き方、大丈夫?勘違いしやすいマナーとは

のし袋の書き方、大丈夫?勘違いしやすいマナーとは
のし袋の書き方は、案外日頃から意識している人はいないものですが、いざ準備する時になって、のし袋の書き方に迷ってしまう人も多いですよね。

例えば、「あれ?表にはどのように書くんだっけ?」「漢数字がわからい」「薄い墨?濃い墨?迷ってしまう」などなど…。確かに多くの方々が迷いやすい、のし袋の書き方ではありますが、自信がないまま書き進めていくのは、もうやめたいもの。

社会人なら正しいのし袋の書き方は常識!いつ書くことになったとしても、スマートに対応したいですよね。そこで今回は、改めて確認しておかないと、意外と勘違いしやすい、のし袋の書き方をお伝えします。

慶事・弔事ではのし袋の書き方が全く違います。一般的によくある勘違いを確認して、違いをハッキリとさせてしまえば、安心です。

[ →続きを読む… ]