尊敬語と謙譲語の違い☆間違えやすい7つのフレーズ

尊敬語と謙譲語の違い☆間違えやすい7つのフレーズ
尊敬語と謙譲語は大抵セットで出てきますが、どう違うのかを説明しようとするとなかなか難しいですよね。社会に出たらそれらを上手く使い分けることで、うまく人間関係を築いたり、交渉を有利に進めることができるようになるため、ぜひ活用したいところ。

尊敬語も謙譲語も敬語に含まれるもの。使いこなせれば相手からの印象はアップ!自分も、相手への敬意をふさわしく示せれば、嬉しくなるはずです。

ただ間違えて使っているケースもかなりあるのが難点。尊敬語のつもりで謙譲語を使ったり、その逆もあるので、気をつけたいもの…。相手が主語の時に相手を高めるのが尊敬語、謙譲語は自分が主語の時に、自分を低める仕方で使う敬語です。

こう聞くと分かる気がするのですが、実践の場では間違えることは避けたいですよね。そこで今回は、これらの基本を押さえつつ、尊敬語と謙譲語で間違えやすい7つのフレーズをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

誕生日サプライズはさりげなく☆友達が喜ぶアイデア集

誕生日サプライズはさりげなく☆友達が喜ぶアイデア集
誕生日サプライズで、お友達に思い出に残る一日をプレゼントできたら、嬉しいですよね。とは言え簡単そうで難しいのが、気の効いた誕生日サプライズではないでしょうか。

友達への誕生日サプライズとひと口に言っても、その年齢や関係性、一緒にプランニングする友達の数によっても、大きく変わるはず。親友への誕生日サプライズ、二人きりのプランにするなら、テーマパークなどなど…。

恋人への誕生日サプライズと違う点は、相手に余計な気遣いをさせないよう、比較的手頃な金額でおさめること。ただし、人数が多くなればその分豪華な誕生日サプライズプランも企画できるのも、友達への誕生日サプライズの面白いところ!

できるなら「あっ!」と驚くようなプランで、誕生日サプライズを成功させたいですよね。そこで今回は、それぞれの予算別、友達への誕生日サプライズのアイデアをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー
「弔辞」とは葬儀にて、故人と生前親しかった人が読み上げる言葉。御霊前で故人との思い出を懐かしみながら、永遠の別れに対する悲しみや想いを言葉にしていきます。

一般的には遺族側から依頼をされた人が、弔辞を考えて読み上げるもの。葬儀の規模にもよりますが、大体3~5人ほどが選ばれます。

遺族の方々から弔辞を依頼されると光栄な気持ちと共に、絶対に失礼があってはならないというプレッシャーも感じるはず。ただ、お葬式はあらかじめ分かることではありません。

そのため、弔辞を依頼されてから実際に読み上げるまでの時間は、あまりありません。そのような短い時間の中で、失礼の無いようにするためには、弔辞の基本を理解しておくと安心ですよね。

そこで今回は、弔辞を頼まれた際にまず確認したい、文章構成の基本とマナーをお伝えします。あまり大きな声で聞けない弔辞の基本、ぜひ確認してみてください。

[ 続きを読む… ]

残暑見舞いでご挨拶☆丁寧な印象を残す7つの心得

残暑見舞いでご挨拶☆丁寧な印象を残す7つの心得
残暑見舞いは年賀状に比べて、少しマイナーなイメージがありますよね。ビジネス上で出す方はいるかもしれませんが、ほとんどの人にとって「残暑見舞い」という存在は知っていても、必ず毎年出す感覚はありません。

でも、もし自分に残暑見舞いが送られてきたら、とても嬉しいもの!残暑見舞いが意外だからこそ、ふと届くアナログな手紙の存在に、とても親しみを感じるのです。

ただいざ書こうと思うと、残暑見舞いの意味やマナー、実は多くを知らないことに気付きます。でもせっかく書くのなら、相手に喜んでもらえて失礼のない、残暑見舞いを送りたいですよね。

そこで今回は、日本の作法に則って、丁寧な印象を残せる残暑見舞いを送れるよう、残暑見舞いの作法のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事の服装に迷ったら。法要で見分ける7つの基礎知識

法事の服装に迷ったら。法要で見分ける7つの基礎知識
法事の服装は何を着るのが正解なのか、わかりづらいものですよね。最近では個人の没後7日目に執り行う初七日法要も、火葬後すぐに繰り上げて行うことも多く、その場合は喪服を着替えることなく、そのまま参列するケースがほとんど。

ただ、四十九日や三回忌などの法事の服装となると、迷うことが多いとの声が、アンケート結果にも出ていますが、それは、このような場で着る「喪服」の格式に迷うから、ではないでしょうか。

同じ法事の服装でも、遺族と一般参列者では必ず、格式の違う喪服を着なければなりませんし、法事の種類によっては必ずしも喪服ではなくても可ということも…。確かにこうなると、ただ格式の高い喪服を着れば良い、と言う訳ではありませんよね。

そこで今回は、法事の種類によってどのような服装をすれば良いのか、7つの基礎知識と題してお伝えします。

[ 続きを読む… ]