旦那との喧嘩は賢く☆雨降って地を固める、7つのルール

旦那との喧嘩は賢く☆雨降って地を固める、7つのルール
旦那との喧嘩があると、体力的にも精神的にも、大きく疲弊しますよね。思えばもともと他人だったふたりが、ある程度大人になって家族となったのですから、価値観や好み、ポリシーなどが一致する訳がありません。

それで、何らかのことがお互いにどうしても許せなくなった時、夫婦喧嘩が発生してしまうのではないでしょうか。そう考えると、旦那との喧嘩はどこの家庭でもありますし、起きてしまっても仕方のないこと…。

ただ、旦那との喧嘩も上手に賢くして、離婚の原因になってしまうのは避けたいところ。近年では、最悪の場合殺人事件に発展する事件もいくつか見受けられました。

極端にこじれてしまうよりも、旦那との喧嘩なら、地を固める雨として利用できたらいいですよね。そこで今回は、旦那との喧嘩を賢く行う「7つのルール」をお伝えします。

せっかくパワーを使う旦那との喧嘩なら、良い方向に着地できるように、賢く行ってスッキリしてみてはいかがでしょうか。

[ 続きを読む… ]

接客マナーから学ぶビジネスの基本☆新人が押さえる心得

接客マナーから学ぶビジネスの基本☆新人が押さえる心得
接客マナーが上質なお店を客として体感すると、その隅々まで行き届いた心遣いや、対話をした時の好印象、心地よさに感心することは多いですよね。飲食店や老舗紳士服店…、それぞれの形態は違いながらも、彼らは接客マナーのプロ

もちろん、接客業に若い頃から携わってきた彼らならではの、職人技とも言える長年の「勘」や「テクニック」はあるのかもしれません。

けれども、その基本や大元となる心得だけでも理解できたら、接客マナーを上手にビジネスマナーとして取り入れられるはず。

誰もが「この人と話していると心地よい。」「また会いたい。」と思える相手と、仕事がしたいもの…。自分もそんな人間になれれば、ビジネスも円滑に進むかもしれません。それには接客マナーから、エッセンスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、接客業から学ぶ、他の業種の会社でも取り入れたい、接客マナーのエッセンスと、社会人一年生が仕事をする上で、理解しておきたい心得をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

親しき仲にも礼儀あり☆ビジネスチーム、絶妙の距離感とは

親しき仲にも礼儀あり☆ビジネスチーム、絶妙の距離感とは
「親しき仲にも礼儀あり」でしょ!と言わずにはいられない時ってありますよね。いかに何でも言い合えるツーカーな仲だとしても、踏み込まない方が良い適度な距離があるという事です。

ただ、自分がされたらやめて欲しいと思う事でも、自分が人にしてしまっていることも意外にあるかもしれません。たとえ家族であっても、「親しき仲にも礼儀あり」は気を付けるべきではないでしょうか。

ビジネスチームでも、「親しき仲にも礼儀あり」は大いに必要。ビジネスチームで相手のプライベートに踏み込み過ぎてしまい、関係がギクシャクしてしまうと、厄介なことになりかねません。

仕事の能率やクオリティーに影響するし、ストレスは溜まるし…、家庭の経済にも影響してしまうからです。そう考えると、「親しき仲にも礼儀あり」を意識した、絶妙な距離感を保ちたいですよね。

そこで今回は、ビジネスチームで示すべき、「親しき仲にも礼儀あり」の距離感についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

上司への年賀状で差を付ける☆若い世代が押さえる基本とは

上司への年賀状で差を付ける☆若い世代が押さえる基本とは
上司への年賀状はひと昔前までは大切な挨拶でしたが、最近では年賀状自体の習慣を止めたり、メールやLINEで済ませる方も増えてきましたよね。しかしそんな時代になったからこそ、個性が光るのが昔ながらの上司への年賀状。

目上の方にとっては年に一度のおめでたい挨拶として、心のこもった上司への年賀状が、とても印象に残った、と言う意見は多いのです。自分が上の立場になった時をイメージすると、複数の部下がいる上司なら、年賀状で印象に差が付くことも理解できるかもしれません。

とは言っても、気の利いた言葉を綴る必要はありません。礼儀を重んじていて、あなたの心が伝わるような上司への年賀状ならば、大丈夫。

丁寧な上司への年賀状で、新年から印象が温かく上司の心に刻まれるなら、やはり嬉しいですよね。そこで今回は、上司への年賀状で押さえておきたい、基本的なマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

還暦のプレゼント選びの心遣い☆毎日の暮らしに嬉しい品々

還暦のプレゼント選びの心遣い☆毎日の暮らしに嬉しい品々
還暦のプレゼントと言えば、「赤いちゃんちゃんこ」が有名ですが、還暦の年齢は60歳、まだまだおしゃれで元気なおじいちゃんおばあちゃんが多い昨今、せっかくなら、役立つセンスの良いものを選びたい…、と考える方が多くなりましたよね。

そもそも還暦とは、満60歳を祝う行事。干支が一周する60歳は、生まれたときに返ると考えられました。そこでなぜ、赤いベストを着るのかというと、赤色には魔よけの効果があると昔から言われているため。

江戸よりもっと昔鎌倉時代から、生まれたばかりの赤ちゃんにも赤い着物を着せて、悪いものがつかないよう、魔よけをしていました。60歳で生まれ変わる還暦、魔よけの意味を込めて、赤いちゃんちゃんこを着てお祝いするのです。

昔に比べてアグレッシブな60歳ですから、新たなスタートを込めた、気の利いた還暦のプレゼントが、今は人気!そこで今回は、現代の還暦のプレゼントで「貰って喜ばれる」人気のアイテムをお伝えします。

[ 続きを読む… ]